二次創作小説(旧・映像)

永遠の絆the dream open クロスオーバー 
日時: 2016/01/03 12:55
名前: 坂神 銀拳心

初めまして!!小説書いている皆さんに憧れて書いてみようと思いました!!私が書くのは主にジャンプキャラがメインです。逃走中や戦闘中の小説や時には感動する小説を書こうとも思っています!!得に私が好きな漫画は銀魂です。そして、特に好きなキャラは主人公の銀さんです。(銀さん好きな人もっと増えて欲しいです☆)という訳でプロローグです!!よろしくお願いします!!

後、作者募集は再開しました!!キャラシートです!!>>48

現在武闘会は終わり七泊八日の旅編です!!是非見てみて下さい!!

さらにこの小説にでるキャラ表です!!見てみてください!!>>698>>699

そして私の小説のオリジナル設定です!!これもチェックです!!

>>960

後私の小説に参加している人はアンケートに答えて欲しいです!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.567 )
日時: 2015/01/18 00:00
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

どうも!!坂神です!!コメント感謝です!
エイジアさん
蹴り返すのOKですよ!!
IRさん
跳ね返すのいいですけど斬るのはダメです
では本編です!!
SNS団が大量にボールを蹴っている・・・この中を通らなければならない!!

全員「それじゃあ行くか!!」

全員は迷うことなく突撃を開始した!!サッカーボールなら大丈夫だろうと感じたようだ・・・

だが・・・

ピット「えいっ!!」

ドッ!!

バシン!!

磯兵衛「あべし!!」

バタッ

千棘「いや何アンタあっけなく撃沈しているのよぉ!!」

まずいるのはスマブラのキャラが蹴っているボールをよけていくのだが・・・主人公達はなんとか全員よけている!!

ファルコン「ファルコンキック!!」

ファルコンがファルコンキックでボールを蹴ってきた!!

千棘「まずい!!ぶつかr」

その前に・・・あの男が
出た!!

黒子「・・・加速するパス・廻!!」

ビュン!!

ドカァ!!

二つのボールがぶつかってはじけた!!

ファルコン「ゲホォ!!」

そして帰ってきたボールは見事にファルコンにぶち返されたとさ☆

ファルコン「なんでだよ畜生ォォォォォォォォォォォォ!!」

ブラピ「やっぱ不憫枠だけあるなWWWW」

ルキナ「ハアッ!!」

銀時「危ね!!」

リンク「オラアッ!!」

綱吉「うわぁ!!」

ムジュリン「よけてみろ!!」

サッ!!

ナルト「そう簡単にあたんないってばよ!!」

ゼルダ「これならどう!!」

ドッ!!

サッ!!

鵺野「当たんないz」

ドカッ!!

鵺野「ガハッ!!」

リンク「よぉし!!作戦成功!!」

ゼルタがけったボールをよけた先にリンクが蹴ったボールが当たる計算で蹴ったのだ・・・

カービィ「僕も行くよー!!」

ドカァン!!

カービィは鬼ごろしハンマーでボールをぶつける!!

男鹿「俺を舐めるな・・・魔王の咆哮!!」

ゴゴゴゴゴゴゴ・・・

二つの炎がぶつかる!!

そして・・・

男鹿「跳ね返し成功!!」

ベル坊「ダアッ!!」

だが・・・

フォックス「甘いぜ!!」

ガキン!!

フォックスがリフレクターで跳ね返しに成功!!

男鹿「ゴハッ!!」

めだか「大丈夫か男鹿!?」

男鹿「すまねぇ!!平気だ!!」

こうして何とか進み・・・スマブラエリアは突破に成功した!!

だが・・・

天馬「ここからは俺達がボールをけるところだよ!!」

サッカー選手が蹴るボールをよけられるのか!!

天馬「いくよ・・・化身アームド!!魔神ペガサスアーク!!」

そして・・・

天馬「ジャスティスウィング!!」

シュゥゥゥゥゥン!!

剛速球が・・・ルフィを襲う!!

ルフィ「ギア3!!武装色硬化!!ゴムゴムの〜」

ルフィ「象銃!!」

ドカァアン!!

ルフィ「す、スゲェ!!・・・だが負けるかよ!!」

なんとか抑えることに成功したが・・・

ルフィ「や、やるなお前・・・」

ギリギリだった・・・

剣城「次は俺だ!!化身アームド!!剣聖ランスロット!!ロストエンジェル!!」

今度襲うのは・・・ナルトだ!!

