複雑・ファジー小説

トライアングル
日時: 2017/03/05 00:11
名前: あさがお


複雑な気持ちを描いた学園もの&恋愛もの小説です。

主人公
高山広臣(たかやまひろおみ)
新入生で同じクラス、同じ学年、同じ寮、同室の相手を好きになるが…

相手
朝比奈歩(あさひなあゆみ)
正真正銘男だが、時折体に住むもう一人の女が出てくる時がある。どちからが、活動すれば、どちらかが不活動中。主人公と初めて話したのが女性の方で、女性の方が主人公に一目惚れ。



Page:1



Re: トライアングル ( No.1 )
日時: 2017/03/05 11:39
名前: あさがお


今日から初めての寮生活。そして、高校生だ。と言っても、途中から入る。所謂転入生だ。四月から3ヶ月遅れで入学。この学校は女子の数が少なく、八割近く男子が居ることで、男子校に近いと言われているが気にしない。寮は寮でも男子寮であって、男女共有した寮ではない。

寮長の三年、岩倉(いわくら)さんに案内してもらう。
部屋は二人一部屋ベッドが二段階構造で下に寝るか上に寝るかは同室の人と話して決めること。
手荷物以外は先に部屋に置いてあるらしい。門限は23時。それと同時刻に消灯となる為、それまでには帰宅してること。
などの話をうけ、質問があるか聞かれる。

「同室の人はどんな人なんですか?」

「そうだねー、気さくで優しい1年生だよ」

「俺と同じ学年なんですね、そこは安心できます」

それは良かった、と話し終わったところで漸く部屋に着く。305号室と書かれたプレートがドアの横にある。岩倉さんは他に困ったことがあれば同室の人に聞いて、と言って返事をして頷いた俺の肩を叩いて、後押しするように「頑張れよ」と笑って言えば去っていった。

俺は一息ついて、ドアノブ式の扉を引いて開けた。

Re: トライアングル ( No.2 )
日時: 2017/03/07 07:14
名前: あさがお

扉を開いた瞬間ブワッと風が吹いて反射的に顔を背ける。風がすぐに治まり部屋の中を見れば、正面の小窓が全開。白いカーテンが風に揺れている。勉強机が二つ。手前の左にある机にはいくつか教科書、ノート、参考書が置かれ、立ててあり整っている。入って右手にベッドがあり、下の階は使われている様子があった。
入って左手には俺の荷物と思われる段ボールが二つ。キャリーバッグを段ボールの隣に置き、手荷物を上のベッドに乗せる。
部屋の扉を閉めて窓も閉めれば部屋を誰かがノックする。

扉を押して開ければ明るい茶髪でストレートの女の子が立っていた。

「え、だれ?」

「キミこそ誰?」

「ごめん、ちょっと、ここ私の部屋だから」

「え?」

顔を見た瞬間可愛いと思った。俺より少し身長の低い彼女が俺を見て眉を寄せる。誰かという質問に質問で返せば俺の体と扉の隙間をくぐり抜けながら上記を述べて部屋に入ってくる。彼女の言葉を受け入れるなら、ここは俺の部屋ではないことになってしまう。男子寮の俺の部屋だったはずだと思い、部屋番号をもう一度見る。305号室、やっぱり変わってない。出入口の扉を閉めてため息混じりに部屋にいる彼女に声をかける。

「ここは俺の部屋だ。キミの部屋じゃない。間違えて入ってるんじゃない?女子寮は向こうだろ」

「ううん、私の部屋はここ」

融通が利かないというレベルじゃない。ここまで言い張る自信が分からない。俺が何を言い返せばいいかと悩み黙っていると彼女は振り向く。サラサラの髪が揺れる。彼女が歩み寄って来て、何だ、と身構えれば彼女は俺の肩に手を乗せ背伸びすると、俺の唇に触れるだけのキスをした。
何が起きたか分からない俺は数秒固まった。その間に離れた彼女は口角を上げて微笑み、勉強机に置かれた一冊の参考書を片手に俺に見える様にしながら自己紹介をした。

