複雑・ファジー小説

透明な水たまり
日時: 2016/06/17 21:06
名前: アキラ (ID: 1kSqQpyj)

 わたしは、あの子のことがどうしようもなく好きだった。
羨ましく、妬ましく、同時にとても憎かった。
綺麗なあの子に、なりたかった――――。

Page:1



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。