二次創作小説(旧・映像)

永遠の絆the dream open クロスオーバー 
日時: 2016/01/03 12:55
名前: 坂神 銀拳心

初めまして!!小説書いている皆さんに憧れて書いてみようと思いました!!私が書くのは主にジャンプキャラがメインです。逃走中や戦闘中の小説や時には感動する小説を書こうとも思っています!!得に私が好きな漫画は銀魂です。そして、特に好きなキャラは主人公の銀さんです。(銀さん好きな人もっと増えて欲しいです☆)という訳でプロローグです!!よろしくお願いします!!

後、作者募集は再開しました!!キャラシートです!!>>48

現在武闘会は終わり七泊八日の旅編です!!是非見てみて下さい!!

さらにこの小説にでるキャラ表です!!見てみてください!!>>698>>699

そして私の小説のオリジナル設定です!!これもチェックです!!

>>960

後私の小説に参加している人はアンケートに答えて欲しいです!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.542 )
日時: 2015/01/10 20:26
名前: エイジア

こんにちは。エイジアです。

エイジア「十六夜、特訓行けるらしいよ。」

十六夜「マジか!?わかった、すぐ出る。」

エイジア「泉は、十六夜の運動神経が良いから大丈夫だけど・・・・」

十六夜「問題は焼け野原だな・・・・」

エイジア「ま、十六夜ならなんとかなると思うから頑張って」

十六夜「ああ、じゃあ行ってくる」

エイジア「うん、いってらっしゃい」

コメント待ってます。

Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.543 )
日時: 2015/01/10 08:09
名前: IR ◆eVBWcg3A/A

うっひゃー、みんなすげぇな〜...さて、俺も歩いていくか〜、移動するための技があるわけじゃねぇからなー



更新頑張ってください!

Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.544 )
日時: 2015/01/10 13:34
名前: 零龍 ◆TEgQzttBnI
参照: 久しぶりの更新

俺なら瞬間移動で余裕だ

永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.545 )
日時: 2015/01/11 00:14
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

どうも!!坂神です!!コメント感謝で候!!(磯兵衛風)
竜さん
いえいえ!!分かってくればいいんですよ!!
エイジアさん
十六夜はどうかつやくするのかおたのしみに!!
IRさん
正直ここ能力がないと難しいです
零龍さん
でも瞬間移動系はダメなんです・・・
では本編です!!
ころせんせー「私も行きますよ〜」

シュンシュン!!

ころせんせーはものすごい速さ突破に成功した・・・

更に・・・

男鹿「俺も負けていられねぇ・・・・ベル坊、準備はいいか、魔王の大晩餐会!!」

ベル坊「だぁ!!」

男鹿(魔王の大晩餐会モード)「魔王の烙印!!」

男鹿は大量の魔王の烙印を火の前に設置した・・・

男鹿「これで準備は出来た・・・じゃあいくぞ!!」

男鹿は烙印をそれぞれ設置された場所を踏んでジャンプして火を回避しながら進み・・・

男鹿「よし、クリアだぜ!!」

ベル坊「ダダァン!!」

男鹿、ころせんせークリア

その頃・・・

トリコ「よし!!クリアだ!!」

遊真「まあ出来たな」

ケンシロウ「出来たぞ・・・」

剣「男塾に不可能はない!!」

炎を進んだ人々も成功していた・・・

竜「神獣変化・ラムウ!雷速テレポ!!」

竜も同じく俊足でクリアに成功!!

竜、ケンシロウ、剣、遊真、トリコクリア

零「秘術!!足長おじさんなのだ!!」

零も秘術を駆使して体に炎が当たらないでクリア!!

零、クリア

アクセル「俺もいくぞ・・・」

アクセルも火を特殊能力を駆使してよけてクリア・・・

アクセル、クリア

ネウロ「また使わせてもらう、魔界777ツ能力惰性の超特急5!!」

火を振り払い進みクリアした・・・

残りのメンバーはどうすればいいのか考えていた・・・

その頃・・・

十六夜「よし!!俺も行くぞ!!」

十六夜が準備を終えて出発しようとしたとき

ボーボボ「待てェェェェェェェェ!!」

十六夜「え!?」

ボーボボも喧嘩をビュティやオールマイトに仲裁してもらい途中参加することになった・・・

坂神「揃いましたね!!では・・・」

ガシッ

十六夜、ボーボボ「え?」

ガコン

十六夜「え、いやちょっと待て俺を大砲に入れて何を」

ジュジュジュジュ・・・(導火線に火がついた)

坂神「大砲で皆さんの修行している場所に飛んでいってもらいます!!」

ドカーン!!

