二次創作小説(映像)

永遠の絆the dream open クロスオーバー 
日時: 2016/01/03 12:55
名前: 坂神 銀拳心

初めまして!!小説書いている皆さんに憧れて書いてみようと思いました!!私が書くのは主にジャンプキャラがメインです。逃走中や戦闘中の小説や時には感動する小説を書こうとも思っています!!得に私が好きな漫画は銀魂です。そして、特に好きなキャラは主人公の銀さんです。(銀さん好きな人もっと増えて欲しいです☆)という訳でプロローグです!!よろしくお願いします!!

後、作者募集は再開しました!!キャラシートです!!>>48

現在武闘会は終わり七泊八日の旅編です!!是非見てみて下さい!!

さらにこの小説にでるキャラ表です!!見てみてください!!>>698>>699

そして私の小説のオリジナル設定です!!これもチェックです!!

>>960

後私の小説に参加している人はアンケートに答えて欲しいです!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.1046 )
日時: 2016/04/01 11:46
名前: エイジア

こんにちは!エイジアです。

エイジア「うわーすごいね」

レイヴン「特に母親同士のバトルが凄かったな・・・・」

エイジア「ララ達も突破したしじゃあ私達も頑張ろうか!」

レイヴン「ああ、援護は頼むぞ」

コメント待ってます。

Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.1047 )
日時: 2016/04/01 18:34
名前: 晴哉 ◆ZbGp1lVNU6

どうも、晴哉です。

ミカエル「何とかなったね!」
晴哉「まぁな。だがこの方法、同時に結構首を絞めてるんだけどな……」
ミカエル「? どういう事?」
晴哉「今まで隠れてた為に、この回でもやっぱり先手は取られてる。ココからは本当に戦いたくない奴等ばかりだってのに……」
ミカエル「……; 大丈夫だよ!ほら、元気出していこうよー!!」
晴哉「ハハハ…… その底なしの笑顔が本当に眩しいよ……」

他の方も大変厳しそうな様子? ソレでは今回はこの辺で!!

永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.1048 )
日時: 2016/05/02 23:50
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

どうも坂神です!!コメント感謝です!!

晴哉さん

何とか突破できましたね!!この先は!?

エイジアさん

一番乗りで突破しました!!このままの勢いでいけるか!?

伊那月ユウナさん

母は強し・・・この言葉通りの戦いでした

葉月さん

母は本当に強いのですよ!!

母は強し・・・この言葉通りの戦いでした

では本編の前に・・・どうぞ

果たして何が行われるのかというと・・・




























女記者「えー、これから坂神さん達の謝罪会見が行われる模様です」

そう、謝罪会見だった。果たして何のことか・・・

女記者「あ、皆さん出てきました!!」

パシャパシャパシャパシャパシャ!!

大量のカメラ音が全体に鳴り響く・・・そして現れたのは坂神とレギュラーキャラ達だった。全員正装をしている。そして座った・・・

坂神「あー、あー、マイクチェックマイクチェック・・・えー、皆様忙しい中来てくださってありがとうございます」

銀時「この度私達がしでかしたことについて謝らせてもらうためにここにきていまーす」

剣心「拙者達も不器用なぶんちゃんと出来るかは不安でござるが何なりと質問してくだされ」

坂神「では・・・まず最初に言わせてください」





























レギュラー&坂神「何も告知せずに一ヶ月以上全く更新しなくてすみませんでした!!(おじぎ)」

パシャパシャパシャパシャ!!

