二次創作小説(旧・映像)

永遠の絆the dream open クロスオーバー 
日時: 2016/01/03 12:55
名前: 坂神 銀拳心

初めまして!!小説書いている皆さんに憧れて書いてみようと思いました!!私が書くのは主にジャンプキャラがメインです。逃走中や戦闘中の小説や時には感動する小説を書こうとも思っています!!得に私が好きな漫画は銀魂です。そして、特に好きなキャラは主人公の銀さんです。(銀さん好きな人もっと増えて欲しいです☆)という訳でプロローグです!!よろしくお願いします!!

後、作者募集は再開しました!!キャラシートです!!>>48

現在武闘会は終わり七泊八日の旅編です!!是非見てみて下さい!!

さらにこの小説にでるキャラ表です!!見てみてください!!>>698>>699

そして私の小説のオリジナル設定です!!これもチェックです!!

>>960

後私の小説に参加している人はアンケートに答えて欲しいです!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.557 )
日時: 2015/01/15 12:30
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

どうも!!坂神です!!コメント感謝です!
エイジアさん
十六夜・・・その言葉を次の修行を見たときに言えるかな?
では本編です!!どうぞ!!

移動中・・・

銀時「けっこう俺達修行してきたよな〜」

めだか「そうだな、でもまだまだやりたいぞ!!」

剣「正直まだまだやれるぞ!!」

鵺野「・・・勘弁してくれ、い、いたたたたたたたたたたたァ!!・・・先程の御仕置きでもう尻が・・・毎回痛む・・・」

ナルト「本当さっきの修行クリアしておいてよかったってばよ・・・」

そして次にきたのは・・・・




























銀時「おい!!何もねぇぞ!!」

全く何もない野原だった。

めだか「どういうことだ!?」

?「やっとここまで来たな・・・・」

銀時「お前は!?」

そこにいたのは・・・・














































































サスケ「流石だな・・・ナルト」

ナルト「サスケ!?お前も来てたのかよ!?」

ナミ「ま、そりゃあルフィなら当然よね!!」

ルフィ「ナミ!?」

ゼブラ「おめぇらここまで来れて調子乗ってねぇよな・・・?」

トリコ「ゼブラ!?」

仲間の一部が来ていたのであった・・・

一護「どういうことなんだ!?」

中川「皆さん、実は・・・私たちが修行の舞台を用意していたんです」

全員「!?」

サクラ「その前にまずオシオキを受けた人の回復を行うわ!!私の前に並んで!!」

磯兵衛「助かったでそうろう」

ツルっ(転んだ)

ドシン(尻をぶつけた)

磯兵衛「いたたたたたたたたたたたたァ!!」

こうして皆が直してもらったあと・・・

ナミ「じゃあ・・・それぞれ説明していくわね!!」

まず最初の湖は・・・

ナミ「まず主人公の皆が走っている間に皆で穴を掘ったの、そして私のレイン=テンポで出来た穴を満たしたのよ」

次に焼け野原は・・・

ナツ「俺が野原を燃やしたんだぜ!!油を敷いたあとに火を出したから消えないようにした!!」

次の天ぷら工場は・・・

中川「僕が緊急で作ったんですよ・・・正直皆さんが乗っても潰れないような工場を作るのはお金かかりました・・・」

トリコ「でももう少し耐久性上げてくれ!!俺落ちたぞ!!」

中川「それは貴方が重すぎなんですよ・・・(涙目)」

次の氷野原は・・・

グレイ「俺が野原を凍らせたんだ」

ナツ「ま、簡単にクリアされていたけどよ!!」

グレイ「ナツ、表でろ」

ナツ「上等だコラ!!かかってこいやぁ!!」

IR「落ち着け!!」

先程の岩転がしは・・・

サスケ「俺が前に使えるようになった地爆天星を小さめに使ってな、岩を大量に作ったんだよ」

ナルト「ふ〜ん」

ナミ「そして・・・これが私達の最後の修行よ!!」

磯兵衛「おお!!遂に終わるのでござるか!!良かったぁ〜」

サスケ「いや、あくまでも俺達が舞台をつくる修行は最後ってだけだ、修行はまだ続くぞ」

磯兵衛「orz」

悟空「それどういうことだぁ?」

ナミ「この次からはほかの人に舞台を作ってもらうのよ!!」

十六夜「それで、お前らが行う最後の修行は?」

ナミ「分かったわ・・・サスケ!!ゼブラ!!サトシ君!!準備はいい!?」

サトシ「はい!!行くぞピカチュウ!!」

ピカチュウ「ピッカッ!!」

果たして最後の修行は!?































































ナミ「まず行くわよ!!サンダーボルト=テンポ!!」

ナミは大きな雷雲を作り上げた!!

ラッキーマン「ま、まさか・・・」

サスケ「雷雲ができたな・・・じゃあ俺の番だ・・・麒麟!!」

サスケは雷を増長させた・・・

サトシ「ピカチュウ!!10万ボルト!!」

ピカチュウ「ピーカチュウウウ!!!」

ゼブラ「サンダーノイズ!!」

雷は更に増長していく!!

