複雑・ファジー小説

時の狭間にて、貴方と謳う。(コメント募集中!!)
日時: 2018/09/26 23:58
名前: 夕月あいむ

注意
駄作です。
コメントはドシドシと送っていただければ。
荒らし等は固くお断りしております。
本作は、ルイス・キャロルの『不思議の国のアリス』を参考に書かせていただきます。

では、下からプロローグです。↓↓

 
 何故今頃、こんな物語(はなし)をしたくなったのだろう。

 今から、話す物語は、薄汚れている。

 そして、その物語は私自身である。
 

 総じて一つ言えるのは、私の過ごした青春の異端である。
 ということだけ。

Page:1 2 3



Re: 時の狭間にて、貴方と謳う。(コメント募集中!!) ( No.8 )
日時: 2018/09/28 00:25
名前: 綺羅璃

文章が綺麗!
続きが気になるなあ。
あ、私、紫桜です。

Re: 時の狭間にて、貴方と謳う。(コメント募集中!!) ( No.9 )
日時: 2018/09/28 00:31
名前: 夕月あいむ

感想ありがとう!
文が綺麗とか…嬉しすぎて…!
続きは、四明後日位に上げます。

Re: 時の狭間にて、貴方と謳う。(コメント募集中!!) ( No.10 )
日時: 2018/10/21 22:42
名前: 夕月あいむ

第七話『繰り返した今日について』

 少し前の…いや、数回繰り返した今日の話をしよう。
 なに、どういう意味だって?
 
 そんなの、私に分かるわけ無いじゃないか。
 
〜〜〜〜〜
ー六月二十七日
ー午後四時三十八分

 憂鬱というのは、こういうことを言うのだろう。
 私は、勝手に納得する。
 そんな気分に合わず、今日は晴天だ。日差しに嫌気がさしたのだが、もう少しで駅に着くので良かった。
 日差しから逃げるため、小走りで駅に向かう。
 駅内は涼しく、日差しの刺すような熱のこもった体から熱が逃げていく。
 (六月なのにな……)
 そう思い、あの場所から、家へ帰るため、ICカードを読み取る部分に押し当てる。
 ピッッ
 改札口を通り抜け、人に流されながら、進んでいく。
 ふと、視線を横に向ける。笑い合う女子高生。平然と進んでいく大人。人に流されそうになる子供。その子供の手を、しっかり握る母親。
 そんな光景を見る私は、一体どんな顔をしているのだろうか。
 汗が染み込み湿ったシャツが、肌にあたってとても不快だ。
 (暑い)
 日差し暑さとは、また違う蒸し暑さが再度私を、不快にさせる。
 ホームに向かうため、階段へ向かう。駅の階段は広いのに、尚も、混む事に人の多さを痛感する。
 一段一段降りていく。
 
 ドンッ

 あれ、今浮いてる?
 あ…違う。
 落ちてっ……

 ドンッ ドサッッ
 「キャァァァァーーー!」
 痛い。全身殴られたみたいに痛い。
 「誰か! 駅員か、救急車!」
 「ママ、人落ちたよ」
 「えっ!?………」

 あぁ、眠い。

〜〜〜〜〜
ー同じく六月二十七日
ー午後四時三十八分

 そしてまた、同じく。
 そんな今日を、五回繰り返した。
 五回死んだんだ。
 思い出した。
 そして今、私の居る今日は違った。
 小花衣(こはない)さん達に、万引きをしてこいと言われ、毎回同じ所だとバレやすいから、少し遠くのスーパーに行ったんだった。
 そして現在に至ると。

 ここで引っかかる事が、二つ。
 一つ目は、何故今回は、死ななかったか?
 二つ目は、何故死に戻りする必要があったのか?
 
 


 
 

 
 
 
 

Re: 時の狭間にて、貴方と謳う。(コメント募集中!!) ( No.11 )
日時: 2018/11/08 20:44
名前: 夕月あいむ

第八話『性悪兎は、横取りがお好き』
 
 「大丈夫か?」
 全て思い出した私は、状況が理解出来ず再びボーとしてしまった。紅華ちゃんは、心配してくれたのか、困り顔で見つめてくる。
 「あっ……あぁ、はい」
 返事も、気のない感じになってしまった。
 「いやぁ、でも君、幸運ですよ。このままだったら、普通に死んでましたし。掟で時間を巻き戻すのは、五回までって、決まってるんですよ。あと一回死んでたら……ねぇ?」
 「えっ……じゃあ、あと一回死んでたら本当に死んだって事?」
 「そうじゃ」
 全身から、血の気が引いていく。
 「で……でも、時間を戻してくれたんですよね。命の恩人じゃないですか。本当にありがとっ……」
 「違いますよ」
 「えっ……?」
 「君を生き返らせる目的で、時間を巻き戻した連中は、俺らじゃあ無い。さっきに言った、時の国の奴等ですよ」
 (何でその人達は、私を?)
 「あぁ……まぁ、ややこしくなさるのですが。貴方は、もともと時の国を治める、白の女王にスカウトされる予定だったんですよ」
 「えっ……じゃあ、私元々、白の女王になる予定だったんですか? じゃあなんで、赤の女王になれとか……」
 どういうことだ、また、混乱してきた。
 「単に言えば、“腹いせ”ですよ。あっちの連中には、腸が煮えくりかえるくらいの怒りがありますからね。あちらが、女王候補として狙っている貴方を、強引にも此方に連れてきて、横取りしただけです」
 爽やかな笑顔で、男は言った。
 (あ……コイツ絶対性格悪い)
 そんな確信をもって、男に問う。
 「あの、これから私、その時の国方々に追われたりするんですか?」
 「えぇ、勿論」
 (大事な事だから、もう一度言うけど、コイツ絶対性格悪い)
 