ナルト「仙人モード!!仙法!!超大玉螺旋丸!!」

二つの玉がぶつかり・・・大爆発を引き起こした!!

ドカァァァァァン!!

ララ「きゃあ!!」

出久「凄い・・・」

ナルト「危なかったってばよ・・・」

神堂「まだ行くぞ!!化身アームド!!奏者マエストロ!!ハーモ二クス!!」

続いては・・・一護だ!!

一護「卍解!!月牙天衝!!」

出た斬撃をよこにふり盾として守る!!

だが・・・

バカァ!!

一護「グアアッ!!」

銀時「一護!!」

守りきれなかった・・・

一護「大丈夫だ!!早く行ってくれ!!」

銀時「・・・分かった!!」

その後・・・何とか皆のボールを跳ね返したり必殺技は防ぎながら・・・

突破に成功した!!

全員「よし!!」

十六夜「何とか出来たな・・・」

本城「そうね!!」

リンク「中々やるなアイツら・・・」

天馬「そうですね!!」

リンク「じゃあお前ら!!準備できたか!?」

ファルコ、フォックス「ああ!!」

全員が進み・・・次なる修行は!?






































銀時「またなんもねぇ・・・」

上を見ると・・・







































ランドマスターが二機!!

フォックス「次は俺達の光線を突破してみな!!」

次はランドマスターの攻撃をよけろ!!

Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.568 )
日時: 2015/01/18 02:04
名前: IR ◆eVBWcg3A/A

うそーん!!
ランドマスターが出るなんて聞いてないよー!!
いや、今の俺ならできる!避けきって見せるぜ!


更新頑張ってください!

Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.569 )
日時: 2015/01/18 09:10
名前: エイジア

こんにちは。エイジアです。

ララ「ランドマスターって危ないですよね・・・」

十六夜「これ、壊してもいいか?」

ララ「う〜ん、多分壊してもいいと思うよ」

十六夜「ララはどうするんだ?」

ララ「私は避けて行くよ。なるべく、覚醒は避けたいからね」

十六夜「分かった。行くぞ!」

コメント待ってます。

Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.570 )
日時: 2015/01/18 11:33
名前: ジャガー ◆.FaqqoG3U6
参照: http:/

松山『こいつで遊んでやるぜ!!』
メイドウィン『こんなものより、俺は空が良いぜ』
レジーナ『あんたらどれだけ愛着もってんのよ。』
ジャガー『気にしたら負けです。』
※暇なので色々やってる。

メイドウィン『ランドマスターと行ったらファルコのランドマスターで敵をお持ち帰り』
松山『おーやるやる。』
メイドウィン『俺は断固クッパの横必殺技だがな。』

メイドウィン『ランドマスターが二機・・』
マリオ『何が嫌かってアイツ飛べるんだよな・・』
松山『俺だったら特攻するけどな。』
ジョルノ『僕も』
DIO『私も』
レジーナ『なにこの脳筋家族。』



レジーナ『ところでなんでコメントしなかった?』
メイドウィン『あー、暇だもん、出番なくて。』
カイム『じゃあ私達の原作キャラでも集めときます?』
メイドウィン『だな、帰ってきたらお帰り願えば良いし。』
松山『いいわけねーだろボケ。』

更新頑張ってください!

おまけ、ジョルノコピヘ作ってみた。

放置された小説にコメントが来てる時

ジョルノ『そんなこと喋ったってもう○○は居ないのに・・喋るだけ無駄無駄・・』

永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.571 )
日時: 2015/01/19 23:15
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

どうも!!一日遅れました!!坂神です!!

IRさん
見事よけ切ってみてください!!
エイジアさん
壊してもいいですけど簡単には出来ませんよ?
ジャガーさん
この修行編が終わったら次の・・・番外編での戦いを楽しみにしていてください!!後・・・ランドマスターと行ったらファルコのランドマスターで敵をお持ち帰り、っていうの・・・すごくよく分かります!!
では本編です!!

銀時「今度はいわゆる流星群かよ・・・」

創真「いやそうじゃないでしょ銀さん、確かにアイツらの放つ主砲は流星みたいに見えるけどな」

トリコ「そう言っている場合じゃねぇ!!よけろォォ!!」

ヒュン!!

全員「オワァ!!」

ドカーン!!

本城「すごい威力・・・」

ルフィ「跳ね返すことできねぇのかよ!!」

一護「いや無理だろ!!アレは銃弾とは違う!!」

ヒュン!!ヒュン!!ヒュン!!ヒュン!!ヒュン!!ヒュン!!

