二次創作小説(旧・映像)

永遠の絆the dream open クロスオーバー 
日時: 2016/01/03 12:55
名前: 坂神 銀拳心

初めまして!!小説書いている皆さんに憧れて書いてみようと思いました!!私が書くのは主にジャンプキャラがメインです。逃走中や戦闘中の小説や時には感動する小説を書こうとも思っています!!得に私が好きな漫画は銀魂です。そして、特に好きなキャラは主人公の銀さんです。(銀さん好きな人もっと増えて欲しいです☆)という訳でプロローグです!!よろしくお願いします!!

後、作者募集は再開しました!!キャラシートです!!>>48

現在武闘会は終わり七泊八日の旅編です!!是非見てみて下さい!!

さらにこの小説にでるキャラ表です!!見てみてください!!>>698>>699

そして私の小説のオリジナル設定です!!これもチェックです!!

>>960

後私の小説に参加している人はアンケートに答えて欲しいです!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.583 )
日時: 2015/01/26 12:37
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

どうも!!坂神です!!コメント感謝です!!
エイジアさん
あの、もう残りは一体だけですよ?
では本編です!!どうぞ!!
銀時「さっきのと桁違いの大きさなんだけど・・・」

予想以上に大きくなったのかカービィもポカーンとしている・・・

ルフィ「じゃあ・・・これで決める!!ゴムゴムの〜」

ルフィ「象銃!!オオオオオオオ!!」

ドゴォン!!

だが・・・

それをパックンフラワーは飲み込んだ!!要するに手が飲み込まれているて状態である。

ルフィ「離せ!!」

ルフィは手を引っ張るが・・・

びくともしない・・・

ルフィ「クソっ!!こんなことになるんだったら象銃乱打にしておけばよかった!!」

一護「だが好都合だな!!ルフィの手で口が動かなくなっている、しかも口がふさがれているからスキは多い、一気に体力を削る!!」

全員「おお!!」

だが・・・

ブラピ「そう簡単にはいかせねぇよ!!」

皆が再び例のミックスジュースをパックンフラワーの口のわずかな隙間にかけ始めた!!

その為・・・

超超超超巨大パックンフラワー「オオオオオオオオオオオオオオ!!」

100メートルの大きさ・・・って本当やばいなオイ

めだか「・・・鬼畜だなアイツら」

ころせんせー「こうなったら皆でパックンフラワーの上に上がって仕留めるしか手はありませんね」

全員はそれしかないと思ったようだが

本城「私無理よ・・・」

十六夜「高所恐怖書だもんな・・・じゃあララは下から攻撃してくれ!!」

本城「分かったわ!!」

こうして全員は・・・上に上がる!!

ルフィ「手が離れた!!ゴムゴムの〜ロケット!!」

ころせんせー「私が運びますよ〜」

綱吉「X BURNERで上に上がるよ!!」

ナルト「影分身階段で上に上がるってばよ!!」

影分身を階段状に組み上げ皆を上げる!!

銀時「高くってしんど!!」

めだか「そうか?私は楽だぞ?」

こうしてラッキーマン、アラレ、本城ララ除き上に上がった・・・

全員「じゃあ・・・行くぞ!!」

皆は突撃を開始した!!

ころせんせー「口に入らないようにしたほうがいいですね〜」

パックンフラワーの頭を狙う!!

十六夜「よし!!もう少しで頭に着く・・・」

だが!!

パックンフラワーが全員が頭に付く直前に口を開けた!!

ころせんせー「大丈夫ですか!?」

ころせんせーが慌てて皆を掬い上げたが先頭の人々を救いに行くのが間に合わなかった!

その為・・・

先頭の人々は喰われてしまった!!

喰われたのは・・・

































十六夜、アレン、遊真、ゴン、幽助、キルコらは喰われてしまった・・・

銀時「十六夜ォォォォォォォォォォ!!」

十六夜「しょうがねぇか・・・ララに言っといてくれ!!後は頑張れってよ!!」

銀時「・・・分かった!!」

ゴン「後は頑張って皆さん!!」

パクッン

ドシューン!!

めだか「ただ突っ込んだら喰われるか・・・どうすれば・・・」

ナルト「・・・そうだ!!思いついったってばよ!!皆!!準備をしてくれ!!俺がアイツの口に影分身を投げる!!それを喰った瞬間口を閉じるだろうからその瞬間に全員の攻撃をぶつける!!」

ナルトは影分身を投げ込んで・・・口を閉じた瞬間!!