そう・・・今回作者が無断で一ヶ月休んだ事へのお詫びの謝罪会見であった

坂神「本当にすみませんでした・・・」

男記者(サトシ)「質問です!!何故この様な事態に?」

坂神「はい・・・実は最近現実世界が忙しくなってきたんです」

めだか「色々な意味でな」

女記者(ナミ)「何があったのでしょうか?」

ルフィ「えーと・・・何て読むんだコレ?」

ケンシロウ「べんきょうだ」

ルフィ「ああそうそう、作者の奴、高校生になってから勉強が忙しくなってきたんだよなぁ」

ケンシロウ「特に高校生の夏を切った頃から更新は遅くなった、二つの理由でな」

磯兵衛「一つは勉強が難しくなった事による勉強量の増加で候・・・もう一つは?」

坂神「もう一つが正直重要ですね・・・」

銀時「そもそもこの小説執筆はあの頃にやりたいゲームが無くなってきたから代わりに暇つぶしにやり始めたものなんだよな」

剣心「逆に言うとハマったゲームがあると小説執筆の意欲は薄れてしまう・・・それは必然でござる」

男記者(黒子)「で、何にハマったんですか?」

































坂神「モンスターストライクです」

男記者(レン)「嬉しいな!!・・・じゃなくて、そもそも何でやり始めたんだ?」

坂神「初めは小説が出来上がっていないときのフリー時間にやるものだと考えていたのですが・・・やっているうちにハマってしまい・・・気ずけば逆になってしまっていた・・・というわけです」

銀時「実は晴哉の小説でネタバレしようと思ってたんだけど、ここで言うことになったんだ」

剣心「・・・というわけで以上二つの理由とそのほか諸々の事情で小説執筆は遅くなってしまいそして今回の事態を起こしてしまった・・・ということでござる」

女記者(マミヤ)「質問よ、これ以降もこんなペースでいくつもりですか?」

坂神「いえ・・・今後は気をつけようと思うのですが・・・勉強も忙しくなってきた以上少なくとも毎日更新するのは無理だと思います」

銀時「まぁ仕方がねぇこった、今作者は高校二年生、ここ二年間は一番忙しい年頃だ」

男記者(ナルト)「まぁ確かにその通りだよな、でも一つ耳にしたことがあるんだけどよ」































ナルト「三年生になったら一年間更新停止する予定ってマジだってばよ?」

坂神「はい、受験勉強なので・・・」

銀時「でも大学生になったらたくさん更新していきたいそうだ、というわけで」

坂神「私の小説を見てくださっている皆様、本当にすみません!!必ず完結させますので!!今後ももし良かったら更新の頻度は遅いですけど見てください!!」

坂神、レギュラー「本当にすみませんでした!!(お辞儀)」

パシャパシャパシャパシャ・・・














坂神「あ、ですが五月九日になったら試験二週間前になるので更新停止しm」

レギュラー「いや何言ってんのお前ェェェェェェェェ!?」

どごぉ!!(ドロップ蹴り)

坂神「ごふぅ!!」

倒れた坂神にレギュラー全員ピストン攻撃!!

銀時「お前反省してねぇだろ!!」

めだか「貴様は時間を削ってでも償う覚悟はないのか!!」

剣心「しかもわずか一週間後でござらんか!!」

ケンシロウ「早すぎだろう」

ルフィ「もう一度皆に謝れ!!」

悟空「オラびっくらこいたぞ!!」

磯兵衛「せめて一週間前ぐらいにするべきでござろう!!更新停止は!!」

坂神「ほ、本当にごめんなさいいいいいい!!わぁぁぁぁぁぁぁん!!(涙目)」

というわけで・・・本当に一ヶ月無断休暇すみませんでした!!竜さんの気持ちが今よくわかります!!更新速度は遅くても・・・必ず完結させます!!というわけでこれからもよろしくお願いします!!

永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.1049 )
日時: 2016/05/03 00:03
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

改めて本編です!!どうぞ!!



鵺野、雪女ペア

轟、八百万ペア

ボッスン、姫子ペア

零、邪子ペア

当麻、美琴ペア

ユウナ、セイロンペア

コナン、蘭ペア

サンジ、ナミペア

ナツ、エルザペア

ケイタ、イナホペア

エイジア、レイヴンペア

ケイタ、イナホ以外はいい勝負だ!!

ナミ「本当この雲は役に立つわね!!」

ナミ、サンジペアは雲の道で上昇していた…

が!!

ピキピキピキィン!!

二人「!?」

急に雲が凍りだした!!

凍らせたのは!!

轟「楽させてたまるかよ」

轟だった!!しかも!!

何と登る崖をすべて凍らせた!!

轟は八百万に崖に足場を作った!!

