二次創作小説(映像)

永遠の絆the dream open クロスオーバー 
日時: 2016/01/03 12:55
名前: 坂神 銀拳心

初めまして!!小説書いている皆さんに憧れて書いてみようと思いました!!私が書くのは主にジャンプキャラがメインです。逃走中や戦闘中の小説や時には感動する小説を書こうとも思っています!!得に私が好きな漫画は銀魂です。そして、特に好きなキャラは主人公の銀さんです。(銀さん好きな人もっと増えて欲しいです☆)という訳でプロローグです!!よろしくお願いします!!

後、作者募集は再開しました!!キャラシートです!!>>48

現在武闘会は終わり七泊八日の旅編です!!是非見てみて下さい!!

さらにこの小説にでるキャラ表です!!見てみてください!!>>698>>699

そして私の小説のオリジナル設定です!!これもチェックです!!

>>960

後私の小説に参加している人はアンケートに答えて欲しいです!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99



永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.986 )
日時: 2015/12/31 23:46
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

坂神「皆さん集まりましたね!!」

皆がステージの前に集合した!!

坂神「いよいよ今年も終わりです!!・・・という会話前にもしましたね」

千棘「今年も終わりね〜・・・って前も言った気がするわ」

日向「遂に終わるんだな〜」

斉木(その会話はたった今日本のほとんどの人が言っているに違いない・・・って前にも思ったなこれ)

ころせんせー「ヌルフフフフフ、来年もいい年になるといいですね〜」

銀時「・・・いやちょっと待てぇぇぇぇぇぇぇ!!前の年越しの時と会話が全然変わってねぇじゃねぇかぁァァァァァァァァ!!」

ナルト「しょうがねぇってばよ、言うことは結局かわんねぇんだから」

猿悟巻「それが結局のところ事実なんだぜ」

アスタ「いや変わってるだろ!!俺がいる!!」

ユノ「まぁ確かにそうだけどよ」

ノエル「大した違いじゃないじゃない」

恭介「僕もいますけど・・・」

開斗「ああ」

坂神「・・・いえ、確かに前と会話はあまり違いはありません・・・でも・・・それでいいじゃないですか」

銀時「はぁ?」

坂神「・・・何故なら・・・」































































坂神「同じ年越しを・・・同じ仲間で・・・同じく越せる・・・これ以上幸せなことなどないのですから」

めだか「・・・そうだ・・・人はいつ死ぬかわからない、その中で今までと同じように入れること・・・それが幸せであることを人は欲におぼれて忘れるものだ・・・こういう年越しの時こそ初心に帰らなければ」

銀時「・・・そうだったな・・・俺が間違ってたぜ・・・じゃあ!!」

悟空「ああ!!前と同じように年を越すぞ!!」

ルフィ「来年も楽しもうぜ!!」

一護「ああ、そうだな」

銀時「また来年も俺たちを」

全員「よろしくな!!」

坂神「では主人公達に!!残り20秒になってからのカウントダウンをお願いします!!」

9分後・・・

銀時「じゃあ・・・そろそろ・・・前回と同じように・・・カウントダウン行くぞコノヤロー!!」

ジョナサン、ケンシロウ「20!!」

ラッキーマン、零「19!!」

リクオ、綱吉「18!!」

キルコ、幽助「17!!」

めだか、ララ「16!!」

星矢、剣「15!!」

ジュン市、鵺野「14!!」

ボーボボ、アラレ「13!!」

男鹿、佑助「12!!」

アレン、黒子「11!!」

悟空、ナルト「10!!」

アスタ、恭介「9!!」

出久、火ノ丸「8!!」

千棘、日向「7!!」

ころせんせー、斉木「6!!」

創真、遊真「5!!」

磯兵衛、両津「4!!」

ゴン、トリコ「3!!」

剣心、一護「2!!」

銀時、ルフィ「1!!」

Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.987 )
日時: 2016/01/01 00:00
名前: 坂神銀剣心 ◆8ux1c8TcRU

