複雑・ファジー小説

触れられない花。
日時: 2016/11/18 22:27
名前: @メンタル

Character

〈神シン〉
限られた者。
炎・水・大地・雷・闇・無・愛
の7つに分けられた能力を操る。

〈鬼キ〉
神の使い魔。人外。
大抵は、1つ。多くても2つの能力しか使えない。
しかし1鬼だけ7種類の能力を操ることができる。

〈鄙ヒ〉
人類の敵。人外。
神と能力は、変わらない。見分けは、ほぼつかない。
破壊と絶望。そして憎悪を愛する。狂気殺人をする。

〈契チギリ〉
神が鬼と契約するときの事。
契を交わした神は、外れないピアスや体に紋様が刻まれる。
鬼には、自身の決められている名が体に刻まれる。

〈破ハ〉
鬼との契約をなくすこと。
鬼の体に刻まれた名を傷つけると契約は、無くなる。

〈神聖学院付属強化学園〉
神の能力があるもののみが通う学園。
初等部4年中等部3年高等部3年神聖学院3年
があり定期的に行われる実技テストのランクが
ABCDEの中でDとEになると普通科の学校に落とされる。
全寮制。中等部からは、週に一度だけ学園の外に行くことが許されている。







Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9



Re: 触れられない花。 ( No.47 )
日時: 2017/02/27 22:12
名前: @メンタル 

カノっち☆さん
読んで下さりありがとうございます。
面白いなんてそんな(/ω\)
読者様が増えるのは嬉しいですね!(^^)!
とまとさん
本当ですか(*^^*)
では、このままいきたいと思います!


蘭が放った矢は、確実に笹凪の身体目がけて飛んでいきました。
しかし目が見えていないはずの笹凪にふわりとそれは、かわされてしまいました。それから、瞼を下げたままこちらの方向を向きました。
「目だけに頼るような神は、まだまだ半人前ね」
その言葉を聞いてから蘭は、手にしていた弓を置くような感覚で手を放し消滅させ、そのまま手を前に出して人差し指と親指で銃のような形を作り両手で構えるようにしました。すると、弓が現れたのと同じように今度は、黄色く光りながらハンドガンのようなものが現れます。
蘭が笹凪を目がけて引き金を絞るのと同時に笹凪は、空間の空いている左側に避けました。
「雷扇ッ!!!」
鋭く蘭が叫ぶと銃口から飛び出した黄色に光る小さな弾は、扇のように左右に広がりました。そのまま速度を落とさず進んだ光は、笹凪の身体に完璧に当たりました。
「…ふーん。なるほどね…Bの方が使えるかな。」
笹凪の小さな小さな独り言が聞こえたものは、いませんでした。
「よしっ!オーケー。おめでとう二人目の合格者。」
「ありがとうご…」
蘭がその言葉を最後までいう事が出来ませんでした。
なぜなら何かを見つけた笹凪が此処に居るすべての生徒に聞こえる様な、叫ぶような声で必死に指示をしたからです。
「ッ!?っ全員私よりも姿勢を低くしろ!!!!」
彼女の言う通り低く屈んだ後に蘭は、真上を見ました。
空には、黒い2つの点が在り、それがすごい勢いで落ちてきます。
生徒たちが、それが2人の人だという事に気が付くのにあまり時間はかかりませんでした。

Re: 触れられない花。 ( No.48 )
日時: 2017/02/28 20:25
名前: とまと

 笹凪さんはやっぱり強いですね。
蘭ちゃんもかっこいい!
 続きが気になります。

Re: 触れられない花。 ( No.49 )
日時: 2017/03/01 22:16
名前: @メンタル 

とまとさん
蘭ちゃんをやっと活躍させる事が出来ました!
書いてて楽しい限りです(・∀・)ニヤニヤ

「おっやぁ?何々?」
笹凪が指示を叫ぶ数分ほど前にその、黒い影を目にしていた者が居ました。それは、学院近くにある比較的高いマンションの屋上にいた神の青年でした。彼の名前は、緒川扇里≪オガワセンリ≫。昨年学院を卒業したばかりの若さで、国を守る神の部隊でも一番強豪とされている1部隊の副隊長している人間です。
「いっやぁ〜コンタクトだと目ぇ乾いて痛いな〜…メガネ、メガネ〜っと。」
上空に浮かぶ黒い影に軽い不信感を抱いた扇里は、自分の目を強く擦りながら近くにあった黒縁のメガネを取り、ピアスの揺れる耳に掛けました。
「ん?…あそこって確か…」
そう言いながら勢いよく立ち上がり近くにあった携帯端末を無造作にズボンのポケットに入れ、先ほどの緩み切った表情を鋭い目つきに変えた扇里は、光術で屋根から屋根へと移動していきました。
「学院上空じゃんかよ!!」
一人大声を出しながら。

