複雑・ファジー小説

エターナルウィルダネス
日時: 2020/02/13 17:55
名前: 死告少女

 乾いた土、枯れた草木、その上に零れ落ちた血の跡・・・・・・復讐の荒野は果てしなく、そして永遠に続いていく・・・・・・

 ディセンバー歴1863年のオリウェール大陸。
西部諸州グリストルと東部諸州ハイペシアとの内戦が勃発。
かつて全盛期だった大陸は平穏の面影を失い、暗黒時代への一途を辿っていた。

 王政派の勢力に従軍し、少尉として小隊を率いていたクリス・ヴァレンタイン。
戦争終結の後、退役軍人となり、両親が残した農場で妹であるリーナと平穏に暮らしていた。
しかし、突如として現れた無法者の集団による略奪に遭い、家は焼かれ、リーナを失ってしまう。
運よく生き残ったクリスは妹を殺した復讐を決意し、再び銃を手にするのだった。

 彼女は頼れる仲間達と共に"ルフェーブル・ファミリー"の最高指導者"カトリーヌ"を追う。


・・・・・・・・・・・・


 初めまして!ある理由でカキコへとやって来ました。"死告少女"と申します(^_^)
本作品は"異世界"を舞台としたギャングの復讐劇及び、その生き様が物語の内容となっております。
私自身、ノベルに関しては素人ですので、温かな目でご覧になって頂けたら幸いです。


・・・・・・・・・・・・

イラストは道化ウサギ様から描いて頂きました!心から感謝いたします!

・・・・・・・・・・・・


・・・・・・お客様・・・・・・

桜木霊歌様

アスカ様

ピノ様

黒猫イズモ様

コッコ様

Page:1 2 3 4 5



Re: エターナルウィルダネス ( No.19 )
日時: 2020/02/13 17:53
名前: 死告少女
参照: http://www.kakiko.info/upload_bbs3/index.php?mode=image&file=1386.jpg

「いつもながら、上出来ですね。今回の働きによって我が組織も多大な繁栄を遂げる事でしょう」

 部下のしくじりのない活躍にカトリーヌは彼らを満足げに褒め称えた。
エリーゼは腰を低く、主に賞賛の言葉を送り返す。

「我々が失態のない戦果を上げられるのはカトリーヌ様の指揮があってこそ。これほどの配下や兵員をお一人でまとめ上げる能力には心酔させられるばかりです。ファミリーの指導者に相応しいお方はあなた様以外はおられますまい」

 エリーゼは何も言い返さなかったが思いは伝わったのか、当然だと言わんばかりに自信に満ちた表情を浮かべる。

「皆さんの目覚ましい活躍ぶりは大義でした。しかし、我々には足りない物がまだたくさんあります。ここはまた、私のために銃を取ってはもらえないでしょうか?資金と物資は十分に集まりましたね。では、次にやってもらいたいのは・・・・・・」


「カ、カトリーヌ様っ!!」


 静かな雰囲気を豹変させる深刻な叫び。
今後の計画を伝えようとした台詞は途中で打ち切られる。
下級兵士の青年が息を切らし、追われて逃げ込む兎のように飛び込んで来た。
ただ事を感じさせない焦った様子に幹部達の怪訝の視線が浴びせられる。

「むっ!?貴様、伝令か!?今は会談の最中だ!時と場所を考えろっ!」

 第二の指導者であるエリーゼの忠告をお構いなしに伝令は走り寄った。
つまづいて転んでも足を引きずり、カトリーヌの前で跪く。
落ち着く兆しもなく、玉座に座る最高指導者を見上げ

「カトリーヌ様っ!一大事でございますっ!」

 あまりにも沈着とは程遠い慌てぶりにカトリーヌも眉をひそめ、呆然とする。

「落ち着きなさい。何事ですか?」

 そうおもむろに問いかけると

「あなた様が所有していた雪山の別荘が敵襲を受けましたっ!」

 その率直の知らせに幹部達全員がざわつき始める。
驚愕した反応を互いに訴え、騒々しい環境を生んだ。

「こいつぁ驚きだ。俺達にケンカを売るバカがハイペシアにいたとはな」

 ディヴイットが予想だにしていなかった事件に苦笑し、アルバートもその知らせに耳を疑った。

「呑気に言ってる場合か。拠点の1つが壊滅だと・・・・・・?まずいかもな。ついにハイペシア政府が俺達の殲滅を目的に動き出したのか?」

「いや、ねぇな。連中が本気で俺達を殺しに来るなら回りくどい真似はせず、真っ先にこの城に総攻撃を仕掛けるはずだ。それに政府は隣国のグリストルと激戦を繰り広げている。ただせさえ、不利な状況だってのに俺達に手を出す余裕まではないはずだぜ?」

