複雑・ファジー小説

触れられない花。
日時: 2016/11/18 22:27
名前: @メンタル

Character

〈神シン〉
限られた者。
炎・水・大地・雷・闇・無・愛
の7つに分けられた能力を操る。

〈鬼キ〉
神の使い魔。人外。
大抵は、1つ。多くても2つの能力しか使えない。
しかし1鬼だけ7種類の能力を操ることができる。

〈鄙ヒ〉
人類の敵。人外。
神と能力は、変わらない。見分けは、ほぼつかない。
破壊と絶望。そして憎悪を愛する。狂気殺人をする。

〈契チギリ〉
神が鬼と契約するときの事。
契を交わした神は、外れないピアスや体に紋様が刻まれる。
鬼には、自身の決められている名が体に刻まれる。

〈破ハ〉
鬼との契約をなくすこと。
鬼の体に刻まれた名を傷つけると契約は、無くなる。

〈神聖学院付属強化学園〉
神の能力があるもののみが通う学園。
初等部4年中等部3年高等部3年神聖学院3年
があり定期的に行われる実技テストのランクが
ABCDEの中でDとEになると普通科の学校に落とされる。
全寮制。中等部からは、週に一度だけ学園の外に行くことが許されている。







Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24



Re: 触れられない花。 ( No.113 )
日時: 2017/09/09 23:25
名前: @メンタル 

疲れて居た。
ものすごく。
嫌いになっていた
何も知らないで指示をする本部が。
いや、
国民を守る事が出来ない自分が
一番嫌いで
一番腹が立った。
アトラに八つ当たりする自分に
嫌気がさした。
自分自身で隙を作っていたことに
事が起きた後で理解をした。
鄙に心を許し、
本能を捻じ曲げられ、
挙句の果てに、
妹を、臨をこの手で刺し、切った。
何をしているのだろう。
何がしたいのだろう。
見せる顔も
合わせる顔も無い。



一応本編です!
短くてすみません。

Re: 触れられない花。 ( No.114 )
日時: 2017/09/18 22:28
名前: とまと

 お久しぶりです。やっとテストあけましたね!!

Re: 触れられない花。 ( No.115 )
日時: 2017/09/24 21:45
名前: @メンタル 

とまとさん
そうですね!コメントありがとうございます(*^^*)


