複雑・ファジー小説

『受拳戦争』
日時: 2017/12/04 23:41
名前: 四季彩

彩都さんと四季の合作です。

合作といっても、企画や世界観・キャラクターの名前や原形、プロットなどは、彩都さんです。
四季はキャラクターの口調を考えたくらいだけのもので、執筆係です。

よろしくお願いします。

スレ立て 2017.11.19
投稿開始 2017.11.20

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19



Re: 『受拳戦争』 ( No.10 )
日時: 2018/01/12 22:49
名前: 四季 ◆7ago4vfbe2

クラス 好きな食べ物

安芸井 春夏冬(あきい あきなし) 男 好きな食べ物 飽きない食べ物全般

牛阪 牛歩(うしさか ぎゅうほ) 15歳 男 好きな食べ物 馬刺し

皇崗 黄銅(おうおか おうどう) 15歳 男 好きな食べ物 プリン

王城 琢磨(おうじょう たくま) 15歳 女 好きな食べ物 プロテイン

大江戸 芳野(おおえど よしの) 好きな食べ物 好きな食べ物 カロリーメ○ト

隠岐 翡翠(おき ひすい) 女 好きな食べ物 紅生姜の天麩羅

教 鏡花(おしえ きょうか) 15歳 女 好きな食べ物 ハンバーグ

音張坂 環視(おとはりざか かんし) 15歳 男 好きな食べ物 アンパンと牛乳

時雨野 芳隆(しぐれの よしたか) 15歳 男 好きな食べ物 アイス

釈迦医師 多々良(しゃかいし たたら) 15歳 男 好きな食べ物 牛丼や親子丼等の丼系

白神 神黒(しらかみ かみくろ) 15歳 女 好きな食べ物 オレオと牛乳

四六時中 灯(しろくじちゅう あかり) 15歳 女 好きな食べ物 おでん

袖槻 半天(そでつき はんてん) 男 15歳 好きな食べ物 ハンバーガー

空井 飛翔(そらい ひしょう) 15歳 男 好きな食べ物 運動後の大盛りご飯(白米)

田井中 鈍器(たいなか どんき) 15歳 男 好きな食べ物 チョコレートのケーキ

多美浪 小坂(たみなみ こさか) 15歳 女 好きな食べ物 チーズケーキ

筒岡 陸羽(つつおか りくう) 15歳 男 好きな食べ物 チーズインハンバーグ

土居 十六(どい いざよい) 15歳 女 好きな食べ物 ショートケーキ

呶呶 土豪(どど どごう) 15歳 男 好きな食べ物 おにぎり

呑道 枯淡(どんどう こたん) 男 15歳 好きな食べ物 愛情の籠もった料理

奈緒 三殊(なお みこと) 15歳 男 好きな食べ物 肉じゃが

冷褪 麗(ひやさめ うらら) 女 15歳 好きな食べ物 豆腐

不二 海斗(ふじ かいと) 15歳 男 好きな食べ物 うどん

藤原 芳香(ふじわら の よしか) 15歳 女 好きな食べ物 電気

宝永 永保(ほうえい えいほ) 15歳 男 好きな食べ物 ゼリー

真実坂 事実(まみさか ことみ) 女 15歳 好きな食べ物 パフェ

冥 魔宵(めい まよい) 15歳 女 好きな食べ物 ほうれん草のお浸し

目盛 秤(めもり はかり) 15歳 女 好きな食べ物 砂糖菓子

桃井 花園(ももい はなぞの) 15歳 女 好きな食べ物 プリンアラモード

芳澤 蜂窩(よしざわ ほうか) 15歳 女 好きな食べ物 パンケーキに蜂蜜

Re: 『受拳戦争』 ( No.11 )
日時: 2018/01/15 15:47
名前: 四季 ◆7ago4vfbe2

第三章 禄でもない奴等が集まる六月の碌でもない戦いと陸の戦い

 三殊たち3年1組のメンバーは次の部屋へ向かう。

 たどり着いたそこは血塗れの教室だった。ここは本当に学校の中なのか、と誰もが思うような赤い部屋である。
 一体何が起きているのか、誰もが暫し理解できなかった。
 しかし、徐々に理解できてくる。動物を殺し、文字通り肉にしているのだ。動物好きの者には耐え難い部屋に違いない。

 3年1組のメンバーが不思議に思って見ていると、一人の女性が現れた。
 黒いストレートヘアが麗しい彼女を半天が凝視していることに三殊は気づいたが、敢えて触れることはしなかった。余計なことを話している暇はない。