「なら、一体誰が?ファミリーに抗える敵対勢力なんて、この国にはいないはずだ」

「静まれっ!!列を乱すなっ!!」

 エリーゼの落雷のような声は群衆の賑やかさを打ち消し、幹部達は無意識に姿勢を正す。
普段の静寂さを取り戻し、広間は無音の空間と化した。

「私の別荘が・・・・・・?確か、あそこには幹部であるサイラスに番を任せていたはず・・・・・・ちなみに、どれほどの損害を被ったのですか?」

 カトリーヌは伝令に問いかける。
その口調は穏やかだが、微かに刺々しさが入り混じっていた。

「全滅です!我々、別動隊が到着した頃には館は既に燃え尽きた後でした!至る所に同胞の遺体が転がり生存者の姿はなく・・・・・・サイラス連隊隊長も恐らくは・・・・・・」

「襲った者が誰なのかは分かりますか?」

「いえ・・・・・・それが全く・・・・・・!」

「・・・・・・そうですか。聞きたい事は聞きました。ここから立ち去りなさい」

 伝令はみすぼらしく肯定し、恐れ多そうに広間を後にした。
カトリーヌは玉座の背もたれに背中を預け、失望に満ちたため息をつく。
彼女が機嫌を損ねた事をその場にいた誰もが実感していた。

「エリーゼ?あなたにはどのような犯人像が?この国で私に楯突く輩がいると思いますか?」

「はて?敵対するギャングの仕業なのか、あるいは我々に反する地下組織が存在しているのか、私にも見当がつきません。ハイペシアに住まう者はカトリーヌ様に逆らえば、どんな恐ろしい仕打ちを受けるか十分に熟知しているはずです。しかし、これは紛れもなくルフェーブル・ファミリーに対する宣戦布告・・・・・・事が重大と化す前にいち早く手を打つべきかと」

「それが賢い判断ですね。甘さを与えれば、蟻は付け上がる。害が群がる前に潰してしまいましょう」

「カトリーヌ様!ここはエリーゼに討伐命令をお与え下さい!直ちに数百の精鋭を動員し、犯人の尻尾を掴んでみせます!」

 敵の追撃にエリーゼは自らを推薦するが、カトリーヌは頭を縦に動かさなかった。

「その忠実さは買いますが、あなたには別の重要な役目を果たして頂きます。第二の指揮系統であるあなたに、もしもの事があったら私の組織は大幅の戦力を失ってしまいますから。襲撃者の追撃は彼らにやってもらいましょう」

 カトリーヌは頼るに相応しいと抜擢した幹部に視線を運ぶ。
その視界には、こちらを凝視するルシェフェルの2人が映った。

「ディヴイット、アルバート・・・・・・幹部の中でも特に優秀なあなた達にお願いしたいのですが?異論はありますか?」

「はぁ〜?何で俺なんだよ?他にもした事が山ほどあるってのに・・・・・・アルバートだけでも事足りるんじゃねぇのか?」

 乗り気が冴えないディヴイットは当然だと異論を唱える。
一方、アルバートの意見は違った。

「ルシェフェルとして虐げられていた俺に居場所を与えてくれたカトリーヌ様に御恩を返すだけです。如何なる時でもお力添えを惜しみません。ただ・・・・・・品に欠ける事は十分に承知の上ですが・・・・・・」

 カトリーヌはアルバートのいつもの意思を理解し、クスッと微笑んだ。

「報酬ですね。心配いりません。成功した暁には、それ相応のウォールを授けましょう。忠義を尽くす部下への約束は守ります」

「御意・・・・・・して、襲撃者の正体を突き止めた際、その者達の処罰は如何いたしましょう?生け捕りにして、ここへ連行しましょうか?」

 すると、カトリーヌは笑顔を歪ませ、勢いよく玉座から立ち上がる。
優しさの欠片もない冷たい表情は別の人格を映し出していた。
彼女は慈悲を捨てた鋭い声で

「何度も言ったはず・・・・・・私の戦争に捕虜は必要ありません。犯人が明らかになり次第、その者達を殺せ。1人残らずだ・・・・・・」

Re: エターナルウィルダネス ( No.20 )
日時: 2020/02/13 18:05
名前: 死告少女

 ・・・・・・そこは森の奥だった。
あらゆる植物が生い茂る自然の空間。
雨が降っているわけでもないのに、秋の最中のように冬に近い涼しさが漂う。
そこらじゅうで虫の鳴き声や鳥のさえずりが野生の旋律を奏でていた。