全員「今だ!!」

全員は突っ込んだ!!

全員は渾身の攻撃をぶちかました!!そして・・・

ドカァァァァァン!!

超超超超巨大パックンフラワーを倒すことに成功した!!

全員「よっしゃあああああ!!」

そのまま降りてきた・・・

本城「やりましたね!!・・・って十六夜は?」

銀時「アイツは上で食われちまった・・・」

本城「ええええ!?そんな・・・」

銀時「アイツはお前に言ってたよ、後は頑張れ、ってよ」

本城「・・・分かったよ、十六夜!!貴方の分頑張ってくるよ!!」

銀時(こういう時は可愛んだからよ・・・皆にも同じように接したらいいのによ・・・)

リンク「皆おめでと!!とりあえずこのミックスジュースでも飲んで休憩してくれ!!」

銀時「よっしゃあああああああああああああああああ!!」

めだか「斉木ドンマイだな!!」

こうして皆が飲んだあと・・・

銀時「いや〜ものすごくうまかったぜ、今度作り方教えてくれ!!」

リンク「いいぜ!!この修行クリアできたらな!!」

次の場所に進んでいた・・・

めだか「次の修行・・・どうなるんだろうな!!」

SNS団の人々・・・

ゼルダ「次は・・・」

リュカ、ネス「僕たちがいくよ!!」

次の授業は・・・・














































リュカ「皆こんにちは!!次の修行は僕らがやるよ!!ネス!!準備はいい!?」

ネス「OK!!」

全員「何をするつもりだ!?」






























リュカ、ネス「BK〜スターストーム!!」

大量の流星群が落ちてきた!!

全員「マジでかぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

めだか「先程のランドマスターの応用か・・・」

これに当たると吹き飛ばされる・・・

大量の流星群をよけながら突破せよ!!

Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.584 )
日時: 2015/01/26 17:46
名前: エイジア

こんにちは。エイジアです。

ララ「十六夜・・・・私頑張るよ!」

レイヴン『んで、次が流星か』

ララ「これ、避けるしか方法ないよね」

レイヴン『まあ、頑張れよ』

コメント待ってます。

Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.585 )
日時: 2015/01/26 19:08
名前: アックスホーク

どうも、アックスホークです。

アックス「流星かぁ。本気を出せばギリギリ避けれるな。」

ヴラド「俺は、これぐらい余裕だ。あとアックス、なぜ、さっきの修行の時全くできていなかった。」

アックス「それはな、夜兎族が攻めてきたとき突いた秘孔の副作用で力が出なかったんだ。」

ヴラド「それで、今はどうか。」

アックス「100%の力をだせる位にまで回復している。」

コメント宜しくー。

永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.587 )
日時: 2015/04/23 22:24
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

どうも!!坂神です!!コメント感謝です!!
エイジアさん
残念ながらここで十六夜は脱落です・・・本城ララは突破できるのか!?
アックスホークさん
コメント把握しました!!

銀時「もうこのコメントの返し方何回目なんだr(強制終了)

グスン(涙目)、言わないでください

では本編です!!どうぞ!!

銀時「マジで流星群来たなオイ!!」

めだか「大丈夫だ!!先程のように集中力を極限まですればいけるだろう!!」

一護「問題は・・・それがどこまで持つかだよな・・・」

距離は・・・何と1000メートル!!

全員「長ェ・・・」

本城「でも・・・ここをクリアしなければ進めない!!」

ボーボボ「そうだな!!行くぞ鼻毛軍団!!」

全員「誰が鼻毛軍団だコノヤロー!!」

こうして皆は進み始めた!!

銀時(何度やっても思うんだけど意外と疲れるなコレ・・・)

ルフィ(でも俺には簡単なんだよな〜、見聞色の覇気があるからな!!)

竜(俺も楽だな!!)

子音(覇気ってこういう時便利ですよね!!)

ルフィ、子音、竜は覇気を駆使して楽にクリア・・・

全員(本当いいよな!!覇気持ってる人は!!)

残る人々のなかで・・・最初に脱落したのは!?











































































ボーボボ「もう我慢無理d」

ドガァァァン!!

ボーボボ「アアアアアアアアアアアア!!」

ボーボボ失格

子音、竜「ボーボボさぁぁぁぁぁぁぁぁん!!!!!」

星矢「大丈夫かボーボb」

ドガァァァン!!

星矢「くそォォォォォォォォォォォォ!!」

それに気を取られた星矢も失格になった・・・

本城(星矢達も・・・でも集中しなくちゃ!!)