全員「0!!」

全員「ハッピィニュゥイヤァァァァァ!!」

坂神「あけましておめでとうございます!!」

出久「遂に2016ですね!!」

アスタ「良い年になると良いな!!」

創真「ああ!!」

銀時「というわけで今年も相変わらず」

全員「宜しくお願いします!!」

坂神「というわけで今年も作者参りしましょう!!」

銀時「今回はどうするんだ?」

坂神「今回は主にコメントしてくださってるエイジアさん、マフジーさん、メイドウィンさん、晴哉さん、それに竜さん、迅宗さん、IRさん、抜間さんに主人公混同でいこうとおもいます!!」

適当だとはいってはいけない。

坂神「それではいきましょう!!」

というわけでまたコメントしに行きますび

Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.988 )
日時: 2016/01/01 00:21
名前: 竜 ◆CmqzxPj4w6

あまけしておでめとう!

2016もよろしくお願いします。

マリオのほうだけロック解除しました。新年コメントはここにお願いします。

中々更新しなくてすみません!大学長期休学期間頃にはほぼ毎日更新できると思いますのでお待ちください!

Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.989 )
日時: 2016/01/01 00:22
名前: 伊那谷ユウナ

どうも、伊那谷です!あけましておめでとうございます!!

去年はラミネバでお世話になりました…トキカとの絡みは忘れてませんよ!!初めての視点小説でしたから尚更です。これからもたまに絡んで下さると幸いです

では、今年もよろしくお願いします。

Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.990 )
日時: 2016/01/01 00:35
名前: 雄介 ◆wRfaivNNtI

新年明けましておめでとうございます!
雄介です!

今年も良い年になりますように!
坂神さんも良い作者さんになりますように祈ってます!
(でもあれは他の作品ではサンタ姿あれは色気ありましたね。否定しませんけど気にせず)
ジャンプメンバーたちもカウントダウンするとは
僕もやらないと!
それじゃ失礼します!

永遠の絆the dream open クロスオーバー ( No.991 )
日時: 2016/01/01 01:43
名前: 迅宗

迅宗です。

あけましておめでとうございます!

笑ってはいけないと逃走中のコメントありがとうございます!

2016年、よろしくお願いします。

挨拶は誰が来るのでしょうか…?

次の更新期待してます。

Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.992 )
日時: 2016/01/01 02:47
名前: 晴哉 ◆ZbGp1lVNU6

新年、あけましておめでとうございます!

どうも、晴哉です! 大晦日はガキ使も紅白も見ずにクイズ番組を見てた変人中の変人ですwww

MZD「晴哉さんは笑いよりもクイズなのか……」
スミス「カオスは求めなくては良いのですか……?」
晴哉「随分と心配してくれてるな; まぁありがとう。」


こちらも小説を更新したのですが、カオス世紀末に向かっております←←

何があったのかはそちらでのお楽しみに……

という訳で!今年も宜しくお願い致します!!


しかし、結局変態&ペッタンはヤられちゃいましたねwww 毎度ながら、私達に笑いを届けて頂き、ありがとうございます! 今年は私も坂神さんの小説に出たいです……!


ルフレ「もう少し遠慮の精神を持て。坂神さんに迷惑かかるだろうが!」
晴哉「そうでした…… スミマセン…………」



ソレでは今回はこの辺で!!

Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.993 )
日時: 2016/01/01 10:15
名前: エイジア

こんにちは!エイジアです。

新年、明けましておめでとうございます!

エイジア「なんか、いつの間にか年、明けてたね」

レイヴン「ああ、そうだな。それよりエイジア」

エイジア「ん?なに?」



レイヴン「お前の小説そろそろ進めろよ」

エイジア「・・・・・うん。そうだね」

ララ「エイジアさんが泣いている気がすます・・・・」

十六夜「ま、自業自得だな」

エイジア「まあ、取り合えず」

全員『今年もよろしくお願いします!!!!』

コメント待ってます。

永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.994 )
日時: 2016/01/03 17:36
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

どうも坂神です!!あけましておめでとうございます!!コメント感謝です!!二日遅れましたが、新年も書いていきますよ!!

竜さん

あけましておめでとうございます!!大学長期休学期間を楽しみにしてます!!後あけましておめでとうがあまけしておめでとうになっていますよ

伊那谷ユウナさん

あけましておめでとうございます!!ラミネバの事は今でも覚えてます!!トキカはこの小説でスパイ編に出ていますので見ていてください!!・・・あ、ちょっと良いこと思いつきました!!後にユウナさんの小説に書きますのでお楽しみに!!