「私の名前は、あさひなあゆみ。あゆみって呼んでね」

見せられた参考書の裏には1-3 朝比奈歩≠ニいう丁寧な字。状況が把握できないまま、もう一度彼女を見れば、参考書を机に置き戻した彼女はまた寄ってきて、右手を目の前に突き出しニコッと笑った。

「これから、よろしくね」

Re: トライアングル ( No.3 )
日時: 2017/03/09 00:01
名前: あさがお

ハッと我に返れば何故キスをしたのか彼女に問うが、彼女は俺の質問に答えることなく、質問をし返してくる。

「なんで今キス…」

「貴方の名前は?」

「え…?」

「名前」

初対面の相手が強気で言ってくると少し怖じ気付くのは悪いところなんだろうか、名前を聞かれると答えなければいけないか迷ったが、自分も相手が名乗ってくれたのを思い返せば名乗るのが礼儀であって。

「高山広臣だ」

「広臣くん!よろしく」

名を名乗れば覚えるように復唱され、いつまでも出された右手に握手し返さなかった俺に待ちきれなかったようで、俺の右手を取り無理矢理握手してきて驚いている俺に彼女はニコニコ微笑んでいた。

「今日は疲れたんじゃない?荷物もあったし、先輩の説明も長かったでしょ?」

「え?いや、疲れはしたけど…説明が長かったとかは」

「明日から普通に授業受けるんでしょ?貴方モテると思うなぁー」

「…なんでそんなこと」

ペラペラと話し始めた彼女は俺が話し返せば俺の話は聞いてないというように別の話をどんどん入れてくる。彼女の言葉はまるで俺が岩倉さんのことを悪く思ってるような言い方で腹が立った。なんでそんなことを言うのかと聞けば、握手してた手を離した彼女は真面目な顔をして言った。

「私ね、貴方の事が好きになっちゃった」

Re: トライアングル ( No.4 )
日時: 2017/03/10 18:21
名前: あさがお


「は?」

何言ってんだ彼女は。いきなり何なんだ?意味が分からない。どこを見てどの瞬間好きになったんだ?何故今それを言ったんだ?疑問符が頭をかき回す。

「うーん、一目惚れ?うふふっ、好きだよっ」

黙っているとまた勝手に喋り出す。自分でもおかしな事だと自覚しているのか頬をほんのり赤らめながら笑い、二度目の告白をしてくる。

「キミの遊びに付き合ってる暇はない。用が済んだら出て行け」

「キミじゃないし、あゆみ!あ、ちゃん付けでも全然いいよ!」

「…俺はもう寝る。邪魔するなよ」

「えー…」

駄々こねるような口調でブーブー言ってる彼女を無視して上のベッドに寝転がれば、ベッドが軋む。天井が近い気がして片手を伸ばしてみるが天井に手は届かない。案外距離はあるようで安心する。飛び起きても頭をぶつける心配は無さそうだ。
掛け時計の秒針が動く音がする。目を閉じてそれに聞き入っていればいつの間にか意識を手放していた。

Re: トライアングル ( No.5 )
日時: 2017/03/10 19:04
名前: あさがお

ふっと目が覚めると、辺りは真っ暗で驚く。何も見えない。電気をつけようと、ベッドから恐る恐る階段に足をかけて降りる。昼に入ってきた時、電気はヒモじゃなかったことを思い出し、スイッチであるボタンのようなものがあるはずだと出入口付近の壁をひたすら触るがそれらしきものが無い。

仕方無く、部屋を開けて出ると、廊下の電気はついていて、その明るさに眩しくて目を細める。
目が慣れれば、辺りを見渡す。何人かの寮生らしき人が廊下で楽しそうに会話をしてたり、物の貸し借りをしている。

