複雑・ファジー小説

私の未来
日時: 2017/03/24 17:36
名前: 佳澄 (ID: mnPp.Xe.)

『もう〜!』

私は伊藤七瀬。4月から高校3年生になった。

「もう〜!何?さっきから。ブスな顔がもっとブスになってるよ!」

『うるさいなぁー!』

「ハイハイ。」

私に話しかけてきたのは同じクラスの佐々木涼香。小学生の頃から同じクラスになることが多く、仲がいい。

そして、なぜさっきから私が悩んでいたものは進路の事について。

本当は、3年生にもなると、ある程度進路を決めなきゃいけないのだが、私は悩んでいた。

何故なら、私の夢は女優になることだから。でも親や先生からには、「ちゃんとした企業で働け!」としつこく言われているが、私は、女優の夢を諦めきれなかった。

私は、「高校を卒業したら、2年間劇団に入って腕を磨きながらバイトをしてお金を貯め、その後は事務所に入って芸能活動をする」というのが、私のプランだった。

それでも親から馬鹿にされ、先生からは何度もしつこく言われてきたが、こうなったら自分から親と先生に説得するしかないと思った。

「まだ親に反対されてるの?」

『うん。』

「でも私は、七瀬のそういう諦めないところ、嫌いじゃないよ。」

『ありがと。///』

照れていると、放送がかかった。

「3年2組の伊藤七瀬さん、今すぐ教務室に来なさい。」

『またぁ〜!』

「ほら、いってらっしゃい!」

私は教務室によく呼び出される。多分今回も進路の事についてだろう。

そう思い、教務室のドアを叩き、中入った。そこには担任の神田が座っていた。

「伊藤、進路先は決まったのか?」

やはりそうだった。

『だからそれは・・・』

「いつまでそんな夢のような話してんだ?小学生じゃあるまいし。」

七瀬は黙ってしまった。

「学年集会で何度も言っただろ?劇団に所属して芸能界に入るなんて・・・そんな夢のような話が成功すると思うか?ただえさえ食べていけるかすら分からない世界なんだ。今ならまだやり直せる。うーん・・・じゃあ、伊藤は料理とかするか?料理系の専門学校に行くとか。」

『・・・先生は何も分かってませんね。』

「は?」

『私は、ずっと前から女優になるのが夢なんです。今さらやり直せるわけないじゃないですか。』

そこで神田は大きなため息をついた。

「まぁいい。頭冷やして考えてこい。言っておくけど、お前だけだからな、まだ進路のプリント出してないの。締め切りは今日の放課後だから、しっかり考えて出せよ。もういい、教室戻れ。」

私は悔しかった。自分の夢を認めてもらえない。確かに劇団に所属した後に事務所に入った時点で、人気になるかどうかも分からないのに。

『絶対に認めてもらおう!』

そして、七瀬が夢を認めてもらうまでの戦いが始まった。

タイムリミットは・・・

夏休み前まで。

Page:1



Re: 私の未来 ( No.1 )
日時: 2017/03/24 16:14
名前: 佳澄 (ID: mnPp.Xe.)

ご挨拶が遅れました!

佳澄です!

今回の小説『私の未来』について、登場人物の紹介をしていきます!


伊藤七瀬→高校3年生 17歳
女優を夢見る普通の女の子。演劇部に所属している。

佐々木涼香→高校3年生 17歳
七瀬に比べて大人しく、成績が良い。

神田→3年2組のクラス担任。1児の父。

伊藤健太→七瀬の父
大企業会社「伊藤建設」の社長。七瀬の夢を反対する1人。

伊藤百合子→七瀬の母
「伊藤建設」で父と一緒に働いている。


だいたいの登場人物はざっとこんな感じです!

増えたらまた紹介していきます!

どうぞ!お楽しみください!

Re: 私の未来 ( No.2 )
日時: 2017/03/24 20:27
名前: 佳澄 (ID: mnPp.Xe.)

