複雑・ファジー小説

紅蓮の死神〜最強の殺し屋は魔法学園の落ちこぼれ生徒!?〜
日時: 2019/01/13 13:55
名前: 如月唯奈
参照: http://kisaragiyuina

.





ここは科学ではなく、魔法が発展した世界……








この世界では殺し屋の王と言われる【紅蓮の死神】がいた。彼、【紅蓮の死神】は闇に紛れるように黒いコート、白と水色のマフラーを身に纏っている。




そして……【紅蓮の死神】のトレードマークでもある、赤い血のような目と大きなカマと目だけが隠れるような純白の仮面。








  ……一部では【架空の人物】として、また裏の世界では【殺戮の神】として崇められていた……








今は夜中の2時を過ぎたところ。月明かりさえ届かない狭い路地を、一人の子供は歩いていた。






「おい、そこの者、止まれ。」






こんな時間に子供一人で出歩くのはおかしい。不審に思った見回りの兵士はその子供に声をかける。




「なーに?兵隊さん。僕、忙しいんだけど。」





無邪気な声でゆっくりと振り返る。

少年が振り返った途端、驚いた。なんと、少年の体には赤い血がベッタリと付いていたのだ。






「き、君……その血は!どうし……っ!」






と言いかけて、気づいてしまった。その少年の正体に。




すると少年はニタリと嗤うと、右手に持っていた鷹の爪のような鋭いカマを男の首に降り下ろすと、静寂に包まれていた街に断末魔の声が響いた────




✂─────キリトリ─────✂


この小説は、【占いツクール】様でも書かせていただいています。


.

Page:1 2 3 4 5



Re: 紅蓮の死神〜最強の殺し屋は魔法学園の落ちこぼれ生徒!?〜 ( No.19 )
日時: 2019/03/20 17:19
名前: 如月 唯奈



  ・・・
学園の外から中、中から外へは【転移防止結界】が張られているので普通は転移はできない。
だが、サクヤにとってはそんなもの、子ども騙しにすぎない。


転移を無詠唱して自分の部屋に転移した。無詠唱は普通、カルラ学園の高等部でも出来る者は片手で数えられる程だ。


まず、衣類に飛び散った血を魔法で綺麗にする。


「【水の清め】」


【水属性魔法 上級 水の清め】

これは産み出した水で、服の汚れ等を洗える魔法だ。この他にもシャワーが無いときにも体を綺麗にすることにも役立つ。
サクヤは風属性も持っているが、得意な属性は水と氷と闇だ。だから、風属性でも同じような効果があるが、水属性を使った。


きれいにしたコートとマフラーをボックスに仕舞い、シャワーを浴びた。ズボンにTシャツというラフな格好に着替え、まだ濡れている髪をそのままにしてベッドに倒れ込む。






窓から差し込む微かな日光で目が覚めた。時計を見ると、まだ朝の4時くらい。あの後すぐに眠ってしまったらしい。

布団から出て、上に濃いグレーのパーカーをチャックを開けた状態で羽織り、気配を消して寮の外に出る。
寮の裏側に誰もいない事を確認して、ランニングを始める。サクヤはたまに、トレーニングを一時間ほどしているのだ。




この時間、まだ辺りは暗く誰も起きていないので、トレーニングをするには丁度良い。思い切り深呼吸をすると、朝の清々しい空気で肺が満たされた。




ランニングを30分程で終え、腹筋、腕立て伏せもする。それが終わると、ボックスから2メートル程ある金属の棒を取り出す。【九魔器】の一つ【宵闇】を出さないのは、万が一の時のため。この棒は【宵闇】よりも少し重い10キロある。

少し重いものを使うのは、サクヤの戦闘スタイルがパワーではなく速さだから【宵闇】を素早く動かせるようにするためにこれを使っているのだ。



トレーニングが終わる頃には、日はすっかり上っていた。そのまま部屋に戻り、消していた気配を戻す。時計を見ると、短針が丁度6を指している。まだ時間があるのでシャワーを浴びることにした。



10分程で上がり、風属性魔法で髪を乾かす。制服に着替え、朝食を食べ終えた頃には8時より15分前だった。


部屋の鍵を掛けて教室に向かった。



.

