複雑・ファジー小説

面影は儚く かがちの夢路へ
日時: 2018/05/16 22:57
名前: 藤田浪漫 ◆8nH/qRkwbA



あらすじ

「神の棲まう町」と知られる誘並市。そこには『カオナシさま』という都市伝説がまことしやかに噂されていた。
「夢の中にのっぺらぼうの女の子が出てくる」「その女の子の顔を見ると願いが叶う――」
誘並市に引っ越してきた主人公、月島博人はその『カオナシさま』の夢を見てしまい――




こんにちは。初めまして。藤田浪漫というものです
小説を書くのはマジで数年ぶりとかになるのでだらっとふらっとのんびりとリハビリがてら執筆していこうと思います。
地味で冗長な山も谷もない小説ですが、どうぞよろしくお願いします。
頑張って4章ぐらいで一区切りするよう尽力します。
ではでは、よろしくお願いします




目次
前編「不在のアバンコール」

 
一章 「Like a dream on a spring night」>>1->>11 >>17-

一話 「隔絶」 >>1
二話 「安穏/Unkown」>>2 >>3
三話 「白縫筑紫/知らぬ慈し」>>6 >>7
四話 「灯籠/蟷螂」>>8 >>9
五話 「文目/菖蒲/勝負」>>10 >>11 >>17 >>18


番外「あの日のぼくらへ」

犬飼圭 「MAD ROCK DOG/微睡む毒」>>12-14




お客様
バンビ さま
人工現物感 さま


Page:1 2 3 4



Re: 面影は儚く かがちの夢路へ ( No.15 )
日時: 2018/05/02 22:55
名前: 人工現物感

「面影は儚く かがちの夢路へ」の作者さんこと、藤田浪漫さん。

こんばんわ、人工現物感です。「面影は儚く かがちの夢路へ」、いつも楽しんで読ませていただいてます。感想を書こうと思ったので、感想を書きます。つたない文章ですが、読んでいただけるとうれしいです。

ぼくは、面影(ごめんなさい、略します)の台詞がとてもすきです。
>>1の「人生というのはことごとく負け戦であるものです。」という台詞に心をうたれるどころか、穿たれました。みじかいけれど、想いがたくさんつまった、すてきな台詞だとおもいました。
藤田浪漫さんがつくられる台詞は、抽象的だけど、核心をついているなあとおもいます。ロジックではなくて、言葉あそびなどを用いた(それだけでも難しいことだとぼくはおもいます)、数行の台詞でものごとの真ん中をつらぬくって、なかなかできないことだとおもいます。だから藤田浪漫さんはすごいです。

言葉あそびのことについて言うと、ぼくはタイトルもおしゃれでいいなあとおもいました。
「不在のアバンコール」もかっこいいし、各話のタイトルがふたつの意味をもっているのは、考えこまれていてすきです。ぼくは特に「安穏/Unknown」がすきです。漢字の熟語と似たひびきの英単語をもってくるなんて、ぼくなら100年かけてもおもいつかなかったことでしょう。。。。
「文目/菖蒲/勝負」もいいですね。ダブルミーニング(?)どころかトリプルミーニング(?)で、なんかもう羽生選手のフィギュアスケートみたいにすごいですね。(ごめんなさい、すごすぎて称賛のことばが出てきませんでした)

ところで、ここまで書いて、小説の感想ってストーリーについて書かなきゃいけないじゃん、っておもったので、ストーリーについて書きます。
新天地にやってきた主人公、引っ越しっていいですよね。ぼくはこのはじまり方からわくわくしました。変な時期にきた主人公を、あたたかく迎えてくれる仲間たちもいいですね。ご飯たべにいったりして。。。。やさしさで泣きそうです。
物語はこれから動き出しそうなかんじですね。あやめっていう女の子、とっても気になります。これからの更新が、もっと楽しみです!
微睡む毒の続きも楽しみにしてますね!

これからも応援しています。それでわ〜。








と、おもったら、微睡む毒の続きが更新されていましたね。
率直にいいますと、泣きました。感動しました! 
ストレートな言葉が心に突き刺さってきました。藤田浪漫さんの台詞って、戯曲的なかんじだとぼくは勝手におもっているのですが、それとのギャップでさらに胸にきました。
BUMPの曲、聴きます。

ここまで読んでくださってたら、ありがとうございます。
それでわ、ほんとに終わりです。

人工現物感でした。

Re: 面影は儚く かがちの夢路へ ( No.16 )
日時: 2018/05/03 12:01
名前: 藤田浪漫 ◆8nH/qRkwbA

>>15 人口現物感 さん
コメントありがとうございます!凄く褒めていただいて嬉しい限りです!
言葉選びと言葉遊びには本当に拘っていつも頭を悩ませています。
特に冒頭の「人生はことごとく負け戦であるものです」という台詞は、兎に角読む人の心にインパクトを残してやろうという思いでで書きました。
まだまだ書き始めですが、頂いたコメントが今後の糧になります。本当にありがとうございます。

Re: 面影は儚く かがちの夢路へ ( No.17 )
日時: 2018/05/06 19:25
名前: 藤田浪漫 ◆8nH/qRkwbA

「そういやつっきー、カオナシさまって知ってっか?」

 板張りのフローリングの廊下に僕とレンの足音。新年度だからだろう、塗られたばかりのワックスが窓から入ってくる太陽の日差しを受けてテカテカとぬめるように光る。レンは僕より頭一つ分ほど背が高いので彼と話すためには僕は少し上を向かなければいけない。もっと低くなれとか思いながら僕は彼のその言葉に首を傾げた。
 一年A組の教室から図書室へ向かう廊下を僕たちは歩いていた。主棟と副棟を繋ぐ連絡通路を抜けて、今は特別教室が軒を連ねる道。