目が覚めた時に一番最初に目に入ったのは、天井。
ではなく、自身の鬼であるアトラの大きな瞳。
「あ、起きた?」
余りにも平々凡々とした表情と声音に、もしかするとあれはひどく悪い明晰夢だったのではないかと思いそうになるが、自分が今いる場所を把握した途端に現実だと突きつけられ吐き気がした。
自分とアトラが居る場所。それは、鄙隔離部屋。
捕獲に成功した鄙が暴れてもいいように作られた隔離部屋と言う名の監獄。
「…あれから、どのくらいたった?」
どれくらいの時間この部屋に居たんだろうか。
「3週間だよ。ったく寝すぎだっつーの。」
2人しかいないと思い込んでいたのが間違えだった。
返ってきた声は、またまた普段通りのいけ好かない人間の者だった。
緒川扇里。何故この部屋に居るのかもわからないし、いけしゃあしゃあと見舞い品と思われる林檎に噛り付きながらベット近くの椅子に座ってくる。何をしに来たのか皆目見当もつかない。
「その間に、ほとんどのやつは術を完成させてる。もちろん俺もね?」
術をほとんどの者が習得できている。つまりは、出遅れたという事。しかしそんな事はどうでも良く一番知りたいことは臨の事だった。離れろと言ったにもかかわらず最後まで俺を助けてくれようとしていたたった一人の妹はどうなったのだろうか。自分よりも先に復帰しているのかそれとも、まだ目が覚めていないのか。
「臨ちゃんの事なら一週間前に目ぇ覚ましてる。遅ればせながら訓練に参加してるしな。」
気を落ち着かせるように言ってくれたのだろうが、見透かされたかのようで悔しくなり思わず歯を食いしばる。そういえば彼女に乗っ取られた時もこんなグロッキーな気分だった時だ。我ながら阿呆くさいことをしたものだ。ただの嫉妬じゃないか。あまりの馬鹿らしさに、悔しさに、小さくしゃくり上げる。
「…ッハ…下らねぇなぁ俺。羨んだだけで何もしないで逃げてばっか。ただの出来損ないじゃんかよ。…ほんっとに、うらやましいわ。同い年でずっと同じクラスでなのにこんなにも格差がある。」
ボロボロと零れる物のせいで視界がぼやける。吐き出してしまえばこんなにも楽になれたのか。今更気づいた自分が本当に馬鹿らしい。
「緒川ぁ…俺すげぇ悔しいよ。でも同じくらい羨ましい」
黙って聞いているアトラはどんな気持ちでここ数年間自分と一緒に居たのだろうか。変なところで察しが良いやつだからきっとドロドロした気持ちなんて知っていたのだろう。しかしあえて言わずに待っていてくれたのだろうか。自分から吐き出すまで。それともタイミングが無かったのだろうか。
「俺も羨ましいわ、太田の事。」
緒川の言葉。普段のいけ好かない口調とは違う、意思が明確な声音だった。
「同い年で、部隊長って強すぎんだろ。基本的に1から5番隊までは戦闘力ゴリ押しってところだ、だから
俺みたいに愛術が劣りまくってるやつらが大半だ。だけど、6、7番隊は、援護専門なところがあるだろ。だから要するに、『守る』ってことをただひたすらにしてるんだよ。でも俺らは本能に従ってるだけだからさ…なんつーかかっけぇよな。お前って」
ずっと手の届かない人間だと思っていた。だけど本当は、何も違って無くて、お互いに羨んでいただけ。唯一違いがあったとすれば太田陸がそれを否定し続けていたことと、緒川扇里がそれを受け入れていたことだけだった。

Re: 触れられない花。 ( No.116 )
日時: 2017/09/29 20:51
名前: とまと

 お疲れ様です。
まさかグロくは…、ならないですよね?
まあ、なったらなったで見て見ぬふりをするので大丈夫ですよ!!

Re: 触れられない花。 ( No.117 )
日時: 2017/10/01 15:07
名前: @メンタル 

とまとさん
ありがとうございます。
グロくはならないように努力します!
頑張ります…はい。(笑)


「神鬼力解放術を習得する方法自体は、実はものすごく単純明快なんです。」
兄妹喧嘩と言う名目の元に行われた鄙の単独攻撃が尾を引きながらも終わり、全員の中で整理がようやくついた翌日から本題に入った。
教員と生徒の2グループに分かれているので、生徒側の指導は斉木が行っている。
「単純に神と鬼の信頼ありきの術ですので契の時から今までの鬼と過ごした時間を秒間隔ですべて思い出してください。こと細かく。もっと言えば、無理やり走馬燈を見てください。別に死ねと言っているわけではないんですが、生半可な記憶や信頼関係だと、鬼の本能を取り込みますから、術を制御できなくなり神に攻撃をします。最悪の場合、敵味方の区別もかなくなり、共喰いを始める可能性もあるかと思われます。」
遠回しな教訓。直接的に言えば、腹を括れ。
習得は簡単だが覚悟、制御となる物が出来ていないと死ぬのだから。
「ねぇねぇ、千尋ちゃんはどーすんの?」
蘭の鬼であるグランが手を挙げながら声を出す。
神鬼力解放術は鬼が居なければ成り立ちはしない。菊谷千尋は初等部四年。契をする事が出来るのは高等部から。彼女には鬼となる者が居ない。
それを、大人しい彼女の代わりに聞いたのだろう。
「彼女には笹凪さんから、『力の制御をできるようにさせる。』とだけ聞いているので、それの通り制御の練習ですね」

そんな説明も終わり1週間後。
臨も陸も目を覚まさずにいる。
「臨…目が覚めた時にでも思い出してよ」

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。