複雑・ファジー小説

俺の日常生活の中で突然美少女が現れたとしたら。
日時: 2017/03/18 11:34
名前: とある少女 ◆BaquC25tEw

どうも、とある少女です。本日は御観覧頂き、誠に有難う御座います。
題名長くてすいません><誤字脱字が多いので暖かく見守ってやってください。アドバイスや感想もうれしいので是非してください。

あらすじ…極普通の日常を過ごす高校一年生の天王寺 竜太郎(てんおうじ りゅたろう)に美少女達が舞い降りる!
闇や過去、色々なことを持つ彼女たちと繰り広げるのはコメディ?それとも恋愛?サスペンス?それは、皆様の目で見届けてくださいね!

プロローグ* >>1
第一章 すべての始まり *>>2-5
第二章 俺達で、変える *>>7-10
第三章 忘れられた過去 *>>11-14
第四章 きゅ、旧校舎!?*>>15-17

Page:1 2



Re: 俺の日常生活の中で突然美少女が現れたとしたら。 ( No.9 )
日時: 2017/02/23 21:29
名前: とある少女 ◆BaquC25tEw

「わ、私の家…来る?」
絶望していた俺に愛乃は目を逸らしながら言う。
「い、行っていいのか!?」パァッと顔を明るくさせた俺に
「行くんなら、さっさといくわよ!」
と、相変わらずのツンデレっぷり見せてくる。

いやぁー、いいね!女の子の部屋なんて何年ぶりだろうか。幼馴染の女の子の家に行った記憶しかないな。…あれ?あの女の子は、誰だったけ?
「着いたわよ?天王寺?」
んなことを考えていたら、愛乃の家に着いていた。

「おじゃましまーす!」
どうやら、家の人はいないらしい。愛乃はエアコンをつけてから、
「ジュースを持ってくるわ、いい子にしてなさいよ?」
完全に子供扱いされたので、戸棚をあさってみると、
「お…。美少女ゲームじゃねぇかっ!」
美少女が美少女ゲームをするなん…それに、愛乃だ。
あの愛乃だぞ!?

「お待たせ、暑いからコー○にしたけど…」
噂をすれば本人が…
「な、なにやってんのよ!」
「愛乃がこんなことをするなんて意外だな!」
俺は可愛い水着姿の女の子達が映っているゲームのパッケージを見せる。
「…悪いかしら?私だって…好きなのよ!」

「じゃあ、俺にこれ貸してくれないか?」
俺がそう言うと嬉しそうに愛乃は

「勿論!!」
と、言ってくれた。

Re: 俺の日常生活の中で突然美少女が現れたとしたら。 ( No.10 )
日時: 2017/02/24 18:21
名前: とある少女 ◆BaquC25tEw

「俺君…」「○○…」
あなたはどうしますか?▼

▽見つめ合う

▽抱きしめる

▽キスをする

「キスだろぉーっ!」(ポチ)
俺は今愛乃の部屋で美少女ゲーム、いわゆるギャルゲー?をしている。
「きゃあっ!急になにするの!最低!」
画面の女の子のハートゲージが一気に下がり、走り去って行ってしまった。これはショック…

「はぁ…まだハート中途半端じゃない。この選択肢は抱きしめる、が正解ねっ!」
と、ドヤ顔で言う愛乃。
「結構やり込んでるんだな?初見でここまで知ってる奴はいないよな」

「ギャルゲーも勉強と同じものよ。女の子をおとすのは、快感ねー!」
うっとりした顔で言う愛乃に俺は呆れる。


「そういえば、俺ってなんのために…」
「あっ!そうだったわ!」
愛乃は鞄をゴソゴソとあさり、
「はい、これ」と、クラス名簿っぽい紙を愛乃が見せる。
「なんだよ?」
「学校内の問題児や不登校の子などを集めた物よ。」
と、俺にその紙を渡す。
「おう…んで、気になるやつはいるのか?」
「この子…なんだけど。」
愛乃が指を差す先には

       「麻倉 岬 1年A」
と、書かれていた。

Re: 俺の日常生活の中で突然美少女が現れたとしたら。 ( No.11 )
日時: 2017/02/27 20:56
名前: とある少女 ◆BaquC25tEw

第三章 忘れられた過去

「不登校女子よ。同い年で、中学1年生から学校へ行ってないみたいなの。」
「はぁ!?5年間以上も学校へ行ってないじゃねぇかよ!」
そんなやつ、相手にしたってしょうがない。どうせ、俺らの力じゃ学校なんて…

