二次創作小説(旧・映像)

永遠の絆the dream open クロスオーバー 
日時: 2016/01/03 12:55
名前: 坂神 銀拳心

初めまして!!小説書いている皆さんに憧れて書いてみようと思いました!!私が書くのは主にジャンプキャラがメインです。逃走中や戦闘中の小説や時には感動する小説を書こうとも思っています!!得に私が好きな漫画は銀魂です。そして、特に好きなキャラは主人公の銀さんです。(銀さん好きな人もっと増えて欲しいです☆)という訳でプロローグです!!よろしくお願いします!!

後、作者募集は再開しました!!キャラシートです!!>>48

現在武闘会は終わり七泊八日の旅編です!!是非見てみて下さい!!

さらにこの小説にでるキャラ表です!!見てみてください!!>>698>>699

そして私の小説のオリジナル設定です!!これもチェックです!!

>>960

後私の小説に参加している人はアンケートに答えて欲しいです!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.521 )
日時: 2016/01/05 18:26
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

どうもみなさん!!アンケートに答えてくださって感謝です!!

IRさん
把握しました!!
ジャガーさん
すみませんがあまりよく決まっていません・・・まあ騎士、共有者、占い師、霊能者、妖狐などは基本的な物はだそうと考えています、参加する人数はいまだ未定です、(作者がどれくらい出るかがわからないので・・・)
マーキー・F・ジョーイ さん
正直熟練者として出てほしかったんですが・・・わかりました!!後アドバイスはありがとうございました!!Excelですね!!ありがとうございます!!
続きは明日です!!
エイジアさん
確かに面白そうなキャラを選びました!!楽しみにしていてください!!
アックスホークさん
アンケート受け付けました!!すみませんがAの訂正お願いします、ケンシロウはすでにレギュラーなので・・・
零龍さん
受け付けました!!
シャルさん
受け付けました!!

では本編です!!

銀時「何かバラエティなんだけど、キャラの種類が・・・」

上条「そうだよな〜正直驚いたよ、俺も」

マダオ「何でこんなにいるんだよ・・・」

神楽「黙れよ、とうとう名前の表示までマダオが定着したマダオが!!」

マダオ「orz」

上条「何であのおっさんマダオって呼ばれているんだ?」

新八「とことんついてなくて、元々栄職だったんですがなんやかんやで落ちぶれて、職がないプータロー、要するにものすごく不幸ということです」

上条「・・・(涙目)」

妙「いやなんで涙目なn」

上条「・・・同士よ!!」

銀魂勢「え?」

?「ははは!!確かにアンタも不幸だからねぇ!!」

?「ケケッ!!こいつは傑作だ!!今度から上条のことマダオって呼んでやろうぜ!!」

?「まあしょうがないよ、それが当麻の能力なんだから」

美琴「じゃあ自己紹介するわ
!!私は御坂美琴!!よろしく!!」

神楽「よろしくアルなミコちゃん!!」

美琴「何かそれ巫女みたいだからやめてね?、ってかわいい犬飼っているいるじゃない!!触らせt」

ダダダダダッ!!

新八「・・・猛スピードで逃げて行ったんですけど・・・」

美琴「・・・だよね」

沖田「だよねってどういう意味でい?」

インデックス「まあ美琴もしょうがないんだよね〜、私はインデックスだよ!!美琴はとても強い能力持っているんだけどね、その代償で動物に嫌われているんだよね」

美琴「まあしょうがないのよ・・・」

めだか「・・・(涙目)」

人吉「確かにその気持ち分かりますだって・・・」

めだか「・・・同士よ!!」

人吉「めだかちゃんもそうだから」

一方通行「俺は一方通行、よろしくな」

赤羽「なんで俺に似ているんだ?」

一方通行→中の人→赤羽

サトシ「あんたの肩に乗っているのはポケモンなのか?」

男鹿「ちげぇよ!!コイツは魔王だ!!逆にお前の肩に乗っているのはなんだ?」

サトシ「ああ、これは俺の相棒!!ピカチュウだ!!」

ピカチュウ「ピカッ!!(よろしく!!)」

マリオ「おお!!ピカチュウ!!スマブラ世界でよく会ったけどこの世界で会うなんてな!!」

サトシ「・・・どういうことだ?」

ピカチュウ「ピカピカッ!!(サトシには言わないでよ!!)」

セレナ「私はセレナ!!皆さんよろしく!!」

千棘「何か・・・アンタって恋していない?」

セレナ「・・・もしかして貴方も?」

千棘「恋している人って特別な顔するのよ、私も・・・その気持ち分かるから」

セレナ「・・・そうね」

サトシ「ふーん、セレナって誰に恋しているんだ?」

いやアンタにだよ!!

