二次創作小説(旧・映像)

永遠の絆the dream open クロスオーバー 
日時: 2016/01/03 12:55
名前: 坂神 銀拳心

初めまして!!小説書いている皆さんに憧れて書いてみようと思いました!!私が書くのは主にジャンプキャラがメインです。逃走中や戦闘中の小説や時には感動する小説を書こうとも思っています!!得に私が好きな漫画は銀魂です。そして、特に好きなキャラは主人公の銀さんです。(銀さん好きな人もっと増えて欲しいです☆)という訳でプロローグです!!よろしくお願いします!!

後、作者募集は再開しました!!キャラシートです!!>>48

現在武闘会は終わり七泊八日の旅編です!!是非見てみて下さい!!

さらにこの小説にでるキャラ表です!!見てみてください!!>>698>>699

そして私の小説のオリジナル設定です!!これもチェックです!!

>>960

後私の小説に参加している人はアンケートに答えて欲しいです!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.594 )
日時: 2015/01/30 12:39
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

どうも!!坂神です!!コメント感謝です!!
竜さん
果たしてクリア出来るのか!?
エイジアさん
ララには酷かもしれません・・・果たしてクリア出来るのか!?
では本編です!!どうぞ!!

一護「・・・すげぇ高さだな・・・」

銀時「・・・ああ、どうやってこれをクリアすればいいんだろうな」

?「早くクリアしなくていいのかなぁ?」

全員「え?」

後ろを向くと・・・



































全員「ブラピ!!」

ブラピ「よぉ!!」

剣「なぜ貴様がここにいる!?」

ブラピ「何故かって?この橋渡りには時間設定があることを伝えに来ただけだぜ?」

剣心「どういうことでござるか?」

ブラピ「後ろ見てみなよ?」

後ろを見ると・・・

























全員「!?」

ギガクッパ「何故わしがこんな事をしなきゃいかんのだ・・・」

ギガ化したクッパがちかずいてきていた・・・

ブラピ「早くいかなくちゃ全員まとめてギガプレスで全員落とされるよ?」

全員「やばやばやばァ!!」

全員慌てたが慌てたところでどうにもならない・・・

竜「橋使わないで飛び越えていいか?」

江田島「ダメだ!!」

こうして全員は何がなんでもクリアしなければならなくなった!!

ルフィ「よっしゃ!!俺が行く!!」

ルフィが最初に挑む!!

ルフィ「おおおおおおおおおおおお!!」

ルフィは走った!!

ナルト「頑張るってばよルフィ!!」

IR「おいおい!!走った場所から崩れてるぞ!!」

だが・・・

































コケっ

ルフィ「あ」

ルフィは・・・こけてしまった・・・

ヒューン

ルフィ「糞ォォォォォォォォォォォォ!!」

全員「ルフィィィィィィィィィィィィィ!!」

ルフィ失格

ボチャン

ルフィ「あちィィィィィィィィィィィィ!!」

ルフィが落ちた先は・・・







































カービィ(ドラゴストーム)「僕特性のアツアツ釜茹で風呂だよ♪」

全員「俺達は五右衛門かァァァァァァァァァァァ!!」

江田島「ちなみに橋は一定時間経ったら再生するように作ってある!!」

次は・・・

本城「わ、私が行きます・・・(汗)」

銀時「オイ!!大丈夫なのかよ!!無茶すんな!!」

本城「だ、大丈夫ですよ!!」

本城(下を見ちゃダメだ、下を見ちゃダメだ!!)

本城は・・・進み始めた・・・

本城「きゃああああああああああああ!!」

大絶叫しながら

銀時「いや大丈夫かァァァァァ!?」

それでも進んみ・・・後ゴール直前のとき!!

本城「・・・ああ!!」

下を見てしまい・・・恐怖で・・・足が止まってしまった・・・

銀時「おい!!止まるな!!崩れてんぞ!!走れ!!」

本城(ダメ・・・足が・・・)

そのうち・・・本城の足元も崩れてしまった・・・・

本城(落ちる・・・)

だが!!





