轟「そこでお前等はじっとしてろ、八百万、もっと足場を」

八百万「はい!!」

八百万は次々と足場を作り上げていく!!

轟「じゃあな」

そして二人は上に上がろうとする・・・が!!

ピキィィィィィィン!!

つるっ!!

八百万「きゃあ!?」

八百万が足場に乗った瞬間転んだ!!

轟「八百万!!」

ピキィィィィィン!!

慌てて氷で足場を大きくして落ちるのを防いだ!!

轟「大丈夫か!?」

八百万「は、はい・・・」

エイジア「氷魔法を使えるのは君だけじゃないよ!!」

足場を凍らせたのはエイジアだ・・・

更に!!

ピキピキピキ・・・!!

轟「なっ・・・!!」

轟の足も凍りだした!!

凍らせたのは・・・!!

雪女「凍らせてもらいます!!」

雪女・・・氷はやがて足下全体を覆った・・・

雪女「先生!!」

鵺野「鬼の手解放!!」

鵺野は鬼の手を10%解放!!

バキッ!!

足場をぶった斬る!!轟は足場を凍らせて強度を上げたが無理だった!!

轟(出来る限り使いたくなかったが・・・仕方がねぇ!!)

ジュウウウウウウウ!!

鵺野(!?)

轟のもう一つの能力燃焼を発動!!凍った足を燃やす!!

轟(やり返してやるよっ!!)

轟は手を凍らせて氷の剣に加工!!鵺野を襲う!!

ガキィン!!

剣がぶつかり剣戟音が高鳴る!!

八百万はとっさに轟の下に足場を作った!!

轟(なかなかだなコイツ等・・・って!?)

轟が驚いたのは・・・何と凍った崖を普通に登ってきた奴がいたことだ!!

ナミ「ありがとうサンジ君!!」

サンジ「俺をこれっぽっちの氷で止めれると思うなぁぁぁぁぁぁ!!」

サンジは両足に悪魔風を発動!!燃える足でナミを担ぎながら登る!!

エルザ「すまないな・・・」

ナツ「俺の炎魔法をなめんなァァァァァァァァァ!!」

ナツは炎魔法で両足を燃やしながら進む!!

ユウナ達は空間魔法で自分達が通る場所のみの氷を別空間に移しながら進む!!

エイジアはレイヴンの風魔法で浮かびながら登る!!

鵺野「進め雪女!!無茶はするなよ!!」

雪女「はい!!」

鵺野は雪女に担いでもらいながら氷の道を進む!!

轟(チッ・・・まぁ良いか、大分落ちた人がいるはず・・・)

その時!!

シュルシュルシュルシュル!!

ばしっ!!

轟「なっ!?」

轟の腰に何かベルトが巻き付いた!!

コナン「へへへ・・・利用させてもらうよ!!」

巻き付いたのは・・・コナンの伸縮サスペンダーだった!!

蘭「コナン君頭良いね!!」

轟「くそっ・・・取れない・・・!!」

轟は氷の剣で斬ろうとするがきれない!!

コナン「そう簡単に斬れないから諦めて進んだ方が良いよ!!」

轟「・・・くそっ!!」

轟は渋々ひきづって行くことにした・・・

一旦降りたのは・・・

藤崎「厳しいな・・・」

姫子「せやなぁ・・・」

当麻「どうやって登ろうか・・・」

美琴「ちょっと待って、考えてみるわ」

ケイタ「俺達一般人には厳しいな・・・」

イナホ「どうしようか・・・」

邪子「早く考えてくれ、あたしこういうの考えるの苦手なんだよ」

零「む〜」

この四組だ・・・

そして上では・・・

ナツ「着いたぜっ!!」

エルザ「そうだなっ!!」

ナツ、エルザペアと!!

サンジ「よしっ!!」

ナミ「私達が一番乗り・・・じゃなかったみたいね」

サンジ、ナミペアがたどり着いた!!

サンジ「ナミさんが桃を採ってくれ、俺はナツを倒しにいく!!」

ナミ「任せたわよサンジ君!!」

エルザ「・・・来るか!!」

ナツ「俺に任せてろ!!」

サンジは・・・ナツを急襲!!

