複雑・ファジー小説

日時: 2017/01/23 17:02
名前: 澪 死にたい…

机の上にお米が1粒。

それを食べに来たありが1匹、2匹。

僕はそれを黙って見ていた。

今日は晴天。

それなのに僕は部屋にとじこもっていた。


今日は登校日。

それなのに僕は部屋にとじこもっていた。


僕と貴方は両想いだった。

それなのに貴方は何処かに行った。


僕と貴方は両想いだった。

それなのに僕は、 僕は。


Page:1



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。