「え、何?アナと雪の女王の話?」
「ディズニーの話はしてねえよ。あと俺が言ってんのは黒い布被った仮面の化け物じゃねえ」

レンはくくっと押し殺すように笑う。僕は長編アニメ映画を細田守しか見ないので詳しくは知らないけど、それじゃないのなら何なのだろうか。
 ポチはどうやら課題をやり忘れていたようで教室に残って格闘中。その点レンはしっかりとやっているみたいだ。少し意外ではある。

「で、そのカオナシさまがどうしたの?」
「んー、誘並に最近流行ってる都市伝説みたいなものらしいんだけど、願いが叶うとか言ってたぜ」

 安直な話だった。僕は眉をひそめる。

「じゃあ何?そのカオナシさまってドラゴンボールとか空白の才みたいなもんなの?」
「懐かしいな空白の才って!絶対最近の高校生とか知らねえぞ!」
「僕たちも最近の高校生じゃないか……」
「俺が空白の才手に入れたら透視の才とかにするな……、まあうえきの法則の話はどうでもいいんだよ。最近のここいらの高校生のトレンドはカオナシさまらしいぞ」
「ドラゴンボールは7つ集めないといけないし、空白の才は神候補戦を勝ち抜かなくちゃいけないよ。じゃあそのカオナシさまはどうやったら願いを叶えてくれるの?」

 廊下には埃を被った赤い消火器。段ボールで作られたゴミ箱には空き缶の山。横の窓から入ってくる日差しが僕たち二人の影を黒く板張りの廊下に映す。
「何かなーセーラー服を着たのっぺらぼうのが夢に出てきてなー」
「うん」
「その顔を見たら願いが叶うんだってよ」
「いや訳が分からない」

 飛躍しすぎな話だと僕は思った。ただでさえ眉唾な話なのにこう順序も段階も飛ばしてしまえば疑わざるを得ない。

「で、実際にその夢を見て願いが叶ったって奴いるの?」
「んー、……そうだな。お前のクラスの理河っていんだろ。そいつがこの前願いが叶ったとかで騒いでたぜ」
「誰だよそいつ」
「お前クラスメイトの名前ぐらい覚えとけよ」
「僕今日入学して一日目なんだって」

 とことこと僕とレンの足音が響く。向かいから女子生徒二人が歩いてくるのをレンは凝視している。横を通り過ぎて行った所で間髪入れずに、「おいお前どっち派だ?」と小声で僕に聞いた。
「どっちも興味ない」
「ほー、じゃあ俺がどっちとも頂くぜ」
「好きに持っていきなよ」
「お前あれか、cool core目指してんのか?今時そんなの流行らないぜ?」
「何なのその単語?」
「まあ俺はゴールデン馬鹿だけどな」

 何の話だよと僕は心の中で呟いた。
 僕たちは階段を上る。掃除が行き届いているようで、ゴミ一つ落ちていない。銀色の鉄で出来た手すりに手垢がわずかにこびり付いている。僕はその手すりを触らないで足を進める。
「いやでも最近マジで流行ってんだよ。男子も女子もこぞってこの話に夢中。それこそ気持ち悪いくらいにな。」
「気持ち悪い?」

 レンはおう、と言ってから一段飛ばしに階段を駆け上がり、踊り場に脚をつけてまだ後ろにいる僕に振り返る。

「だって気持ち悪いだろ?」
「……」

 逆光を背に受けるレン。綺麗に染まった金髪が陽に当たり、鈍く黄色を放つ。

「俺はこの誘並の出身だからよ、神様の存在は割と信じる方だが、ぶっちゃけカオナシさまってのはあんま信じてねえな。気持ち悪いってのはカオナシさまの話じゃねえ、カオナシさまの話をする奴らが気持ち悪いんだ」

 彼の珍しく吐き捨てるような口ぶりに僕は思わず階段の途中で立ち止まる。

「何か熱に浮かれたみたいっつーか、妙な新興カルト宗教に嵌った信者みたいな。皆が皆ありもしねえ話を熱心にするなんて気味悪いと思わないか?」

「そうだね」

 僕はそう答えた。「だろ?」とレンは踊り場で僕に向いたまま笑った。

「いくら誘並が神様が住まう町とか言われてると言っても―――」

 そこで。



――人生というのはことごとく負け戦であるものです―――




 何かがフラッシュバックした。

 薄暗い教室。机。椅子に座った僕。語る言葉。騙る言葉。セーラー服を着た女の子。

 生きる意味。

 僕がこの誘並に向かう新幹線の中で見たあの夢はもしかして。

「おいどうしたんだー?つっきー?」

 レンは訝しげな顔をしながら階段を下りて来た。はっとして僕は頭をかく。

「いくら誘並が神様が住まう町とか言われてると言っても、その神様は節操が無いね。僕は割と神様は信じるタイプなんだけど」

 平穏を装いながら僕は言った。彼はまだもの問いたげに僕を見ていたが、僕が階段を上りだしたのを見てから納得のいかないような顔をして僕の横に並んだ。
 都市伝説。流言飛語。街談巷説。嘘か真か。
 願いを叶える悪夢。



――それでもあなたはこの世界にまだ生き長らえますか?――




「おう、図書室着いたぞ」

 階段を登り切ってからレンは右側を親指で指した。彼の言う通りそこには木で出来た扉がある。ガラスからは白色蛍光灯の光が漏れていて、中からは図書室にあるまじきほどの賑やかな声が聞こえてくる。