「来るわよ。そんな子を救ってやりたい、助けてやりたい。
そんな気持ちはあんたに無いの?それで小説を書こうだなんて、おかしいわ!」
少し怒っているような、真剣な顔で愛乃は言う。優しいな、だから俺は愛乃のことが…
「…そうだよな!じゃあ、この件は俺が責任を持ってやる!絶対、その子を救ってやるよ!」
俺が自信満々にそう言うと、愛乃はまた笑顔になった。
「天王寺ならそう言ってくれると思ったわ。私は他にも気になる女の子がいるからそっちをあたるわね!あ!優しく接しなさいよ?」と、ギロッとこっちを見る。
「なんでだよ?そうするけどさ」
面倒くさいなと思っていたら

「何か‘過去‘があるんでしょ?私にだって人には言えない程の過去くらいあるでしょ?天王寺にも…」
俺に?そんな過去…。少し考えようと、目を閉じる。

「今日は、一緒に遊んでくれるよね?龍ちゃん!」
小学生位だろうか。小さな女の子が俺に話しかける。
見覚えのある公園。見覚えのある少女。
「ねぇ…遊ぼうよ!龍ちゃん!龍ちゃんしか…いないんだよ!」
俺を龍ちゃん、と呼ぶ少女。誰なんだ…?
「龍ちゃん…!」
少女は暗闇の中へ消えてしまった。

くそ、誰だろう…思い、出せねぇ…っ!

Re: 俺の日常生活の中で突然美少女が現れたとしたら。 ( No.12 )
日時: 2017/03/03 18:26
名前: とある少女 ◆BaquC25tEw

俺は、放課後愛乃に渡された麻倉 岬の住所を見ながら、家に行ってみることにした。
              龍ちゃん!
あの少女の声がまだ頭の中に響く。そういえば、あの後の事はあまり覚えていなかった。愛乃が家まで送ってくれたらしい。あの少女は俺の過去に関係があるのだろうか…?

「…ここ、だ」
とある家に着いた。至って普通の家。ある程度の暮らしもしてそうだし、でも特別裕福そうにも見えない。何か問題があるのかと思うほど、綺麗な庭に二階建ての家。一体なにが…
俺はその好奇心でチャイムを鳴らした。
「はい?なんでしょうか?」と、お母さんぽい声がする。
「あ、麻倉岬さんのお友達なんですけど…」
怪しまれないように、友達というワードを出すと
「あら!お友達?今ドアを開けるわね」と、嬉しそうに言うとガチャ。
とドアが開く音がした。
「すいません、お、お邪魔します」
「あら!龍ちゃん…?」
俺の顔を覗いて驚いた様に龍ちゃんと言う名前をだす。その言葉を聞いた瞬間、俺の中の記憶が駆け巡る。だって、この人は…!あれ、一瞬思い出したのに…!

「え、あ…俺、帰ります」
あの人だ…。俺は今恐怖心しかない。知らない人の筈なのに、あの顔を見ると、逃げ出したくなる。急ぎ足で俺はドアを開けようとすると、

「…忘れちゃったのね。岬の顔、見たくない?」
手を掴まれて、ビクッとする俺に悲しそうに言った。
「…見たい、です。」
振り向くのは怖いけど、俺はまたあの人の顔を見る。
あの時と、同じ顔で、仕草で。

過去に向き合うのは、難しい。
俺は、あの人を…知っているから。

Re: 俺の日常生活の中で突然美少女が現れたとしたら。 ( No.13 )
日時: 2017/03/04 20:57
名前: とある少女 ◆BaquC25tEw

俺はどんな状況かもわからないまま、「岬の部屋」と可愛く書かれたプレートのドアにノックしている。正直、怖い。まだ記憶が浅いまま過去に踏み入れても、なにも変わらないというのに…
ノックしても返事がないこの部屋に、俺は足を踏み入れた。
「…入るぞ。」
案の定鍵もかかっていない。電気もついてない部屋にパソコンの光だけが目に入る。
           「龍、ちゃん?
暗闇に包まれている中、そう声が聞こえた。

「え…?」
「やっぱり、忘れちゃったんだね」と、悲しそうな声が聞こえる。
「…暗いから、電気つけるぞ」
俺は、話を遮る様に電気をつけた。
「あっ!ダメ!」
明かりが灯された瞬間、真っ青な顔の少女の顔…?
                        ん…!?


