複雑・ファジー小説

紅蓮の死神〜最強の殺し屋は魔法学園の落ちこぼれ生徒!?〜
日時: 2019/01/13 13:55
名前: 如月唯奈
参照: http://kisaragiyuina

.





ここは科学ではなく、魔法が発展した世界……








この世界では殺し屋の王と言われる【紅蓮の死神】がいた。彼、【紅蓮の死神】は闇に紛れるように黒いコート、白と水色のマフラーを身に纏っている。




そして……【紅蓮の死神】のトレードマークでもある、赤い血のような目と大きなカマと目だけが隠れるような純白の仮面。








  ……一部では【架空の人物】として、また裏の世界では【殺戮の神】として崇められていた……








今は夜中の2時を過ぎたところ。月明かりさえ届かない狭い路地を、一人の子供は歩いていた。






「おい、そこの者、止まれ。」






こんな時間に子供一人で出歩くのはおかしい。不審に思った見回りの兵士はその子供に声をかける。




「なーに?兵隊さん。僕、忙しいんだけど。」





無邪気な声でゆっくりと振り返る。

少年が振り返った途端、驚いた。なんと、少年の体には赤い血がベッタリと付いていたのだ。






「き、君……その血は!どうし……っ!」






と言いかけて、気づいてしまった。その少年の正体に。




すると少年はニタリと嗤うと、右手に持っていた鷹の爪のような鋭いカマを男の首に降り下ろすと、静寂に包まれていた街に断末魔の声が響いた────




✂─────キリトリ─────✂


この小説は、【占いツクール】様でも書かせていただいています。


.

Page:1



Re: 紅蓮の死神〜最強の殺し屋は魔法学園の落ちこぼれ生徒!?〜 ( No.1 )
日時: 2019/01/13 13:51
名前: 如月唯奈
参照: http://kisaragiyuina

.



主人公 サクヤ=フローディア (男)


 可愛い 6:4 クール (かなりの童顔)

 
  歳 15歳



  目 紫色



  髪 紫がかった黒 カールがかかっている



  身長 169p



 誕生日 12月16日



  属性 水、氷、風、闇 (学園では水、風)



 魔闘器 (九魔器)カマ=宵闇 学園では 刀=暁



 使い魔 フェンリル=レオル 学園では ムーンウルフ=ウル(レオルが変身している)




 (二つ名) 紅蓮の死神

 ・仕事時には白い仮面と黒いカマ
 ・(チカラ)を使うと瞳が赤く、牙が生える




.

Re: 紅蓮の死神〜最強の殺し屋は魔法学園の落ちこぼれ生徒!?〜 ( No.2 )
日時: 2019/01/12 22:46
名前: 如月唯奈
参照: http://kisaragiyuina

.



    ルナ=フローディア (女)


  可愛い 9:1 クール


   歳 14( 学園では 16)

   目 黄色

   髪 ピンク (二つに結っている)

  身長 155p

 誕生日 4月4日

  属性 火と植物

 魔闘器 (九魔器)ヤタガラス   学園では 双銃=ファイ

 使い魔 九尾=楓


 


 (二つ名) 殺戮の化け猫

・仕事時にはサクヤと同じ仮面
・サクヤのことが大好き
・仕事時は巫女の服装
・黒猫の人獣




.

Re: 紅蓮の死神〜最強の殺し屋は魔法学園の落ちこぼれ生徒!?〜 ( No.3 )
日時: 2019/01/12 22:56
名前: 如月唯奈
参照: http://kisaragiyuina

.







「……様、サクヤ様! 起きてください!」

「ん……あと5分だけ……」



別に用事も無いんだし、もう少し寝かせてくれよ。それに僕、朝弱いんだよ。




「あと五分だけじゃないですよ、待ち合わせの時間まであと20分ですよ!」



待ち合わせ……?