ドカドカドカドカドカドカドカドカドカーン!!

全員「ぎゃあああああああああ!!」

本城(・・・いやダメダメ!!こういう時こそさっきの集中力を!!)

ナルト「壊すのも有りだよな!!真風遁!!螺旋手裏剣!!」

トリコ「キャノンフォーク!!」

一護「月牙天衝!!」

両津「ロケット花火ランチ!!」

フォックス「甘い!!」

二つの機械はそれでもよける!!

ファルコ「簡単には当たらないぞ!!」

四人「くそっ!!」

フォックス「お返しだ!!」

ヒュン!!

トリコ「フォークシールド!!」

ガキン!!

銀時(やっぱりまたさっきの集中力で行くか!!)

こうして皆が必死によけて・・・何とか前半をクリア!!

だが・・・

遊真「アイツら・・・面白い嘘ついたな」

全員「!?」

フォックス「そうだ・・・後半からは・・・来い!!サムス!!ファルコン!!」

サムス「ええ・・・行くわよファルコン!!」

ファルコン「カモン!!ブルーファルコン!!」

ファルコン、サムスがそれぞれ最後の切り札で使う宇宙船、ブルーファルコンを引っさげて来た!!

十六夜「そういうことか・・・どうやら四つの戦闘機の銃撃をよけながらいかなくちゃいけねぇのか・・・少しきついな・・・」

悟空「それでもやってやんぞ!!オラワクワクすんぞ!!」

アラレ「悟空君はあいからわずだね〜、援助するよ!!」

アラレは先程持ってきたでかい岩を構えた・・・

アラレ「ほいっ!!」

ヒューン!!

ファルコン「当たるかy」

アラレ「もう一発!!」

ヒューン!!

ガーン!!

ドカァァァァァン!!(撃沈)

ファルコン「だから何で何だよ畜生ォおおおおおおおおおおおおおお!!」

サムス「ファルコンンンンンンンンンンンンンン!!」

十六夜「・・・何とか三機に減ったな、この勢いで行くぞ!!(ファルコンドンマイ・・・)」

全員「・・・ああ!!(ファルコンドンマイ・・・)」

サムス「・・・覚悟しなさい!!」

ヒュヒュヒュヒュヒュヒュヒュヒュヒュヒュン!!

銀時「速ァァァァァァァァァァァ!!」

幽助「威力よりスピード重視の銃撃か・・・もっとはやくよけなければならねぇな!!」

全員「ああ!!」

全員は本気でよけまくった!!磯兵衛やラッキーマンは銀時と声が俺と似ている癖に情けねぇ!!とルフィに引きずられながらよけたのはここだけの話

そして・・・

全員「正直疲れたけど・・・なんとかクリア出来たァァァァァァァァァァァ!!」

何とかクリア・・・

本城(一つ一つ自分の為にしていかなくちゃ・・・)

銀時「大丈夫か?」

本城「えっ?」

銀時「お前さぁ、何かさっきから張り詰めているけどどうしたんだよ?」

本城「い、いや何でもないです・・・・・・・」

銀時「確かに修行を身にしていくのは大事だよ、でもな、こういう時こそよぉ、皆と絆を深めるチャンスじゃねぇか」

本城「!!」

銀時「だからよ、笑っていこうぜ、笑って」

本城「・・・はい!!」

十六夜(流石銀さんだな・・・)

サムス「流石ね・・・ファルコン、大丈夫?」

ファルコン「ああ、大丈夫だ、でも何で目赤くしているんだ?ゴミでも目に入ったのかよ?」

フォックス(お前はバカかァァァァァァァァァァァ!!)

ファルコ(あいからわずだな・・・ファルコンの鈍感さには)

リンク「ここはクリアか・・・なら・・・ルイージ!!」

ルイージ「ああ!!行ってくるよ!!」

リンク「アシストフィギュアも忘れるなよ!!」

こうして次に全員が受ける修行は・・・・・・


















































































































銀時「また何もねぇのかよ・・・」

ルイージ「皆こんにちは、僕はルイージ、マリオの弟だよ!!皆取り敢えず前に進んで!!」

皆は普通にエリアの中央に進んだ・・・

ララ「何するんだろうね!!私楽しみ!!」

ルイージ「じゃあ行くよ!!オバキューム!!」

全員「・・・え?」

ズオオオオオオオオオオオオオオオ!!

全員「吸い込まれるゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥ!!」

ルイージ「僕のオバキュームで吸い込まれないで・・・突破してみて!!」

全力で走ってオバキュームを突破せよ!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。