「どうした?なんか困ってることでもあるか?」

誰に助けてもらおうかと困っていると、後ろから声をかけられた。
振り返れば赤毛の癖毛に特徴がある俺と同じぐらいの身長の男子が立っていて、丁度よかったと呟いてから、部屋の電気の話をすれば、彼は堂々と部屋へ入ってきて、暗い部屋の中、何かを探すようにキョロキョロする。

「おー!あったあった!ほい。部屋の電気はリモコン操作だから、これ無いとつけれねぇから気をつけろよ?ま。今回は、朝比奈が悪いけどな」

リモコンを彼が見つけると、電気までつけてくれて、俺にリモコンを手渡す。感謝しながら受け取ると、彼は苦笑いして話を続ける。

「朝比奈?…誰だ?」

「え?知らない?お前と同室の男」

そこで出てきた名前に誰だと思い首を傾げれば、彼は呆れたように言う。この部屋に来てから女は見たが男は見てないなと思い、知らないなと首を横に振る。

「まぁ、今は部屋に戻ってないみたいだし、どっか遊びに行ってるのかもな。同室なんだし、すぐわかると思うぜ」

「どんな奴か聞いていいか?」

「ちょっと変わってて、ムカつくこと言うけど憎めないような感じのヤツ…かなー?」

「そうだ、キミの名前聞いてなかった。俺は高山広臣」

「おお、俺は立花一木(たちばないつき)。よろしくな!高山!」

「よろしく、立花」

挨拶を交わせば立花は早々にやる事があったことを思い出したようで走り去ってしまった。

それから、岩倉さんに教えてもらった風呂へ向かい、風呂に入り、部屋へ戻って、髪を乾かして、横になる。

「静かだ…」

二人部屋なのに俺1人で部屋で自由にしてる。これじゃあ一人部屋となんら変わりない。そういえば目が覚めた時には彼女がいなかった事を思い出す。俺が相手をしなかったから退屈で自分の寮へ戻ったのだろう。
ふと、疑問符が浮かぶ。あの教材は本当に彼女の物だったのかという点。でもきっと、俺と同室の彼のことを知ってて俺が転入することも知ってて悪戯仕掛けてきただけなのかもしれない。彼女の告白は真に受けない方がいいな。

同室の彼がどんな奴なのか想像していると、いつの間にかまた眠ってしまった。

Re: トライアングル ( No.6 )
日時: 2017/03/13 22:12
名前: あさがお


ーーぃ……ーーぉい…おい!

ハッと目が覚める。
辺りが明るくて、近くにある物もハッキリ見える。慌てて上体を起こし状況を把握しようと腕時計を見ると6時半。朝がきたのかと思い、いつの間にか寝ていたと自覚する。

「やっと起きたかよ」

中性的な声が聞こえて、誰かいる事に気づき、反射的に声のする方を見れば、サッパリした明るい茶髪で左分け右寄りに斜めにカットされた前髪、爽やかな顔つきの男が立っていた。夏が近いこともあって流石にブレザーは着ていないけど、制服姿で俺の方を呆れたように見上げている。

「…なんだよ」

「……いや…え、誰だ」

不覚にもその整った顔に綺麗な顔をしているなと思い見蕩れていた。眉を寄せて不快な顔をした彼が聞いてきてハッとする。そこで、彼が誰なのかと問えば、彼は鞄を肩にかけて応えながら応え終わると同時に部屋を出て行った。

「朝比奈だ。同室なら覚えとけ。先行ってるなー」

ガッチャリとゆっくり閉まった扉の音が鳴って部屋が静けさに包まれる。
彼の言葉を頭で繰り返すと、学校だったことを思い出す。7時半に校長室へ、8時には教室だ。スケジュールを確認し終えれば、支度を始める。ネクタイを締め、ビシッと制服をしっかり着て、部屋の隅にある等身大の映る鏡でチェックする。

自分の姿を見ていると先程会った朝比奈が細身で男にしては華奢な方だったなと思う。同室の人がまさかあそこまで顔やスタイルが良いとは思わなかった。殆ど男子校のこの学校にイケメンがいるとは思わないだろ?と鏡に脳内で問いかける。