 八方に広がる緑の地面の上に1頭の雄鹿がいた。
耳の隣に立派な角を生やした首を垂れ、柔らかい草を食い千切って頬張る。
たまに普段の姿勢に戻り、口を動かしながら辺りを気にして、再び食事を始めた。
ふいに轟音が静寂を切り裂き、数秒の時間を掛けて消えていく。

 1頭の雄鹿は弱々しい細い鳴き声を上げた。
逃げ出そうと足を走らせたが、ふらふらと遠くまで行く事は叶わず、その場で倒れてしまう。
横たわったまま四脚を激しく動かし、ジタバタと暴れ狂う。

 茂みが葉を散らして揺れ動き、数人の人影が現れる。
先頭に立っているのは煙の上ったライフルを抱え、自身の犯した行為に表情を歪ませるメルトがいた。
その後ろにはリチャードとステラが2人、横に並ぶ。
青年の右手には短剣、もう片方には2羽の兎の耳を鷲掴んでいた。

「彼らにも神経がある・・・・・・早く、痛みを和らげてやれ」

 リチャードが指示を出し、メルトは黙って頷く。
ライフルを背負うと代わりに斧を手に持って雄鹿に歩み寄る。
途切れそうな唸りを上げながら、涙目を浮かべる・・・・・・その命乞いは無視した。
重く幅広い刀身を振り上げると、躊躇いを押し殺し、容赦なく振り下ろす。
刀身に首半分を裂かれ、血しぶきで緑の草を赤く染めた鹿は完全に動かなくなり、その目は曇る。

「ごめんね・・・・・・」

 メルトは殺したばかりの死体の傍で跪いた姿勢のまま、涙目で謝罪をした。

「メルト。腕は大分上達したが、まだライフルの扱いに慣れたとは言い難いな。撃った際の反動が抑えられていない。あれじゃ、狙い通りに弾は飛ばん」

 中年の男は慰めるどころか、厳しい忠告を淡々と説教のように垂れた。
彼はメルトからライフルを取り上げると、ボルトをコッキングし、空薬莢を薬室から弾き出す。

「狩りは精神に重い負担をかける。子供にはショックが大き過ぎたか・・・・・・まあいい。これを飲め。疲労があっという間に癒える」

「いらない・・・・・・」

 メルトは差し出されたヘビ油を受け取らず、悲しい目を逸らす。
リチャードは無言で軽く頷き、代わりに小瓶の中身を一気に飲み干した。
ライフルを背にかけ、彼女が仕留めた鹿を肩に背負う。

「必要な食料は十分に揃った。キャンプに戻ろう。肉食の連中が俺達の匂いを嗅ぎつける前にな」


 彼らの野営地は湖沿いの林の中にあった。
様々な大きさのテントが点在しており、他にも調理場、武器が積まれた荷馬車、スープを煮ている焚き火、チェスが置かれたテーブルなどもある。
その隅には柵に繋がれた数頭の馬がいて、干し草を頬張ったりながら鼻息を鳴らす。
野営地には数人の男女がいて、それぞれの過ごし方があった。
淹れたてのコーヒーを飲んで話し合う者、単純に休息を取る者、気晴らしに釣りに出かける者、休日のようなプライベートを彼らは満喫する。