放課後・・・

七瀬は1人で教務室に行った。

『出来ました。』

神田にプリントを渡す。

神田はしばらく考えてから

「夏休み前に三者面談があるから、そこでお前のお母さんとじっくり話し合って決めよう。それでいいか?」

七瀬は、これですべてを賭けようと思い

『分かりました。』

と言った。

部活も終わり、帰り道に近所の書店に寄った。

『なんかないかな?』

そう思い、向かったところは、さまざまな演劇に関する本が置いてあるコーナー。

いろいろ見ていると、背後から声が聞こえた。

「あれ?もしかして七瀬?」

声がする方を向くと、そこには、翔がいた。翔は、小学生の頃に仲良くしてた人で、私が密かに好意を持っていた人でもある。中学校に上がってからは、翔は私立の中高一貫校に入った。そんな彼と会うのは久しぶりなため一瞬誰だか分からなかったが、雰囲気ですぐ分かった。

「何探してたん?」

『別に!』

翔は奥にある本棚を見て

「へぇー、演劇。」

どうせまた馬鹿にされる。と思っていたが

「演劇っていいよな〜。」

『え?今なんて言った?』

「え?だから、演劇っていいよなーって」

『何で?』

「何でって・・・そっちこそ何で、んな事聞いてくんだよ。」

七瀬は黙ってしまった。それに気づいた翔は

「なんかあったのか?」

七瀬は頷くと

「聞いてやることしか出来ねえけど。・・・ここじゃなんだし、場所変えるか?」

『うん。』

2人は、近くのカフェへ移動し、七瀬は翔にすべてを話した。

「ふーん・・・」

まぁ、そりゃ黙るのも当然か・・・

「俺はさ。」

七瀬は翔の方を向くと。

「俺はもちろん、役者になりたいと思ったことはないから、そういうのはよく分からないけど、俺がもし、お前みたいな立場だったら、三者面談ですべてを出し切る。こう・・・自分の想いを、自分なりの言葉で、先生と親に全力でぶつける。それで届かなかったら諦める。」

七瀬は下を向いた。

「あ、ごめん。」

七瀬は少し笑った。翔は少し不思議な顔を出した。

『ありがとう。優しいんだね。』

翔は少し照れたが、すぐに立ち直った。

しばらく話し、時刻はもうすぐ8時になるところだった。

『もう帰らなきゃ。』

「あ、俺送ってくよ。どうせ家近いし。」

その後は七瀬と話しながら帰ると、あっという間に家の前に着いた。

別れ際に、翔と連絡先を交換し、家に帰った。

Re: 私の未来 ( No.3 )
日時: 2017/03/25 10:22
名前: 佳澄 (ID: mnPp.Xe.)

『ただいま。』

中に入ってリビングに行くと、父の姿はなかった。

『あれ?お父さんはまた仕事?』

「そう。」

七瀬の父は「伊藤建設」の社長なため、帰るのが遅いことが多い。母もそこで働いているが、定時になったら帰らせてもらえるらしい。

「ただいまー。」

父が帰ってきた。

「帰ってきたみたい。」

『おかえりー。』

「もうすぐで夕飯の準備出来るから、それまでに着替えてらっしゃい。」

『はーい。』

そして七瀬は、荷物を部屋に置き、着替えを済ませると、母が部屋に入って来た。

「七瀬。」

『ご飯出来たの?なら・・・』

「そうじゃなくて、夕方先生から電話があったの。あなたまだ女優目指してるの?」

七瀬は黙る。

「先生からね、三者面談は、もし七瀬の気持ちが変わらなければ、両親揃っての参加にしてくれないかって言われたんだけど・・・もしだったら、お父さんとお母さんと一緒に伊藤建設で働く?今うちは人が足りないから、七瀬が来てもらったらこっちも助かるんだけど・・・。」

七瀬は呆れ顔を見せ、話を無視した。

『夕飯食べる。』

・・・

食事中は、七瀬はずっと考え事をしていた。どうしたら認めてもらえるのか?その事ばかり頭の中に入っていた。

そんな中、父と母は・・・

「どうしたのかしら?」

「進路を考え直してくれたんだろ?そんな女優なんて・・・やっと現実を理解してくれたんだよ。」

七瀬には、父の言ったことは聞こえていたが、聞かなかった事にした。

そんな中、七瀬の頭の中で、何か思いついた・・・

Page:1



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。