「んじゃ俺はもう行くぞ」
「うん、どうも」

 僕がそう言うとカハハと寛容そうに笑ってからレンはくるりと踵を返してもと来た道を引き返す。
階段の先に彼の金髪が消えていくのを見送ってから僕はふうと息をついた。『あやめ』という女の子は何者なんだろうか。どこまで僕の事を知っているのだろうか。
 図書室のドアノブを捻ってその中に入った。がちゃり、と金属の触れ合う音。まず入ってすぐのところに大量の机と椅子が備え付けられていて、昼休みに暇を持て余した生徒ががやがやと駄弁りながらたむろしていた。その奥にはまるで雑木林みたいにぞろぞろと立ち並ぶ本棚の群れ。紙の乾いたような独特な匂いがたゆたっている。
 ドアを閉めて横のカウンターの方に向かう。緑色のカーペットが足に擦られて乾いた音を立てる。 図書委員が書いたのだろう、『今月のオススメ!』と銘打たれてレビューが貼ってあるボードが目に付いた。少し気になったがこれを見るのは後でいいだろう。

 カウンターの向こう側に座り、暇そうにライトノベルを呼んでいた図書委員らしき女の子に「すいません」と声をかけた。

「は、はい!?何でしょうか!?」

 よほど読書に集中していたのだろうか、図書委員の女の子はぎょっとした顔で僕を見た。肩のあたりで切りそろえられた髪がふわっと揺れる。びっくりさせてしまったようで少し申し訳なく思ったが、気にするだけ損だ。

「図書委員にさ、あやめって子いるだろ?どの子か教えてもらいたいんだけど」
「あ、あやめさんですか……?」

 カウンターの向こうの女の子はおどおどと頼りない様子で立ち上がって、辺りを見回す。ブラインドの欠けられた窓の方に目をやってから、眉間に皺を寄せて腑に落ちないような顔をして僕を見る。

「……おかしいですね。いつもだったらあそこの窓際にいるんですけど……」
「いないの?」
「……はい。あっ、書庫の整理とかしてるかもしれません」

 ちょっと見てきますね、と言い残して、彼女はたたた、とカウンター横の小さな扉に向かって行った。この場所には僕一人が残される形になった。
 僕の後ろにあるテーブルでは今も本を読む気なんて端から無さそうな生徒たちがやいやいと騒いでいる。これでは読書なんかできる環境じゃないだろう。無類の本好きである僕からすると苦言を呈したくなった。
 女の子が戻ってくるまで手持ち無沙汰だ。しょうがないのでさっき通り過ぎたカウンター横の小説のレビューを読んでみようと、ボードの方まで向かった。
 見てみるとやはりというか、どれもこれも流行りのライトノベルばかり紹介していた。アニメ化決定だとか、そんな謳い文句では読んでみようという気にもならない。

「ん?」

 ボードの一番下。目に映ったのは『詩苑あやめ』という名前。詩苑というのがあやめという女の子の苗字なのか。なんと読むのだろう、シオンだろうか。彼女がレビューしていたのは『夏への扉』という知らない外国の小説だった。ナイフで切り裂いたかのような鋭利な彼女の字がつらつらと並んでいる。内容に目を向けたところで、「あの……」と後ろから声が聞こえた。

「あ、どうだった?」

 振り向くとさっきのカウンターに座っていた図書委員の女の子が申し訳なさそうに立っていた。何故か怯えているようにも見える。彼女と僕では少し身長差があるので何だか小動物を虐めているようで心苦しい。

「あやめさんなんですけど……」
「やっぱりいなかったの?」
「いないというか……、体調不良で早退していたみたいです」
「は?」

 思わず威嚇するような声が出てしまった。彼女は更にびくびくとたじろいて「す、すいません!」と大袈裟に頭を下げた。

「きょ、今日の昼前から具合が悪くなったみたいで……!四時間目が終わってすぐに早退したって……先生が言ってましたっ……」

 どうやら書庫の中に誰か教師がいるみたいだ。僕は肩を落とす。
 うん、それならいろいろと納得もいく。今日の朝、『あやめが昼休み図書室で待ってる』と言っていたのに筑紫が『今日は来なくていい』と言っていたのも合点がつく。

「あの……」
 
 目の前の図書委員の女の子がおずおずと口を開いた。あまりに怖がり過ぎじゃないだろうか。少し僕は傷付いた。

「うん?何?」
「何か言伝とかあれば私が代わりにあやめちゃんに言っておきますけど……」
「大丈夫だよ。ごめんね」
「は、はい……」

 では、とだけ言い残して彼女は逃げるようにカウンターへと戻って行った。僕みたいな善良な一般男子でそんなに怖がるなら、ド派手金髪二連ピアスのレンあたりと相対したらどうなるのだろうか。少し試してみたくもなったが、とにかく。
 あやめという女の子が早退してしまったのならば、今日の所は彼女に会うのは不可能だろう。まあやろうと思えば教師を適当に言いくるめて住所を聞きだせばいいのだが、それは倫理的にどうかと思うので実行はしないでおこう。明日彼女が学校に来ていればその時にでもいいだろう。

 そこで昼休みを終える予鈴が間抜けに鳴った。左手につけたジーショックを見れば五時間目が始まる五分前だ。机の周辺にたむろしていた生徒たちが気怠そうに立ち上がったのが見えたので僕も教室に戻ることにした。
 次の授業はなんだったか。確か古文だったような。だとしたら移動教室じゃなくてA組の教室で良かったっけ。

 じり、とした感覚。
 
 僕は動かそうとした足を思わずひっこめた。

「……なんだ?」

 一瞬横の方から視線を感じたような気がした。ねばりつくような、身の丈を越える巨大な舌に舐め回されるような、そんな感覚。
いや、確かに誰かから見られていた。それもチラッと僕を見たとか、そんなものではない、凝視されていた。
 これは確証だ。
 横の方を見てみても、もう誰もいない。

