複雑・ファジー小説

〜空想者〜
日時: 2019/01/12 13:20
名前: た-----------ジイ

「あれ? 頭が痛い 気持が悪い あああああああ!」

意識が飛んだ 明るい まぶしいぼんやりしてる。
朝起きると知らない場所に!
 『ここはどこだ?」 

俺の名前は、。「歳 アキト」 15歳 健全な中二病ていうやつに感染、
昨日めちゃくちゃ気持ち悪い状態で寝たら、なんか意識が飛んでしまったみたいで、死んだ?否、
病院?否 ここわ どこだ?
中学生生活では、いじめに合いにあい、家ではネトゲばっかり、妹はかまってくれない。
そんなある日。


「******。」[****大丈夫かな?」
目を開ける。「あいてててて」どのくらい寝てたのかな?

!おっなんか かわいい子が!結構あるなて何考えたんだ俺。

『起きた』
「ここはどこだ」
『あなた、記憶がないの、昨日道で倒れてたのよ。よく死ななかったわね。』
「君は、だれ?」
『私?私は「アイラ」よ。』

説明しよう、俺【歳 アキト】は,知らないところに吹っ飛んだらしい。














































Page:1



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。