ナルト「銀さん!!」

銀時「馬鹿やろォォォォォォォォォォォォ!!」

銀時が崩れていくレンガに乗り移りながら進み本城を抱えて・・・

銀時「おりゅああああああああああああ!!」

本城がいたレンガを踏んでジャンプ!!そのまま・・・

スタッ!!

クリア!!

本城「・・・あ、銀さん・・・」

銀時「たくっ、心配したじゃねぇか・・・そんなときはよ、・・・背負ってください、ぐらいいえよ」

本城「え?」

銀時「確かに克服するのは大事だけどよ、ここでやるのははえぇよ、無理な時ぐらいよ・・・皆を頼れよ、皆いい奴だぞ?」

本城「・・・ありがとうございます銀さん・・・(涙目)」

銀時「ま、取り敢えず俺達はクリアだな!!」

その後・・・

剣心「拙者達の足の速さを舐めないほうがいいでござるよ!!」

めだか「その通りだ!!」

剣心、めだかは持ち前の足の速さを一気に駆け抜けクリア!!

剣「俺も負けんぞ!!」

ケンシロウ「ああ!!」

悟空「オラだって負けていられねぇぞ!!」

一護「負ける訳にはいかねぇ!!」

ジョナサン「ここで終わるわけにはいかないんだっ!!」

剣、ケンシロウ、悟空、一護、ジョナサンも負けじとクリア!!

子音「じゃあ私たちも行こうか!!」

竜「ああ!!」

IR「おう!!」

作者勢も進み始めたが・・・

子音「しまった!!」

子音が足を滑らせてしまい・・・

竜「子音!!」

子音「ごめんなさい竜さん・・・」

子音は落ちてしまった・・・

竜「うわぁ!!」

竜もそれに気を取られて落ちかけたが・・・

ガシッ!!

IR「大丈夫か!?」

竜「IRさん!!」

IRがぎりぎりで助けてそのままクリアに成功!!

竜「ありがとな!!」

IR「どうってことねぇよ!!」

残りは・・・

ナルト「ほら!!早く行くってばよォ!!」

綱吉「無理だよ・・・」

ナルトが早く行くように言っていた、実は先程の能力禁止の為超死ぬ気モードを解除しなければいけなくてそのために綱吉が臆病になっていたのだ・・・

ナルト「だぁぁぁもぉ!!分かったってばよ!!俺が背負うから!!早く行こうってばよ!!」

綱吉「あ、はい・・・」

だが・・・

二人「もう来てるゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥ!!」

ギガクッパが目前に迫っていた・・・

その為焦って二人は普通に進んでしまった!!

ナルトはそのまま進めたが・・・

綱吉「いや無理ィ!!」

綱吉は戻ってしまった・・・

ナルトはクリアしたが・・・

江田島「時間切れである!!よって綱吉!!貴様には活を入れる!!」

ギガクッパ「くらえ!!」

ギガクッパにつかまれて・・・

ギガクッパ「ギガプレス!!」

綱吉「うわああああああああああああ!!」

綱吉も落ちていった・・・

ナルト「ドンマイだってばよ綱吉・・・」
こうして・・・すべての修行をクリアしたのは!!

銀時、ナルト、めだか、ケンシロウ、剣、剣心、IR、本城ララ、竜、一護
、ジョナサン
この12名だ!!

12人「よっしゃあああああああああ!!」

江田島「見事だ!!貴様らには・・・特別の修行を受けることができる!!」

ナルト「おっし!!」

剣「で、その修行は!?」

江田島「教えてやろう・・・では付いてこい!!」

ついて行った先にあったのは・・・


























12つあるあの有名な部屋!!

悟空「おお!!おどれーたぞ!!あの部屋がここにもあるなんてな!!」

果たしてあの部屋とは!?



