「何なんだ一体……?」

 僕の横というと、ちょうどさっきの図書委員の女の子が入った書庫の方だ。もしかしたらあの図書委員が僕を見ていたのか、と一瞬思ったけど即座に否定できる。あの子の弱弱しい目つきではなかった。それより遥かに強い、確固とした感情を持って僕を見ていた、第三者の目だ。
 僕はあまり気にしないようにした。何か不気味だ。少しだけ背筋に冷たいものが通るのを感じる。後ろからぞろぞろとたむろっていた生徒が歩いてくる。通行の邪魔になりそうなので、僕も図書室の出口へと首をひねりながら向かった。

Re: 面影は儚く かがちの夢路へ ( No.18 )
日時: 2018/05/19 20:25
名前: 藤田浪漫 ◆8nH/qRkwbA

「古来から誘並には、幾柱のも神様が居を構えてたんですね」
 チョークをつまんで黒板に向き合った教師が、教壇の上で退屈そうな口調で言った。
 今は六時限目。古典の授業だったが、途中から教科書の内容から脱線し、三木谷と言う名前の教師はなにやら関係なさそうなことを言っている。
「日本書記にてイザナギノミコトとイザナミノミコトが一番最初に作ったとされる場所がこの誘並の土地だとされているそうで。これがさっき教えた国産みの話ですね。何でも天沼矛という矛から滴り落ちたものが積もってこの地が出来たみたいですね。そして最初に作られたここに降り立ったイザナギノミコトとイザナミノミコトはこの地で結婚の契りを結んだそうです。故にこの地はイザナミノミコトから取り、誘並と名付けられたそうです──」
 壇上の上で生え際が危うい教師が何やら言っていたが、僕は右から左に受け流した。この土地が大昔にどう作られたって僕にはどうでもいい。ましてや神話上の話だ。眉唾物の話を授業中に聞かされてそれを大人しく甘受するほど僕は律儀じゃない。木目の目立つテーブルに頬杖を突きながら窓の外を眺めていた。
 都会の灰色の景色が見えている。ビル群が棒グラフみたいに凸凹に連なっていた。登潟では見る事が出来なかった景色だ。教室の中の内装は中学とはそれほど変わらない。だけど窓枠の額縁の向こうに見える眺望だけ異なっている。遠いところまで来てしまったなあと少しだけ、ほんの少しだけ郷愁に駆られた。
「また、太陽神で知られるアマテラスオオミカミが邪知暴虐な弟に怖れをなして、天岩屋戸という大きな岩屋に隠れてしまい、世界中が闇に包まれるという神話もありますが、一説によるとその天岩屋戸があったところが、この誘並の八意面影神宮だという話もあります――」
 面影神宮、という単語で僕は少しはっとした。
 昨日誘並駅で女の子から手渡された朱色のお守り。それに書いてあった紋章。今は恐らく筑紫の手元にあるのだけど。あれは一体何だったんだろうか。そしてあの不気味なほどに色白な女の子は何やら僕の事を知っているようだった。
 朱色のお守り。生命の意味を問う悪夢。カオナシさま。そしてあやめという女の子。
 むず痒いほどに不可思議な事が多すぎる。
「天岩戸に隠れてしまった天照大御神を下界に連れ戻すために、知恵を巡らしたのが八意面影神宮の主宰神の人柱であるオモイカネノミコトなんですが、はい、えっと月島くん……、でしたっけ」
 授業に集中せず、窓の外を眺めている僕に気付いたように、教師は僕の名前を呼んだ。
「……はい」
 僕は黒板の方を向いた。教師が不機嫌そうな顔で僕を見ている。教師だけではなくクラス中の視線も僕に集まる。哀れみ、奇異、興味。その視線は多くの色に染まっていた。僕は少し辟易する。

「オモイカネミコトと言えば何を司る神様なのか、知っていますか」
「……」
 頬杖を解く。普通の生徒だったら答えられるわけなんてない質問だ。恐らく僕に恥をかかせようとしているのだろう。だけどこの答えを僕は知っていた。
「知恵と学問、至誠と天候安定でしたよね」
「……はい、その通りですね」
 筑紫から昨日聞いた話がこんなところで役に立ったようだ。頭が寂しい教師は不服そうな顔をしてから、「……はい、教科書に戻ります」と黒板に向かい合った。クラスの生徒も僕が答えられると思わなかったのか、空気に小さい波を起こすように僕を見ながらざわめいた。
 再び僕は頬杖を突いて窓の外をぼんやりと見晴るかした。無機質なビルの谷間をあざ笑う青空。それを真っ二つにぶった切る飛行機雲がやけに克明に、無垢そうに白く見えた。
「──ちゃんヒロっ」
「……?」
 灯の声が聞こえた。斜め前の席からだ。そちらを向くと灯がぱちぱちとウインクしているのが見えた。ウインク、とは言ってもかなり下手くそだったが。何を伝えたいのか。よく答えられたね!とでも言いたいのか。
「……」
 ここで話をしてまた教師に指名されたら敵わない。返事の代わりに僕は灯に向けてひらひらと小さく手を振った。ぱあと花が咲くように笑顔を見せた彼女に、こいつは何がしたいんだろうとぼんやり考えた。


 少し時間が経って、きんこんと間抜けにチャイムが鳴る、教壇の上の教師は不服そうな顔をしながら教室を出ていった。パタンとスライド式のドアが閉じたのを見計らったようにクラス中は堰を切ったように騒がしくなる。どやどやと浮足立つ生徒の中、これで授業が終わった、と僕は黙って教科書類をカバンの中に入れる。レンとポチが違うクラスなのでこういう時に少し所在がない。このクラスにも灯以外に仲のいい奴作っといた方がいいかな、と思った時、「月島―!」と声がした。カバンの中に入れる手を止めて、目を上げると、名前も知らない男子が僕の机の前に立っていた。