坂神「ではいってらっしゃいです〜」

二人「ああああああああああああああ!!!」

エイジア「十六夜飛んでいったけど大丈夫かな・・・」

で、また修行している主人公に戻ります。

剣心「・・・こうなったら火をよけながら進むしかないでござるよ」

銀時「そうだな、俺や剣心やI一護やIRは楽勝だろな、剣士だからよ、でもほかの奴らどうしようか?」

ララ「私・・・絶対無理だよぉ・・・(涙目)」

銀時「しょうがねぇな、ほら」

銀時は腰を下げた後言った

銀時「おぶってやるよ、だから泣くな」

ララ「あ、ありがとうございます・・・(涙目&笑顔)」

剣心「(優しいでござるな、銀時殿)そうだな・・・千棘殿、主は拙者がおぶるでござるよ」

千棘「あ、ありがとう!!」

一護「じゃあ鵺野先生、アンタは俺が背負います」

鵺野「ありがとな一護!!」

IR「じゃあ詩音、俺がアンタを背負うぜ!!」

詩音「あ、ありがとうございます!!」

創真、出久「俺達はどうしようか・・・」

幽助「俺も行くぞ!!」

リクオ(ぬらりひょんモード)「俺も行く!!じゃあ二人は俺が持っていく!!」

ちなみに今は夜である

ジョナサン「僕も行きます!!ゴン君!!僕の体に乗って!!」

ゴン「ありがとう!!」

こうして人を背負いながら挑む!!

銀時「火は相手の振った剣筋と考えながらよけて進むぞ!!」

ララ「本当にありがとうございます!!」

銀時「ああ・・・ってちょっと待て」

銀時はララをよく見ると・・・

ララは先程泳いだためセーターとシャツが透けていてさらに・・・ブラジャーがずれていた、それはつまり・・・

銀時「・・・いやブラジャーの位置直せェェェェェェェェ!!ヤベェ!!マジ鼻血出るからァァァァァァァァァァァ!!」

ララ「え?どうしてですか?」

銀時「よく自分の服の状態を見ろォォォォォォォォォォォォ!!これじゃあ進んでいるうちにトラブル起きるゥゥゥゥゥゥゥゥ!!」

ま。そんな会話がありながら背負っている人は火をよけながら進み・・・

10分後・・・

背負っていた人「よっしゃあ!!」

クリアに成功!!

IR「ひやひやしたぞ・・・」

そして・・・

奇跡か偶然か火が急に消えた

ラッキーマン「やったぁ!!ラッキ〜」

ラッキーマンと磯兵衛は楽にクリア出来た・・・

銀時「アイツらにイライラしたのは俺だけか?」

全員「いやここにいる全員だと思う!!」

すると・・・

ああああああああああああああ・・・

本城「え?この悲鳴は・・・十六夜!?」

ドカーン!!

十六夜「いてててて・・・・やっとついたぜ・・・」

本城「どうして十六夜も!?」

十六夜「ちょっとわけあってな」

ボーボボ「ボボボーボ・ボーボボ!!派手に登場!!」

そして・・・その後まっすぐ進み・・・
次は・・・




























































磯兵衛「ここは・・・新しい工場?よし、壊してすすむz」

剣「ダメだ!!壊したら工場が運営できなくなるから!!」

磯兵衛「・・・それはまさか・・・」

剣「そうだ!!工場のタンクなどの上を歩く!!」

次は工場の上を歩きます!!

Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.546 )
日時: 2015/01/11 13:08
名前: エイジア

こんにちは、エイジアです。

十六夜「次は工場の上を走るのか・・・・よし、俺達で行くぞ」
ガシ
十六夜「ん?ララどうしたんだ?」

エイジア『ララは高所恐怖症なんだよ。』

十六夜「エイジア!?何処から声が!?」

エイジア『銀さん達がいったあと、こっそりカメラを飛ばしたんだ。こっちからはモニターから見られるの。んで、何かあったときは、通話出来る物を十六夜につけたんだ。』

十六夜「そうか・・・・分かった」

ララ「・・・・・」

十六夜「ララ、高いところ、怖いのか?」

ララ「・・・うん・・・」

十六夜「しょうがない。」ヒョイ

ララ「ん?きゃあ!い、十六夜!?」

今の状況
十六夜がララをお姫様だっこしている(byエイジア 分かりやすいですか?)

十六夜「この方が下を見ずにいいだろ?」

ララ「え、うん、でも・・・恥ずかしい・・・・」

十六夜「このまま、渡るからしっかりつかんでろよ」

エイジア『まぁ、二人とも頑張れ』

コメント待ってます。

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。