複雑・ファジー小説

カニカレー
日時: 2017/08/18 15:08
名前: r

やや高めのクーラーの冷気と、ジャズのBGMがほのかに聴こえる喫茶店で、私は一つのテーブルで小説を読んでいた。300ページはある長編だが、あと10ページ残したところで店員が声をかけてきた。
「どうぞ、カニカレーです。」
店員が持ってきたカレーは、見た目こそごく普通のカレーだが、味が他のカレーよりも劣っていることを知っていた。しかし、このどこにもないシーフード料理、カニカレーが、私を妙に惹きつけるものがあった。それは、何なのか。いつも探りに来るといっても過言ではない。
スプーンを手に取り一口口にする。香ばしい。おいしいとは口が裂けても言えぬが、圧倒的に美学が味を勝っていた。

Page:1



Re: カニカレー ( No.1 )
日時: 2017/08/18 15:14
名前: r

数分後、カニカレーを完食し、会計で850円店員に渡すと、店を出た。カランカランと鈴の音が店員のありがとうございました、という声とリンクし、カニカレーハーモニーといわんばかりの背徳感が私の心をつき動かした。また来る、絶対に。


1週間後。今日は会社が休みだ。日曜日の午前9時、いつもの休日のように、ベッドから降りずにテレビをドーナツを食べながら眺めていた。辺りには洗濯物や雑誌類が放置されている。しかし白い造りの一室からは何故か不潔という2文字を呼び起こさせないほどの圧倒的清潔感すら漂っている。
今日は何をしようか。先週は午後から映画を見に行った。

Page:1



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。