シトロン「僕はシトロンです!!」

舞子、三雲「何で俺にまた似ている人がいるんだ?」

シトロン→中の人→舞子→中の人→三雲

ユリーカ「私はユリーカだよ!!シトロンお兄ちゃんの妹だよ!!」

キルア「何でコイツ俺に似ているんだ?」

ユリーカ→中の人→キルア

しんのすけ「おお!!アンタはオラのベストな好みだぞ!!一緒にデートにいk」

めだか「誰が行くか!!貴様殴るぞ!!」

小松「・・・何で・・・何であの子供がメルクさんに似ているんですか!?」

しんのすけ→中の人→二代目メルク

トオル「風間 トオル!!」

ネネ「桜田 ネネ!!」

マサオ「佐藤 マサオ!!」

ボーちゃん「ボー!!」

五人「合わせて!!かすかべ防衛隊!!」

神楽「黙れヨ、ムッツリスケベ!!」

トオル「な、な、何を言っているんですか!?ん、んな訳ないじゃないですか!!(汗)」

マサオ「・・・ははは、確かにねぇ」

バット「・・・正直何でお前と俺が似ているのかわかんねぇ」

バット→中の人→マサオ

ひろし「俺は野原ひろし、しんのすけの父です」

ナミ「あ、足から加齢臭が!!」

しんのすけ「流石だぞ父ちゃん・・・足のにおいが靴があっても遮られなかったなんて・・・」

ひろし「しんのすけ!!余計なこと言うな!!あ、でもこの女美人だn」

ゴツン!!

ひろし「いてぇえええええええ!!」

みさえ「何やってんのよ全く!!あ、私は野原みさえ!!よろしくね!!」

しんのすけ「流石妖怪ケチケチババァのげんこつはすごいですなぁ」

みさえ「失礼ね!!私これでも29歳の20代よ!!」

銀時「ほぼ30代ぎりぎりじゃねぇか!!もうおばさんと呼んでもいい歳だよ!!」

新八「いやアンタも30代ぎりぎりじゃねぇかァァァァァァァァ!!」

続きはまた明日です!!

Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.522 )
日時: 2015/01/03 22:15
名前: ジャガー ◆.FaqqoG3U6
参照: http:/

カイム『レールガン使いまで出てきましたか・・』
メイドウィン『俺は電気と言えばレッド・ホット・チリ・ペッパーしか浮かばないな。』
ジョセフ『え?ポッポ・ポッポ・ハト・ポッポ?』
メイドウィン『はいはいじいさんは寝てましょうね〜。』

メイドウィン『そーいやしんのすけもなにげに凄いよな。』
松山『マシンがんを半ケツ踊りで全弾かわすからな。』
ジャガー『そもそもピストルを幼稚園児がよけれる時点ですごいですよ。』
メイドウィン『ああ・・俺でも二、三発は喰らうな・・』
松山『そして相変わらず中の人が激しいな。』

クロエ『そういえば、某ジャッジメントな風紀委員が居ないね。』
カイム『いやいや・・あの代わりにライゴさんが居ますから・・』
ライゴ『そんな扱いなのかよ俺!?』

メイドウィン『お、ポケモントレーナーか、バトルしてみてぇな。』
松山『あ?ポケモンもってんのか?』
メイドウィン『おう、ここには無いが、キノガッサにデンリュウ、ゾロアークにエンブオー、あと、オーダイルにルギアをな。』
松山『おい!!それ作者のポケモンのパーティじゃねぇかよ!』


ライゴ『おい、ポッティトォなぼうず、ここにも妖怪怪力野郎が『死ねッ!!』ミンチッ!!』

メイドウィン『そーいや妖怪テキーラ娘なんても居たな。』
松山『妖怪扱いかよテキーラ娘www』

更新頑張ってください!

永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.523 )
日時: 2015/01/04 15:56
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

続き書きます!!どうぞ!!
ジャガーさん
私の小説は中の人繋がりが激しいんです!!