サンジ「悪魔風脚画竜点睛!!」

ナツ「火竜の鉤爪!!」

バキィィィッ!!

双方の燃える足が激突!!

サンジ「ぶっ飛ばしてやるよ!!」

ナツ「やってみやがれェ!!」

更に!!

ユウナ「何とか着いたね・・・」

セイロン「そうですな、ではユウナ殿は頑張ってくれ」

ユウナ「ああ・・・じゃあ、とっておきの時空間トラップでもあたり仕掛けてみるか」

更に・・・

エイジア「楽勝だったわね」

レイヴン「まぁな、じゃあエイジアは頑張れ、俺はお前の護衛をするからな」

エイジア「うん!!」

そして下にいた人の中で動き出したのは・・・

ケイタ「・・・そうだ!!メラメライオンを呼んで凍っている崖を登ろう!!」

イナホ「良いねそれ!!」

ケイタ「妖怪ウオッチU起動!!俺の友達!!出てこいメラメライオン!!」

ケイタはメラメライオンを呼び出した!!

メラメラ「メラーッ!!」

ケイタ「メラメライオン!!俺達を乗せて崖上に登ってくれない!?」

メラメラ「メラメラーッ!!」

イナホ「・・・何言ってんの?」

ケイタ「分かんない(汗)」

ウィスパー「翻訳するでウィッス!!彼はOKと言っています!!」

ケイタ「あ、ありがとう!!じゃあ乗るよイナホさん!!」

イナホ「うん!!」

ケイタとイナホが乗った・・・その時!!

??&??「俺達(あたし達も)乗せろーっ!!」

二人「!?」

急に他の組が乗ってきた!!乗ってきたのは!!

藤崎「乗せてもらうぞ!!」

藤崎、姫子ペアだ!!

ケイタ「退いてください!!動きが遅くなってます!!」

藤崎「これしか方法がないんだよ!!乗せやがれぇ!!」

ケイタ「無理ですよ!!二人とも重いんですから!!」

藤崎「黙りやがれぇ!!俺達は先輩様だぞぉ!!さっさと動きやがれパシリィ!!(ゲス顔)」

ケイタ(最低なんだけどコイツ等ー!!ていうか本当に高校生!?)

イナホ「どかないとスペシウム光線撃つよ!!(手を交差して)」

姫子「出来るわけないやろ!!はよ行かんかい!!」

ケイタ「ええ〜っ!?」

その頃下では・・・

美琴「・・・思いついたわ」

当麻「本当か!!」

美琴が登る方法を思いついた!!

美琴「・・・当麻、歯食いしばって」

当麻「え?」

美琴が当麻の後ろに行った後・・・

当麻「ま、まさか・・・(苦笑い)」

美琴「そう、そのまさかよ」

ドシュゥゥゥゥゥゥン!!

当麻「いたぁぁぁぁぁぁ!?」

美琴は当麻に超電磁砲を発射!!当麻を上にぶっ飛ばす!!

美琴は電磁浮遊して上に登る・・・

すたっ

五番目に着いた!!

当麻「マジでいたかったぞビリビリ!!なんか背骨折れたかも!!」

美琴「アンタなら大丈夫でしょ、私は相手を捜すからアンタは桃を採っといてちょうだい」

当麻「大丈夫のわけないだろ!!・・・あ、後狙うならサンジ、ナミペアの方が良いぜ、サンジは強いけど一応女のお前に手を出せない、ナミは弱いからお前の敵じゃないだろ」

美琴「分かったわ、後アンタ一応女って言ったわね?覚えてなさい?(黒笑)」

美琴は・・・サンジ、ナミペアを急襲!!

ナミ(来るわね・・・サンジ君は女にはてをだせない・・・なら私がやるしかないわ!!)

サンジ(頼んだぜナミさん・・・俺は・・・桃を守る必要があるか!!)

サンジはナツから一旦逃げた!!