「皆さん初めまして。ようこそ、わたしの教室へ」

 女性は淑やかに振る舞っている。
 そんな彼女を、半天はまだ凝視していた。余程気になっているらしい。もっとも、今は関係ないが。

「わたしは料理長及び家庭科顧問、そしてこの部屋の担当者。麓嘉瀬 美麗と申します」

 丁寧な自己紹介に、誰もが自然と聞き入っていた。

「さて、ではこの教室のクリア条件を説明しますね。次に進みたければ、指定する材料を遣った料理を作り、一人でも構わないのでわたしの舌を唸らせてみて下さい」

「そっ、その指定の材料とは……?」

 半天が緊張した面持ちで尋ねた。すると美麗は、柔らかな笑みを浮かべて答える。

「卵です」

 まさかの卵――あまりのベタさにみんな驚いた。
 確かに世界中の多くの国で食べられている物ではある。焼いたり茹でたり、調理方法も様々だ。お菓子にだって使われる。とにかく、あらゆる料理をする時に使う材料だ。
 定番だが、それゆえの難しさもある。

「卵料理、及び卵を使っている料理ならOKですよ」

「た、卵……!」

 始終ぼんやりしていた半天は、動揺したように漏らしていた。

Re: 『受拳戦争』 ( No.12 )
日時: 2018/01/22 06:36
名前: 四季 ◆7ago4vfbe2

 唐突に始まった料理対決――クリアを目指し、挑むのは三人。
 裁縫でなら最強の冷褪 麗、包丁を持たせると危ない真実坂 事実、そして3年1組で最も巨乳な隠岐 翡翠。
 いずれも個性溢れる女子生徒である。

「私が得意なのは裁縫だけど、大丈夫なのかな……」

 麗は不安げに漏らしている。
 彼女の得意分野は裁縫だ。もちろん料理も大の苦手ということはないが、それでも多少の不安はあるのだろう。
 日頃慣れていない分野のことで対決するとなれば、誰だってこうなるに違いない。

「ふぅーん、卵料理かぁー。えー、事実楽勝かもぉー。えへへっ。これは勝ったも同然かもねぇー」

 事実は自信に溢れ張り切っている。麗とは真逆の様子だ。
 というのも、彼女は料理が得意である。どんな料理も容易く作ってしまう彼女からすれば、一人の舌を唸らせる料理を作ることなど、簡単に思えるのかもしれない。

「ふむふむ、卵を使った料理なら何でも良いと。これは実に奥深いですな!」

 翡翠は一人なにやら頷いている。
 その意味はよく分からない。しかし、彼女なりに何かあるのだろう。
 彼女は3年1組でも上位に入る理解力の持ち主である。豊満な身体つきと凡人を超越した聡明さで、一部の男子生徒から指示を得ている。

「みんなには先に行っておいてほしいですな!」
「事実たちに任せてぇー」
「三人で頑張るから。絶対クリアするからね」

 翡翠たち三人は、三殊ら3年1組のメンバーに、先に行くよう言った。
 お馴染みの「ここは任せて先に行け」というやつである。

 三殊を始め誰もが最初は戸惑った。置いていくなんて考えてもみなかったからだ。一つのチームである3年1組が別れるなど、誰一人として考えていなかったに違いない。
 だから当然拒否した。置いていくことなどできない、と。
 しかし、翡翠ら三人は、それでも説得しようとした。三人とも、いつになく真剣な表情であった。

「そ、それじゃあ、先に行きましょうか……」

 一番に折れたのは半天。
 彼が誰よりも早く、翡翠たちの意見に賛同した。

Re: 『受拳戦争』 ( No.13 )
日時: 2018/01/30 16:00
名前: 四季 ◆7ago4vfbe2

 料理対決に挑むこととなった翡翠ら三人は、ひとまず辺りを見回してみることにした。他の参加者の様子を確認するためである。まず皆がどのような料理を作っているのかをチェックするところから始める。

「みんな凄いね。美味しそうなの作ってる」

 他の参加者の料理を目にして、控えめに感心する麗。

「ふぅーん、なるほどー。アメリカ、インド、西洋、中華、それに南米かぁー」
「おぉ!なかなかバリエーション豊富ですな!」
「でもまぁ、そんなに美味しそうじゃないかもー。事実が作った方が絶対美味しいのできそうー」

