複雑・ファジー小説

紅い涙と虹色の魔法陣
日時: 2019/03/01 03:47
名前: ますい みこと (ID: LpK9Mb2W)

  第1話 >>1

  第2話 >>

Page:1



Re: 紅い涙と虹色の魔法陣 ( No.1 )
日時: 2019/03/01 04:08
名前: ますい みこと (ID: LpK9Mb2W)

   第1話 夢と帰還


  ポタポタと、頬を伝う涙。

  ――誰かが泣いている。

  自分のものではない誰かの涙が、俺の顔を濡らしてゆく。

 「・・・・・」

  「泣かないで」と言いたいのに、潰れたのどは、もう何も彼には伝えなかった。

 「死なないで」

  彼の声が聞こえる。

  悲しそうで、今にも泣きだしそうな声。

  知っている人、知っている声なのに、なぜか思い出せない彼の名前。

 「死なないで」

  再び声がした。

 「・・・あぁ。お前、風音か・・・」

 「・・思い出して、くれたね・・・」

  やっとのことで思い出した、彼――自分の弟―の名前。

  そっと名前を呟くと、  

Page:1



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。