他の人々がぶっ飛ばされるのに気を取られると失敗するリスクが高まる!!

そして・・・次にやられたのは!?

めだか(それにしても暑いな・・・少し体を拭うか・・・)

めだかが汗をハンカチで吹き始めた・・・

























そして胸に入った汗を拭ったとき!!

ころせんせー「いいものみましt」

ドガァァァン!!

ころせんせー「ぬやぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁあ!?」

ころせんせー失格

一護(アホか!!)

めだか(後でころせんせーの生徒に聞いてみよう!!あんな先生でいいのかと!!)

そして・・・次にやられたのは!?












































ラッキーマン「ははははは!!私は集中しなくてもラッキーだけでクリア出来るのだ!!」

こうして普通に進んでいたラッキーマンだが・・・

ラッキーマン(凶状態)「え?え?ゑ?ちょっと待ってェェェェェェェェェェェェェ!!ここで凶状態になっちゃったのォォォォォォォォォォォォ!?どうしてだよォ!!もういやd」

ドガァァァン!!

ラッキーマン「不幸だァァァァァァァァァァァ!!」

ラッキーマン失格

ルフィ「本当思うんだよな〜何で俺とあいつの声が似ているのに性格が全く違うんだ?」

竜、子音「知るか!!(知りません!!)」

本会場にて・・・

当麻「・・・何だ?」

美琴「どうしたんの当麻?」

当麻「・・・何か俺がいつも言っていることを言っている人がいる気がする・・・」

そして次は・・・





























アラレ「もう集中無理だよ!!そのまま進も!!」

ドガァァァン!!ドガァァァン!!ドガァァァン!!

サッ!!サッ!!サッ!!

アラレは何とかよけていたが・・・

アラレ「もう少しd」

ドガァァァン!!

アラレ「ほよ〜」

油断大敵・・・

アラレ失格

それ以外の人々は・・・

無事にたどり着いた!!

全員「正直疲れたァァァァァァァァァァァ!!」

銀時「さっきの五倍ぐらい疲れたな・・・」

本城「出来ました・・・」

綱吉「でも出来たな!!」

リュカ「皆さんお疲れ様!!少し休んでください!!」

10分後・・

ネス「では次の修行に行こうか!!皆それぞれ一人ずつ転送器に入って!!」

全員「何があるんだ?」

全員はそれぞれの転送器に入った・・・

リュカ「それじゃあ皆!!次の修行は転送された先で行うよ!!」

アクセル「どんな修行何だ?」

ネス「そうだな・・・ルフィやナルトや悟空や銀さんが楽しめる修行だよ!!」

ナルト「そうか!!楽しみだってばよ!!」

リュカ「それじゃあ・・・送信!!」

シュン!!

リュカ「さてと・・・マスターハンドさん!!準備は出来てる!?」

マスターハンド「ああ、用意してある!!大量にな!!」

そして・・・次なる修行は!?














































シュン!!

剣心「ここは・・・どこでござるか?」

転送された場所は・・・スマブラのステージ終点!!

そして・・・そこにあったのは!?






























スマブラXの組み手に出てきた大量のロボット!!

マスターハンド「次の修行は情け無用の1000体組み手だ!!次々と押し寄せてくる敵を全て倒せ!!もしぶっ飛ばされた場合失格となり本会場に転送される!!クリア出来た場合は元に戻ってくることが出来る!!」

次は情け無用のサバイバルバトル!!無双の強さをみにつけろ!!

永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.588 )
日時: 2015/01/28 00:26
名前: 竜 ◆CmqzxPj4w6

久々に本気出しちゃいます!


竜「情け無用か・・・・本気でぶったおすか。」

子音「私達の本気を知るためにはちょうどいい相手ね。」

竜「ここが宇宙のようなステージでこの技が使える。いくぞ!FF真拳極奥義・スーパーノヴァ!!」

スーパーノヴァ・・・FF7にでてくるセフィロスが使う究極技。あまりの時間の長さからニコニコ等ではSTT(スーパートイレタイム)と呼ばれている。

子音「私も!!ジャンプ真拳極奥義・他作コピー!!」

他作コピー・・・ジャンプ以外のキャラ技を使う。

(ここからピー音使っても構いません)

子音「行くわよ!流派東方不敗の名の下に!私のこの手が真っ赤に燃える!!勝利をつかめと轟叫ぶ!爆熱!ゴッドフィンガー!!!!石波天驚拳!!」


後半いろいろアウトかもしれません(笑)

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。