その頃・・・

エイジア「ふぅ、大分集まってきたね」

レイヴン「まだ半分以下だな」

エイジア、レイヴンは現在六個集めている

エイジア「それにしても桃の臭いって甘いくて良い臭いね・・・一個食べてみようかな」

レイヴン「終わったらな、それよりあそこに三個もあるぞ」

エイジア「本当!?採ってくる!!」

エイジアが桃を採ろうとした・・・その瞬間!!

パァァァァァァァァン!!

レイヴン「!?」

エイジアが桃の前の土を踏んだ瞬間に超音波が出た!!エイジアは衝撃の大きさで気絶・・・

レイヴン「大丈夫かエイジア!?」

その時!!

ガキィン!!

誰かが刀で奇襲!!レイヴンは雷神の刀で受け止めた!!

エルザ「貴様等の努力を汚すようで申し訳ないが・・・貴様達の桃を貰うぞ!!」

襲ってきたのはエルザだ!!

レイヴン「・・・そうか・・・やってみろ!!(何でエイジアが・・・!?まぁいい、今は俺がやるしかない!!)」


その頃・・・

藤崎「早くしろぉ!!まにあわねぇぞ!!」

ケイタ(うるせー!!もし後輩だったらブン殴ってたよコイツ等!!)

ケイタは渋々指示に従っていた・・・

イナホ(このままじゃどんどん遅れるよ、どうするの?)

ケイタ(・・・そうだ!!ムリカベを召還して奴らを追い出そう!!)

ケイタはムリカベのメダルを構えた!!・・・が!!

ばしっ!!

ケイタ「あっ!!」

姫子にとられた!!

姫子「ムリカベを召還しようとしたってそうはいかんで!!」

ぽいっ!!

ケイタ「ああメダルがぁ!!」

姫子はメダルを下に投げた!!

姫子「観念するんやなぁ!!」

ケイタ「うう・・・分かりました・・・」

















































































ケイタ「・・・なんちゃって☆」

二人「・・・え?」

イナホ「妖怪ウオッチ起動!!出てきてムリカベ!!」

そう・・・実はケイタが持ったメダルは別の妖怪のメダルだった!!本物はイナホが持っていた!!二人が油断している隙を狙ってムリカベを召還した!!

姫子(あかん!!油断してたぁぁぁぁぁぁぁ!!)

藤崎(バカヤロー!!どんなメダルを持っていたの確認ぐらい確認しとけよ!!)

ケイタ「・・・というわけで・・・」

イナホ「これ以上乗せるのは・・・」
























































































二人&妖怪「ムーリー」

ドォーン

ひゅぅぅぅぅぅ・・・

二人「あああああああ・・・」

藤崎ペアは下に落ちていった・・・

坂神「藤崎さん、姫子さんペアは失格です!!」

笛吹「早すぎるぞボッスーン」

椿「情けないな・・・」



ケイタ「これで楽になったね!!」

イナホ「そうだね!!・・・って・・・何か落ちてくるよ!?」

ケイタ「え!?」

永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.1050 )
日時: 2016/05/03 00:08
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

時は遡り・・・ナミVS美琴!!

美琴「最初から普通に渡した方が良いわよ」

ナミ「・・・私を舐めているようね・・・ナツの二の舞にしてやるわよ!!突風ソード!!」

ビュゥゥゥゥゥゥ!!

突風が美琴を襲う!!

美琴は回避した後!!瞬間移動した後砂の剣でナミを襲う!!

さっ!!

とっさに避けた!!

美琴は砂のクナイを複数作ってナミに投げる!!

サッ!!サッ!!サッ!!サッ!!ばしばしばしばしっ!!

ナミはすべて避けたり天気棒で弾いたりする!!

美琴「避けるのは巧いわね・・・」

ナミ「お生憎様!!雲の卵!!」

ポポポポポポ・・・

沢山の雲の卵を作りだし・・・美琴への攻撃の布陣を作ったが・・・!!

ビリビリビリビリッ・・・!!

ナミ(しまったわ!!)

美琴はその沢山の雲全てに電流を流し・・・

バリバリバリバリッ!!

ナミに向けて集中電撃!!ナミはかろうじて回避したが!!