Re: 紅蓮の死神〜最強の殺し屋は魔法学園の落ちこぼれ生徒!?〜 ( No.20 )
日時: 2019/03/20 17:20
名前: 如月 唯奈




寮から教室がある校舎までは500メートルある。石畳の道を歩いていると、先輩らしき女子の会話が聞こえた。




「ねえ、ちょっと。あの子見かけない顔だけど誰だっけ?」


「えー、聞いてないの?あの子が噂の落ちこぼれ転入生よ。」



同じような会話があちこちから聞こえてくると共に、見下したような視線もちらほらと感じた。どうやら、自分の噂は全校に広まったようだ。──ああ、最悪。





ちょっとイラっときたが、聞こえていないふりをする。あまり面倒ごとにしたくはないからだ。
他の生徒なら、何とか丸く納められそうだが、あのデュアル、デュランという双子は多分無理だ。出来れば今は来てほしくない。





だが、この願いは5秒後に儚く崩れ去るのだった……






「おい、落ちこぼれ。まだこの学園にいたのか?」

「早く出ていけよ、落 ち こ ぼ れ 君 ?」





気配で半ば予想していたが、まさか本人だったとは。相変わらずムカつく顔してる。
原型が保てないほどに殴りたい気持ちを無理矢理押さえ込み、歩みを進める。





「「おい、貴様無視するな!」」




無視された事に腹が立ったのか、額に青筋を浮かべている双子。


後ろから悪口が聞こえてきたが、それもシカトして教室に入った。






教室には、既にいつもの4人がソフィアの机の周りで雑談をして待っていた。


そのメンバーの内の一人、ベイルが此方に気が付き手を振る。



「ぉおっ、来た来た。おはようサクヤ!」


鞄を机の脇にかけて返事をすると、他の3人も挨拶をして来た。サクヤが教室に入った途端、周りの生徒の大半はサクヤの悪口をこそこそと言っているが、この四人は違う。サクヤを落ちこぼれと知っていても、見下したり仲間外れにしていない。


そんな4人に、興味が湧いたサクヤだった。



「ねえ、サクヤ君。今日の放課後空いてますか?」


「うん、空いてるよ。あと……ため口でいいよ。」


これが癖だったらそのままでも良いが、ソフィアとの会話を聞いていると、何故か自分にだけ敬語なのだ。



「……う、うんわかった。」




暫くの沈黙の後、ソフィアは承諾してにこりと笑う。何故か一瞬心臓がドキリとしたが、平常心を保ちながら「ありがとう」と礼を言った。



.

Re: 紅蓮の死神〜最強の殺し屋は魔法学園の落ちこぼれ生徒!?〜 ( No.21 )
日時: 2019/03/20 17:21
名前: 如月 唯奈





今は全ての授業が終わり、放課後になっている。昨日と同じようにあの四人と一緒に帰っていた。
例の双子の貴族はちらちらと視線が感じられるものの、直接は何もしてこなかった。こんな毎日が続くのかと思うと、溜め息が出てきそうだ。


そう思っていると、突然頭に直線声が響いた。



『サクヤ様、仕事の依頼が来ていますよ。今から時間にありますか?』



これは【念話】といって【無属性 中級魔法】のなかでも難しいものだ。
声の主はルナだった。



『仕事の内容は?』



ソフィアたちと会話をしながら念話をルナに送る。急に黙ってしまうと、不審に思われるからだ。



『え〜っと、今日の夜8時からとある悪徳商売を行っているグループ全員の暗殺です!』


『わかった。30分位で行く。』


今日も雑魚の暗殺か。もうちょっと手応えのあるやつが良いのだが。


念話を切ろうとしたら、ルナの声が響いた。


『あ、あの〜ぅ、今日の仕事、私も一緒にいいですか?』


『え?いいよ。』


最近は別々で仕事をしているが、ルナとサクヤは本来、ペアなのだ。
ルナは裏では【殺戮の化け猫】と言われているサクヤと同じ殺し屋だ。サクヤには劣るものの、腕は一流。ギルドランクで現すとSSだ。