「…俺もイケメンな方だよな…?」

確認するように呟く。同室の朝比奈には負けるかもしれないと思うと気が落ちてため息が漏れた。ふと腕時計を見れば7時を少し過ぎていた。

急いで鞄を片手に部屋を飛び出せば、校長室へ向かって走った。寮長の岩倉さんに校長室だけは教えてもらっていたから、校長室の場所はわかる。7時半までには間に合えと願いながら走った。

Re: トライアングル ( No.7 )
日時: 2017/03/20 23:48
名前: あさがお



「今日から一名このクラスに加わることになった」

「高山広臣です。しぁっす…」

担任の紹介後に名前を言って軽く会釈すれば、生徒は俺を見てぽかーん。一瞬の沈黙が俺は嫌だ、特にこういうの。担任から席に着くように言われ、席へ向かう途中、話しかけてくる生徒やヒソヒソ話してる生徒、バカでかい声でふざけて笑いをとるやつがいる、ウンザリだ。こういうのはあまり好きじゃない。耳だけ傾けつつ席に向かっていれば聞いたような名前が聞こえた。

「どう思う?朝比奈」

「はー?どーもしねーし」

「…あ」

「あ?」

「ああああー!!お、お前!朝の!」

聞き覚えのある名前に顔を向ければ、退屈そうに後ろの席の男子と会話をしている様子の朝比奈がいた。朝会ったばかりの同室の彼がまさか同じクラスだとは思わず、驚きのあまり大声を出して、朝比奈を指差す。クラス全員の視線が朝比奈に向いた。

俺と目線を合わせた朝比奈は久しぶりに再会した友人のような顔をして、軽く片手をあげる。担任が俺に早く席に着くように言ってきたおかげで自分が今は何をすべきか思い出し、大人しく席に着いた。
一番廊下側の席後ろから三番目の朝比奈。俺は一番ベランダ側の一番後ろ。席に着いて、体ごと朝比奈の方へ向けて、彼を見る。彼はもう俺を見てなくて、後ろのヤツが話しかけてるようでそれに度々振り向いては返事をしているようだった。

朝比奈の顔を眺める。他のクラスメイトを考えるとやっぱり俺の思った通り、俺がイケメンじゃないんじゃなく、朝比奈が良い容姿の持ち主なだけなんだ、と。他の生徒を見ても、平凡な顔のヤツが多い。
俺は朝比奈の顔をどこかで見たことがあるような気がして朝比奈を見つめながら考えた。


Re: トライアングル ( No.8 )
日時: 2017/03/27 21:27
名前: あさがお


「じゃー高山は朝比奈と同室だし、何かと都合が良いから校内案内は朝比奈にしてもらえ」

「あ、はい」

「はあ!?いやいやいや、そんなめんどーなこと」

「朝比奈ぁー、先生はお前を信用してるから任せるんだぞー?」

「いや、俺そんな手に引っかかりませんから!」

キーンコーンカーンコーン

「じゃ、頼んだぞー」

ガララッ…ピシャ

担任と席から立った朝比奈の言い合いは朝のHRの終了時間の鐘によって終わったようだ。負けたのは朝比奈で、クラスメイトは笑い、朝比奈を元気づける者やからかう者もいた。朝比奈はクラスメイトから好かれているみたいだな。

一方で、俺にもクラスメイトが数名寄ってきて質問攻めが始まった。出身、この高校に来た理由、来た時期の訳、趣味、好みの話等が一般的。答えられるものは応えた。そんな中、気になる質問があった。

「朝比奈と同室なんだって?」

「そうだ。それがなんだ」

「アイツに似たヤツ見かけなかった?」

「……ああ、そういえばどこかで見たことがある気がするんだよなー」

やけにニヤニヤした顔で話を進める彼に疑心暗鬼になりながらも正直に答えれば、衝撃な言葉が告げられた。

「アイツ、二重人格って噂だぜ?」

「……は?」

Page:1



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大4000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。