雄介さん

あけましておめでとうございます!!今年も良いとしになると良いですね!!雄介さんも雄介さんでがんばってください!!

迅宗さん

あけましておめでとうございます!!今年もよろしくですぅ!!逃走中も機会があったらコメントしていきますね!!

晴哉さん

あけましておめでとうございます!!私は大晦日は紅白をみました!!でもクイズ番組も面白かったです!!

エイジアさん

あけましておめでとうございます!!末永くよろしくお願いします!!

では本編です!!どうぞ!!

坂神「さて、新年一発目にやることは・・・メンバー入れ替えです!!」

銀時「メンバー入れ替え?」

坂神「はい!!実は予想以上に結構人数多かったので・・・ここで落ちる人たちを決めたいと思います!!」

全員「えええええええええええええええええええ!?」

坂神「ただしレギュラー達は除いてやります!!」

レギュラー「よっしゃああああああああああああああああああ!!」

めだか「頑張れ貴様等!!」

ナルト「ここで落ちるのは嫌だってばよぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!」

磯兵衛「頑張れで候(超ドヤ顔)」

空閃「そのドヤ顔やめてくれない?イラってくるから」

トリコ「右に同じだ!!落ちてたまるか!!」

ラッキーマン「私が落ちるわけがないのだ!!何故なら私はラッキーマンだからな!!」

当麻「・・・ヤベェェェェェェェェェェェェェ!!」

零「ここで落ちたら奇面組の名が廃る!!」

アスタ「撃沈してたまるかぁ!!」

坂神「では・・・ルール説明します!!」

果たして・・・何で決めるのか!?

坂神「それは・・・」

















































坂神「くじです!!」

ドガシャァァァァァァァン!!

全員「それだけかよぉぉぉぉぉぉぉぉ!!」

皆すっころんだ!!あまりの呆気なさに

坂神「くじの内容は皆さんの分のうち7つが脱落のクジになってます、皆さん、当てないようにしてくださいね!!」

レギュラー以外「絶対当てない!!」

アラレ「絶対当てるんだ!!」

ラッキーマン「となると私は間違いなくあたりを当てるに違いないな!!」

千棘「ラッキーマンだからねぇ・・・」

当麻(くそぉ・・・!!こいつまた幸運で良い思いをするつもりか・・・どうにかできねぇか!?・・・そうだ!!)

当麻は・・・あることを思いついた!!

坂神「ではクジを引いてください!!」

当麻「ちょっと待ってくれ!!」

当麻がストップをかけてきた!!

当麻「・・・ラッキーマン、お前に言いたかったことがあるんだ!!」

ラッキーマン「?」

当麻がラッキーマンに声をかけてきてきた!

当麻「ラッキーマン・・・お前は本当にカッコいいヒーローだった!!斉木をやっつけたときのお前はこれが伝説のヒーローだってよくわかった!!」

ラッキーマン「当然なのだ!!私は世界一運が良い最強のヒーローなのだからな!!」

当麻「流石最強のヒーロー!!どんなことがあってもすべて運で解決できる!!そこに痺れる憧れるぅ!!」

ラッキーマン「はっはっはっ!!(超笑顔)」

インデックス(おかしいんだよ・・・ラッキーマンってそこまでかっこよくなかったよね?)

黒子(何か考えているようですね・・・)

当麻「だから・・・握手してくれないか?」

当麻は右手を差し出した!!

ラッキーマン「もちろん良いのだ!!」

ラッキーマンも左手を差し出して互いに握手!!

美琴(・・・成る程、ヒドいことするわねぇ)

果たして当麻は何をしたのか?

そして・・・

坂神「では引いてください!!」

主人公達は一斉にクジを引こうとする・・・その時!!




















































シュン

ラッキーマン「あれ!?」

ラッキーマンが超不幸状態に!!

ラッキーマン「え、え、ちょっとまってどうs」

両津「早く引け!!」

ラッキーマン「えっ、ええええええええ!?」

ラッキーマンも渋々と引いた・・・そして!!

