複雑・ファジー小説

触れられない花。
日時: 2016/11/18 22:27
名前: @メンタル

Character

〈神シン〉
限られた者。
炎・水・大地・雷・闇・無・愛
の7つに分けられた能力を操る。

〈鬼キ〉
神の使い魔。人外。
大抵は、1つ。多くても2つの能力しか使えない。
しかし1鬼だけ7種類の能力を操ることができる。

〈鄙ヒ〉
人類の敵。人外。
神と能力は、変わらない。見分けは、ほぼつかない。
破壊と絶望。そして憎悪を愛する。狂気殺人をする。

〈契チギリ〉
神が鬼と契約するときの事。
契を交わした神は、外れないピアスや体に紋様が刻まれる。
鬼には、自身の決められている名が体に刻まれる。

〈破ハ〉
鬼との契約をなくすこと。
鬼の体に刻まれた名を傷つけると契約は、無くなる。

〈神聖学院付属強化学園〉
神の能力があるもののみが通う学園。
初等部4年中等部3年高等部3年神聖学院3年
があり定期的に行われる実技テストのランクが
ABCDEの中でDとEになると普通科の学校に落とされる。
全寮制。中等部からは、週に一度だけ学園の外に行くことが許されている。







Page:1 2 3 4 5



Re: 触れられない花。 ( No.26 )
日時: 2016/12/23 14:50
名前: @メンタル 

なすびーーム+さん
コメントありがとうございます!
このような小説を読んでくださってありがとうございます。
リリックと臨の関係は、本当に複雑なんです。
では、本編です。

リリックが順に能力を使っている間、異常なほどの痛みが臨の左腕にかかっていました。腕に抱いている少女に心配をさせてしまうと思って苦痛の声を押し殺しました。
リリックが全てを見せ終わると、痛みが薄れ痺れだけがそこに残りました。少し経った後に少女をそっと下すと自己紹介をしてくれました。
「菊谷千尋≪キクヤ チヒロ≫です。笹凪さんは私の師匠なんです。」
話を聞いて見ると千尋は力が強すぎるために、自身で制御ができないのです。そのため制御の仕方を1年の時に練習していた姿をたまたま笹凪が見ていたそうです。
「では、ありがとうございました。臨さん」
そう言ってからチヒロは、初等部のある方向へと走っていきました。臨たちも歩いて部屋に戻ることにしました。
部屋に戻るときに左腕に刻まれた紋章を見てみました。するとツタが最初は、中指にリング状に巻き付いていただけなのに今では、手首にまで巻き付いていました。
「…なに、これ…。」
恐怖にも似た感情が背筋をゆっくりとなぞりました。
少し前で歩いているリリックが振り返りました。
「臨?どうしたの?」
心配そうに小首をかしげながら聞いてくるリリックに思考より先に声を出しました。
「‘大丈夫だよ,」

Re: 触れられない花。 ( No.27 )
日時: 2016/12/25 18:42
名前: @メンタル 

メリークリスマース!
皆さん!
クリスマスですよ!
何しましたか?
メンタルは、ケーキ二つ食べたんですけど、
2つ目のケーキの味が口に合いませんでした!
(どうでもいいこと書いてすいません。苦笑)

Re: 触れられない花。 ( No.28 )
日時: 2016/12/26 21:22
名前: @メンタル 

「へー学院長と会ったんだ…どんな人だった?」
部屋に戻り、蘭に今までにあったことをすべて話すと早速質問を受けました。
「なんかどこがすごい人ってわけじゃなくて有無を言わせない雰囲気と言うか圧と言うか…」
二段ベットの上から返事をすると、そっけない返事が返されて来ました。
そう言えばと思い、手の紋様のことについて聞いてみることにした臨は軽くベットから身を乗り出して手を見せながら言いました。
「蘭は、契でピアスだったんだよね?痛みとか無い?」
「本物と同じで軽く痺れる位だったよ。何?臨その手のやつ痛いの?…ってなんか伸びてない?それ」
右腕に描かれたバラの花をぼんやり見てた臨は、あることに気が付きました。
「分かった。蘭、最初に右手に七輪のバラが咲いてるって私言ったでしょ?で、一輪だけツタにある棘でボロボロになった女神の胸元に、咲いてるの。」
頷きながら話を聞く蘭の瞳は、いつになく冷静だった。運よく今リリックは、グランに学院案内をして貰っていていない。
「ここからは、私の考察だけど。傷ついた女神の所にあるバラが一番綺麗で、7輪の内一番大きいの。だから、代償の上に成り立つものが一番綺麗だって事だと思う。」
笹凪の様に代償がある強い鬼だという真実に近づきつつは、ありました。
しかし、

                  Continue to next time

Re: 触れられない花。 ( No.29 )
日時: 2016/12/27 20:37
名前: とまと

 久しぶりです。私は初・Santaさん不在のクリスマスを過ごしました。
読者がどんどん増えてますね!おめでとう!
 来年も頑張ってください。よいお年を〜〜!
 