「引いてる、よね?」  「ま、全く」
えーと、今の状況を説明すると、こいつはヲタクだ。…以上。
フィギアだの、アニメグッツがたくさん部屋一面にに飾ってある。
顔が赤くなっている少女…、いや美少女は麻倉 岬。
二つ縛りの髪に、緑色の綺麗な目。…可愛い!けど、残念美少女。
「ちょっとー!?あなたの心、見えてる!スッケスケ!」
「あ、あぁごめん」
ちょっと怒った顔で睨みつけてくる岬に一つ咳払いをし、話を切り出す。

「はじめまして。」
「…はじめまして」
ニコッと笑ったその表情には、悲しそうな感情が浮かび上がる。
「お前は、俺を知っているのか?」
知りたくない過去。
そんなのが、俺にもあるのだろうか。

Re: 俺の日常生活の中で突然美少女が現れたとしたら。 ( No.14 )
日時: 2017/03/07 19:02
名前: とある少女 ◆BaquC25tEw

「何いってるの!知ってるわけない。
はじめまして…だからっ」
そう言って、茶化す岬に俺は顔を歪ませる。
「…なんの、用なの?私に」

「お前を救いに来たんだ。麻倉岬!」
「は…?」
呆れた様な顔でこちらを見る。
今の俺には、何も出来ないかもしれない。だけど、やらないといけないんだ。
「なんで、学校に来ないんだよ?」
「それ、何回も先生に聞かれたよ。理由は簡単。
行きたくないの!!もういいでしょ…?」
泣き出しそうな声で岬は怒鳴る。
「行きたくないですまねぇんだよ!
行きたくないのは、俺も同じだ。だけど、行ってるんだよ!」
「…はぁ、テンプレートな言葉。同じなんだね、先生と。
その言葉、何度聞いたかな?」
あはは、と乾いた笑いをし、
「嫌なの、みんな。嫌いなの!」と、言う。
「んなの…気にすんなよ!行けよ!」
¨優しく接しなさいよ?¨愛乃の言葉がふと頭に過る。
あー、やっちまった。

「…帰ってください。龍ちゃんには、わかんないよ…!絶対!
 私の気持ち。昔から、そうだったよね。」
岬は、暗い声でそうつぶやいた。

Re: 俺の日常生活の中で突然美少女が現れたとしたら。 ( No.15 )
日時: 2017/03/10 21:23
名前: とある少女 ◆BaquC25tEw

第四章 きゅ、旧校舎!?

「…んで、追い出されたってわけ」
「…ふーん。」と、愛乃が興味無さそうに言う。

「じゃ、諦める?」
「いや…なんかあると思うんだ。学校に行きたくない理由が。
それが俺にー」
「関係してると?」
「…そうなんだ。」
俺が…何かしたのか?いや、記憶にない。小学校の頃…。

「まぁ、いいわ。引き続き頑張りなさい。。
ていうか、寒い!もう五月だっていうのに!!」
ここは、屋上。ここしか…ない。もう五月になり、部活を始めている部が多い中、俺らはこうやっていつもなにも当ても無く駄弁っているんだった。
「やっぱり、部活しないと!」
「だから、部員が…」
急に立ち上がった愛乃に、俺は嘆息する。
「部員がなによ!二人いれば十分!さ、行くわよ!」
「え、どこに?」
やる気なさそうに聞き返すと、愛乃は少し考えてから

「生徒会室ーっ!」
勢いよくドアを開けて階段を今にも転びそうな勢いで降りていく。

「待ってくれー!」

やっぱり、そうなるのかよ…

Re: 俺の日常生活の中で突然美少女が現れたとしたら。 ( No.16 )
日時: 2017/03/13 17:30
名前: とある少女 ◆BaquC25tEw

「だーかーらぁッ!なんであんたの言うこと聞かないといけないのよ!」
…えーと。
「生徒会長、ですから♪」
「はぁ?」
おいもうやめろよ、俺は小声で愛乃に言う。
何か始めないと埒があかないじゃないっ!

