複雑・ファジー小説

Re: 右腕へ転生、背負うは大罪 ( No.8 )

日時: 2017/03/27 12:53
名前: うたかた ◆wr23E0BYk6

えっちらー。おっちらー。

狐娘を担いで歩くこと早15分。
ようやく住処に着きました。
あぁ、重かっ、重くなかったです。
女性を重いと思うのは、絶対にダメなのです。

狐娘を下ろし、うーんと腰を伸ばす。あぁ、重かった。

息を整え、最初に最優先事項とした腕の紋様を隠すことに移る。材料は二人組から剥いだ服。それを適度な長さに切り、腕に巻いた。

中二時に幾度も巻いたからやり方は、身体が覚えている。

っう!俺の右腕に宿るヤツが…静まれ!

まぁ、実際は蛇に憑かれているんだがな。
一応、腕を伸び曲げ。支障ないな。

余った布を狐娘に掛けると俺は、枯れ木と落ち葉を集め、組んだ。

ようやく人間っぽいことは出来る。
今まで野性的過ぎただろ。何だよ石槍で狩りとか、生で肉喰ったり原始人かよ。
てか、火を使えない時点でそれより劣ってんだがな。

因みに、何度か火を起こそうとしたが無理だった。何て言うんだ?
阻害されたと言うかべきか、何と言えば良いのだか。
兎に角無理そうだったので諦めた。

まぁ、これで火を使えるんだから良いか。

右手に神経を集中させ、力を注ぐ。
あとは…何だ。詠唱とイメージか?

取り敢えず、さっき細身が使っていたのを想像し、詠唱する。

「ファイアボール」

・・・
不発だった。
しかし掌で魔力的なものが反応していたのは感じた。
発想としては間違っていないはず。
今度は、俺がもっとイメージし易いものに変換してみる。

「地獄の業火に焼かれて消えろ!」

ボゥ!

おぉ、付いっ。シュゥ。消えたぜ!
これ維持するの難しすぎないか!?それに毎度毎度この詠唱は辛い。
一応はやれたし、今度は詠唱無しでやってみるか。

俺は、先程よりもイメージを固め、心の中で詠唱する。

ボゥ!

今度は集中を切らさないように注意して、さっき組んだものに火を近付ける。

少ししてその火は、落ち葉に移る。
次第にそれは全体へと回り、確かなものに変わった。

付いたぜ。これで焼き肉が出来る!

それにしてもいざ実践で使うとなれば、難易度は格段と上がるよな。

何で細身はやれたんだ?
それなり強い魔法使いだったのか?
そうは見えなかったしなぁ…

悩んでも仕方ないか。解決出来る訳でもないし。

取り敢えず、今は肉だ!焼き肉だ!

・・・

で、どうやって焼こう。
網も鉄板も無ければ、肉も一狩りいける感じるで焼ける大きさでも無い。

いや、串焼きならいけそうだな。

そうと決まると、早速兎肉を一口大に切り分け、先日見つけた竹みたいなので串を作り、刺す。
そして火を囲うように地に立てると、次第に、火で炙られたことで芳ばしく、美味しそうな匂いが周囲に立ち込める。

もう焼けたんじゃね?
いやいやまだだろ。

と、手を伸ばしたり、引っ込めたりする事数分後。
焼き兎がいい感じになってきた頃具合に、狐娘はタイミング良く、目を覚ましたのであった。

メンテ