複雑・ファジー小説

ポンコツ女帝陛下と奇人変人だらけの八英雄
日時: 2018/09/27 17:37
名前: 夢里 (ID: 2cRnojto)


昔々、この星には二つの人が住んでいた。一つ、『人間』。二つ、『蝶人』だ。
平々凡々とした人間に比べ、蝶人は身体能力も遥かに高く、おまけに力を有していた。
当然、人間と蝶人の軋轢は深く、互いに国を創り、永きにわたって戦った。





――此は、人間と蝶人の、戦いと苦悩と、和解の物語。









… … … … … … … … … …

「この私、カイル三世は、今日、退位を表明する!」

その発表は唐突で、民に大きな困惑を引き招いた。「誇り高き賢帝カイル」と呼ばれた皇帝が、
皇国を挙げての祭りの最中に言った。

『何と言うことだ……』『陛下は如何して仕舞われた』『後継ぎは一体……』

等、様々な意見や思惑が飛び交う中で、当のカイル三世は颯爽と帰っていく。
濁った様な空気が漂う会場の中、何処吹く風と言わんばかりに涼しい顔をしているのは、
八英雄と謳われ、民からも絶大な支持を得ている者達だけだった。






… … … … … … … … … … … …

さわぁ、と音がたちそうな位爽やかな風が、小窓を開けた室内に入り込む。窓辺のマーガレット
とカーテンが大きく揺れ、風の強さを物語る。
散らばっている裁縫道具を纏め、エリザベッタは窓を閉めた。

「ウニャーオ」
「どうしたの? スズランカ」

足元を見ると、黒猫のスズランカが寄ってくる。スズランカを持ち上げ、少し頬擦りすると、
気に障った様で、爪をたてて逃げてしまった。

「ご機嫌ななめだったのかな? 」

スズランカの逃げた方向をぼんやりエリザベッタが見ていると、通り沿いの玄関から馬の鳴き声が
聴こえる。不思議に思ったエリザベッタは、そっと玄関のドアを開き、通りを見た。
其所には、只の一町民の住む街に似つかない、正に豪華絢爛な馬車が止まっている。馬車に掲げ
られている旗は、この皇国の国旗だ。

「エリザベッタ・ヴィルヘルム様でお間違い無いでしょうか」
「はい……」

久々に見る皇国の馬車に、私は圧倒された




Page:1



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。