「あれ?お前月島でよかったっけ?敷島だったか?」
「月島で間違ってないよ」
「あっ、マジで?そりゃよかったわ」
 髪が短くて、快活な印象。曇りのない柴犬みたいな目が僕を見ている。
「で、何の用なの?」
 僕がそう尋ねると「あー」と彼は照れくさそうに頭を掻いた。
「月島って何の部活にも入ってねえだろ?だからさ、サッカー部によ──」
「はいどーん!」
 僕の前に立っていた男子生徒は横から押されてくらっと体勢を崩した。が、それも一瞬のことですぐに立て直して、「何してんだよ魅鬼!」と自分を押した相手を威喝した。
「ごめんごめんキョータっち、手がちょっと滑っちゃってさ!」
 灯は手の平を合わせながら、片目をつぶって舌を出して見せる。見ようによってはかなりあざとい仕草だが、この場では挑発行為と同義だ。押された男子生徒は僕のことなんかお構いなしに灯に向き合う。
「てめぇ……」
「んー、ていうかキョータっち。ちゃんヒロはサッカー部なんか絶対入らないと思うよ?」
「なんかってお前なぁ……」
「だってちゃんヒロって剣道やってたんだよ!サッカーなんかやんないって!」
「はあ!?」
 男子生徒は僕の顔をまじまじと見る。疑惑のこもったような目だ。何か面倒臭そうなことになったな、と僕はふうと息をついた。
「うん、剣道部!全国大会まであたしと一緒に行ったもん。ねーっ!ちゃんヒロー?」
「このひょろい奴が全国大会!?マジで!?」
「……ひょろいって言うな」
 僕はようやくここで口を開いた。だけれど僕のそんな声なんか聞こえないみたいにまだ二人はびゃあびゃあと騒ぎ立てる。灯はとうとう痺れを切らしたのか、「もう!」と怒ったように言った。
「ちゃんヒロは剣道部に入るんだって!ほら!あっち行って!」
「……ちっ」

 腹立だしそうに舌打ちをして男子生徒は教室の端っこの方の机まで去って行った。それを僕は目で追いかける。これで僕の友達になったかも知れない奴が一人減ったなあとか思いながら、はぁとため息をついた。僕の吐いた呆れが机の木目に反射して灯にぶつかればいいのにと、脳内でふざけたことを考えた。

「っていうことでちゃんヒロっ!」
「何?」
 灯は僕の机に手をついて僕を見下ろす。
「これでウチの剣道同好会に入んないといけなくなったね!」
「……なんで君といい、あやめとかいう女の子といい、僕をそんなに強制的に入部させたがるの?」
「だって中学時代一緒に全国行った仲だよ!?誘並の剣道部みんなで作ろうよ!」
「……」
 灯とあやめという女の子と筑紫、加えてその姉である姫菜で廃部になったこの学校の剣道部を再建させようとしている、という話は昨日も聞いた。しかしそれは途方もない道程が必要とされるだろう。レンが言うには数世代前の先輩たちが暴力事件を起こし、それが問題で全国有数の規模と実力を誇った剣道部は泡のように消えた。一度地に堕ちたものを再び積み上げるのにはかなりの時間と努力が伴う。
 果たして僕がこいつらの活動を手伝ったとして、在学中に剣道部が再び隆盛を極めるなんてことはあり得るのだろうか。
 その時、スライド式のドアを開けて担任の教師が教室に入って来た。それと同時に、辺りで蜂のように騒いでいた生徒たちが、ぞろぞろと自分の机へと戻る。これからホームルームが始まるようだ。
 それを見た灯は気に食わなそうにむーっと頬を膨らまさせて、「んじゃ、また後でね」と言い捨てて僕の斜め横の席に座った。
 クラス全員が机に着いたのを確認してから担任の教師は「委員長、号令」と気怠そうな声色で言った。すぐさま遠くのスポーツ刈りの委員長が「きりーつ」と声を張る。僕もそれに応じて立ち上がる。がちゃがちゃと椅子の足とフローリングの床が擦り合う耳障りな音。
 委員長の号令と共に僕は教壇の上の担任に向かって形だけのお辞儀をした。普遍。出る杭は打たれる。できるだけクラスメイトと波長を合わせないと。
 こうべを垂れる。僕は彼ら──灯や筑紫たちに必要にされているのだろうか。もしそうならば飛行機の残骸、鉄くずの中でぐちゃぐちゃに死んだ父と母、そして片っ方の妹に胸を張れるだろう。


 ホームルームが五分も立たずに終了し、さっきの予告通りに灯は僕の机まで突撃してきた。誇張ではない。本当に突撃という単語が相応しい勢いだった。担任が教室を出て行くよりも早く、クラスメイトが部活へ行こうとバッグを担ぐよりも早く、僕の目元までダッシュで駆けて来た。灯のオレンジがかった髪が彼女の移動速度について来れずに後ろに靡くほどに。
 何度目か分からないほどの僕のため息をかき消すように「ちゃんヒロっ!」と灯は言った。

「何?僕は今から寮に返って本を読む予定なんだけど」
「本なんかいつでも読めるよっ!でもあたしとちゃんヒロのアバンチュールは今がオンリーワンなのっ!」
「僕は灯よりもカズオイシグロの日の名残りの方が大事なんだよ」
「酷いよ!ちゃんヒロってばポルポトもびっくりだよっ!」
 僕の机を真っ二つにしようとばかりにバンバンと机を力一杯叩く灯に「そこまで言うか……?」と僕は些か呆気に取られる。呆気に取られてから僕は「で、何の用?」と尋ねる。
「ちゃんヒロ暇でしょ?どっか寄り道しようよ!」
「だから僕はスティーブンスとファラディさまの関係について読み解かなきゃいけないって言ってるだろ?」
「だからそんなのいつだってできるでしょっ!!」
 バン、と灯の手によって僕の机が大きい音を立てた。あまりに凄い音だったのだろう。まだ教室に残っていたクラスメイト達の困惑したような視線が僕と灯に集まるのを感じる。しかし当の彼女は意に介さない様子で、茶色に澄んだ大きい瞳で僕をじっと見つめる。有無も言わさず言う事を聞かせてやる、といった目だ。