シュン!!

回避した先に瞬間移動した美琴が!!

ドゴォッ!!

ナミ「きゃあああああっ!!」

瞬間移動した足でナミの腰を強烈に蹴る!!そのまま崖にぶっ飛ばされた!!

サンジ「ナミさんっ!!」

すたっ!!

サンジはリュックを背負いながら・・・空歩を発動!!ナミをお姫様だっこして陸地に戻った・・・

ナミ「危なかったわ・・・!!ありがとうサンジ君」

ナミも再び陸地に立った

美琴「・・・そろそろ本気を出させてもらうわよ」

美琴は超電磁砲を構えた・・・その・・・瞬間!!

ナミ「突風ソード!!」

ビュゥゥゥゥゥゥン!!

ナミはいずれ電磁砲を撃ってくることを読んでいた!!その瞬間に突風ソードを放った!!

美琴(・・・また突風ね・・・さっきの一撃で風の強さを図ったけどまだ私なら耐えれるわ・・・耐えた後に撃って終わらせる!!)

・・・が!!

ジュッ!!

美琴「アツゥ・・・!!」

ばたっ

急に美琴がうずくまった!!

ナミ「・・・油断してたでしょアンタ?利用させてもらったわよ」

美琴「この熱さは・・・!!」

ナミ「熱風ソード、突風ソードの強化版よ」

ナミは突風ソードに熱気球を大量に混ぜて熱い突風ソードを作り上げていた!!

ナミ「結構油断している相手に効きやすいのよこの技・・・ってアンタ胸元見た方が良いわよ」

美琴「え・・・きゃあ!?」

よく見ると・・・美琴の上着の真ん中に丸い穴が開いていた、熱で穴が開いたのだろう・・・

美琴(ちょっと恥ずかしいわ・・・)

ナミ「熱で溶けちゃったのね・・・まぁ美琴で良かったわ」

美琴「どういうことよ?」

ナミ「だってアンタなら・・・」





















































































ナミ「大した影響ないじゃない」

美琴「・・・」

プチッ・・・

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴ・・・

ナミの一言は・・・美琴をテメェは俺を怒らせた状態に変えてしまった・・・

シュン

美琴はナミの後ろに瞬間移動!!雷で出来た剣で斬ろうとする!!

ナミは回避!!

だが美琴は連続で瞬間移動!!そして・・・



























































































シュルシュルシュルシュル

ナミ「きゃ、きゃあああああああ!?(赤面)」

当麻&サンジ「えええ!?」

何と・・・ナミの上のを取ったのだ!!

ナミ「何してんのよっ!?返しなs」

バチバチバチッ!!

ビキニに電気を流して黒こげにした!!

ナミ「ちょっとォォォォォォォ!?何でこんな事するのよ!?(赤面&胸を片手で隠しながら)」

美琴「何でかって?決まってるじゃない」



















































美琴「やられたらやり返す、倍返しよ」

だだだだだっ!!

ナツが拳に火を纏って美琴にぶつける!!美琴は砂の手で守る!!

ナツ「半沢○樹かテメェはぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

ガキィッ!!

バッ!!

二人は離れた!!

美琴「まっ、仕方ないわよ、事故なんだから」

ナミ「どこが事故よ!?このままじゃまじめに戦えないじゃない!!(以後赤面)」

美琴「どうしてかしら?」

ナミ「片手が塞がれるからに決まっているでしょうが!!恥ずかしいわよっ!!もう!!」

美琴「塞がなければいいじゃない?」

ナミ「塞がないわけないでしょ!!」

美琴「何か布でも巻けば?」

ナミ「私は布じゃ収まらないのよ!!」

美琴「ふ〜ん、仕方ないんじゃな〜い?そんなに胸が大きいんだからねぇ、じゃあ斬っちゃえば?(超黒笑)」

当麻(巨乳への執念ヤバすぎだろぉぉぉぉぉぉぉ!!辞めろ美琴ォォォォォォォ!!)

