二次創作小説(旧・映像)

永遠の絆the dream open クロスオーバー 
日時: 2016/01/03 12:55
名前: 坂神 銀拳心

初めまして!!小説書いている皆さんに憧れて書いてみようと思いました!!私が書くのは主にジャンプキャラがメインです。逃走中や戦闘中の小説や時には感動する小説を書こうとも思っています!!得に私が好きな漫画は銀魂です。そして、特に好きなキャラは主人公の銀さんです。(銀さん好きな人もっと増えて欲しいです☆)という訳でプロローグです!!よろしくお願いします!!

後、作者募集は再開しました!!キャラシートです!!>>48

現在武闘会は終わり七泊八日の旅編です!!是非見てみて下さい!!

さらにこの小説にでるキャラ表です!!見てみてください!!>>698>>699

そして私の小説のオリジナル設定です!!これもチェックです!!

>>960

後私の小説に参加している人はアンケートに答えて欲しいです!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.547 )
日時: 2015/01/11 11:08
名前: IR ◆eVBWcg3A/A

ダンタリオン「おい、大丈夫か?」

IR「まぁな、どうにか生きてるよ...」
ダンタリオン「次は工場の上を走るようだな、方法はあるのか?」

IR「あったらもう使ってるさ、まぁ、いけるだけやるさね」

ダンタリオン「おう、頑張れよ主」

更新頑張ってください!

Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.548 )
日時: 2015/01/12 00:02
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

どうも!坂神です!コメント感謝です!
エイジアさん
把握しました!
IRさん
果たして生きて帰れるのか!
では本編です!
めだか「面白い!行くぞ!」

ナルト「俺はこういう移動位いつもやっているってばよ!」

遊真「俺もだな」

アクセル「吸血鬼を舐めるな…」

キルコ「わたしも自信あるんです!」

リクオ「俺も行けるぞ…」

一護「俺も行けるぜ」

ゴン「俺も行くよ!」

星矢「コスモの力を見せてやるぜ!」

めだかとナルトと遊真とアクセルとキルコとリクオと一護とゴンと星矢は持ち前の俊敏さを利用して建物の上を次々と進み…

九人「よし!」

クリアした…

めだか、ナルト、遊真、アクセル、キルコ、リクオ、一護、ゴン、星矢クリア

ルフィ「まあ俺には簡単だな!ししし!」

ボーボボ「お前ら全員に鼻毛神拳の強さを見せてやるぜ!」

ころせんせー「触手の万能力を見せてやりましょう」

ルフィとボーボボところせんせーはそれぞれ手と触手と鼻毛を駆使してターザンの感覚で次々と乗り移りながらクリア…

ルフィ、ボーボボ、ころせんせークリア

ジュン市「笛を吹きながらなら俺はどこでも行けるさ!」

と馬鹿なセリフを言いながらやかましい笛を吹きながら乗り移りクリア…

ジュン市クリア

問題は…

ケンシロウ「…お前らは大丈夫なのか?」

ジョナサン「…だよね」

トリコ「正直自信ねぇ…」

アラレ「ほよよ?」

火ノ丸「そうじゃのう…」

結構重い連中であった…

銀時「お前らは筋肉すげぇからな…その分重いんだよな…」

黒子「でもそんなこと言っていてもしょうがないでしょう」

トリコ「そうだな!じゃあ一丁やってみるkああああああああああ!」

銀時「ってもう落ちたのかよ!」

トリコが一つの屋根に乗った瞬間屋根が破れて落ちた…

すると…

トリコ「暑ちちちちちち!」

残っている全員「え?」

トリコが屋根の穴から飛び出てきた…

トリコ「暑ち、暑ち!気をつけろ!下は…熱々の油がある!」

残っている全員「えええ!?」

どうやらこの工場はてんぷら工場だったようだ…

火ノ丸「何度も落ちていたらてんぷらになるぞ…」

銀時「じゃあどうしようか…」

ネウロ「気をつけながら進むしかあるまい」

両津「そうすれば行けるぞ!わしみたいに!」

残っている全員「っていつの間にかにクリアしていたんのかよ!」

両津は話している間にクリアしていたのだ…

両津クリア

銀時「よし!こうなったら覚悟決めて行くぞコノヤロー!」

ララ「皆がんばろーね!」

残っている全員「その前にブラ直せェェェェェェェェェ!」

という訳で全員工場を登り始めた…

IR「慎重にいかねぇと…」

ツルッ

詩音「わぁ!」

竜「詩音!大丈夫か!」

詩音「危なかった…もう少しで滑り落ちそうでした…」

出久「気をつけないと…」

綱吉「油断しないほうがいいですね…」

銀時「ローラーは避けろよ!絶対落ちるから!」

磯兵衞「スリル満点で候…」

ラッキーマン「難しいよ〜」

こういろいろ言いながら…

クリアに成功した…

残っていた全員「よし!」

千棘(あの二人…お姫様抱っこしちゃって…アツアツね!)

そして…次に着いたのは…

























今度は氷が一面にある雪野原!

全員「火の次は氷かよ!」

次は凍っている野原です!もちろん溶けませんよ!

Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.549 )
日時: 2015/01/12 11:06
名前: エイジア

こんにちは。エイジアです。

ララ「次は、氷の野原ですか・・・・・・」

十六夜「エイジアだったら簡単だったな」

ララ「どうしよう・・・この氷特殊だから、私の炎じゃ消えませんね・・・」

十六夜「俺は、滑って行くがララはどうするんだ?」

ララ「そうだね・・・私はどういこうか・・・・」

レイヴン『ララ』

ララ「ん?どうしたのレイヴン?」

レイヴン『俺なら、黒い霧を足場に変えて、ここを攻略できる。代わってくれ』

ララ「分かった。十六夜、私を気絶させて。」

十六夜「え〜と、こうすればいいか?」

レイヴン「ふぅ、出られた。ありがとう、十六夜」

十六夜「別にいいぜ」

コメント待ってます。

Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.550 )
日時: 2015/01/12 10:25
名前: IR ◆eVBWcg3A/A

とりあえず、氷は想定内だ、スケートのように滑りゃ行けるだろ、まぁ滑り方はわかんねぇけどな!

更新頑張ってください!

永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.551 )
日時: 2015/01/12 10:57
名前: 竜 ◆CmqzxPj4w6

氷なら滑ればいい!


竜「氷なら問題ないな。とけないだろうし。」

子音「私は氷対策の技持ってないけど・・・」

竜「仕方ないな、こい。おんぶしてやる。」

子音「えっ・・・・(ほおが赤くなる)」

竜「姫様だっこの方がいいのか?」

子音「・・・・・・・・おんぶでいい(照)」

竜「神獣変化・氷神!シヴァ!ダイヤモンドスケテーィング!」(シヴァ変身は一時的に女性変化します)


コメント待ってます!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。