 

Re: 時の狭間にて、貴方と謳う。(コメント募集中!!) ( No.12 )
日時: 2018/11/10 22:55
名前: 夕月あいむ

第九話『帰路にて、ようやくの夕焼け』

 顔面蒼白。
 そんな四字熟語が今の私には、ピッタリと似合う顔をなっているに違いない。兎も角、今日は色々な事が起こりすぎだ。
 「まぁまぁ、そんな顔しないで下さい。俺も悲しいですよ、こんな、若い子を、危険な目に遭わすなんてねぇ……。」
 全く無い悲しみを口にして、三月は顔に手をやり、泣き真似をする。
 (このロリコンイケメンの無駄遣い野郎めっ……!)
 「三月、軽口が過ぎるぞ」
 紅華ちゃんが、自覚の無い可愛い声で静かに注意をすると、三月は瞬時に私に向かって深々と頭を下げた。
 「軽率な真似、どうかお許し下さい」
 (誰だ、貴様は……?)
 そう思わずにはいられない、態度の変わりよう。
 ロリコン怖っ。逮捕されてしまえ!
 「すまんのぉ、御白。彼方(あちら)の連中には、三月も含め被害をうけているんでのぉ……。此方も、気が立っておる。どうか許してやってくれ」
 眉を下げ、哀しそうにそう言われると、私も折れるしかない。というか、ここで折れなかったら、後から来る罪悪感ハンパなさそう……。
 「はい、大丈夫です」
 (まぁ、全く大丈夫じゃないけどね! 異世界来て、悪役になれだの、自分が実は今日何回か死んでいるとか、ロリコンにいじめられるとか、一日じゃ起こりえないようなことが起こりまくってるからねっ! この子に免じてだから、許すけどあのロリコン野郎は許さんっ!)
 「まぁ、今日は疲れたじゃろう。自宅に帰ってゆっくりと休んでくれ」
 「あっ……待って下さい! どうやって帰るんですか?」
 (これから帰るって言うのも、色々疑問もあるし、帰られるのかすら不安なんだけどっ!)
 「大丈夫じゃ、安心すると良い」
 そう紅華ちゃんに、微笑みかけられると、安心してしまった。
 (天使……!)
 じゃなくてー
 「三月」
 「はい、畏まりました、紅華様」
 三月は、そう言われると、くるりと背を向けて城の中に入っていった。どうやら、先程の紅華ちゃんの言葉には、名前以外にまだ続きが在り、三月はそれを読み取り何かをしに行ったのだろう。
 「さて、其方にはこれから、其方の現実世界に帰ってもらう。あぁ、それと、帰ったら其方が万引きしたことは無くなっている。学校から、家に真っ直ぐ帰って現在自宅前に居る、という事を世界に上書きした」
 「そんな事も出来るんですね……!」
 (もはやチートかよ。凄っ!)
 つまり都合の良いように、世界で起こったこと、これから起こることを上書きできると言うことか。
 ーガタッ
 不意に、音のした方を見ると、三月が姿見のような大きな鏡を持ってきていた。
 「準備が完了いたしました」
 鏡は、先程も言ったが姿見と言うわれる程大きく、私の身長より少し大きい。横幅は、至って普通。だが、大きさと同じくらいの存在感を放っているのが、鏡の縁。反射する白銀色の縁は、手入れを怠っていないことを主張していた。
 と言うか、鏡キラキラしすぎて、自分を見るとき集中でき無さそう。本当に鏡の役割はたせんの? と言うレベルだ。
 
 まぁ、鏡の美しさと、コレめっちゃメルカリに売りたいと思う私の欲望は、さておいて。
 (うん、何故に鏡……?)
 「何、キョトンとしてるんですか? 貴方が先程ここに来た方法を考えれば、分かるでしょう?」
 (あ……そういえば、トイレの自分に手を引かれてここに来たんだ! って、トイレって汚くない!? 雰囲気もへったくれもないじゃん!)
 「では、帰って頂きますよ」
 「えと、どうやって入るんですか?」
 「普通に入っちゃって下さい」
 三月がすました顔で、鏡を指さす。 
 頭ぶつけたら、痛そうなので鏡へ手から入れよう。これで、コツンとかいったらマジでロリコン許すまじ。
 そして、指先が鏡についたと思った瞬間ー
 
 ふゅぅっ

 緊張感の欠片もない音がしたと思ったら、指から腕まで、腕から肩まで強い吸引力にドンドン体が鏡へ吸い込まれていく。
 「うぇえ……! 何コレ!?」
 そして、顔以外ほぼ吸い込まれた時。
 「また明日来い、御白。鏡を通ればここへ来れる」
 そんな声がしたのが、最後。

 私は、自宅前に居た。

 「本当に、戻ってきてる……?」
 「何が、本当に戻ってきてる? だよ。いつも頭おかしいのに、後頭部でも打ったの? 姉さん」
 (はっ……! このツンデレボイスはまさか、我が愛しのミク君……!?)
 「ミク君、愛してるよ」
 「きもっちわる……」
 「ガチトーンやめてぇ……!? お姉ちゃん死んじゃうよ?」
 「そっか、骨は海にまくのと、土の下入れるのどっちがいい?」
 「死後の事を、前向きに検討しようとしている……!?」
 
 そんな帰り道。
 あぁ、やっと夕焼けが見える。 

Page:1 2 3



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。