塔外にて・・・

一方通行「彼奴バカだろ」

インデックス「流石にやりすぎだよ・・・」

ナナ「良いぞ!!もっとやれ!!この事は茅野ちゃんや姉御(妙のこと)につたえなくちゃ!!」

モモ「お姉様何をするつもりです?」

再び塔にて・・・

ナツ「さっきからごちゃごちゃうるせぇ!!胸が大きかろうと小さかろうとどうでも良いだろうがぁ!!」

美琴「アンタは女じゃないから私の気持ちが分からないのよ、女になってみたらいいのに」

ナツ「くだらねぇ事考えないで・・・」

ボオオオオオオオ・・・

ナツ「かかってきやがれェ!!火竜の竜撃(オリジナル技です!!)!!」

ごおおおおおっ!!

ナツは口から竜の形の炎を作り美琴を襲う!!

チチチチチチチチチチ・・・

美琴「千鳥!!」

バチィィィィィィッ!!

雷を纏った手で炎の竜を斬り裂く!!が!!

ナミ(今の隙に・・・!!)

ナミは・・・大量の熱気球を作り出した!!

ムアアア・・・!!

美琴「熱い・・・!!この熱さは・・・!!」

ナミ「熱気球を多く作ることによって一時的にこのあたりを湿気を多くしたわ」

ナツ「何で湿気が増えた!?」

ナミ「大量の熱気が一部分にあるとね、熱気は平温になろうとするために周りの空気の水蒸気を吸収するのよ、だから湿気が増えるの・・・それで・・・」

ナミは・・・後ろにいつの間にかに雲の卵を複数作っていた!!

ナミ「電気に耐性があるアンタでも・・・水蒸気で塗れた今の体ならどうかしら?」

美琴(瞬間移d)

ピカッ!!

美琴「!?」

眩しい光が美琴の動きを止めた!!

ナミ「サンダーボルト=テンポ!!」

バリバリバリバリッ!!

二人「ぐうううっ!!」

二人に強力な電撃が!!

美琴「くっ・・・!!何なのあの光は・・・!!」

ナミ「熱気だけを一部分だけに集中させて水蒸気を大量に吸収させて水たまりを作っていたのよ、今日は晴天、だから巧く利用できると思ったのよ。その水たまりの光の反射を雲で隠しといてさっきのタイミングで雲を動かして光を当てたのよ、驚いた?」

美琴(何て頭良いの・・・!!)

ナツ「・・・やっぱりテメェはスゲェなぁ・・・!!でもなぁ・・・!!」

ゴオオオオオオオオッ!!

ナツは両手を上にかざした後・・・巨大な炎の渦を作った!!

ナツ「負けるわけいかねぇんだよぉ!!火竜の竜巻!!!」

二つの巨大な竜巻が・・・逆さまになって・・・二人を包み込む!!

ナミ(雲の卵・・・そして!!)

ナミは雲の卵を作った後!!

ナミ(レイン=テンポ!!)

ざあああああっ!!

雨で炎を消した!!

一方美琴は・・・!!

美琴(このままじゃ苦しいわね・・・砂で硬い球でも作って中に入るか?でもそれだと砂の中が熱せられて蒸し焼きになる・・・だったら!!)

美琴は・・・

バリバリバリバリッ!!

体から大量に放電!!・・・が!!

美琴(何て強い炎なの・・・!?)

炎の渦は打ち消されなかった!!

ナツ(ナミはやっぱり無理だったか・・・せめて美琴だけでも!!)

ナツは・・・美琴に炎を纏った拳で急接近!!

ナツ「ウオオオオオオオッ!!」

美琴(来るわね・・・ガード!!)

どかっ!!

美琴がいる炎の渦に火拳をぶっこむ!!

美琴(熱い・・・!!)

美琴は手でガードしたがやはり熱い・・・!!

そして!!

ナツ「火竜の・・・回転弾(オリジナルです!!)!!」

ぎゅおおおおおおおお!!

ナツが纏っている拳の炎が・・・回転し始めた!!

美琴(もう・・・これ以上は・・・!!)

回転して増していく炎の熱さに・・・耐えきれず炎を離してしまった

どごっ!!

美琴(くうっ!!)