「……はぁ」
 僕は灯から目を離す。その目に耐え切れなくなった。
「……分かったよ。オーケー、どこへ行くつもりなの?」
 そう言うと、灯はぱあっとカーテンを開けたみたいに純真無垢な笑顔を見せた。
「ツクヨミ!ツクヨミ行こうよ!」
「あそこのショッピングモールなら昨日行ったんだけど……」
「じゃあ面影神宮行こうよ!まだ行った事ないでしょ!?」
「……まあ行った事ないけど。ゴールデンウィークにレンとポチで行く予定してるんだよ」
「じゃあ今回は下見ってことでいいでしょ!あっ、あそこ行くならつくしんぼの方が詳しいよ!ちょっと呼んでくるねっ!」
 そう言い残すや否や、まるですばしっこいリスのように机の合間を抜けて教室の出口の方に向かって灯は突撃していった。風を切る音さえ聞こえそうなスピードだった。そのあまりのスピードにまだ教室に残っていた生徒たちはぎょっとした目線で彼女の後ろ姿を見送った。

「なあ坂島……だっけ?」
 僕と灯の一部始終を見ていた隣の席の髪の長い男子が僕に疑わしそうな目で話しかけて来た。
「月島だよ」
「ああ、悪い悪い──、お前さ、灯と付き合ってんの?」
「……そんなわけないだろう……」
 僕は大きくため息をついた。「あ、そっか」とその男子は拍子抜けしたような顔。
 寮に帰ることが出来るのはいつになるだろうか、と僕は暗澹とした気持ちで机の上にあった筆箱を引き出しの中に直した。

Re: 面影は儚く かがちの夢路へ ( No.19 )
日時: 2018/05/20 23:38
名前: 藤田浪漫 ◆8nH/qRkwbA

「でさ、面影神宮ってどこにあるの?」

 筑紫と灯で僕を挟むようにして三人で一階の昇降口を目指して廊下を歩いていた。授業が終わり今から帰路に着くのだろうか、あっけらかんとした顔で足を進める生徒もいれば、今から部活のきつい練習が控えているからだろうか、逆に重そうな足取りで歩く生徒もいる。僕たちはどちらかと言えば前者だ。
 現役の頃、僕も学校が終わるや否や始まるきつい練習に憂鬱になっていたっけ。学生寮に置いてきた、あの中学の時に買った防具はもう二度と身に着けることもないのかも知れない。残念に思う。
 僕の特にどちらにも向けていない質問に「誘並駅から少し電車で行ったとこにあるよ」と筑紫は答えた。
「少しってどの位なの?」
「そうだね、電車なら三十分くらいかな。バスでも行けるんだけどあの辺りの道路は結構混むからね。電車で行こうか」
「結構離れてるね……」

 流石に寮の門限には間に合うだろうけど、それでも帰れるのは遅くなるだろう。
 僕の隣を歩く灯をチラリと見たら、ご機嫌よさそうな顔を顔をして鼻歌を歌っていた。今更行きたくないとか言ったら間違いなく怒るだろう。そして間違いなく僕に危害が及ぶ。
 灯が筑紫を呼びに行った時、彼はまだ教室にいたようだ。筑紫は今から行く面影神宮にとても造形が深いらしく、灯の誘いに快く了承した。まあ確かに灯とサシで行くより彼もいた方が心強い。それにさっき灯と交際していると勘違いされた身分だ。

「こうやってさ!ちゃんヒロとつくしんぼと一緒に歩いてるとさ!中学の全国大会の時を思い出すね!」

 朗らかに灯。
 誘並に住んでいた灯や筑紫と登潟にいた僕では県は違うが、登潟から全国大会に出場したのは僕しかいなかったのであの時は一緒に行動していたのだ。同じホテルに泊まり、同じ食卓でご飯を食べた。今では遠い昔のことに思える。だけど、一人足りない。

「姫菜がいないけどね」
「……それを言っちゃうとさぁ……」

 姫菜。白縫姫菜。そこにいるのにいないようで、そこにいないのにいるような、不思議な雰囲気を醸した少女。筑紫の年子の姉である。『Azathoth』という誘並のご当地アイドルに所属しているのだが、その人気はこの誘並に留まらず全国に広がり、今では東京を拠点にして活動しているようだ。一応姫菜はこの天照学園に籍を置いているようだが、現在は休学中らしい。
僕の言葉に灯はしゅんとしたような顔をする灯。それを見て筑紫は「まあまあ」と微笑む。
「姫菜は東京で元気にやってるみたいだよ。ゴールデンウィークにはこっちに帰ってくるみたいだし」
「え!?ホントに!?」
「うん。……でもやっぱり忙しいみたいだよ。一日しかいられないんだって」
「うー……、やっぱ姫っちょ人気だもんね」
 昇降口に辿り着いた。木製の靴箱が図書室の本棚みたいに行儀正しく並んでいる。まるで駅の改札口のように今から下校する生徒で込み合う。バタンという靴箱の扉を閉める音と革靴を床に投げ捨てるカツンという音。緑蛍光色の誘導灯が上に掲げられた出口からぞろぞろと生徒たちは抜けていく。