江田島「ここはドラゴンボールの世界にある精神と時の部屋だ!!ここである一つの能力を得てもらう!!それは・・・」

12人「それは!?」

江田島「武装色、見聞色、そして覇王色だ!!今から二日間この部屋に居てもらう!!そこでまず武装色か見聞色かどちらかを得よ!!普通はそれだけだがもし二つを手に入れることが出来たのならば・・・覇王色も身につくことができる!!安心しろ!!この部屋は特別に空気と重力と温度は普通だ!!」

という訳で!!本城ララ(エイジアさん)、IRさん、見聞色と武装色、どちらを得るのか教えてください!!この世界のみどちらかを使うことができるようになります!!竜さんは既に武装色と見聞色を得ているため覇王色を得ることが出来ます!!

永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.595 )
日時: 2015/01/30 00:12
名前: 竜 ◆CmqzxPj4w6

覇王色は希望するぜ!!

俺の小説でもいるからな!

Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.596 )
日時: 2015/01/30 16:28
名前: IR ◆eVBWcg3A/A

力はあるからな... 見聞色で頼むぜ

Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.597 )
日時: 2015/01/30 18:37
名前: エイジア

こんにちは。エイジアです。

ララ「うーん、どっちにしようかな・・・・」

レイヴン『どっちも似たような力持ってるからな。』

ララ「取り合えず、武装色で」

レイヴン『理由は?』

ララ「見聞色は音の力と似ているし、なるべく覚醒なしでいきたいから、それにエースさんの火拳が出来るかも知れないですしね。」

レイヴン『同じ炎の能力者だからな』

ララ「もし、出来れば見聞色と覇王色も手に入れたいです。」

レイヴン『でも本来の目的は武装色な』

ララ「うん、頑張るよ」

レイヴン『(それにしても銀時やつはあそこまで人を助けようとするとは・・・・いつか暴走のララを止められるかもな。)』

コメント待ってます。

永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.598 )
日時: 2015/01/31 00:05
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

どうも!!坂神です!!コメント感謝です!!
竜さん
把握しました!!
IRさん
把握しました!!
エイジアさん
把握しました!!
では本編です!!
江田島「では皆の者!!それぞれ何を得たいか言え!!」

銀時「俺は・・・まず最初は武装色かな」

剣心「拙者は・・・見聞色でお願いするでござるよ」

めだか「私は見聞色だな!!」

ナルト「俺は武装色にするってばよ!!」

悟空「オラは武装色がいいぞ!!」

ジョナサン「僕は・・・武装色でお願いします!!」

剣「俺は見聞色にする!!」

一護「見聞色を頼むぜ!!」

ケンシロウ「俺は武装色だ」

IR「俺は見聞色を頼むぜ!!」

本城「私は武装色にします!!」

竜「俺は見聞色も武装色も既に得ているから・・・覇王色にする!!」

江田島「よかろう!!ではそれぞれ一人ずつ移動せよ!!」

こうして移動し始めたが・・・

めだか「銀時」

銀時「何だ?」

めだか「あの時・・・何故私やナルトや一護やジョナサンやケンシロウが助けるのを引き止めて自分が助けに行った?」

実はあの時4人が助けに行こうとしたのだがそれらを引き止めて自分が助けに行ったのだ・・・

銀時「・・・俺自身がアイツを助けに行きたくなった・・・それだけだよ」

めだか(・・・本当か?)

こうして・・・全員が移動した後・・・

銀時「変わった空間だな・・・周りが真っ白だな」

悟空「本当に重力や圧力とかが普通だな・・・」

江田島「着いたか!!」

ナルト「うおっ!!びっくりしたってばよ!!アナウンスで話さないでくれ!!」

江田島「しょうがないだろう!!・・・ではこれより修行内容を教える!!」

武装色を得たい人の部屋には・・・ひとつの大きな岩の壁があった・・・

江田島「その壁を指で押せ!!但し!!押すときに少したりとも力を出してはならぬ!!触れるだけだ!!触れて壊せ!!武装色のイメージがついたのならば触れるだけで穴が開く!!」

ジョナサン「これは厳しい修行だな・・・でも成し遂げてみせる!!」

ナルト「そうだ!!多重影分身すれば効率がいいってばよ!!」

見聞色を得たい人には・・・絵の具が発射される銃弾がやる人の周りに包囲される形で設置されていた!!