「何かしら?」
「だから、部を作って部室が欲しいのよ!」
「5人以上じゃないと、同好会ってことになるわよ?
それから、顧問もいないのだし、部室だって空きはないわ。」
文芸同好会?なんか変だな。小説同好会…?
俺たちはまだ何も分からず部活を作ろうとしてるんだってことも分からなかった様だ。

「どこでもいいわっ!お願い!」
「…”どこでも”ねぇ…?」
「あの…?」
怪しい笑みを浮かべる会長さんに、俺が恐る恐る返事をするとー

「じゃあ、旧校舎なんて…どうかしら?」
「え…?」
その言葉を聞いた瞬間、愛乃が青ざめる。
「ほら、これ。旧校舎の鍵。三階の奥の部屋ね。そうだ、誰も出入りしていなかったから、少し汚くなっているかも…」
会長さんは、そういいながら少し古びた鍵を渡してきた。
「え、ちょっと!やだ!無理ぃぃぃ!」

「それじゃあね、ミドリ、追い出して。」
「はーい、お姉様♪」そういうと、ミドリさん?が
「ばいばい♪」と言って、ドアを閉めた。
廊下に追い出された俺ら二人は、しばらく固まっていた。

「きゅ…旧校舎!?あいつー!」
愛乃は何を怖がっているのだろうか?

Re: 俺の日常生活の中で突然美少女が現れたとしたら。 ( No.17 )
日時: 2017/03/18 11:33
名前: とある少女 ◆BaquC25tEw

「…ま、何はともあれ、部室は決まったわね。
 これで小説が書けるじゃないっ!」
「まだ、認められてもないけどな?
 …って何で俺が小説書いてること知ってるんだよ!?」
「そりゃ、作るときに言ってたし?見ちゃったのよねぇ…、小説」
ニヤニヤしながら話す愛乃に、
「どうだったんだ」と小声で言う俺。帰ってる途中だし、誰もいないよな…?

「殆ど、あんたの妄想よね。なんて痛い話なのかしら。ぷぷっ!
 それから、ギャグが足りない!」
「全部事実だぞ!ギャグ…か。」
「こんな真面目な話、ずっとしてたら読者がつまんないじゃない?
もっとさぁ!イチャイチャラブコメを期待してるのよ!」
何を言いたいんだか分からないが、確かにな。

「じゃあ、お前とデートしたりすればいいんだな?」
「はぁ!?いやいや、なんで私なのよ!幼馴染という属性がついた美少女がいるじゃない」
「お前が、メインヒロインだから?」
「…あれ、私脇役じゃないの?」

「あ、あんたとデートなんて…絶対嫌なんだからね!
 だ、だけど、、小説のためなら…やってあげてもいいわよ」
顔を真っ赤にして言う愛乃に、
「ほ、本当か!?」と声が上ずる。

「…嘘よ。ばぁかっ」
と、目を逸らしながら愛乃は言うと走り去って行ってしまった。

「あー、もう…可愛すぎか」
夕焼けに染まった空を見上げながら、俺はぼーっと立ちつくしていた。

Re: 俺の日常生活の中で突然美少女が現れたとしたら。 ( No.18 )
日時: 2017/03/23 22:29
名前: とある少女 ◆BaquC25tEw

卒業した方、おめでとうございます!この場を借りて、祝福させて頂きます。

************************

「うぅ…ほんとに、行くの?」
「ん?なんだよ、怖いのか?」
今、俺達は旧校舎の会長さんに指定された部室へと向かっていた。
「そ、そんなわけないでしょ!ばかじゃないの!
 ってぎゃああああ!」

「ここ、か…」
部室着いた俺達に待っていたのは、結構予想もしてないことだった。
…まぁ、分かってたけど。
すごい、汚かったのだ。いかにも幽霊が出そうな旧校舎なのに、それに幽霊が出そうな部室と来たか。会長さんの嫌がらせとも思えてきた。

「ここ、前はオカルト部みたいのだったらしいわよ。
 …げほっ!埃臭いわね」
「うわ、何年掃除してないんだ…?
 なんかオカルト系の本まであるな」
「気味悪い部室だわ…げほっ」
本当にその通りだ。オカルトそのものを部屋に表した、みたいな。
こんなとこ、ずっといたら心まで腐りそうだ。
やっぱ、こんなのならあきらめて…

「よし、明日から掃除ね」
「は?え?」
「ん?何か不満でも?」
やる気満々の愛乃に、俺は嘆息し「ないです」と、言った。



Page:1 2



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大4000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。