Re: 触れられない花。 ( No.30 )
日時: 2016/12/29 21:41
名前: @メンタル 

とまとさん
ありがとうございます。
読んで下さる方が居るというのは、やはりうれしい限りですね。
来年もどんどん更新していきますのでよろしくお願いします!!
とまとさんも良いお年をお迎えください。

Re: 触れられない花。 ( No.31 )
日時: 2017/01/04 17:25
名前: とまと

 閲覧回数300回突破おめでとうございます!!

Re: 触れられない花。 ( No.32 )
日時: 2017/01/04 18:01
名前: @メンタル 

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。


しかし、運命は悪戯の様に二の句を言わせはしませんでした。放送のベルが鳴り響いたのです。
『本日来院されました、笹凪千里教授からのお話がありますので生徒の皆さんは、至急神聖学院第一会議室まで来てください。』
繰り返して二回言われたその放送に蘭は、唖然としつつ口を開きました。
「嘘、笹凪さん教授なの!?」
その言葉を合図かの様にドアが開かれました。そこには、グランとリリックが居ました。
「蘭ちゃん行こーよ!」
グランが無邪気に蘭に声を掛けました。
リリックと並ぶと歳の離れた兄弟の様な外見です。

急いで会議室に向かうと5000人程の生徒が集まっていた。
「ご紹介にありました笹凪千里です。本日から教授として努力していきたいと思います…いきなりで悪いと思いますが、高等部の生徒はグラウンドに集まってください。」
笹凪さんが冷静に挨拶をしてからすぐに指示をしたために少々なざわめきが起きました。
次の瞬間ざわめきが生徒だけには、とどまらず教授にも行きました。
学院長と補佐は、冷静な表情でしたが。
「これからABCのランク替えテストを実施する。DEは即退学だから」

Re: 触れられない花。 ( No.33 )
日時: 2017/01/04 19:51
名前: とまと

 あけましておめでとうございます。
早速一波乱ありそうですね!今年も応援しています( ´∀` )

Re: 触れられない花。 ( No.34 )
日時: 2017/01/07 19:01
名前: @メンタル 

とまとさん
コメント返信遅れて申し訳ありません。
300回…ですか。なんだか実感わきませんね(笑)
でも嬉しいです!
はい!波も起こしますし、主人公たちの事も引き延ばしていきます(o^―^o)

Re: 触れられない花。 ( No.35 )
日時: 2017/01/08 21:31
名前: @メンタル 

「あり得ないでしょ普通に。」
「でも俺らAだから受かるでしょ?」
「聞いていないぞどういうことだ。」
笹凪の言葉を聞いた生徒たちは、慌てふためきだし教員は状況を掴むためにそれぞれが動き出しました。
高等部の生徒全員が外に出ると笹凪が名簿を持ちながら立っていました。
「…教授いきなり実技テストっておかしくないですか?普通予告ぐらいしますよね?」
前列にいた男子生徒が笹凪に腹立たしそうに言いました。
するとほかの男子生徒もおかしいと声を荒げます。
「…っフ、何それ冗談?つまらなすぎ。」
鼻で笑い捨て返事をしました。それからすぐに表情を険しくしてから大声で生徒に伝わるように言いました。
「笑わせるな!!実際の戦いは、予告なんてない。いきなりでは戦えない者は、前に出ろ!今すぐに安全な人の元へ帰してやる。」
その言葉は、空気を換えます。少しでも油断をしたら死んでしまうかの如く。
実技テストの方法は、笹凪自身に攻撃を当てる事でかすってもいいとのことでした。
制限時間は、5分間。笹凪は、ハンデとして自分が攻撃を加えないことと神鬼の2人で来て良いと言う条件を加えて、A−1からテストを始めていきました。

Page:1 2 3 4 5



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大4000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。