坂神「皆さんクジを引けましたか?・・・それでは開いてください!!」

皆は・・・クジを引いた!!外れたのは・・・







































外れたのは・・・星矢、剣、ネウロ、恭介、リクオ、キルコ、ジュン市、ラッキーマンの8人!!

8人の漫画達「畜生ゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥ!!」

坂神「というわけで!!8人の漫画は脱落・・・」
































坂神「・・・ではありません!!」

8人「え!?」

坂神「8人にはもう一度クジを引いてもらいます!!そのうち一つには一人脱落カードと言い、その漫画のうち一人落ちるだけですむのです!!」

キルコ「お願いします・・・当たってェェェェェェェェ!!」

ラッキーマン「今不幸状態だから待っt」

坂神「早く引いてください!!」

ラッキーマン「いやだぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

8人は・・・もう一度引いた!!

結果は・・・!!






























キルコ「やったぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

7人「オーマイガットォォォォォォォォォォォォォォ!!」

キルコが幸い正解!!

坂神「というわけで七人の漫画グループは帰還の準備をしてください!!」

永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.995 )
日時: 2016/01/03 11:17
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU


リクオ「やっちゃいました・・・皆さんともう少し楽しみたかったです・・・」

剣「仕方ない・・・また男塾へ帰ろう」

恭介「せっかく来たばっかりなのに・・・仕方ないですね」

ジュウ市「今の悲しみを笛で表現さs」

斉木「黙れ」

ネウロ「仕方あるまい、戻らせてもらおう」

ラッキーマン「不幸だぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

スーパースターマン「何やってんだ貴様はぁぁぁぁぁぁぁ!!」

ラッキーマン「仕方がないでしょ!!超不幸状態だったんだから!!でも何で不幸状態に・・・?」

当麻(作戦成功・・・)

当麻は握手したとき右手で「幻想殺し」を発動、ラッキーマンの超幸運を消したのだ・・・坂神「で、キルコさん、三人のうち誰を?」

キルコ「撃鉄さん、さらばです!!」

撃鉄「・・・良いわよ、もう・・・(ため息)」

坂神「あ、後もう一つ言い忘れましたが・・・作者さんも引いてもらいます」

作者達「えええええええええええええ!?」

マリンスノー、浜千鳥「不味いッスゥゥゥゥゥゥ!!」

竜「ここで落ちたくねぇ!!」

エイジア「絶対に落ちない!!」

坂神「外れは5つあります!!では・・・引いてください!!」

作者は全員引いた・・・そして・・・















外れを引いたのは・・・零竜、シャル、マリンスノー、ショコラ、アックスホーク!!

五人「くそぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!」

坂神「というわけで五人の作者勢は帰還の準備をお願いします!!」

シャル「仕方ないね・・・」

零竜「ああ・・・」

ショコラ「もう少しいたかったな・・・」

アックスホーク「ケンシロウ様と別れたくなかったが・・・やむをえまい」

マリンスノー「仕方ないッスね・・・」

坂神「では・・・解散です!!外れてしまった人は帰還の準備を!!そして新たなキャラ達を楽しみにしていてください!!」

皆は解散した・・・その中で・・・





































銀時「エイジア、ちょっとラーペを借りるわ」

エイジア「何でですか?」

銀時「・・・話があるからだよ」

本城「分かりました」

本城と銀時は部屋を出ていった・・・

本城「話とはなんです?」

銀時「・・・本城、実は昼から考えていたんだ、でも話す機会がなかったから言わなかったんだけどな・・・」







































銀時「本城、皆が寝たらホテルの体育館に来い」

本城「・・・?」

銀時「来たら教えてやるよ、何をするのか」

果たして銀時の考えは・・・?

そして・・・皆さんにお知らせです!!

























第三次作者募集をします!!空きは8人です、なので三人作者さんを募集しようと思います!!最大作者+オリキャラ×2、の人が二人、作者とオリキャラのセットで募集する作者は一人です!!早いもの勝ちです!!

後零竜さん、アックスホークさん、シャルさん、ショコラさん、マリンスノーさん、まだこの小説に参加していたい人はコメントお願いします!!これが最後のチャンスです!!締め切りは次の更新までです!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大4000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。