ドラえもん「何かカオスだねしんのすけ君の所・・・」

神楽「黙れよ青狸、おめぇはあの茶色たぬきと組んでスーパーたぬきブラザーズと命名するアル!!」

ドラえもん、チョッパー「僕は(俺は)たぬきじゃなぁぁぁぁぁぁぁい!!」

のび太「ふ〜ん、皆ドラえもんの事狸に似ていると思うんだね〜、あ、僕は野比のび太です!!」

綱吉「じゃああのロボットは狸じゃなくてなんなの?」

のび太「猫だよ?」

リボーン「マジか?」

のび太「うん」

トリコ「・・・いやどう考えても猫じゃないだろ、そもそも耳がねぇ」

のび太「ああ、耳はドラえもんが昔に居眠りしていた時にたべられちゃったんだって」

ゼブラ「・・・ドジだな、アイツ」

のび太「そうだよね〜」

ドラえもん「・・・君に言われたくないんだけど、のび太君?(ジロ目)」

静香「のび太さん、私も言えないと思うわ、私は源静香です!!」

リクオ「・・・毛倡妓さん?」

静香「え?」

静香→中の人→毛倡妓

スネ夫「ハロ〜、皆さんどうも〜僕ちゃんは骨川 スネ夫、大金持ちだよ」

銀時「コイツの性格って何かすごくむかつくな、なぐっていいか?」

ロビン「・・・何でこの男とあの男が似ているのかしら・・・」

スネ夫→中の人→ロブルッチ

武「俺は剛田武だ!!よろしくなお前ら!!」

渚「ガキ大将って声が同じなんだね!!」

のび太「そうだね!!」

武、竜馬「は?」

武→中の人→竜馬

景太「面白そうな人達がいるなぁ」

リト「そうだね、ララ」

ララ「いや私はこっち・・・って君私に似ている!?」

景太「えええええええっ!?」

景太→中の人→ララ(マジです)

ウィスパー「そうですね〜、あ、私は天才妖怪執事ウィスパーでウィス!!」

ナルト「本当に天才なんだってばよ?」

コナン「皆さんはどんな能力を持っているんですか?(異世界はどれ程変わっているのか見てみてぇ・・・)」

蘭「コナン君、そんなの後でいいでしょ、私は毛利蘭、よろしくね!!」

ナミ「・・・ノジコ?」

蘭「え?」

蘭→中の人→ノジコ

小五郎「たくっ!!しゃらくせぇな!!全く!!俺は毛利小五郎!!蘭の父だ!!」

サクラ「・・・ヤマト先生?」

小五郎「ハァ!?」

小五郎→中の人→ヤマト

阿笠「わしは阿笠博士じゃ」

ララ「校長!?」

銀時「あの偽サンタ!?」

楽「親父!?」

阿笠「!?」

阿笠→中の人→校長→中の人→偽サンタ→中の人→楽の父

歩美「私は吉田 歩美です!!」

元太「俺は小嶋 元太だぞ!!」

光彦「僕は円谷 光彦です!!」

哀「私は灰原哀よ・・・」

5人「俺たちは少年探偵団なんです!!」

コナン「・・・僕は別に入ったつもりはないんだけどね」

続きはまた時間の都合上後です!!

Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.524 )
日時: 2015/01/04 17:22
名前: エイジア

こんにちは。エイジアです。

エイジア「今更、思ったんだけど、カオスだね。」

ララ「そうですね。」

十六夜「だな。」

レイヴン『あの二人の子供がなんか、不思議なんだか・・・・』

ララ「確かに、なんか、子供の姿ですけど、大人見たいですね・・・・」

エイジア「たしか、その二人、何らかの理由があった気がするんだよね。」

十六夜「一人だけ、普通の奴がいるぞ。」

エイジア「ケータくんのこと?あれでも、妖怪が見えるんだよ」

ララ「でも、普通すぎませんか?」

エイジア「たぶんそれ聞いたら、ショックするよ」

コメント待ってます。

永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.525 )
日時: 2015/01/05 17:44
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

よしっ!!続き書きます!!
エイジアさん
確かに私の小説はカオスですよ!!(笑)

