複雑・ファジー小説

天女物語 〜愛するリラへ〜
日時: 2020/01/26 16:28
名前: 梶原明生

「昔々あるところに漁師の若者が一人暮らしておりました。ある日浜辺で海水浴を楽しむそれはそれは美しい天女様がおりました。そして、松の木に白い羽衣が掛けてあり、つい魔が差した若者はそれを取り上げました。それに気付いた天女は若者にせがみました。お願いです。それがないと天の国には帰れないのです。どうか返してくださいと。しかし若者は俺の妻になったらいつか返してやると言い、渋々受け入れて天女は若者の妻となり、一緒にくらしました。ある日家の掃除をしていると、梁の上に何やら風呂敷が。それは紛れもなく天女の羽衣だったのです。しかし迷いました。何故なら妻となった天女は若者を愛してしまったからです。その若者は何も知らず、美しい櫛を買って天女の待つ家に帰ろうとしたら、羽衣を着た天女は泣きながら天へと舞い上がっていきましたとさ。」そんな昔話をお祖母ちゃんから聞かされた記憶を思い出しながら瀬戸耀司は、センター試験に落ちて意気消沈しながら海辺近くの実家にバスで帰っていた。まさかこれからその天女様に浜辺で出会えるとは彼自身思ってもみなかった。その天女様の名はリラ。浜辺で倒れていた17歳くらいの彼女を部屋に匿うのだが・・・彼女には意外な秘密が隠されていた。・・・意外ではないかもですね。この後謎の北都共和国工作員や陸自特殊作戦群が関わってきますから。現代の天女物語が今始まる。

Page:1 2 3 4



Re: 天女物語 〜愛するリラへ〜 ( No.12 )
日時: 2020/02/27 21:25
名前: 梶原明生

へ上がる帆夏。「ちょっと聞きたいことあるんだけど、渡航してきたならパスポートやビザとかあるよね。ないとは言わさないよ。」「え…」ドキッとする耀司。勿論そんなものはない。「やっぱり…」「な、何がやっぱりだよ。」「あんた…いや、お婆ちゃんもだけど、脱北都者庇って匿ってるんじゃない。」「そっ、それは…」言葉につまる。「悪いことは言わないからお婆ちゃん説得して届け出な。でないと…」…続く。

Re: 天女物語 〜愛するリラへ〜 ( No.13 )
日時: 2020/02/29 14:01
名前: 梶原明生

…「ど、どうなるんだよ。」「知らないの。入国管理法違反と匿った罪で捕まるんだよ。」「え〜っ…」良からぬ想像が頭を駆け巡る。「俺って、もう未成年扱いにならないよな。てことは成人刑務所で…大学行けない予備校浪人になった上、前科ついて就職すらできないかも…そんな…」耀司は頭が真っ暗になる。「だから、早いとこなんとかしないと。」「で、でも…」だからと言って即判断できる内容ではない。その頃、お婆ちゃんはリビングで買い物を漁りながらリラと歓談していた。「コレ、オニギリカタ。」「オニギリ…リラちゃんオニギリの道具好きかい。」「オカアサン、フランスツクテタ。」「お母さんが…」その話に思うところがあった。「もしかして、お母さんは日本人かしら。」そう思うと同時に、かつての出来事を思い出す。亜武町の自宅は海も近いが山も近い。山へは山菜採りに出掛けたりする。しかも勝手知ったる山々故、夜中でも何のその。そんなある日、夜中の山菜採りをいつも通りしていたら、見知らぬ人の気配。「こんな夜更けに誰じゃ…」呟きながら夜目で様子を窺うと、大の男が10人。しかも迷彩服と装備。「自衛隊さんか…」翌日またもや夜山に入るとあの自衛隊さんが潜んでいる。手を合わせるお婆ちゃん。「いつもお国のためにご苦労様です。」呟きつつも、持参していた握り飯を用意する。自衛隊さんの一人が呟く。「完璧な潜伏術。β班め、見つけられるか。フフ…」ニヤリとしたのも束の間。拍子抜けするお婆ちゃんの声が聞こえた。「ご苦労様ですこんな遅くまで訓練だなんて。腹減るでしょう、握り飯です食べてください。」「え、何、いや、…こちらαボーイ。問題発生。お婆ちゃんが」「何、今何て、お婆ちゃんだと…」さすがにβ班も耳を疑った。」その間にお婆ちゃんが正確に他のメンバーを言い当てる。暗視ゴーグルもなしにだ。「あの木のところと、ひーふーみーと…今日は八人ね。昨日より二人少ないみたいね。」「ゲッ、人数まで…」さしずめ特殊作戦群でも地元育ちの目のいいお婆ちゃんには潜伏術も適わなかったか。後にこの事は特殊作戦群隊員の間で笑い話になり、以来お婆ちゃんとの交流が始まった。無論持ち手を挙げて油断してではない。情報調査部による素性素行調査を経てのことだ。やがてイージスアショアの完成と共に、地元協力者としてもしもの有事に備えてある秘密のキーワードを渡していたのだ。そんな事を浮かべながらリラの片付けを手伝った。…続く。