胸に拳がめり込む・・・!!その威力は炎の渦の炎を吸収しながら上がっていく!!そして!!

ナツ「うらぁぁぁぁぁぁっ!!」

どごおおおおおおっ!!

ナツは炎の爆発を拳で起こして・・・一気に・・・美琴をぶっ飛ばす!!

どこっ!!

美琴は塔の壁に突っ込んだ!!

ナツ「どうだ・・・?」

美琴は・・・

美琴「はぁ・・・!!はぁ・・・!!はぁ・・・!!」

立ち上がっていた・・・ただしフラフラしているが

美琴「凄いわね貴方・・・!!」

ナツ「お前もタフさはスゲェよ・・・って・・・」






























































ナツ「・・・寒くねぇのか?」

何と・・・美琴のすらっとした上半身が露わになっていたのだ

美琴のセーターなどは炎の渦の中にいるうちに熱せられて脆くなってしまいそこに・・・ナツの回転弾によって・・・一気に服が飛ばされてしまった・・・

美琴「・・・見ないで(赤面&胸を左手で隠しながら)」

ナツ「だから何で隠すんだ?」

ナミ「だから男と女は違うのよ!!女は隠したくなるのよ!!」

ナツ「変わってるよな・・・」

ナミ「・・・でも美琴は良いわね・・・」



ナミ「隠すの楽そうで」

美琴「・・・」

プチン

また美琴の何かが切れた・・・そして・・・

ゴゴゴゴゴゴゴ・・・

美琴「潰してあげるわ・・・(雷神状態)」

ナツ「ヤバすぎだろコレ!!」

ナミ「あの・・・その状態だと私恐らく死んじゃうんじゃ・・・」

美琴「・・・くたばれ!!」

雷神の矢を構えた・・・

ナミ「きゃあああああああ!?」

当麻「待て美琴!!もう戦わなくていい!!」

美琴「・・・どういうこと?」



当麻「ナミの仲間のサンジを俺が落としたからだ!!」

ナミ「・・・え?」

時は遡り・・・

サンジ(相変わらずナミさんの胸って大きい・・・ヤバい!!鼻血がとまらねぇ!!更に俺のアレがヤベェ!!)

サンジはナミのビキニが取られたときに胸をおもいっきり見て・・・大量に鼻血が出て更にアレがヤバくなっている

当麻(変態だなサンジって・・・俺もヤバいかも)

当麻も鼻血は出てないが同じである

レイヴン(男って皆獣なんだな)←二人の精神にこっそり進入してきた

サンジ(ヤバい意識が・・・イカンイカン!!ここで気絶したらあっけなくやられる!!)

だが・・・上半身がはだけてしまった美琴が見えたとき・・・

サンジ「ひでぶ!!」

びしゃあああ!!

更に鼻血を出しぶっ倒れてしまった、理性の限界だったのである。ただし断末魔が異常だが

当麻(色々な意味で気の毒だな美琴は!!・・・ん?)

当麻はぶっ倒れているサンジをよく見ると気絶していたことが分かった

当麻(・・・悪いが)

当麻はサンジを抱えて・・・

ブンッ

当麻(これでアンタ等は終わりだ)

外に投げた・・・

ひゅぅぅぅぅ・・・

イナホ「そうだね!!・・・って・・・何か落ちてくるよ!?」

ケイタ「え!?」

そう、ケイタの近くに落ちてきたのは鼻血を
流しながら気絶しているサンジだったのだ

ケイタ「なに見たらああなるの!?」

イナホ「分かんないよ」

塔内にて

坂神「サンジさん、ナミさんペア失格です!!」

ナミ「・・・何やってんのよあの変態グルマユ野郎はぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

ナツ「弱いなアイツ・・・」

美琴「・・・まぁ勝てたなら良いわ」

当麻「ああ・・・って・・・」

じーっ

美琴「・・・何見てんのよ(赤面)」

当麻「いや〜、ちょっとエロいな〜って思っt」

バシィ!!←ビンタ!!

当麻「ぶふぉ!!」

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



題名 小説をトップへ上げる
名前
E-Mail
URL
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


  クッキー保存