念話を切り、ソフィアたちに用事があるからと別れた。




Re: 紅蓮の死神〜最強の殺し屋は魔法学園の落ちこぼれ生徒!?〜 ( No.22 )
日時: 2019/03/20 17:21
名前: 如月 唯奈



部屋に戻り、簡単な食事を済ませる。食堂は、昼だけ開いており、それ以外の食事は各部屋に設置されているキッチンで自炊をしている。料理が苦手なサクヤは、何かを作る度に火事を起こしそうになっているので、料理はいつもルナが作っている。
よって、今日のメニューは学園の近くにある商店街のサンドイッチだ。




シンプルなものが好きなサクヤは、レタスと生ハムとマヨネーズが入ったものにした。まだできたてらしく、パンはほんのりと温かい。15分程で食べ終わり、【仕事】の服に着替える。


白い光沢のある目までの仮面を着け、ルナのところへと転移した。



「お待たせ」


時間より30分以上早いのに、ルナは既に着替え終わっている。彼女の仕事服は【巫女】だ。
だが、普通の巫女服とは少し違う。本来は踵まである袴だが、膝より少し上までの長さだ。その代わりに太ももまでは白に近い灰色のソックスをはいている。袖は、あまり長くなく、動きやすい格好だ。
彼女も素顔を見せないようにと、サクヤの仮面と同じものを着けている。


「サクヤ様早いですね!」


「うん、思ったより早く準備が終わったからね。ルナも今日はいつもより早いね?」


すると彼女は赤面して「だってぇ……」と尻尾を左右に揺らす。
人獣である彼女は尻尾や耳で無意識に感情を現すので、恥ずかしがっているのがよく分かるが何故なのかが理解できない。



そうしている間に【仕事】の時間になった。
ルナは魔闘器を呼び出し、気配を消し去り構える。

Re: 紅蓮の死神〜最強の殺し屋は魔法学園の落ちこぼれ生徒!?〜 ( No.23 )
日時: 2019/03/20 17:30
名前: 如月 唯奈




「行くよ」

サクヤの短い言葉で二人は駆け出す。場所は前に一度行ったことがある。料金は前以て全額貰っているので早く終わりそうだ。


サクヤとルナ、どちらも気配を完全に消しているが、二人がぶつかる事はない。なぜなら二人は、魔力で相手の場所を把握しているからだ。
魔力は指紋と同じく、一人一人違う、同じ水属性でも魔力の密度が微かに違うのだ。二人はそれを使い、相手の場所を把握している。
勿論、この技が出来るものは数少ない。



夜とはいえ、ここは屋台が並ぶ街だ。近くのギルドでは依頼が終わった者達が集まり、酒を飲んでいる。こんなところの道のど真ん中で、全力疾走していると気配を消していても、魔力に敏感な者には気付かれるだろう。
だからあえて屋根の上で音をたてずに走った。




例の場所は廃墟と化した大きな二階建てのコンクリートの建物だった。壁に張り付いた蔓がこの場の雰囲気を一層暗くさせる。

目的地に着くと、消していた気配を戻す。それに習ってルナ、もとい【殺戮の化け猫】も戻した。張っていた音封じの結界を破る。ここからはいつも通りに堂々と巨大な扉を蹴破った。




中に居たのは、魔力を探すと男女合わせて92人。
先ず、扉の内側にいた難いのいい男4人を声を出す暇も与えずに首を苅った。



人を殺したおかげで、サクヤの中の悪魔の血が騒ぐ。


──殺し足りない、もっと、もっと──俺に血を……!────




それからの記憶は一切ない。気が付いたら血溜まりの中に立っていた。からだ全体が生暖かいモノで濡れている。手の平を見ると赤黒く染まっていた。


───まただ、またこの【チカラ】を使いこなせなかった。6年経った今でもたまにこの【チカラ】
に振り回されることがある。このままだと、目標を達成できなくなるっ!!





未だに制御出来ない己の力に腹が立つ。


「くそっ!」

怒りのあまり、既に原型を留めていない肉塊に勢いよく【宵闇】を突き刺した。すると、掌に肉と骨が裂ける感覚が直に伝わってきた。
それで我に返ったサクヤはちらりと横目でルナをみた。



近くにいたルナの表情はどこか悲しそうだった。だがその顔は一瞬で元に戻り、いつもの顔に戻っていた。


「サクヤ様、帰りましょう?」


そう人獣の彼女は、優しく母親のように語りかけた。


.

Page:1 2 3 4 5



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。