複雑・ファジー小説

触れられない花。
日時: 2016/11/18 22:27
名前: @メンタル

Character

〈神シン〉
限られた者。
炎・水・大地・雷・闇・無・愛
の7つに分けられた能力を操る。

〈鬼キ〉
神の使い魔。人外。
大抵は、1つ。多くても2つの能力しか使えない。
しかし1鬼だけ7種類の能力を操ることができる。

〈鄙ヒ〉
人類の敵。人外。
神と能力は、変わらない。見分けは、ほぼつかない。
破壊と絶望。そして憎悪を愛する。狂気殺人をする。

〈契チギリ〉
神が鬼と契約するときの事。
契を交わした神は、外れないピアスや体に紋様が刻まれる。
鬼には、自身の決められている名が体に刻まれる。

〈破ハ〉
鬼との契約をなくすこと。
鬼の体に刻まれた名を傷つけると契約は、無くなる。

〈神聖学院付属強化学園〉
神の能力があるもののみが通う学園。
初等部4年中等部3年高等部3年神聖学院3年
があり定期的に行われる実技テストのランクが
ABCDEの中でDとEになると普通科の学校に落とされる。
全寮制。中等部からは、週に一度だけ学園の外に行くことが許されている。







Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9



Re: 触れられない花。 ( No.67 )
日時: 2017/04/08 19:48
名前: とまと

 読みました!

Re: 触れられない花。 ( No.68 )
日時: 2017/04/15 17:48
名前: @メンタル 

とまとさん
ありがとうございます!

※すみません破門が破紋になってました修正いたします。


「彼を破門した場合がなんで悪用されると思うんだい?」
拓哉は疑問をそのまま口にして臨に伝えました。
「……私も話を聞いて確信したばかりなんですけど。リリックは、
 7の女神です。薄々と何かがおかしいことは気が付いていました。
 彼は出会ってすぐに7つの能力を使い、同時に私の腕の紋が動いていることにも。」
ぽつりぽつりと呟くような小さな声で臨は拓哉に話し出しました。その間リリックは、ただ静かに話を聞いていました。

臨が目覚める少し前。笹凪と扇里は、時雨に報告をするために学院長室の前まで行きました。大きな扉の前には、バインダーを両手で抱え俯き加減で立っている鴻崎が居ました。その表情は、今にも泣きそうでした。
「鴻崎、師匠はどこに居る?」
早口でそれだけを言うと少しだけ間が開いてから、
「地下に、…本部にいらっしゃいます」
と、こちらを見ずに言いました。彼女の表情から時雨が現時点で起きていることを報告されたかもしくは、見ていたか。とにかく理解し、行動を起こそうとしている事が確認できました。
「分かったありがとう。行くよ」
そう言いながら弱い光術で笹凪は本部のある地下へと移動しました。
「美香先輩っ。1番隊が被害最低限で押さえてあげるから次の戦争は、任せて下さいね」
口元に微笑を滲ませながら扇里は、移動術を発動させました。
「…ッフ。何それ。…私もあれくらい言えるようにならないと。」
誰もいなくなった廊下に向けて一人呟きました。

Re: 触れられない花。 ( No.69 )
日時: 2017/04/16 20:06
名前: とまと

 読みました!

Re: 触れられない花。 ( No.70 )
日時: 2017/04/17 18:35
名前: アンパンマン

初めまして。アンパンマンです。
小説初見致しました。
個人的にはすごく好きですね♥
千尋ちゃんとか、1番気になります。
更新待っています。

Re: 触れられない花。 ( No.71 )
日時: 2017/04/21 22:34
名前: @メンタル 

とまとさん
いつもありがとうございます!(^^)!

アンパンマンさん
初めまして。見ていただきありがとうございます。
千尋ちゃんはですね、これから出番がいっぱいあるキャラになっております(^◇^)


本編

地下にある本部に行くと、巨大な画面に学校全体の結界が映されていました。笹凪に少し遅れて到着した扇里が時雨を探すために左右を見渡しています。捜していた人物はすぐに見つかりました。ただし結界に使った力の負担が大きすぎるためか椅子に座り、顔をしかめながら瞳を閉じていました。
「…師匠。幽翠たちが来た。挨拶をしに来たって。」
いつもの道化師の様な調子では無い。ひどく落ち着いている声音が事の重大さを物語っていました。
「渡り合える部隊は、いくつある。」
瞼を伏せたまま笹凪に返事をしました。
「1、2部隊の2つだけ。人数は、おおよそ100人。…たぶん鄙の者は、1万人。」
扇里がまだ生まれていなかった50年ほど前の対戦も1万人ほどだったのを笹凪が思い出したように言いました。
「隊員は、増やせないのか、」
時雨の眉間に浮かび上がるしわが少々増えました。
「Bに太田陸の実妹である臨と言う少女と凛時蘭と言う少女が居る。彼女たちを繰り上げて部隊訓練を行わせても、…時間がもうない。」
後半になるにつれ笹凪の声は掠れ表情も暗く重くなっていました。
3人の間に長く思い沈黙が流れました。周りのざわつきが無駄に大きく聞こえました。
そんな空気を打ち破ったのは、一番年下の扇里でした。
「あの〜出来るかわかんないっすけど……俺に賭けてくれませんか。
いつもの口調と変わらない砕けた敬語を堂々とぶちかますことにも驚きましたがそれ以前に学院長との最年長組に向かって賭けをしろと言ったのですから。
「…俺の後輩が最近発見した術なんすけど、…『神鬼力開放術』って言うんすけど。結構なきつい練習が必要になって…俺も少しやってみてるんすけど契の俺で言うピアスの所に激痛が走るっす。それが使えたら。」

