複雑・ファジー小説

新戦国時代、歴史絵巻
日時: 2016/08/12 17:34
名前: はにわ (ID: lBubOowT)  

ある日突然、歴史上の偉人たちが現代にタイムスリップ!
当然その中には戦国武将たちも含まれていて、時代は平成から戦国へとなる!!

戦国の世となった日本は、あっという間に武将に支配される。

やがてその戦いは世界をも巻き込んで………?


Page:1



Re: 新戦国時代、歴史絵巻 ( No.1 )
日時: 2016/08/12 17:45
名前: はにわ (ID: lBubOowT)  

・霧島 駆

 この話の主人公で現代人。剣道部所属の高校二年生。各大会でも輝かしい結果を残す神童。

 祖母からは薙刀、祖父からは弓道を教わっており、武道に関しては高校生の中でもトップクラスであろう実力。ちなみに射撃も得意。現代が戦国時代となったときにそれらを伊達政宗に気に入られ、伊達政宗の部下となる。

・伊達 政宗

 東北から関東を中心に戦う戦国武将。他の武将から市民を守るなどしているため、現代人からの人気は厚い。また、駆のことを気に入り部下にした。

 某ゲームの様に六本の刀を使って戦う、六刀流を得意とする。部下のことを信頼しており、その関係は主従関係というより友達である。ちなみにイケメン。

Re: 新戦国時代、歴史絵巻 ( No.2 )
日時: 2016/08/12 18:51
名前: はにわ (ID: lBubOowT)  

「やあっ!!」

鋭い音が空を斬る。だがそこに、既に標的はいなかった。

「どこを見てるんだい、駆」

後ろから声がした。ゾクリとすると同時に、薙刀が自分に向かって振りきられるのがわかる。咄嗟に、薙刀の先端を声のした方に向ける。

キイン、と薙刀同士がぶつかる音がする。

「いい反射神経だね。だが、態勢が悪いねえ」

婆ちゃんが薙刀を下げて、突きの姿勢に入る。さっきの一撃を防ぐのに精一杯だったため、前のめりになる。

「せぇいっ!!!」

衝撃が自分の腹にやって来る。防具もしているし、ましてや相手は七十歳を過ぎた俺の婆ちゃんだ。全く、どこからこんな力が出るっていうんだ。

「はあっ、はあっ、なんで、こんな、威力の、突きが、その年で、できるんだよ」

「経験ってやつかのう」

婆ちゃんはにこやかな笑みを浮かべる。それはさっきまでの厳しい表情とは違って、優しかった。

「どれ、オリンピックの様子はどうだろうねぇ。金メダルは何枚取ったのかしら」

そう言いながら、婆ちゃんはテレビを付ける。俺も今日の競技は気になっていたから、テレビに目を向ける。

『緊急速報です。突如、全国に馬に乗って剣や銃を所持した集団が出現しました!他にも槍や弓など、危険な物を持っている人が大勢います!皆様、できる限り外出しないようにお願いします!!

どうやら映像が入ったようです!ご覧ください!』

映像を見た婆ちゃんの顔が曇るのがわかる。たちまち顔に皺が出るのがわかる。

「あの格好、あれは戦国時代のものだねえ。どこからともなく現れたんだと、気味が悪い」

婆ちゃんの言う通り、それはゲームで見る戦国時代の兵士そのものだった。
映像が切り替わる。

「あれは…貴族見たいな格好だな。いや、もしかしてあれは……」

その男が持つ扇子には、『平』と書かれてある。もしやあの、平清盛ではないか?

「外が騒がしいねえ。ちょっと表に出てみるとするか。駆、薙刀と木刀を用意しなさい」

戸惑いつつも、薙刀と木刀を手にとり、玄関に向かう。
ドアを開けると、そこには、刀を鞘に差した男が二人いた。

「どうする。味方の兵の行方は不明、おまけに今いる場所もわからんと来た。私は不安で仕方がありませんよ」

「俺に聞くんじゃねえよ、それより信長様だ、信長様の安全が一番だ」

「お取り込み中悪いが、ちょっといいかい?」

婆ちゃんは臆することせず、兵に向かって声をかけた。

「……なんです?私たちは今、非常に困っているのですが」

「あんたたちは誰だい?」

「は、見りゃわかんだろ。俺らは織田の兵士だ。それよりここはどけだ?」

「……2016年の東京だよ」

「は?おい婆さん、今は1562年…」

「いや、きっと正しい。周りを見ろ、そうでもないとこの発達した建物のことを説明できん」

きっと、タイムスリップってやなのだろう。それで全国で変な人たちが現れたのだ。









何かが動く気配がした。

ギィン!!

「む、やるな小僧。今のは完全に死角からの………むぐっ」

薙刀で抑えたまま、木刀を抜いて振りきる。

「喋ってる暇があるんなら剣を振ったらどうだ?俺はそこまで弱くねえ」

「な、なんだこのガキ!くそっ、よくも!!」

「行かせはしないよ、とっととお帰り」

婆ちゃんが薙刀を振り抜き、男の腹を打ち抜く。
………うん、すごく痛そう。まあ、防具ありでもあの痛みだったから当然だよな。

「二度と来るんじゃないよ小僧ども。ほら、とっとと帰りな」

さすがに怯えたのか、二人組はどこかに走り去っていった。

Page:1



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。