複雑・ファジー小説

異世界創設者はじめました
日時: 2018/02/10 11:17
名前: ツキナ

ここは大きな大都会
俺は学校帰りで歩道を歩いていた
家族は父一人で他にはいない
様は父子家庭だ



母さんは病気で早く亡くなった
父さんは母さんと何処で知り合ったかは言わないのだ




家に帰宅を済まし自分の部屋へ入ると
唖然とする光景が眼に飛び込む
それは天使の様な女神の様な美女二人が居るからだ


謎の少女「あら お帰りなさい イザナ」


イザナ「何なんだ勝手に人の部屋に入っといてしかも何で俺の名前しってんだよ」



横に居た少女がごめんなさいと謝る
それから数分間俺が帰宅するまでの事を話してくれた



謝った少女はマヤと言う
そして隣は姉のサキと答えた
何でも亡き母は異世界の住人といわれたのだ


異世界の住人であり異世界の創設者だと言う
こんな時父さんが居なくて助かる



話を全て聞くとマヤが異世界の創設者の後継者である事を言われたのだ
今の世界も好きだが異世界も気になる


母さんの見ていた世界
俺はあっさりOKした
サキがそれじゃ行きましょうかと言う



それから数分間時空を越えてたどり着いた
目の前には草原が広がっていた


とても綺麗な場所で凄く気に入った
美女二人に挟まれてるのが夢の様だ
サキは先程と口調が変わる


緊張してたと言うと安心した
確かにそうだが男と話すことが無いのかと聞く


サキは創設者である俺に解りやすくはなしてくれた
それでかと呟くとこの世界は一体と言う


マヤ「ヴァーミリオ国だよ」


サキ「しかしこのヴァーミリオ国が滅ぼうとしてるのです」


滅ぶ前に新しい世界創設をと言う事らしい
だが今の俺に力は無い
途端にマヤは思い描く世界を想像するだけでいいと言った


たったそれだけと言うとサキがはいと言う
簡単な事だと解ると考え出す


しかし初日そうそう思いつかない
この日はくたくたくになり眠りに着いた

Page:1 2



Re: 異世界創設者はじめました ( No.5 )
日時: 2018/02/14 07:15
名前: ツキナ

季節は冬を迎えた
国王を探して約1ヶ月
何処にも見当たらない



国王の女中は心配し過ぎて倒れてしまったのだ
現在国を支えるのは姫様
しかしいくら姫様と言っても限度がある




と言うのも国王の女中が倒れる数日前だ
新しい一年を迎えるにあたって必ず国王の言葉があると言った



それまでには探したい
上界も何やら不穏な様子
今日は店を閉めて国王を探しに出掛けた




崩れてる場所もあるため警戒しつつ国王を探す
国王の女中に聞いた所に姫様は10歳王子が7歳と言う
流石にキツイと思う


どちらもまだ遊びたい年頃だ
遊ぶと言っても他国との交友を結ぶ事
しかしそれすら出来ていない

Re: 異世界創設者はじめました ( No.6 )
日時: 2018/02/14 13:05
名前: ツキナ

あれから数日が経った
国王は見付かったのだ
痩せこけて衰退化の一歩手前



国王の女中もすっかり元通り
しかし世界壊滅は間逃れない
ステラ国王は世界破壊が先々代の仕業である事を確かめる為に行方を眩ましていたと言う



女中がまさかと言うと当たりだと国王が言った
上界にも知らせなくてはならい
先々代の始末は上界との話し合いの上で決めると言う



このヴァーミリオ国が無くなるのは寂しい
だが衰退かしていく世界となる国が滅んでは意味が無い
新しい世界をと国王が下す



民もそれを望んでいるからだ
イザナは穏便に平和で豊かな世界を考えた
新しい世界を何と名前を付けるかもある


新しい年迄にはと国王と約束をした
マヤは何か良い案がと言う
サキがマヤに少し離れてた方が良さそうと言い傍を離れたのだ

Re: 異世界創設者はじめました ( No.7 )
日時: 2018/02/15 22:45
名前: ツキナ

そして遂に新しい世界で新しい一年を迎えた
ヴァーミリオは崩壊寸前で新しい世界へと移ったのだ
新たな世界オリオン



ステラ国王も安心して上界へと報告に向かってる
まだ創設したばかりと言う事もあり安心は出来ないがこれから見て廻るのだ



ちゃんと創設出来ているのかもある
国王不在はである城は代理国王をと考え姫様は暫しの休暇



お忍びでこの城下にも来る
新たな街パイル
ここで新たな一歩だ



俺の護衛は変わっていない