Re: 天女物語 〜愛するリラへ〜 ( No.14 )
日時: 2020/03/08 11:03
名前: 梶原明生

…微笑ましいのはいいのだがと、困惑する紺野達。「紺野一尉、確保しましょう。」「待て。」「え、…」中山小春准尉が意外な答えに訝しげになる。「リラ・シューキン。次期総統として父親から溺愛されている愛人の娘か。しばらく警戒しつつ監視するぞ。βチームにつなぎを取れ。」「し、しかし…やつは北都共和国の工作員ですよ。彼女やお孫さんに、もしものことがあれば。」「いや、紺野一尉のお考えが何となく分かる。もし工作活動していればとっくの昔に他の工作員がある種の結界を敷いている。リラがこれだけ侵入期間を置いて、仲間を呼ばないはずはない。」「浜崎曹長、と言うことはまさか…」紺野が割り込む。「そうだ。いくら訓練された工作員とは言え、まだ17の小娘。恐らくあの二人に感化されたのだろう。」「小娘って…いつの時代ですか。」中山准尉が苦笑いで睨む。「うるさいぞ中山。交代で見張るぞ、先ずは俺と浜崎だ。」「了解。」中山はセイフハウスに帰っていった。翌日朝、耀司はまだ眠りについているリラを覗き見た。いけないのは分かっていたが、彼女が愛おしい気持ちは抑えられない。「やっぱり、引き渡せないよ。」呟いていたらリラが目を覚ました。「オハヨウ。」「お、おはよう。」愛くるしい笑顔で挨拶してくる。彼の決心は固まった。「リラ、ぼ、僕と、つ、付き合ってくれないか。東京の親父達の家に行こう。」「ツキアッテ…ナニ。」「あ、男、女、ギュッと、ずっと、僕と…」「ジュテーム…」「そうそうジュテームジュテーム」その告白に嬉しくないリラではなかった。しかし自分は工作員。その板挟みの葛藤が苦痛だった。耀司はそれを嫌がってると誤解した。「ご、ごめんなさい。僕どうかしてたね。わ、忘れて…」顔を真っ赤にして立ち去ろうとする耀司の腕を掴む。「ウウン、ウレシイ。」「り、リラ。」後一歩で初キスなのに、お婆ちゃんがグッドタイミング。「やれやれ、早速孫に嫁ができたか。何より何より。」「お婆ちゃん…」更に顔を真っ赤にする耀司だった。「それはそうと言われたんじゃろ昨日。リラと入管法について。」「どうしてそれを。」「お婆ちゃんは地獄耳なんじゃよ。リラを渡さない気持ちは同じ。ここにいたら噂はすぐ立ってしまう。しばらく東京に行けばいい。会えないのはつらいが、あんな国に戻されるよりはまし。すぐに支度しなさい。」「わかったよ。ありがとうお婆ちゃん。」耀司達はせわしく動き出した。…続く。

