複雑・ファジー小説

時空を駆ける少年少女〜純黒の宝玉〜
日時: 2017/11/13 21:41
名前: 青らりP (ID: KwIJCRrJ)

時と空間を制御して管理する"純黒の宝玉"。
人類の平穏や世界のバランスは、その宝玉により守られていた。しかし、それが謎の怪盗Aに強奪される事件が発生。怪盗Aの失踪によりお蔵入りに幕を閉じた…しかし、その500年後、宝玉の再発見により、事件が再び動きだす…!

__date__


1.尾乃 藍理

やや破天荒で豪快な少女。現宮小学校6年生の一人。通称「黄色い問題児」。ずば抜けた行動力と体力で物事を乗り越える。


2.加藤田 華凛

冷静沈着な頭が切れる少女。現宮小学校6年生の一人。通称「紫色の機械」。ハッキリと物を言い常に先頭にたつ。

3.高梁 界人

人当たりが良いマイペースな少年。現宮小学校6年生の一人。通称「赤色の自由人」。かなりふざけるが笑顔と優しさが憎めない。

4.片馬 朱兎

お年頃の自称チートな少年。現宮小学校6年生の一人。通称「水色のカリスマ」。その器用さで性格を使い分けているが、対して意味はない。


5.片馬 奈々美

明るく可愛らしい少女。現宮小学校6年生の一人。通称「桃色の天使」。女子力に磨きがかかっている。少々天然っ子。

6.片馬 友

ちょっと頑固でやんちゃな少年。現宮小学校6年生の一人。通称「白い自信家」。純粋で真っ直ぐな心を持っている。

7.片馬 悠葵

大人しく完璧主義な少女。現宮小学校6年生の一人。通称「橙色の姫君」。優しくも芯が強く、完全な人間になることが目標。

8.抹元 浩樹

頭がよく的確な少年。現宮小学校6年生の一人。通称「緑色の推理人」。ただ割と一般人とは感覚がずれていて、何を考えてるのか不明なときがある。

9.邑神 佑

とても無口で冷徹な少年。現宮小学校6年生の一人。通称「青色の鬱人」。言うことが冷たく、人を痛め付けたりすることが好きなドS。

Sub cast

怪盗.A

正体不明の怪盗。


現宮 佳菜子

現宮小学校創立者兼初代校長。詳細不明。


現宮 健吾 

佳菜子の弟。詳細不明。


現宮 美桜

佳菜子の姉。詳細不明。



第一章  タイムスリップの黒い宝玉。

>>1



Page:1



Re: 時空を駆ける少年少女〜純黒の宝玉〜 ( No.1 )
日時: 2017/11/13 22:02
名前: 青らりP (ID: KwIJCRrJ)

ジーーーーーン、ジーーーーーン。

セミの声が響く暑い夏の昼、その小学校では社会の授業の真っ最中だった。児童達は、真面目に聞いている人もいれば、鉛筆を回したり、落書きしたり、受け方は様々だった。その中で一人が、席を立って先生にこう言った。友だ。

「先生!社会は飽きました!体育!体育しましょう!」

先生は呆れて苦笑しながら言った。

「全く。授業の途中で席を立つなと何度言えば分かるんだ?体育は次の時間だから、ほら、早く座って。」

友は、ちょっと抜けたはーいという返事をして、席についた。と、その時、 

"キーンコーンカーンコーン"

「チャイムだっ!」

ほぼ音と同時、藍理が叫ぶ。誰も気づかないうち、終了時刻が迫っていたらしい。

「はーい、今日の授業は終わりだ。はい、日直は…」

担任教師が迷っていると、

「私です。起立、注目。」

と華凛が入り、挨拶を始める。

「これで、社会の授業を終わります。」

「「「「終わりまーす!」」」」

挨拶の終わりと共に、一部の児童は外へと駆け出していった。

Re: 時空を駆ける少年少女〜純黒の宝玉〜 ( No.2 )
日時: 2017/11/13 22:18
名前: 青らりP (ID: KwIJCRrJ)

そのうち、藍理と奈々美が校庭で雑談しながら歩いていた。 今日の給食の話、先生のカツラ疑惑の話、土日にいった遊園地の話、盛り上がりが頂点に達したとき、

「わっ!」

奈々美がなにかにつまずいた。そこには、黒く丸いものがぽこりと地面からはみ出ていた。何やら不思議なオーラを放っている。

「何だこりゃ、石?」

「石にしては黒いよ。変なの…」

「確かめて…みる?」

奈々美が藍理の方を向き、恐る恐る言った。そして、藍理は答える。

「おうよ!」

二人はそのオーラにつられるように、その"何か"を掘り出すことにした。スコップを持ってきて、必死に掘って、ようやく取り出すことができた。
 
「ふぅ、終わり終わり。と。」

藍理と奈々美が一息ついていると、後ろから、誰かが話しかけてきた。

「へー、面白そ。何してんの?」

Re: 時空を駆ける少年少女〜純黒の宝玉〜 ( No.3 )
日時: 2017/11/13 22:27
名前: 青らりP (ID: KwIJCRrJ)

それは、朱兎だった。

「お、朱兎!見ろよこれ一、何だとおもう?」

取れた黒くて丸い物体を、朱兎に見せる。あまり大きくなく、だいたいバスケットボール位の大きさだった上、あまり重くないので、すぐに持ち上げられる。

「へぇ…めっちゃテカってる…。まるで宝石だ。」

「でしょ?私達が偶然見つけたんだ!」

胸を張る奈々美。朱兎がすごいすごいとなだめると、奈々美はもっと誇らしげにした。すると、

「磨けばもっと光沢が出そうだね。」

後ろから誰かの声がした。藍理が振り向くと、浩樹がいた。

「うおぃ!びびったぁ…いつの間におったん?」

あまりに驚いたのか、浩樹に問うが、答えはしなかった。藍理は心に傷を負った。

Re: 時空を駆ける少年少女〜純黒の宝玉〜 ( No.4 )
日時: 2017/11/14 17:27
名前: 青らりP (ID: KwIJCRrJ)

改めてその黒い玉を4人でまじまじと見つめる。そして、話し合い、相談し、水で洗ってみたり、ハンカチで拭いてみたりした。すると、黒い玉はますます光沢が増し、まさに宝石そのもののようになった。

「綺麗になった!」

奈々美が満足げに微笑むと、朱兎も頷いた。それも何度も。藍理はわんやわんやと騒ぎ、浩樹はただひたすら観察していた。すると、黒い玉が急に光輝いた。フラッシュのように瞬く間だったが、とても強い光だった。やがて終わると、浩樹が、手で顔を覆い隠していた。

「うわっ…目潰し?」 

観察途中だった浩樹が鈍く反応する。他3人はただ呆然としていた。それもそのはずだ、原因は浩樹の姿見にあった。

「浩樹くんが…浩樹くんが…」

奈々美が震えた声でそう言いながら浩樹の方を指差す。

「…どうしたの。特になんもないじゃん。」

「いや…なんもあるぞ…?」

藍理も若干ひきつった顔をして呟いた。そして、朱兎が指摘した。

「お前、なんか5才くらい縮んでるから!」



Page:1



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。