 少し不安げな色を浮かべている麗とは対照的に、事実の顔は余裕に満ちている。
 そこで、翡翠が唐突に挙手した。麗と事実の視線が翡翠に集まる。

「では、私たちは、日本料理で戦ってみてはどうですかな?」

 アメリカ、インド、西洋、中華、南米――先ほど見た中に、日本料理を作っている者はいなかった。ベタすぎるからと外したのだろう。敢えてそこを狙う作戦だ。

「それはいいね。そうしよう」
「敢えて日本料理いいねぇー」

 翡翠の提案に納得した麗と事実は、強く頷く。
 こうして、三人は卵を使用した日本料理を作ることに決めた。

 ――そして。
 翡翠ら三人の料理がようやく完成した。

 日本料理を提案した当事者でもある翡翠が作ったのは、玉子焼き。空気を軽く含んだふわっとした外観が、食べる前から食欲をそそる。
 料理に結構な自信がある事実が作ったのは、卵かけご飯。シンプルでありながら、まろやかな味で高い人気を誇り続ける料理だ。米に絡むトロリとした卵は、見る者の視線を引き付けて離さない。
 そして、裁縫の才はあるが料理には多少の不安がある麗が作ったのは、半熟のゆで卵だ。艶々した白い表面が愛らしい。また、半熟のため、黄身のパサつき感は気にならないゆで卵である。

「これは完璧に決まってますな!ふわふわで!」
「定番も事実が作ればさらに美味しくなるんだよねー」
「だ、大丈夫かな……?」

 三人は、三者三様の卵料理を美麗に食らわせた。

「素晴らしい!これは文句なしに合格ですね。では先へ進んで下さい!」

 凝ったものではないが、どれも奥深い味わいだ。美麗はもちろんグッドサインを出した。

「やりましたなっ」
「ま、当然だけどねぇー」
「やったね!」

 こうして、翡翠たち三人は部屋を出る。そして、先に行っているはずの、三殊たちを追うのだった――。

Re: 『受拳戦争』 ( No.14 )
日時: 2018/02/05 20:33
名前: 四季 ◆7ago4vfbe2

3年1組 身体能力表
A とても素晴らしい
B 素晴らしい
C 普通
D 苦手
E 残念

*安芸井 春夏冬(あきい あきなし) 男 C

*牛阪 牛歩(うしさか ぎゅうほ) 15歳 男 B

*皇崗 黄銅(おうおか おうどう) 15歳 男 C

*王城 琢磨(おうじょう たくま) 15歳 女 B

*大江戸 芳野(おおえど よしの) E

*隠岐 翡翠(おき ひすい) 女 B

*教 鏡花(おしえ きょうか) 15歳 女 B

*音張坂 環視(おとはりざか かんし) 15歳 男 C

*時雨野 芳隆(しぐれの よしたか) 15歳 男 C

*釈迦医師 多々良(しゃかいし たたら) 15歳 男 ? (身体能力を測る時、停学処分を受けていた為不明。更に教師陣も釈迦医師多々良の検査を忘れて、気が付いたら中学三年生の終わり頃になっていた)

*白神 神黒(しらかみ かみくろ) 15歳 女 B

*四六時中 灯(しろくじちゅう あかり) 15歳 女 C

*袖槻 半天(そでつき はんてん) 男 15歳 B

*空井 飛翔(そらい ひしょう) 15歳 男 A

*田井中 鈍器(たいなか どんき) 15歳 男 B

*多美浪 小坂(たみなみ こさか) 15歳 女 D

*筒岡 陸羽(つつおか りくう) 15歳 男 C

*土居 十六(どい いざよい) 15歳 女 A

*呶呶 土豪(どど どごう) 15歳 男 B

*呑道 枯淡(どんどう こたん) 男 15歳 B

*奈緒 三殊(なお みこと) 15歳 男 D

*冷褪 麗(ひやさめ うらら) 女 15歳 D

*不二 海斗(ふじ かいと) 15歳 男 B

*藤原 芳香(ふじわら の よしか) 15歳 女 E(機械だから)

*宝永 永保(ほうえい えいほ) 15歳 男 B

*真実坂 事実(まみさか ことみ) 女 15歳 D

*冥 魔宵(めい まよい) 15歳 女 D

*目盛 秤(めもり はかり) 15歳 女 D

*桃井 花園(ももい はなぞの) 15歳 女 C

*芳澤 蜂窩(よしざわ ほうか) 15歳 女 B

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。