複雑・ファジー小説

青い夏
日時: 2017/04/22 00:52
名前: 青花 (ID: UcCe7D1Z)

これって、青春っていうの?


俺らの場合青春っていうより、青夏だよな!

Page:1



出会い ( No.1 )
日時: 2017/04/22 01:14
名前: 青花 (ID: Ga5FD7ZE)

鳴海くんと出会ったのは、梅雨明け間もない夏の日。夏にしては涼しかった。
「おばあちゃん、ここにあったダンボールどこかにうつした?」
「あーそれならさあちゃんの部屋に持ってったよ」
「わかったー」
私は未海町に、昨日引っ越してきた。ここには、小学校低学年の時一度住んだことがある。その時は喘息がなかなか良くならなくて療養に来たっけ…今回も似たようなものだけど、あの時よりは体は丈夫になったと思う。
「ちょっと海見てきてもいい?」
「また?さあちゃんは本当に海が好きだねー…」
「夕飯までには戻るから」
「気をつけてー」
サンダルを履いて、海に向かう。私がこの町にまた越してきたのはおばあちゃんが住んでるからもあるけど、綺麗な海が近いことが大きい。海が見えるだけで癒されるし、元気が出る。

「やっぱり綺麗…」

Page:1



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。