複雑・ファジー小説

Re: 時空を駆ける少年少女〜純黒の宝玉〜 ( No.1 )
日時: 2017/11/13 22:02
名前: 青らりP

ジーーーーーン、ジーーーーーン。

セミの声が響く暑い夏の昼、その小学校では社会の授業の真っ最中だった。児童達は、真面目に聞いている人もいれば、鉛筆を回したり、落書きしたり、受け方は様々だった。その中で一人が、席を立って先生にこう言った。友だ。

「先生!社会は飽きました!体育!体育しましょう!」

先生は呆れて苦笑しながら言った。

「全く。授業の途中で席を立つなと何度言えば分かるんだ?体育は次の時間だから、ほら、早く座って。」

友は、ちょっと抜けたはーいという返事をして、席についた。と、その時、 

"キーンコーンカーンコーン"

「チャイムだっ!」

ほぼ音と同時、藍理が叫ぶ。誰も気づかないうち、終了時刻が迫っていたらしい。

「はーい、今日の授業は終わりだ。はい、日直は…」

担任教師が迷っていると、

「私です。起立、注目。」

と華凛が入り、挨拶を始める。

「これで、社会の授業を終わります。」

「「「「終わりまーす!」」」」

挨拶の終わりと共に、一部の児童は外へと駆け出していった。