複雑・ファジー小説

短編集。。
日時: 2017/01/12 00:49
名前: 胡瓜 ◆xMbvVxmzM.  

はじめまして。
胡瓜(キュウリ)と申します。
ここでは、作者が思い付いた短めのお話を書きたいと思います。おそらく、ジャンルは恋愛…?です。
荒し、誹謗中傷は止めて下さい。
以上を踏まえて読んで頂けると嬉しいです。

Page:1



Re: 短編集。。 ( No.1 )
日時: 2017/01/12 01:11
名前: 胡瓜 ◆xMbvVxmzM.  

『放課後の第一音楽室』

「冬樹君、六花大付属受かったのね。おめでとう」

俺は冬樹。ピアノが好きで、ここらでは有名な音大の六花大の付属高校に入学する事になった。

「先生、今日も良いですか」

「ああはいはい、これね」

先生がこれ、と言って渡したのは第一音楽室の鍵だった。何時も放課後にここでピアノの練習をしている。
家にピアノが無い訳ではない。家では、父と母がケンカばかりしていて、ピアノを弾く気になれないのだ。

因みに、ここへ行く理由はこれだけでは無い。

「四時には返してね」

「ありがとうございます」

◆◇◆

第一音楽室には、“あの人”が居るのだ。
鍵を使い第一音楽室に入る。“あの人”はグランドピアノの上に座っていた。

「ダメだよ、ピアノの上に乗るなんて」

濡れた様に煌めく艷やかな黒髪、ふわふわひらひらした黒のドレス、左目の泣きほくろが特徴的な彼女は、こう言った。

「良いじゃない、このくらい」

Re: 短編集。。 ( No.2 )
日時: 2017/01/13 00:16
名前: 胡瓜 ◆xMbvVxmzM.

彼女は、自称『ピアノの精霊』らしい。僕は幽霊か何かの類いだと思っているが、僕にしか見えていない様だから、人外であることは間違いないだろう。

「ほら、ピアノ練習来たんだからそこ退いて」

「またあの曲を弾くの?飽きないわねぇ」

「うるさい」

僕は楽譜をセットし、手を最初の位置に置いた。まず、右手の人差し指から動き始める。右手がメロディーを奏でると、左手の小指と中指が同時に動き、伴奏スタートの合図の和音を奏でた。

昔から、音楽は好きだった。
ピアノで好きな曲を弾けば、親の怒鳴り声は聞こえない。手を動かせば、僕の居る空間はカラフルに色付いた。
切る様な音を出せばその度に小さくて可愛らしい花が咲き、ペダルを踏むと夜空はオーロラが光った。

こうなるのがただ好きだっただけなのに、いつの間にかたくさん賞を貰って、『天才少年ピアニスト』なんて囃したてられた。
それでも良かった。
家族の中に笑顔と会話が生まれるのならば。

Page:1



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。