変えるのは天界だ
天使となる相手がオカマは嫌だから


先ずはオリオンを歩いて見る


マヤ「イザナ 凄い こんな世界はじめて」


イザナ「そうか 俺的には良い出来だと思う」


後ろからサキが来て何だか満足してなさそうだけどと言われた
実を言うとサキの言う通りだ


このオリオンに足りない物がないかもある
街を歩けば途端に声を掛けられた
何か足りない物はと聞く


このオリオンには街だけじゃ無く村も存在する
道の通行手当を見せる必要も無い完全なるフリー
町人達は話し合いで風呂をと言う話が出たと言う


風呂なら家にあるだろと言うと町人達はたまには
大きなお風呂にでも入りたいと言った
一本取られてしまったと心で呟く


俺はどの辺りにと言う
峠にと言うと使い魔なる精霊が出てきた
このオリオンを創ってはじめて


むしろ嬉しい気分だ
峠に向かうと早速思案する
それがまとまると精霊が峠に風呂屋を設立した


これで良いか中を確認する
サキとマヤは女湯を見に向かった
天界にも大浴場があると言う


中の確認を終えると町人達に話をしに行く
話を終えると自分の家へと戻る
創設者が何故町中に居るかって


確かに空に自分の家を建てるのが夢だった
けど考えて見れば町人達の話を聞くことが無くなる為街に居る


下が落ち着けば空に自分の家を建てる予定
家に戻るとランが大天使が来てると言う
他にはと言うと上界の神様もと言った


ステラ国王の話はどうやらまとまったみたいだ
先々代に振り回されてたのは上界も同じと言う訳みたい


暫く席を外してくれと頼むとサキとマヤは部屋を出た
大天使と神様はありがとうとお礼を言う
まだ見回りしないといけないがと言ったのだ


話とはと切り出す
大天使は天界の事を
神様は上界の事を言う


二つとも問題だらけだ
上界は神の世界
言わば男の世界と言うことになる


天界は逆で女の世界
天女は女である事
解決策はまだ思案してる


いっその事新しくすると言うのはと言う
勿論ただ新しく今の様にすれば結果は同じ
別の方法をと言った


大天使と神様はその方法でと言う
明後日決行すると言うとワクワクしていた

Re: 異世界創設者はじめました ( No.8 )
日時: 2018/02/16 21:21
名前: ツキナ

それから1週間して天界と上界は落ち着いた
あれから思考を動かして3日で天界と上界のゴタゴタを片付けたのだ



そして現在は天界に居る
周りには美女の天使が沢山いるのだ
ハーレム状態も悪くない




上界にも寄らなければならいのでおいとまする
何故3日でゴタゴタを片付けたのかと言うと
天界と上界には空間の狭間がある



それを行き来するのに使ってると言う事
その空間の狭間に性別判断機能を付けたのだ
これで間違って天使になる男はいなくなる



上界へと来ると出迎えてくれた
天界に居た男達は何してくれるんだと駄々をこねていたのだ


天界が女だらけの場所と言う
そうなれば男子均整だ
正体がばれて罪を受けるか罰を受けるかの判断が下る


何でお前はと言う
サキが全くと腰に手を当てて言った
見習い神様達はご無礼をと言うがあいつはちがったのだ



創設者だけが天界何てずるいと言い出す
その言葉に大神様が怒った
この世界を創設する人物が一番偉いのだと教える


天界は世界を安定させる軸となる我ら神に指示を下す者
神は民にどうするかの知恵を貸す



その役割があるから成り立つのだと大神様が話す
天界は創設者だけが行ける唯一の縄張りと言ったのだ


話を全て聞き終えて戻るとその日はぐったりとして
そのまま寝てしまったのだ

Re: 異世界創設者はじめました ( No.9 )
日時: 2018/02/17 07:19
名前: ツキナ

オリオンが出来て4ヶ月が経った
何も不安無く暮らしてくれてる



上界には時より顔を出す
天界の天使達は時々下界に降りてきては街の様子などの観察役が廻る



オリオンはたちまち有名になり国王が観光を思案し出した
これでまた賑やかになる
ヴァーミリオは先々代のわがままでみずから世界を破壊したらしい



何でも気に入らなかったとかの噂だ
そしてまた新たな世界をと話が来てる
次はどんな世界が望みなのか楽しみ



END

Page:1 2



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。