「じゃあ僕はこっちだから」

 筑紫はそう言って僕と灯を顧みた。彼は僕たちとは別のクラスで、靴箱も少し離れたところにある。軽く僕は頷いて、灯と一緒に一組の方へと向かう。

 僕の靴箱は蜂の巣みたいに並んだ扉の一番下だ。身をかがめないと靴を取り出せない。灯は早くも革靴に履き替えて遅いと言わんばかりに僕を見ている。

「ちゃんヒロ―!遅いよー!」
「分かったよ……、ちょっと待って」
 上履きを木製の扉の奥にしまって、僕も靴を履いた。固いタイルの上に立ち上がる。
 灯と一緒に並んで出口を抜けた。外はあっけらかんと晴れている。校門に向かって歩くいくつものブレザー姿の背中。筑紫は開けっ放しの出口のすぐ近くで待っていた。僕と目を合わせて「それじゃ行こうか」と言う。

「まずはどうするの?」
「そうだね。バスで誘並駅の方に行こうか。ここからだとバス停は……新律狩通りの方が近いかな」
「オーケー」

 新律狩通りは飛想館の近くにある大通りだ。飛想館に至る角を通り過ぎるので、ざっと徒歩で15分くらいだろうか。それほど遠くはない。
 脚を進める。今から向かうのは面影神宮だ。少し楽しみにしている自分に気付いた。誘並駅で三つ編みの女の子に手渡された朱色の面影神宮のお守り。そして新幹線の中で見た、『カオナシさま』の夢。そして、『ともみ』という名前。
 これらの謎のどれか一つは面影神宮に行くことによって解決できる気がした。気がしたのだ。
 かと言って僕はその神宮にそれほど詳しくはない。これは予感だ。
「────?」
「────、────」
 僕を挟んで何やら灯と筑紫が話をしていたが、僕の頭にはうまく入ってこなかった。
 二人を遮るようにして、僕は言う。
「ねえ、灯、筑紫、ちょっと質問いい?」
「ん?」
「どうかしたのかい?」
 ステレオで反応された。やっぱり言うまいか、と逡巡したが僕は続ける。

「一つだけ、願いが叶うなら何をお願いする?」
「……?」

 二人はさも意味の分からない、といった顔で僕を見る。僕も訳の分からない質問をしているのは分かっている。

「いきなりどうしたんだい?月島くん。何の話?」
 筑紫は口角を少し上げて僕に向かって微笑んだ。対して灯は得心を得たように「あー!」とうんうんと頷いた。
「ちゃんヒロ、それってもしかしてカオナシさまの話だったりする?」
「……うん、そうだ」
「なるほどね」と筑紫も思い出したように首肯する。

 僕だったら何をお願いするか、なんて決めていない。
 恐らく、何も願わないだろう。

「ちゃんヒロってば意外とミーハーなんだね!こんな都市伝説なんて信じないタイプだと思った」
「……そう?」

 僕は灯から顔をそむける。何故か自分のこの中を掴まれたようで気恥ずかしかった。

「そうだね──」

 腕を組んで筑紫は少し悩む様子。それから遠いところを思い浮かべているような、心ここにあらずといった顔をして言う。
「そうだね、僕だったら『また姫菜と一緒に暮らしたい』かな」
「……なんかごめんね……」
「いいのさ、姫菜も月島くんに会いたがってるからね。ゴールデンウィークに会ってあげてよ」

 少し空気が鉄のように重くなる。払拭するように僕は「灯は?」と尋ねた。

「うーん、何にしよっかなぁ……」

 校門を通り過ぎる。四月下旬の桜の肌にはすっかり葉が茂っていて、瑞々しく視界の端でさわさわと揺れる。コンクリートが靴裏に擦られてジャリっと鳴く。
「あっ、思いついた!」
頭の上に豆電球が浮かんでそうな顔で灯は言った。「何?」と僕は彼女を促す。すると大袈裟そうな手ぶり。

「ゴジラみたいな怪獣が出てきてさ、街をどっかーんって破壊してるとこが見たい!」
「……あのね、灯、それじゃ僕らもただじゃすまないと思うよ」
「そんな問題なのかい……?」
 呆れたような顔で筑紫は目を細めて僕を見た。自動販売機の影が彼を覆っている。
バス停の方に向かう。背の方には昨日筑紫と行ったショッピングシティツクヨミのビル群。四車線の道路には車が凄い勢いで行き交っている。まだ点いていない街灯と黒黒としたケヤキの行列。黄色の点字ブロックが僕たちを誘っているようだ。

「それならあれだよ!あたしたちは地下シェルターみたいなとこに入るの!あのでっかいビルとか誘並タワーとかがさ、ばっきばきに壊されてるとこ見たくない?」
「確かにちょっと見たい気もするけどさ……」
「月島くん?」
「でもさ、そんなゴジラみたいな怪獣がこの誘並に現れたらそりゃもう地獄絵図になるよ。ただでさえビルとかがめちゃくちゃ多いんだし。復興するのに何年かかると思ってんの?」
「それなら大丈夫だよ!」
灯はととと、といきなり数歩前に駆け出す。僕と筑紫に振り返る。
「指をパチンってしたら全部元通りになるの!煙がファって消えるみたいにさ!粉々になった誘並駅も、へし折られた誘並タワーも壊される前に元通り!みたいな!」