江田島「それから絵の具が大量に発射される!!それをよけろ!!やがて見聞色が使えるようになれば体には絵の具がつかなくなるだろう!!ちなみにその銃の速さは・・・ガトリングと同じ速さだ!!」

剣心(横に走ってよけるわけにはいかないから体を動かしながら進み必要があるでござるな・・・)

そして覇王色を身に付けたい人の周りには・・・動物が大量にいた!!

江田島「その動物を自分が動かずに倒せ!!覇王色で気絶させてみろ!!」

竜(子音・・・やってやるぜ!!)

江田島「もしそれらをクリア出来た場合はわしに申し入れろ!!そうすれば次の修行の内容に変えてやろう!!わしは剣の場所にいるからな!!」

こうして皆の厳しい修行が始まった!!

本城(このイメージを保って・・・ダメだ・・・まだまだ!!)

銀時(だいぶ分かってきたぞ・・・もう少しだ!!)

ナルト(この感じ・・・よし!!出来たってばよ!!)

めだか(行けるな・・・もう少しだ!!)

こうして・・・皆は二日間(なかにいる人にとっては二年間だが)努力した!!

そして二日ご・・・

江田島「では皆の者!!出てこい!!」

12人が出てきた・・・

12人「久しぶり!!」

銀時「何か皆久しぶりに会った気がするな・・・」

悟空「そりゃあオラたちは2年間修行していたんだからよ・・・」

めだか「まあいいだろう!!皆強くなれたな!!」

そして・・・皆の修行の成果を発表した!!

江田島「では・・・まず武装色を得たもの!!手をあげぃ!!」

手を挙げたのは・・・一護を除いた全員!!

ジョナサン「僕は武装色を鍛え上げたからね・・・でもこれで特殊能力には強くなった!!」

江田島「次は・・・見聞色を得たもの!!手をあげぃ!!」

手を挙げたものは・・・ジョナサン除き全員!!

一護「俺は見聞色を徹底的に鍛え上げた!!」

江田島「では・・・覇王色を得たものは・・・出してみろ!!」

果たして覇王色を得たものは!?
















































銀時、めだか、悟空、ナルト、ケンシロウ、竜「俺(私)は得ることができたぞ!!」

ズオオオオオッ!!

江田島「・・・見事だ!!」

本城「見聞色も得ることができたんですけど・・・それで限界だった・・・」

レイヴン「安心しろ」

本城「え?」

レイヴン「俺が・・・覇王色の覇気を得ることができた!!だから俺に変われば覇王色の覇気が使える!!」

本城「・・・分かったわ、ありがとう!!」

剣「無念だ・・・間に合わなかった・・・」

IR「流石に無理だったな・・・」

江田島「そして・・・もう一つの修行がある!!」

ナルト「まだあるのか!?」

で、ついて行ってみると・・・





































両崎「やっと来たな」

両崎が待っていた・・・結構広いがだれもいない町で

全員「何するんだ?」

両崎「それは・・・」




















































両崎「今から後にやる逃走中と戦闘中の逃走成功確率や戦闘中で勝ち残れる確率を格段に上げる修行を行う!!どちらをやるのか選べ!!選んだほうの特訓が出来る!!また、選んだほうの修行によってはそれにその選んだ逃走中と戦闘中にそれぞれ役に立つ道具を特別にもらえる!!」

という訳で!!本城ララ(エイジアさん)、IRさん、見聞色と武装色、どちらの修行をやるのか教えてください!!選んだ方でのゲームの逃走成功確率と戦闘中に勝ち残る確率が上がります!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。