ナツ「ところでお前らに質問だけどよ?」

全員「何だ?」

ナツ「この中で誰か魔法使える奴いねぇか!!俺勝負してみてぇ!!」

ルーシィ「いやアンタ何言ってんの!?あ、私はルーシィ・ハートフィリア、ルーシィと呼んでね!!」

球磨川『全く、君の色気には感嘆するな』

めだか「貴様前に言ったよな?次にセクハラ言葉言ったら肉塊になっているだろうと」

どうやら・・・球磨川はもうそのことを忘れていたらしい・・

グレイ「そうだろ!!戦うのは俺だ!!」

ルーシィ「違う!!」

グレイ「あ、すまねぇ、自己紹介忘れた、俺はグレイ・フルバスターだ」

悠一「お前何で俺に似ているんだ?」

グレイ「知るかよ!!」

グレイ→中の人→悠一

エルザ「私の番だ!!私はエルザ・スカーレット、よろしくな」

一乗寺「おお・・・アンタもヨタクなのk」

エルザ「違うぞ?バカなのかお前は?」

球磨川『う〜ん、たまんないね、その鎧に隠されているからd』

めだか「いいか?もう一度言うぞ?次言ったら肉塊になっている、分かったか?」

ハッピー「あい!!あいからわずだねナツは!!おいらはハッピー!!ナツの相棒だよ!!」

神楽「何か気にくわないアルな〜コイツ私に似ているアル」

八ッピー→中の人→神楽→中の人→黒崎 夏梨

ミラ「そうだね!!私はミラジェーン・ストラウス!!よろしくね!!」

球磨川『もうここまで美人かつ色気むんむんの美女がいて僕はうれしいよ』

めだか「・・・・(怒)」

プッチン

球磨川『あ、でもよく見れば他にもいるかも、探してみy(これ以降はR15であるためお見せできません)

銀時「皆さーん、今球磨川たちの姿をみてはいけませーん、とてもかわいそうすぎてみていられない姿を見ることになりまーす」

サンジ「・・・アーメン」

ナツ「ま、これで以上だけどよ、とにかく、誰か魔法使いいねぇか?俺と勝負しねぇか?」

ルフィ「ああ、それならよ・・・俺と勝負しねぇか!!」

ナミ「何言ってんのよルフィ!!」

ナツ「お前はじゃあ魔法使えるのか?」

ルフィ「つかえねぇ!!」

ナツ「じゃあ駄目だ!!俺は確かに強い奴と戦いたいけどよ!!同じ魔法で堂々と戦ってみてぇ!!」

エイジア(私は無理ね・・・私は氷使い、水も使えるけど蒸発してしまうし分が悪いわ)

ララ(私も無理ですね・・・彼は炎を吸収するから全く聞かないと思う・・・)

ルフィ「しょうがねぇな・・・それなら」

ナミ「それにしても強そうね・・・絶対私は敵わないだr」

ルフィ「ナミ!!いってこい!!」

ナミ「・・・え?」

ナツ「お前は何ができるんだ?」

ナミ「い、いや私は何も使えないただの航海士でありましt(汗)」

ルフィ「お前前に「魔法使いちゃんって呼んでね♪」とかいってなかったか?」

ナミ「い、いやぁそれは単純なノリy(汗)」

ルフィ「お前すげぇよな〜雷を降らせたり、雨を降らせたり、台風起こしたりできるんだからよ」

ナツ「天気を操る魔法か!?すげぇな!!決めたぞ!!ナミとやら!!今度俺と勝負だ!!」

ルーシィ「いやナミちゃん完全に嫌がっているじゃない!!やめてあげn」

坂神(面白そうですね頭脳と魔法の戦い・・・)「わかりました!!じゃあ後にいいですよ!!二人とも頑張ってください!!」

ナミ「えええええ!!いやぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!ヘルプミィィィィィィィ!!(涙)」

ウソップ「分かる!!分かるぞその気持ちィィィィィィ!!」

チョッパー「頑張れ!!頑張るんだナミィ!!」

ナミ「いやよォォォォォォ!!誰か変わっt」

坂神「じゃあ賞金100万ベリーで!!」

ナミ「負けないわよ!!」

ウソップ、チョッパー「早!!」

ナツ「こっちのほうだ!!」

両津「おいまて賞金だと!!私も参加させr」

部長「バカモーン!!お前は!!で!!る!!な!!」

メイドウィン「ならよ・・・俺たちの戦いも!!」

ベジータ「ああ!!俺たちも戦わせてもらおう・・・」

坂神「貴方達もですか!?・・・う〜ん・・・いいですよ!!」

という訳で後に番外編にて特別バトル!!ナミVSナツ、メイドウィンVSベジータをやります!!

坂神「これにてゲストキャラの紹介は終了です!!」

モザイク「」

この正体は・・・お察しください。
(ちなみに一応誤解招かないようにいいますけど、〜だったものなどはちゃんと生きていますんで!!)

坂神「ではまず最初に行きましょう!!最初は・・・地獄の特訓です!!ジャンプの主人公は全員参加です!!後作者の方でも特訓させたい人はそれぞれの作者一人のみ受け付けています!!では休憩を取ります!!」

という訳で!!特訓に参加したいキャラがいたら教えてください!!もしかしたら後の逃走中、戦闘中にいい影響が出るかもしれません・・・

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。