Re: 天女物語 〜愛するリラへ〜 ( No.15 )
日時: 2020/03/13 23:11
名前: 梶原明生

…朝飯もそこそこに支度を済ませて、さぁ出掛けようとしたところ、立ちはだかる人影が。「おっと、勝手に出て行かれては困るんだな瀬戸耀司君。」言わずもがな、紺野とβ班の一部が玄関前に立ちはだかった。「ど、どうして僕の名前を…あ、あなた達は誰なんですか。」そこへ慌てたお婆ちゃんが駆け込んでくる。「待ってください紺野さん。この子を連れてかないで。この子は…」「亡くなったかつての娘さんが帰ってきたとでも。」紺野は厳しい表情になる。「ちょっと待って。何でお婆ちゃんこの人知ってんの」頭がこんがらがる耀司。そんな時、リラだけが初めて怖い顔を見せた。工作員としての本能が紺野達が徒者でないことを知らせていたからだ。「り、リラ…」あまりもの変貌ぶりに驚愕した。もはやそこに可愛い女の子の表情はなく、一兵士として刷り込まれた訓練の証が今にも飛び出そうとしている。「やめたまえリラシューキン君。こっちは6人、君は一人、勝ち目はない。手に隠してる果物ナイフはお婆ちゃんに返すんだ。」見透かされていたと驚くリラ。「道理で包丁が一本ないと思ってた。」と呟くものの、お婆ちゃんは次の瞬間悲しい姿を見ることになる。リラが果物ナイフを首もとに持っていったからだ。「何の真似だ。自決する気か。」…続く。

Re: 天女物語 〜愛するリラへ〜 ( No.16 )
日時: 2020/03/21 13:02
名前: 梶原明生

…紺野が叫ぶものの、条件反射にそう訓練されてれば、自決もやむなしだろう。北都共和国軍訓練所の時を思い出す。如何にシューキン総統の娘とは言え、忖度はできない。少年工作員として志願したなら、他の女生徒と平等に扱う。銃射撃に格闘技、基礎体力修練から野戦訓練に至るまで、女子と言えども厳しい訓練が待っている。とは言えまだ十代の子供。「飴と鞭作戦」で、土掘り穴掘りの後は、呼び寄せたフランスパティシエのスイーツを食べさせる。そうした訓練を潜り抜けても、リラにとって恥ずかしい検査が定期的にあった。「処女検査」である。初老のベテラン女医が行うのだが、隈無くライトで調べられるのが苦痛だった。これならグラウンドを10キロ走らさられる方がましである。本来の作戦は、亜武町の海岸から入国し、工作員と合流して仮の女子高生の身分を与えて「イージスアショア見学会」のメンバーになりすまして潜入。爆弾を仕掛けるという筋書きだった。それがまさかの海難事故。そして耀司達との出会い。葛藤はあったものの、祖国は裏切れない。自決するしかないのだ。「やめて、あんた…洋子、折角帰ってきたのにまた私を置いていくのかい。」泣きながら縋るお婆ちゃんに、初めて一筋の涙を見せるリラ。「どうやらお婆ちゃんの涙には勝てなかったようだな。」力なく首から離れた果物ナイフを取り上げるのは容易だった。「彼女は東京に移送します。」絶望の顔になるお婆ちゃん。「はい。」その後は耀司にも紺野がこれまでの経緯を説明した。「そんなことがあったなんて…」驚愕していると、帆夏が自転車で現れた。「どうしたの、まさか。」「はい、我々は入国管理局の者です。」偽の局員証を見せる紺野。「そんな。じゃあ瀬戸君は…」「大丈夫ですよ。まぁ人道的に援助しただけですし、初犯ですから罪には問いません。」「良かった。」胸をなで下ろした帆夏。やがてリラは紺野達と日産SUVのXトレイルに分乗して瀬戸家を後にする。終始窓から耀司とお婆ちゃんを見つめ続けるリラだった。「リラーっ。」耀司は泣きながら走って追いかけるが後の祭り。膝から崩れ落ちて道路で両手をつくのであった。「リラーっ。」…次回「豹変と戦いの狭間に」に続く。

Page:1 2 3 4



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。