銀時「う、嘘だよな?、ま、まさか・・・」

ナミ「嘘じゃないわ・・・私たちが贈る最後の修行は・・・」














































四人「雷だ!!」

全員「・・・いや俺達(私達)を殺す気かァァァァァァァァァァァ!!!」

次の修行はこの試験最難関の雷です!!
竜さん、エイジアさん、IRさん、今回は突破する方法をもし見ているなら必ず書いて欲しいです!!

Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.558 )
日時: 2015/01/15 00:17
名前: IR ◆eVBWcg3A/A

んなもん決まってんだろ...雷なんて...殺すきかぁぁ!!!!!

はぁ...とりあえず避けて避けて避けまくる!隙があれば突破!!という感じですね...雷にゼブルブラストも刀も通用しないだろうし


更新頑張ってください!

永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.559 )
日時: 2015/01/15 00:25
名前: 竜 ◆CmqzxPj4w6

じゃあ書くぜ!


竜「最後は命名するなら雷地獄か・・・。人の技じゃねえよ。」

子音「方法はなくもないわね。少しリスクを伴うけど。」

竜「ああ、1つはラムウ変身だがもう二度使っている。残っている変化ででんきが平気なのは・・・」

子音「北欧神話の神獣・フェンリルでしょ?」

竜「ああ、フェンリルなら電気を吸収しスピードに変えることが出来る。ただ、今のメンバーは電気耐性がないやつがいるからな・・・」

子音「そこで私の出番でしょ?ゲルパルド解封。」

竜「微量の解封なら巨大化だけで済んでリスクは少ししかない。それしか方法がないな。」

子音「調節・・・・難しいけどやってみるわ。」

竜「頼む。クリアするならひとりも欠けずに行きたいからな。」

子音「行くわよ・・・・ゲルパルド解封・改!!」

竜「神獣変化・フェンリル!!グオオオオオオ!!六尾吸収針!!乗れみんな!!」


どうでしょう?

Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.560 )
日時: 2015/01/15 10:50
名前: エイジア

こんにちは。エイジアです。

ララ「次は雷ですか・・・・」

十六夜「どうする?俺は、雷を避けながら行くが」

ララ「十六夜だったら出来そうだね。私は、覚醒をするよ」

十六夜「覚醒か・・・・つまり、それをすると言うことは・・」

ララ「ええ、あの雷を斬る!」

十六夜「そうだと思ったぜ・・・・」

ララ「十六夜も援護するから。」

十六夜「お、ありがとな」

ララ「工場の時のお礼だよ」

コメント待ってます。

永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.561 )
日時: 2015/01/15 23:25
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

どうも!!坂神です!!コメント感謝です!
IRさん
把握しました!!
竜さん
把握しました!!
エイジアさん
把握しました!!
では本編です!!どうぞ!!
千棘「いやぁああああああああああ!!私何よりも雷が大っきらいなのよぉおおおおおおおおおおおお!!(涙目)」

めだか「それどころじゃないぞ・・・もし直撃したら確実に死ぬぞ・・・・」

銀時「でもさっきの火のように回避するのは無理だろうな・・・雷はいつ落ちてくるのかは予測不可能だからな・・・」

ルフィ「そうだよな〜お前らには確かに難しいだろうな〜・・・でも俺はクリアしたぜ!!」

全員「・・・・いやいつの間にいいいいいいいいいいいいいい!?」

ルフィが簡単にクリアできた理由は・・・お察しください
ルフィクリア

斉木「・・・やむを得まい」

斉木は能力制御装置を外した・・・・

斉木「一瞬で向こうで移動するのがダメならば・・・・」

シュン!!

斉木「何ども移動すればいい!!」

シュンシュンシュンシュンシュンシュンシュンシュンシュン!!

そして・・・

斉木「ハァハァハァハァ・・・・何とかクリア出来たが疲れたな・・・」

斉木クリア

子音「行くわよ・・・・ゲルパルド解封・改!!」

竜「神獣変化・フェンリル!!グオオオオオオ!!六尾吸収針!!乗れみんな!!」

江田島「・・・悪いが!!竜!!全員を乗せるのはやめてもらおう!!」

竜「ど、どうしてなんだ!?」

江田島「全員載せたら修行にならん!!その代わり・・・さすがに無理だろうという仲間ならいい!!」

竜「そうか・・・」

やむを得ず黒子、日向、磯兵衛、千棘、ララなど無理そうな仲間を乗せて・・・

藤崎「オイイイイイイイイイイイ!!俺も!!俺も乗せてェェェェェェェェ!!」

ラッキーマン「私も乗せてくれェェェェェェェェ!!」

竜「お前らは何とかしやがれ!!特にラッキーマン!!お前は仮りにもヒーローなんだろ!!」

竜は・・・突撃を開始した!!

竜「でも乗せている仲間にも気を使わなくちゃな・・・」

竜は出来る限り乗せている人に電気が当たんないように進む!!

銀時「さて・・・俺たちは・・・・どうしようか?」

ナルト「こうなったら・・・一気に突破しかないってばよ!!」

江田島「そうだ!!・・・特別にヒントを教えてやろう!!これを習得するためにこの最難関の修行にしたのだ!!」

銀時「教えてくれ!!それはなんなんだ!?」

江田島「よいか!!雷が落ちる位置は見て見抜くのではない!!感じて見抜け!!」

全員「!?」

続きはまた明日です!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。