「ねえ、ローズお姉ちゃん!何してるの?」

 焚き火の前で武器をいじるローズに興味津々に駆け寄って来るルシェフェルの少女。
その子は丸太に腰かけると、隣にいる彼女に寄り添った。

「ん?あ、これ?自家製の弾薬を作ってるのよ。火薬の量を増やし、アルコールを足せば燃える弾丸の完成よ」

「へえ〜凄〜い!今度、私も使っていい?」

「ふふっ、ミシェルにはまだ早いわ。あと数年経ったら、作り方を教えてあげる。ついでにお酒の味もね」

「え〜?つまんないの〜」

 拗ねるミシェルにローズはクスッと笑い、指で膨らんだ頬をつつく。

「銃なんて危ないだけよ。誰かを平気で殺せる奴だけが、持っていればいいわ」

 一方、野営地と少し離れた距離でサクラは見張りを務めていた。
緊張感を絶やさず、人気のない自然の音しかしない世界に気を配る。
すると、そう遠くない場所から話し声が聞こえ ガサガサと茂みが揺れ動く風景に緊張を走らせる。
彼女は形相を鋭く、魔法の杖を構える。魔力を溜め、いつでも撃てる姿勢を取った。

「撃つな。俺達だ」

 草木を挟んで、こちらに答えた敵意のない声。
魔弾の矛先を向けられる事を想定していたリチャードが手を上げて姿を堂々と彼女の視界に入る。
続いて、笑顔で手を振るステラとしょんぼりとしたメルトも。

「ああ、あなた達でしたか・・・・・・」

 サクラはひとまずは安堵し、息を短く吐き出すと魔力を弱めた杖の狙いを上へとずらした。

「見張りご苦労。異常はないか?」

「ええ、今のところは安全です。皆、楽しそうに過ごしていますよ。かなりの大物を仕留めましたね?数日は食事に困らないでしょう」

「皮の質もいいだろ?メルトが仕留めたんだ。なかなか、いい腕だったぞ。兎はステラがあっさりと捕ってくれた」

 ステラは自慢げに兎をサクラの前に差し出し、ご機嫌な口調で

「別に褒められるような事はしてませんよ。傭兵にとって、食料の調達は基本中の基本ですからね。正直言ってしまえば、どこにでも生えている薬草を探すよりも簡単でした」

 その瞳は気分の高揚を示す黄色に染まっていた。

 リチャード達が野営地に入ると、数人の仲間が歓迎する形で集まって来る。
獲物を狩り、無事に帰って来た彼らを賑やかに褒めそやした。

「お帰りなさい。他の皆もあなた達の帰りを聞いたら喜ぶわ。あら、なんて大きな鹿。今日は豪華な昼食に決まりね」

 リリアが嬉しそうに先ほどのサクラとほとんど同じ事を口にした。

「手に入った獲物の数からして、存分に狩りを楽しめたようだね?次の機会には僕も連れて行ってくれないかな?読書ばかりでは暇なものでね」

 デズモンドもちょっぴり羨ましさを抱き、次回の狩りに期待を寄せる。
ついでに知らせたかった吉報を付け加えた。

「あ、忘れていたよリチャード。数日前、ファミリーの別荘を襲撃した際、大量の金品を奪ったは覚えてないわけはないよね?盗品商に売り渡したら、10万ウォールの金額にまで上ったよ。凄い額だ」

「本当か?偉い稼ぎになったな。貴族に仲間入りできる日も夢じゃないだろう」

「当たり前の結果ですよ。戦いに報酬が付くのは当然・・・・・・で、僕への分け前はあるんですよねっ!?」

 ステラも耳にした金額に目の形をせこく、ニヤリと唇の端を引きつって傭兵の性である見返りを求める。

「落ち着けステラ。まずは得られた収入を何に使うかを計画するのが先だ。だが、面倒事は後にしたい気分だろう?まずは飯にして狩りで消耗した体力を補うのはどうだ?俺達は肉の塊をユーリの元へ運ぶ。この組織の連中の中で、まともな調理ができるのはあいつだけだからな」

Re: エターナルウィルダネス ( No.21 )
日時: 2020/03/04 01:28
名前: 黒猫イズモ

作品拝見させて頂きました
デイビット登場しましたね!
イメージ通りのキャラを再現出来ていたのが、とても嬉しかったです!
今後もご執筆頑張ってください!

Re: エターナルウィルダネス ( No.22 )
日時: 2020/03/10 17:46
名前: 死告少女

返信が遅れてしまい、申し訳ありません。
黒猫イズモ様、いつも私の作品をご覧になってくれて、ありがとうございます(≧▽≦)
喜んでもらえて、こちらも幸いな限りです。
私の方こそ、キャラクターを提供して下さった黒猫イズモ様には感謝していますよ♪
あなたの発想を描かせている事、大変光栄です(*^_^*)
これからもこの死告少女と私の作品をよろしくお願いします!

