複雑・ファジー小説

契りのミサンガ。
日時: 2017/09/22 15:21
名前: 知花
参照: http://promised_misanga730azu

"…これは私達を結ぶ 大切な印だよ"

地方に存在するM高校に通う1人の少女、雨宮 愛咲(あまみや あずさ)。彼女は同じ学校に通う一人の男の子、坂口 優(さかぐち ゆう)に密かに想いを寄せていた。

"…ずっと君の事が、好きでした"

そんな彼女を応援したく思った彼女の友達の神崎 こころ(かんざき こころ)のお陰もあり、愛咲は大好きだった優に想いを伝える事に成功する。

それから暫くの間、優からの情愛に幸せだった愛咲。
しかしその幸せもつかの間、ある日その優の方に異変が起こり…

*作者より*

皆さん初めまして、知花(ちか)と言います。
本作品は半分創作、半分私の実体験となっております。

少しでもこの事が誰かの心に響けばな…と想い、この作品をあげさせて頂きました。
この作品の感想でも、ちょっとした意見でも。誤字脱字等などのコメントを下さると凄く嬉しいです。

不定期更新となりますが、頑張って完成させたいと思っております。 些細ながら頑張りますので、応援宜しく
お願いしますm(*_ _)m

Page:1



Re: 契りのミサンガ。 ( No.1 )
日時: 2017/09/22 15:28
名前: 知花
参照: http://promised_misanga730azu



"ずっと君の事が 好きなんだ"


『…雨宮さんだね、これから宜しくね! 』


"ずっと僕の事 愛してくれた"


『…辛い事とかあったらいつでも言ってね? 力になるから! 』


"君の 鼓動を"


『…言いたい事は、ちゃんと言わないと駄目だろ! 』


"ずっと ずっと"


『…自分の事も心配しなよ、愛咲(あずさ)は危なっかしいんだから…』






"…感じていたい…"






…あの日に交わした言葉、あれは紛れもない、私の心の中の本心だった。
だけど私達は日が経つにつれてすれ違い、耐えられなくなった私は何も考えず、貴方や皆に対して、随分と酷い事をしてしまった。

…ただの自己満足かもしれない。
貴方どころか、あの子達にも…誰にも、私の声なんて届かないかもしれない。

…だけど、それでも私は伝えたい。
あの日、あの時に私が何を考え、何を思ったのかを…

Page:1



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。