複雑・ファジー小説

桜月夜と砂時計
日時: 2019/03/17 06:59
名前: IMUSA (ID: LpK9Mb2W)

   第1話 「夢」 



  サーっと吹き抜ける風が心地良い。

  美しい満月に照らされる桜は、なぜかとても儚かった。

  今にも消えそうな、俺の命と同じように・・・。

  そんなことを考えながら寝る、俺の枕元には、もう砂のほとんどがない砂時計がひとつ。

  残りの砂は、俺自身の「残りの時間」なのだろうか・・・。

  サラサラと落ちる、砂の音が聴こえる。

  ・・・まるで、自分自身の「生命のうた」のよう・・・・・。




 「・・起、き、ろ、!! バカ咲良」

  姉貴の怒鳴り声が聞こえて、俺――峯岸 咲良は、今日という日を始めようとしていた。

 「・・・夢、なのか・・?」

  全身汗だくになっていることに気付き、俺は目を見開いた。

  そして、着替えようとした・・・そのとき――。

  俺は気付いた。

  昨晩にはなかった、あるひとつの物が、机の上に置いてあることに・・・。

 「夢」にも出て来ていた、ひとつの『砂時計』があることに・・・。

  ・・・だが、「夢」と違う大きな点がひとつ。

  それは――『砂の量』だ・・・。

 「夢」では、残りがわずかしか無かった。

  ――丁度、今底に落ちているのと、同じくらいの量しか・・・


  そんなことを考えていると、再び姉貴の怒鳴り声が聞こえてきた。

 「・・咲良〜!! 遅刻するぞ!!」

 「今行く〜」

  俺は、そう短く返すと、やっと着替えを始めたのだった。

 「夢」と『砂時計』のことが、頭から離れないまま・・・。

  ようやく着替え終わると、階段  

Page:1



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。