「……⁉」





忘れていたことを思い出して、慌てて布団からでる。急いで指定された制服に着替えて、鏡で寝癖を整える。男子の制服は、白いシャツに黄土色のセーター、そして、全体が黒くフードがグレーのあまり長くないローブだ。

実は今日から世界一の魔術学校といわれる【カルラ学園】に通うのだ。
僕がここに通う事になった理由は3つある

1、学園には魔人がいるという噂があるので、通いながら調べてほしい。という学園長の依頼。

2、個人的に行きたかったから。

3、目的があるから


サクヤは、今まで一度も学校に行ったことがないので、内心楽しみで仕方がなかった。





「サクヤ様、はい、忘れ物」





と言って渡されたものは赤い雫型のピアスだった。だぶん魔力を少し封印する魔法具なのだろう。





「ありがと、ルナ」





ルナと呼ばれた少女は「エヘヘ」と照れながら、二つに高く結ったピンクの髪を右手の人差し指でクルクルと弄った。彼女は黒猫の人獣である。よって、ルナの頭と腰からは艶やかな猫耳と細い尻尾が生えている。
嬉しいのか、尻尾を左右にくねくねとさせていた。





「じゃあ、いってらっしゃい!」



「いってきます」





と言ってサクヤは外に出た。外はまだ朝なのか、人通りが少ない。今は4月といっても朝はとても冷える。ちらほらと見える通行人は皆、厚めのマントを羽織っていた。サクヤはそんな商店街の角を曲がり、人がいない路地へと入っていった。




(ここなら、魔法を使ってもいいかな)




ここから集合場所の学園まで、走っても30分はかかるので【上級魔法 転移】を使おうか考える。


エリート学園である、【カルラ学園】では普通のことだが、15歳のサクヤが街中で上級魔法を使うのは目立つので近くの壁の影に隠れて使った。




「【転移】」




目を開けると、先程まであった景色とは違う光景が目にはいる。どうやら【カルラ学園】についたようだ。さすが世界一の魔術学校といわれるほどあって、門は10メートルを越えている。


暫くその門を見ていると、突然後ろから声がかけられた。




「もしかして君が新入生?」








.

Re: 紅蓮の死神〜最強の殺し屋は魔法学園の落ちこぼれ生徒!?〜 ( No.4 )
日時: 2019/01/12 23:25
名前: 如月唯奈
参照: http://kisaragiyuina


.





振り返ると、緩いパーマがかかった金髪の女性が立っていた。服装からして、恐らく教師なのだろう。生徒は皆、紺いろのローブなのにこの先生は深緑のローブを羽織っている。



見た目は20歳位なのだがどこか大人の雰囲気を漂わせている、面白い人だ。ローブ越しでもわかる胸は少し動く度に効果音をつけて揺れている。




「あ、はい。高等部に入学することになった、サクヤ=フローディアです。」




「よろしくね、私はあなたの担任のフィーネ=ペティングよ。」




 
と、にっこり笑う。普通の男子ならこれでイチコロだ。だが、鈍感なサクヤは何も感じないのであった。




「じゃあ、校長がお呼びなので行きましょうか。」




学園の中は一言で表せば【城】だった。中に入ると、両脇には赤い絨毯が敷かれた長い階段真上にはきらびやかなシャンデリア。

よく道に迷う生徒や教師がいるので、所々には地図がおいてある。


20分程かけて校長室に着くと、ここもまた一際目立つドアをフィーネはノックした。




「失礼します、フィーネ=ペティングです。例の入学生を連れてきました。」



「入りなさい」




中からは、年をとった男性の声がした。フィーネがドアを開けると声通りの50代後半の男性が手を組んでにこやかに微笑んでいた。




「君が、新入生のサクヤ=フローディア君ですね。私はここの校長のオルガ=フランクです。よろしく」

「よろしくお願いします」


「では、この学校の説明と教科書を渡します。」




オルガは指を鳴らすとサクヤの目の前のテーブルに教科書が現れた。一冊はかなり分厚くて1000ページを越えるものが殆どだ。




「この学園では【ボックス】に教科書等を入れて、移動しています。もしあなたも使えるなら使ってください。」




【無属性魔法 中級 ボックス】これは普通の人は使えないが、この学園ではレベルが高いので殆どの生徒は使えるらしい。


「すみませんが、フィーネ先生。少し外に出てもらってもいいですか?」


フィーネは少し眉間にシワを寄せながら、失礼しますと部屋を出た。
ここからは本題だ。校長は結界を張ると話始めた。



.

Page:1



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。