複雑・ファジー小説

Re: 君を、撃ちます。     久しぶりに加筆更新 ( No.27 )

日時: 2013/05/18 22:02
名前: 柚子 ◆Q0umhKZMOQ


 世界は反転していた。
 僕が気付かない間に、静かに静かに。空気と同化してしまった時間は帰って来ることはない。
 そう、僕は分かっている。分かっていた。
 だから今、目の前で起きている惨劇なんかは知らない。分かりたくもなくて、理解なんかできるはずもない。



「ねーお母さん」
「人は、どうして死んじゃうの?」

「僕、死にたくなんか無いよ」
「僕が死んじゃったら、お父さんもいないお母さんのこと、誰も守れなくなっちゃう」
「ね、お母さん」
「僕ね、お母さんのことだいすきなんだよ」


 どうしたんだろうなぁ。
 ふと頭に浮かんだその言葉達に、僕は感情がうつりすぎて辛さが爆発した涙で頬を濡らした。

メンテ