複雑・ファジー小説

兄という生き物は
日時: 2018/06/06 17:51
名前: 美崎 朱梨 (ID: tg4uMaEQ)

兄という生き物は、許しが無ければ触れられず、神聖で高貴。そして、愛おしい存在なのです。

Page:1



Re: 兄という生き物は ( No.1 )
日時: 2018/06/06 18:08
名前: 美崎 朱梨 (ID: tg4uMaEQ)

〇月×日 晴れ

今日は私の誕生日です。ですので、お兄様から日記帳を頂きました。これからは日記をしたためて行こうと思います。

兄様はその為に、私にこのノートをくださったのですから。

さて、今日の出来事を綴っていきましょう。
今日はなんとも暑い晴れの日でした。おでこには汗が滲み、お洋服は張り付く。長い横髪は頬に沿って流れる。なんとも鬱陶しい日でした。

でも、不思議ですね。同じ館にいるであろう兄のことを考えると、暑さなんて忘れ、会いたいという想いだけが残ったのですから。

会いたいとずっと願っていたお陰か、兄様に会うことが出来ました。
兄様は暑そうに胸元をはだけさせ、シャツの長い袖を捲っておられました。いつもちゃんと服を着ていると近寄りがたく、話しかけにくい印象を受けるのですが……今日はなんだか話せそう。そっと近づき兄様の体に手を這わせれば、兄様は驚きつつもにこりと笑ってくださいました。その笑顔のなんとも愛らしいこと。傍には友人もいたのですが、思わず「さようなら」と兄様と共に帰宅してしまいました。友人には悪いことをしました……。明日謝るとしましょう。

兄様と歩く帰り道の、なんとも幸せなこと。
兄様は私を妹と言って下さり、頭を撫で続けてくださいました。
兄様。
愛おしい私の兄様。
どうか、明日も会えますように。

それでは、おやすみなさい。

Page:1



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。