Re: エターナルウィルダネス ( No.23 )
日時: 2020/03/20 19:19
名前: 死告少女
参照: http://www.kakiko.info/upload_bbs3/index.php?mode=image&file=1521.jpg

 野営地の隅にあるポツリと建てられたテント。
近くの木々に結んだ網目状のハンモックに体を預けるクリスがいた。
顔には開いた読みかけの本を乗せ、木の葉の間から差し込む眩しい光を遮る。
風に揺れ、のんびりと静かな休息を味わう。

「おい」

 ふと、こちらを呼ぶ声と草を踏み近づいてくる音が聞こえた。
それでもクリスはゆったりとした姿勢を保ち、反応を示さない。

「おい、起きてるか?」

 クリスは片腕を重そうに動かし、本を少しだけ退かすと寝起きの悪そうな表情でアシュレイを睨んだ。

「アシュレイ、何か用?」

 すっきりしない態度で邪魔した理由を尋ねると

「そんな恐い顔すんじゃねえよ。恨むんだったら、お前を呼びに行けと頼んだリチャードのおっさんを恨め。飯だぞ。メルトが質のいい鹿を仕留めたらしい。あと、ステラが兎を取って来たみたいだぜ。今頃、ユーリが肉入りのシチューを皆に配ってる頃だ」

「もうそんなに時間が経っていたのか・・・・・・あまり、お腹は空いてないんだ。後で食べるから残しといてと伝えてくれないか?」

「そいつは勿体ねえな。これからカトリーヌをぶっ潰す次の計画を立てるとこだってのによ。お前がいないんじゃ、やる意味はねえな」

 アシュレイはわざとらしく言って、意欲を煽る。
彼のペースに乗せられたクリスはガバッと上半身を起こし、単純な正直さを晒してしまう。
そして、呆れたように笑われた。

「それによ。今回は俺にも"ある提案"があるんだ。お前も立ち会ってくれなきゃ、実に都合が悪いんだよな」

「君が提案?珍しい事もあるもんだね?明日は火の雨が降るんじゃないかな?」

「へっ、ほざけ。んで、どうすんだよ?作戦会議に加わるのか?加わらねえのか?」


 先ほど狩ったばかりの獲物の肉で作った料理を手にギャング達全員が焚き火を囲んだ。
心地いい自然を食卓にして、作り立ての食事に在りつく。
空腹を覚えていたギャングのメンバー達は平等にパンを分け合い、シチューの具を頬張った。

「食べながらで構わん。俺の話に耳を傾けてくれ」

 リチャードが皆の注目を自身に浴びせ、場を取り仕切る。

「数日前の襲撃は最大の目的を果たせず終いだっだが・・・・・・少なくとも、得がなかったわけじゃない。奪った略奪品でかなりの収入を得られた。当分は野で暮らす生活に困る事はないはずだ。十分な装備を整えられるだろう」

 リチャードはそう凄まじくない喝采にふっと笑みを零した。
その直後に一層、力の入った顔を強張らせ

「だが、優雅な休日を過ごしてる暇はない。俺達はついにハイペシアで悪名高いルフェーブル・ファミリーのケツを本気で蹴飛ばしたんだ。今回の件で奴らは血眼になって、俺達の行方を探し回るだろう。敵は国も手が出せないほどの強大な犯罪組織だ。例え、ファミリーとは無関係だとしても、この地に住む連中を無暗に信用はするな。誰が奴らと繋がってるか、分かったもんじゃない」

「今頃、街では僕達の手配書があらゆる建物に張られているかも知れないね」

 デズモンドのジョークは本人が受けているだけで他は誰一人も笑わなかった。
不安を募らせるネガティブな冗談は逆に反感を誘うような不快な雰囲気を生んだ。

「・・・・・・で、これからどうするの?」

 リリアが真剣に話の趣旨を改めると

「本当にルフェーブル・ファミリーが警戒網を張り巡らされた場合、街や集落に出向くのは、あまりにも危険過ぎます。ほとぼりが冷めるまで身を隠すというのはどうでしょう?」

 サクラは計画的で安全を考慮した提案を持ちかけるが

「甘いですね。ああいった組織は外敵の存在を決して許しません。一度、敵と見なした者は抹殺するまで追い続けるでしょう。いかなる手段を用いてでも・・・・・・リチャードさんが言った通り、これからはもっと周囲に気を配る必要性が出てくるでしょうね」