「ッ!?っ全員私よりも姿勢を低くしろ!!!!」
学院近くに扇里にも笹凪の声が聞こえました。
同時に黒い影、人の手から雷術と見える黄色の光が現れました。笹凪には、強い力がありますが代わりに重大な弱点があります。それは、炎、地、そして水以外の能力が最底辺としてしか使えないこと。なので黒の者は、それを知っての行動だろうと扇里は悟りました。

Re: 触れられない花。 ( No.50 )
日時: 2017/03/05 20:37
名前: とまと

 新しいキャラクターがまた登場しましたね!わーい。
謎の影の正体は一体何なんだろう…?

Re: 触れられない花。 ( No.51 )
日時: 2017/03/02 20:22
名前: カノっち☆

こんばんは(@゚▽゚@)ノ
うふふ(*V∇V)
緒川さん、かっこいい❤
ピアスかっこいいし、しゃべり方もかっこいい!
黒縁めがね(//∇//)
やばいですwめっちゃ好みのキャラです❤

Re: 触れられない花。 ( No.52 )
日時: 2017/03/02 20:25
名前: カノっち☆

あ、使えない文字だったのね……(笑)
文字化けしちゃった(´・ω・`)
ごめんなさーい♪

Re: 触れられない花。 ( No.53 )
日時: 2017/03/02 21:27
名前: @メンタル 

とまとさん
新キャラですよ〜緒川君!
謎の黒い影の正体は…おっと、ネタバレするところでした(笑)。

カノっち☆さん
結構文字化けするんですよね〜(;´д`)。
緒川君は、ちゃらっちゃらですよ。
メンタルもこういうキャラ大好きです(笑)。


本編


 どうすれば、どうすれば生徒を守る事が出来るだろうか。
笹凪は、考えました。黒い者の正体は分かりませんが、黄色く光り輝いているのは、雷術のスパークでしょう。一人だけを完璧に保護することぐらいはできますが、この場に居る全員を完全に守ることは、不可能と言っても過言では無いでしょう。
最低限の防護として、使えるだけの無術を使ってとても、とても薄い防壁を作りました。
ついに黒い者の一人と防壁越しに目が会いました。そして笹凪は、感情の一切ない声を聴きました。
「見つけた。」
次の瞬間、目の前でスパークが爆裂し、防壁が壊れ…
ませんでした。
防壁が壊れるガラスの割れたような音の代わりに、生徒たちの悲鳴が聞こえます。
笹凪の隣には、一人の青年が居ました。
爆風でピアスの鎖が擦れる音が微かに聞こえました。
「ちょっとぐらい副隊長の事も頼ってよ、たいちょーサマ♪」
青年は、紛れもなく自身の弟子であり副隊長の扇里でした。

Re: 触れられない花。 ( No.54 )
日時: 2017/03/03 19:27
名前: とまと

 見ました。

Re: 触れられない花。 ( No.55 )
日時: 2017/03/05 15:44
名前: @メンタル 

とまとさん
ありがとうございます!

不意に、スパークが消え相手が後ろ飛びをして間合いを取ったのを黙認してから扇里は、防壁をなくしました。
「浪々!後輩ちゃんたち非難させといて。」
扇里のその一言を合図に、紫色の光が背後にきらめき人の形を成しました。
「かしこまりました。」
現れたのは、背の高い黒人のような男でした。男は、どうやら扇里の鬼のようです。
間合いを取っている2人は、黒いフードポンチョを目深に被っていて表情は見えませんが何とか口元だけは見えました。片方は、口角を上げもう片方は、口をつぐんだままでした。
「おひさ〜!って感じだね?神の副代表ちゃん?…名前なんだっけ」
不意に笑っていた方がフードを取りながら明るく声を出しました。つり目の少女でした。
「笹凪千里」
「そうだ!さっちゃんだー!覚えてる?50年前のことっ♪」
少女の声と真逆の冷静な、先ほどと同じ冷静な声を出した方がフードを取ります。たれ目の少年でした。
「忘れるわけがない。…何をしに来た!!!鄙の者!。」
笹凪は、弟子の扇里でさえ聞いたことのない怒鳴り声をあげました。
「ひっどいなぁ直々に鄙の国から来てあげたっていうのにこの、
 鄙の幽翠ちゃんと翠雨が」
学園への鄙の襲来。
すなわち、
戦争がはじまる余興。

Re: 触れられない花。 ( No.56 )
日時: 2017/03/05 20:38
名前: とまと

 ついに現れましたね、双子!
戦争…?

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大4000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。