複雑・ファジー小説

東大トップ並の能力をもった僕が赤ん坊から人生をやり直す話
日時: 2018/09/13 23:57
名前: 金剛寺綾人

「死ねぇ!」ナイフをもった男が受験会場に現れた。どうやら面接で落ちた受験生らしい。あっ、こっち見た。「お前ら全員死ねぇ!」逃げますか。しかし、間の悪いことに、見るからにひ弱そうな女子学生が、ちょうど間にたっていた。恐らく恐怖で動けなくなったのだろう。仕方ない。そのまま走り、女子学生にナイフが突き刺されそうになるところに割り込んだ。そして、ナイフを掴む。最後の晩餐、どうしようか。最近異世界転生とか小説でよくみるけど、そういうのよりも、この世界で転生したいな。
「その願い、了承しました!」one more please?「あなたの願い、了承しました!」なんなの?「あなたは死の直前に良いことをしました!よって、その願いを叶えることになりました!」なるほどね。「これから先、たくさんの日常、非日常があなたを待っています!でも、次はもっと自分で納得できる死に方をしてくださいね!それでは、いってらっしゃい!」面白そう。
「元気な女の子ですよ!おめでとうございます!」女の子?「あなた、産まれたわよ、私たちのかわいいかわいい赤ちゃんが!」この人が、母親。「頑張ったな!ありがとう!」この人が父親。「これからよろしくね、私たちのかわいいかわいい輪廻ちゃん!」

Page:1



Re: 東大トップ並の能力をもった僕が赤ん坊から人生をやり直す話 ( No.1 )
日時: 2018/09/13 23:59
名前: 金剛寺綾人

序章 母親と父親

Re: 東大トップ並の能力をもった僕が赤ん坊から人生をやり直す話 ( No.2 )
日時: 2018/09/26 00:05
名前: 金剛寺綾人

 おはようさん。って両親はまだ寝てる。とりあえず現状整理しますか。
「あら輪廻ちゃんおはよう。あなたもね。おはよう」 
「ああ、おはよう。今日はゆっくりしたいなぁ。・・・そうだ、輪廻に鉄棒を教えよう!」
鉄棒?赤ん坊の僕に? 
「朝ごはんの支度をしてくる間に鉄棒を教えたら?」
鉄棒か。懐かしい。
「よし輪廻、向こうの部屋に鉄棒があるから着替えたらいこうな?」
室内に鉄棒?どういうことか分かりません。分けが分からないよ。

Page:1



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。