複雑・ファジー小説

武装シンキ【オリジナルキャラクター募集!】
日時: 2016/09/01 17:13
名前: JD (ID: Btri0/Fl)

初めまして。
ここには初めて書かせていただきます。
更新事態はスローペースになると思いますがよろしくお願いします。

〜〜〜〜注意書き〜〜〜〜

1、この話はファンタジー・戦闘・恋愛表現(エロ・グロ)を含みます。

2、過激な表現(流血・欠損)がある可能性もありますので注意ください。

3、上記にも書きましたが基本スローペースです。

4、アドバイス・コメントも歓迎しております。よろしくお願いします

ほかにもまた増えるかもしれません。

もしよろしかったら暖かな目で見ていただけたらいいと思います。

では、よろしくお願い致します。

〜〜〜登場人物〜〜〜

紫藤桜花・野崎恵理・藤堂ヒカリ>>23


〜〜〜目次〜〜〜

【プロローグ】>>1-5

【第1話】>>6-11

【第2話】>>13-17

【第3話】>>18-22

【第4話】>>24-27

【第5話】>>25-32

【第6話】>>33-34

【第7話】>>35-37

【第8話】>>38-41

【第9話】>>42-48

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17



Re: 武装シンキ ( No.77 )
日時: 2016/09/01 13:40
名前: JD (ID: 2eNHBjew)

【第16話 ファーストコンタクト】


月が夜空を照らす真夜中。
ガーネットは一応大きな組織であり、施設の屋上に上がれることもできる。
私はそんな屋上で一人で夜空を見上げるのが好きだ。

星空を見ていると心が洗われる気分にもなるし、何より綺麗。
もし、この世界が争いよりもこの星空の様にお互いが争わずにただ綺麗に輝こうとする世界だったらどうなっていたのだろう。
街みたいにLEDの光で眩しいだけなのだろうか。

そんな時、私たちみたいなシンキ使いはどうなるんだろう。
平和に暮らせるのかな。
普通の人みたいに。

そんなことを思っているとき屋上のドアが開いた。
そこから出てきたのはヒカリだ。

「なんだ、ここにいたのか」

「何?今私は一人の時間を楽しんでいるとこなんだけど」

ヒカリは私の許しなしで横に座る。
何も言わず、私と一緒に夜景を見下ろす。
夜風が二人を包み、外の世界を街の光が照らす。

「なあ、桜花……アクアマリンとの戦いが終わったらどうする」

「……何それ?意味が分かんないけど」

ヒカリの目は真剣だ。
冗談で言っているわけではない。

「もし、お前が望むならガーネットをやめて生活してくれてもいい。その場合俺はお前にもう二度と会うことはないけど」

「……」

私は何も言わない。

「だが、お前が望むなら……「それはあんたが望んでるんでしょ」

ヒカリが何かを言う前に私はそれを止めた。
当然だ。

「私はやめないわよ。シンキ使いなんだし普通に生活できるわけないでしょ」


「私はあんたの傍にいてあげるわよ」

Re: 武装シンキ ( No.78 )
日時: 2016/09/02 01:09
名前: JD (ID: 2eNHBjew)

ヒカリは驚いたように私を見上げており。
どういう表情をしたらいいのだろうと悩んでいた。
私はその顔を見てついつい笑い出してしまった。

なんか、あほみたいだもん。

「あはは、何その顔?もう少しシャキッとしなさいよ」

「え?あ、こ……これはだな!!」

ヒカリは真っ赤になって大きい声を出して言うけど。
まだ顔が緩んでるよ?
ああ、こういう日がずっと続けばいいのに。


「これはこれは、楽しそうではないかガーネットの」


その時、突然後ろから声が響いた。
後ろには夜の闇に紛れ、どういう姿なのかはわからない。
だが、奴に存在するオーラと言うのだろうか?

そういうものが目を赤く光らせる。

「この日をどれ程待ちわびたことか……。貴様に復讐するその日を」

月が徐々に奴の姿を現す。
銀色の腕が闇から現れ。
奴の顔も闇から出てくる。

奴の顔は狼の様に獰猛な顔をしている。
全身が遂に照らされ、奴の姿がわかった。

両腕は銀色の腕。
そして、体の大きさは170cmぐらい。

「なぜ……お前が……それに……その腕は」

「貴様を葬るため、この腕を手に入れた。今日は宣戦布告だけだ」

ヒカリの会話でもわかる。
こいつがライカンスロープ……。

ライカンスロープが手を腕に上げたその瞬間。
街の何処かの建物が大爆発を起こした。
夜景が一瞬で地獄に変わる。

人々の逃げ惑う声が響き始める。

「これは私からのプレゼントだ。受け取っていただけると私もうれしいな」

そう言い、ライカンスロープは再び闇に消えた。

「……桜花、仕事だ」

「わかったわ」

……今のヒカリの顔。

怖い。


【第17話に続く】

Re: 武装シンキ ( No.79 )
日時: 2016/09/02 01:11
名前: JD (ID: 2eNHBjew)

オリジナルキャラクターの募集をします。

多くのシンキ使いが争い始める本編。
自分だけのアイディアでは人が足りないなと思い募集をしたいと思います。
それと、できるだけ多くの人の意見を採用したいと思いますが例外の不採用もありますのでご了承ください。


【キャラシ】

名前:【】

性別:【】

年齢:【】

組織:【】

シンキタイプ:【】※神器の場合武器の種類まで神機の場合はどういう感じか詳細も。

キャラの詳細:【】

キャラVC:【】※あればよろしくお願いします。

戦線離脱はありか?:【】※ありの場合死、又は再度登場が難しくなります。ありでも死なない場合もあります。


シンキタイプとは、シンキは元々武器を出すか機械化できるかのどれかとなっています。
武器を出すシンキ使いの物は神器となり、人体の一部を機械化されるものを神機と分けています。

桜花は大剣を召喚することができるのでこの場合は神器。
トパーズのレーンは機械を作り出すことができる神機となります。
(※力の弱い人物は一部を機械化することしかできません)



以上です。
よろしくお願いします。

Re: 武装シンキ【オリジナルキャラクター募集!】 ( No.80 )
日時: 2016/09/01 19:52
名前: 亞狗兎 (ID: 4FC0VPCp)  

アグうさぎです…ほーんけです

争うい→争い
では?

シンキのタイプ、わからないです

Re: 武装シンキ【オリジナルキャラクター募集!】 ( No.81 )
日時: 2016/09/02 00:26
名前: JD (ID: 2eNHBjew)

お返事お返しします。

亞狗兎さん>>ご指摘ありがとうございます。
      説明不足でもうしわけありませんでした。
      後ほど訂正の方をさせて頂きます。

      

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。