「今から誘並駅に行くのに縁起でもないこと言わないでくれるかい?灯ちゃん」

 たしなめるように筑紫が言った直後に信号が赤になった。僕たちは立ち止まる。

 目の前を白い車が凄いスピードで駆け抜けて行った。道路は絶えず循環している。僕の地元の登潟は田舎で、こんなにくるくると水車みたいに慌ただしく回る交通は目新しく見えた。止まることは許されないかのように、体中を駆け巡る血液のようにくるくると回る。血液は体中に酸素を運ぶが、この車たちは何を運んでいるのだろうか。貨物とかみたいな具体的な話じゃなく、幾人への憩とか慕いとか抽象的な話で。
 街をのんびり歩く僕たちだって同様だろう。何かを運ぶ。誰かに何かを伝える。
そんな意味の分からないことを考えてる内に信号が青になった。エンジンの音が聞こえ車が見計らったように発進して何かから逃げるように凄いスピードで消えて行った。


 しばらく歩いて、バスの停留所に辿り着いた。新律狩通りと名付けられた大通り。誘並の中心部と比べるとやはり人通りも少ないが、登潟から来た僕から見れば十分に都会の様相だ。この喧噪に慣れるのはいつになるだろうか。

「あと10分後にバスが来るみたいだね──そうだ、月島くん」
 そう言って筑紫は学生カバンの中に手を突っ込んだ。教科書が詰め込まれているのだろう、ぎゅうぎゅうになったカバンの中で、何かを探している様子。
「はいこれ」
「ん?」
 筑紫が僕に手渡したのは、見覚えのあるもの。手のひらの上にちょこんと乗っかっているのは、昨日僕が誘並駅で女の子に渡された朱色のお守り。
「これ、やっぱり君に返しておくよ。これはやっぱり君が持っておくべきだ」
「え?でもこれ面影神宮の偽物のお守りなんだろ?これを持っておくと良くないことが起こるかもしれないって昨日言ってたじゃないか」

 僕はそれを受け取らない。「ん?どうしたのー?」と灯が横から筑紫の手の平を見つめる。

「これが面影神宮の名を騙る偽物ならば、ね。──でもこれは正真正銘、面影神宮のものだ」
「でもそこってお守りを作ってないんだろ?」
「うん、確かに面影神宮はお守りは作ってない。神そのものを具現化することも許していない。だけどこれは違う。昨日お守りの結を解いて中を見たら分かったよ……。これは割符だ」
「割符……?」
「そう、割符。面影神宮には二柱の主宰神がいるってことを昨日話しただろう?知恵や学問を司る常世の神の八意思兼命、それと追憶と邂逅を司る地着神、面影さまの二柱。割符っていうのは面影さまの方の分野でね。──試しにその布の中にあるものを見てごらん」
僕はお守りをがっちりと閉ざしている白い紐を急いで解く。よく分かない結び方をされてるため、少々苦心したが、やっとするりとほどけた。中を見ると、一枚の薄い板片。
そこには達筆な筆文字で『月島博人』と書かれている。
何でだ。
何で僕の名前が?

「ぼ、僕の名前……?」
「それが割符だよ。面影神宮には言い伝えがあってね、抗いようのない別れに際した二人が、御神木からできた小さい板にお互いの名前を書き合って、その板を二つに割って持ち歩くんだ。それでいつかまた会えるようにっていういわばおまじないみたいなものだよ」
「じゃあこの片割れは誰が持ってるっていうの?」
「それが分からないんだよね。君は今まで面影神宮に行った事がないんだろ?だけどこの割符は間違いなく君のものだ。もしかして小さい時に来たことがあるんじゃないかい?月島くんはそれを忘れているだけで」
「……そんなことはないよ。僕は……」
「まあいいさ。もう一回言うけど、これは君が持っておくべきだ。袋の中に手紙みたいなものが入ってたからそれにも目を通してみてよ」
「手紙?」
僕はその赤い袋の中を覗き込む。筑紫の言った通り、四つ折りにされた小さくて白い紙が入っているみたいだ。僕はそれを取り出して指で広げる。そこに書いてあったことは──

『     いつかまた どこかで
                   おかむら ともみ より』
ともみ。
岡村朋美。
誰だ?
揺れる青いスカート。
お前は誰だ?
『ねえ博人くん』
誰だ?
『博人くんはずっと一緒にいてくれるよね?』
だれだ?
『博人くんはどこにも行っちゃわないよね?』
何を忘れた?何を思い出した?何を失った?何を得たんだ?
いつの記憶だ?
瞼の裏のこの残像、この輪郭、この面影は誰のものだ?
欺瞞も背信も虚飾も糊塗も全て包み込むこの相貌は誰のものだ?
ともみ。
誰だ?こいつは誰だ?何だ?いつ出会った?どこで出会った?何をしたんだ?
一緒にいたのか?
僕は誰だ?
「──ちゃんヒロっ!!」
「月島くんっ!!」
灯と筑紫の声がどこか遠くで聞こえたと同時にぐらりと体が揺らいだのを感じた。視界が霧がかったように白ずむ。足に力が入らない。全身を回る血液が全て冷たい水に変わってしまったみたいだ。
くらくらする。ふらふらする。ぐらぐらする。むやむやする。有耶無耶になる。
「──ロっ!──ぶ!?──ぇ!!」
必死に灯が叫んでるみたいだけど頭が処理してくれない。ヘッドホンをつけたようによく聞き取れない。
僕の体重を支える誰かの腕?誰だろう?筑紫かな?誰でもいい。呼吸が苦しい。どくんどくんと脳味噌が心臓になったみたいに早いペースで波打つ。鼓動の音がする。僕の音。一定。
焦点が合わない。顔を覗き込んでいるのは誰だろう。分からない。
あかり?
つくし?
それともともみ?
だれだろう。
『ずっと一緒だよね』
そう言った。遠い昔に誰かがそう言った。昔じゃないかもしれない。僕が生まれるより前の話かもしれない。
誰だろう。話がしたいな。久しぶりに。いつかのように。ばかみたいに笑いながら。
そこまで、考えたところで、僕の視界はすっと幕を下ろすように暗転した。

Page:1 2 3 4



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。