複雑・ファジー小説

初恋は虚しく終わる。
日時: 2016/10/03 21:36
名前: garba (ID: wjp6rH9y)

『ガァァァァァァァァァァン!!!』

「てめえ…なんつった?」

休み時間の教室が、男の叫び声により静まり返った。

「……あの、その、テ、テストの点数悪いのか、人のこと言うってことは、一馬くんはちゃんと出来…」

「ああ!?」

その男は理不尽で、自分勝手で、暴力でなんでも解決する。

「そういうことを言ってるんじゃねえよ…俺の言ったことを理解できないほど頭が狂っちまったか!?元からか!?大体よお…お前がこの学校、この場にいることで空気が汚れる…さっさと帰れ。」

「い…嫌だよ……大体、自分勝手過ぎ…」

『ドン!!』

男はまた、僕の言葉を遮るように机を叩いた。


「帰れっつたら…帰れ!!」

「グッ…!は…はなせ…」

「『離せ』?…そんなことを俺に言えるほどいつ偉くなったのかな?」

男は中指を立ててそう言った。



ーーーこの中学校、二年 三組には、僕を虐める、後藤 一馬という男がいた。

そいつのせいで、僕の人生はめちゃくちゃ。

自分に自信を失い、周りは見て見ぬ振り。挙句に一馬の味方をして、先生も対応しきれず放置状態。


僕の味方なんて…いない。

そう思っていた。






あの日、君が来るまでは。


「…んっ………涙…?」

僕は学校のことを思い出して、枕に涙の跡をつけたりする。


???「ねえ、なんで泣いてるの?」

「んっ…!?」

この家には、誰もいないはず。親は出張で僕一人しかいないはず。
それなのに、それなのに、優しい声が、耳元で聞こえた気がした。


「ん?……空耳かな…」

そう思って、ベットにぐちゃぐちゃに置いてある制服に手をかけた。

でも、その手は白く、温かい手に包まれた。

「ねえ…どうして泣いてるの?」

「っ!?だだだ…誰?!」

「覚えてないか…まあ、無理もないよね。」

そこにいた女は呆れた顔をして独り言を言っている。

「な…誰!?まず…鍵閉めたし、なんでこの家に見知らぬ人が…」


『パッ』

女は僕の口元に手を当てて、口元に人差し指を当てた。

「っ!///」
「そんな難しく考えずにさ。学校行かないと遅刻するよ?!」

「いや…それどころじゃ…」


この日から、何かが変わったのかな。


ふと、思い浮かんだ。


君は誰。
でも君は、僕を知っているかのように話を進める。




よく考えると、今日は。








転校生が来る日だった。


Page:1



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。