「個人の力が倍になるっす。」

Re: 触れられない花。 ( No.72 )
日時: 2017/04/22 20:50
名前: @メンタル 

神鬼力開放術
は、
シンキリョクカイホウジュツ
と読みます!
本当に毎回厨二が好きそうな感じの羅列ですみません(笑)

Re: 触れられない花。 ( No.73 )
日時: 2017/04/23 20:07
名前: とまと

 扇里さん、賭けなんて度胸ありますね〜。

Re: 触れられない花。 ( No.74 )
日時: 2017/04/23 21:55
名前: @メンタル 

とまとさん
そうですよね(笑)彼は、きっと怖いもの知らずなんだと思います(笑)


扇里の言葉は最初から最後まで変わらず砕けた敬語でした。もしもこの場に鴻崎が居たら扇里のことを締め上げていたでしょう。
「厳密に言うと神と鬼の力の最大値を足した術ってとこっすけど。」
下がってきていた眼鏡を親指で押しあげながら口を開く扇里の目の前にいた時雨が静かに立ち上がりました。
「その後輩の所に行く。案内を頼めるか?」
時雨の口にした言葉は、実に簡潔でした。直接的ではありませんが、
『賭けに乗る』と。
その言葉を聞いた扇里は、待ってましてと言わんばかりに口元に笑みを浮かべました。
「ええ。もちろん。では、足元失礼しまーす。」
そう言って3人の足元にしゃがみコンクリートの地面に人差し指で触れました。
「光術」
それだけを呟くと地面に触れていた指先が黄色く光りだし、指が動くとその通りに光の模様が描かれました。光り輝く線が描き出したのは、約直径30センチの魔法陣でした。同じ場所に連れて行くときに楽な移動魔法陣です。
そんなことなど陣を書き出す前から理解していた2人は、何も言わずに陣の内側に両足を入れました。

着いた場所は、拓哉の研究室でした。しかし本人の姿はなく、居るのは小さな少女と同じくらいの鬼でした。
「あ…。こんにちは!学院長様!」
そのうちの鬼の方が3人に気づき大変元気よく挨拶をしてくれました。


休日と祝日は、なるべく頑張って投稿いたしますのでよろしくお願いします!

Re: 触れられない花。 ( No.75 )
日時: 2017/04/29 17:59
名前: とまと

笹凪さん、相変わらずかっこいいですね。

これからも投稿頑張ってください。応援しています。

Re: 触れられない花。 ( No.76 )
日時: 2017/04/30 18:12
名前: @メンタル 

とまとさん
ありがとうございます!
頑張ります!!


少女が学院長に声をかけると、もう一人の少女が勢いよく振り向いた。
「が、学院長様っ…わっ!」
急いで挨拶をする少女が体勢を崩しそのまま重力に引かれて行きました。少女が持っていた本が手元から落ち、1人と何冊かの本が落ちる音がしました。
「大丈夫か?…ん?」
落ちた彼女の心配をした後に、時雨は何かに気づきました。落ちた本の中には、1冊だけページが開いたままになっていました。そこに記された物は、まさしく探していた事についてでした。
「何?何か見つけたの?…これさっき話していたことについての詳細みたいなものじゃない」


「…」
臨がすべてを話し終えると沈黙が続きました。リリックの表情は、柔らかく何処か儚げでした。
「…ねぇ。臨ちゃん、そう簡単にできる事では無いけれど鬼に力を使わせずに戦う方法は僕が知ってるのだけだと2種類存在するんだ。」
いつもの声音とは違う。真剣な眼差しと声で臨とリリックに拓哉は声を掛けました。
「少し待っててね、読みかけの資料があったはず。」
そう言い残すとまた拓哉は出て行きました。
残されたリリックと臨の間には、会話はありませんでした。
「臨…歌の意味は、まだ分からない?」
唐突に聞かれた彼女は、少し遅れて振り向き理解が出来ていないという表情をしていました。


拓哉が研究室に戻ると、たくさんの人が居ました。
「が、学院長様!?」
「お、やっと来た。…これの件で話があるっつーか、お二人に説明してやって。」
学院長に驚いて突っ立っていると先輩である緒川扇里に指示をされた。

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大4000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。