 ステラが有効に欠けた意見を認めず、リチャードの考えに肩を持つ。

「目立った行動は避け、ファミリーの戦力を少しずつ削っていくのが最善の方法では?幹部を葬って行けば、ファミリーの指揮系統にも少なからず混乱が生じるはずです」

 ユーリのもっともな意見にアシュレイは愉快になって

「はっ、お前の得意な狙撃でカトリーヌの額を撃ち抜けば、めでたしめでたし・・・・・・なんだがな。おっと、それじゃこいつが納得できねえか」

 彼はちらりと反対の隣を目視する。
やはり、クリスの形相は納得の皆無を物語っていた。

「クリス、安心しろ。カトリーヌはお前に撃たせてやる。それはそうと、俺の他にもう1人言いたい事があるらしい。アシュレイ、お前の提案とやらを教えてくれ」

 アシュレイは食いかけの昼食を粗末に置き、雑草が潰れた地面を立つ。
本人は目立っているつもりのようだが、期待の視線は大して集まらなかった。

「リチャードのおっさんも言ったが、得られたもんはかなりのもんだしよ?このまま真っ向から勝負を挑んでも無様な死に方はしないはずだぜ?だが、俺達のギャングには肝心な奴が足りない」

「肝心な奴?私達以外に必要な人材がいるって言うの?」

 湧かない興味にローズが呆れた問いかけをした。
その反面、ユーリは生真面目になって 肝心な発言を待つ。

「分かんねえか?"医者"だよ。医者」

 アシュレイは平然と言いたかった答えを明かす。

「医者?」

 意外な発言にリリアは、ぽっかりと正論を述べたつもりのアシュレイを見上げる。

「ああ、このギャングはガンマン、傭兵、調理師、探偵とかよ、色々揃っているが、医療を心得ている奴だけが欠けているんだよ」

「お医者さんって言っても、誰か心当たりなんてあるの?」

 メルトが肝心な部分を尋ねると

「もしかして、君の言う医者って言うのは・・・・・・」

 クリスが悟って、まさかと言いたそうな顔をした。
その勘が的中したのか、アシュレイはより気分を高揚させ

「そうだ。俺の幼馴染みの"ヴェロニカ"だ。故郷の隣街に住んでて、今頃は診療所を経営してる頃だろう。ここからそう遠くないはずだぜ?」

「ヴェロニカ?君が酔っぱらうと、いつも名前を出すあの子かい?」

 聞き慣れた名前にデズモンドが苦笑した。

「でも、聞いた話じゃ、あの子って医者と言うよりも薬売りじゃなかったっけ?」

 クリスが疑問を持ちかけると

「そりゃ、間違っちゃいねぇ・・・・・・が、あいつは外科医の心得もある。言ってなかったが、ヴェロニカは今起きてる戦争に軍医として従軍していた。大勢の死にかけを救ったんだよ」

「本当ならこの組織にとっても大きな戦力となるでしょうね。でも、あなたと性格が瓜二つだった場合は例外よ。あなたみたいなのが2人になったら、こっちが病気になってしまうわ」

 リディアの嫌味にアシュレイは舌を出し、親指を下に突き立てる。

「ですが、アシュレイさんの提案には一理ありますね。事実、いつ時も兵隊を影で支えているのは紛れもなく医師なんです。決して聞き流すべき悪い話ではないかと」

「私も医療に詳しい人がいる方が心強いと思います。薬の力だけじゃ、限界がありますからね」

 ステラとサクラは素直に賛同する。
頼りになる仲間が増える事に期待が芽生えた様子だ。

「クリス、お前はこの件についてはどう思う?」

 リチャードがクリスに意見を求める。

「僕も今回ばかりはアシュレイが正しい事を言っていると思う。僕達はいつ怪我を負ってもおかしくない立場にある。医療経験者がいた方がいざという時に助かるな」

「なら、二言はねぇな?たらふく飯食って、しばらく経ったら出発だ」

 やる気に満ちたアシュレイは元の席に戻り、温くなり始めた料理に手をつける。

「ちなみに、あなたのガールフレンドがいる場所は?」

 ローズが回りくどい事はなしにして聞くと

「"アドニス"だ。テキーラで有名な田舎町だぜ」

Page:1 2 3 4 5



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。