複雑・ファジー小説

世の中に躊躇するまで
日時: 2018/01/04 12:28
名前: 海空 (ID: Elg3dxRA)

はじめまして。
海空と言います。
ミゾラ と読みます。
初投稿です。
オリジナルです。
不定期更新。

***************

この話はとある少年の物語。

Page:1



Re: 世の中に躊躇するまで ( No.1 )
日時: 2018/01/04 12:48
名前: 海空 (ID: Elg3dxRA)

序章  【意味】



僕は何のために、いるのかな。

別に、いなくてもいいのかな。


はらはらと、花びらが舞っている。

空が青い。



___きっと、意味なんてないね。

いっそ、意味が在れば楽なのに。


世の中、面倒だな。













僕は、薄れゆく意識の中で
そんなくだらないことを考えていた。

Re: 世の中に躊躇するまで ( No.2 )
日時: 2018/01/13 17:54
名前: 海空 (ID: V9u1HFiP)

1章  【部屋】





「…た」


ん?
…誰?

「…ぅた」


女の人?



「…そうた」


僕の名前…?


「蒼汰っ!?」

うっ…!!
眩しい!

ここ…何処?

「蒼汰っ蒼汰!」

あ、母さん
どうしたのかな


「せ、先生!蒼汰が!」

先生?


「おお、目を覚ましましたか!」

覚ました?


……ピッピッピッピッピッ

なんだこの音


ああ…病院か

でも何で?




Re: 世の中に躊躇するまで ( No.3 )
日時: 2018/01/25 19:44
名前: 海空 (ID: r9bFnsPr)

何があったんだっけ。


まあ、今はいいや。

まずは…



「…が…ぁ……ん…」

えっ…。
今の声…僕自身の声?

『母さん』

僕はそう言ったつもりだった。
けど、耳にしたのはこすれた様な小さな、小さな声だ。
何かわからない。
そんな声。

急に不安がこみ上げる。

なんでなんでなんで!
何が何でもわからないよ。


「蒼汰っ!…無理しないで!?」

この声に驚いたのは僕だけでないらしく、母さんが涙を溜めながら言った。

Re: 世の中に躊躇するまで ( No.4 )
日時: 2018/02/07 20:02
名前: 海空 (ID: RSw5RuTO)

「身体を強く打った衝撃で声帯が少し刺激されただけですよ。」

お医者さんらしい、眼鏡をかけた男の人が優しい声色で言った。
こんなに優しく言ったのは、たぶん母さんを落ち着かせるためだと思う。

…母さんに心配させちゃったなあ。


そして男の人は続けざまに、

「数日経てば戻ります。だから、そんな心配しなくても大丈夫ですよ。」
と言った。


母さんの方をちらっと見る。

母さんは少し安心したようで、「わかりました。ありがとうございます。」と返した。

Page:1



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。