二次創作小説(旧・映像)

永遠の絆the dream open クロスオーバー 
日時: 2016/01/03 12:55
名前: 坂神 銀拳心

初めまして!!小説書いている皆さんに憧れて書いてみようと思いました!!私が書くのは主にジャンプキャラがメインです。逃走中や戦闘中の小説や時には感動する小説を書こうとも思っています!!得に私が好きな漫画は銀魂です。そして、特に好きなキャラは主人公の銀さんです。(銀さん好きな人もっと増えて欲しいです☆)という訳でプロローグです!!よろしくお願いします!!

後、作者募集は再開しました!!キャラシートです!!>>48

現在武闘会は終わり七泊八日の旅編です!!是非見てみて下さい!!

さらにこの小説にでるキャラ表です!!見てみてください!!>>698>>699

そして私の小説のオリジナル設定です!!これもチェックです!!

>>960

後私の小説に参加している人はアンケートに答えて欲しいです!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.500 )
日時: 2015/04/23 22:11
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

坂神です!!コメント感謝です!!
エイジアさん
銀さんやボッスンが来ますよ!!楽しみにしていてください!!
IRさん

技を教えてもらう暇はないと思いますよ?ですが楽しみにしていてください!!
そして・・・

坂神「皆さん集まりましたね!!」

皆がステージの前に集合した!!

坂神「いよいよ今年も終わりです!!」

千棘「今年も終わりね〜」

日向「遂に終わるんだな〜」

斉木(その会話はたった今日本のほとんどの人が言っているに違いない)

ころせんせー「ヌルフフフフフ、来年もいい年になるといいですね〜」

ルフィ「来年も楽しみたいぜ!!」

一護「ああ、そうだな」

銀時「来年も俺たちを」

全員「よろしくな!!」

坂神「では主人公達に!!残り20秒になってからのカウントダウンをお願いします!!」

9分後・・・

銀時「じゃあ・・・そろそろ・・・カウントダウン行くぞコノヤロー!!」

ジョナサン、ケンシロウ「20!!」

ラッキーマン、零「19!!」

リクオ、綱吉「18!!」

キルコ、アクセル「17!!」

幽助、ネウロ「16!!」

めだか、ララ「15!!」

星矢、剣「14!!」

ジュン市、鵺野「13!!」

ボーボボ、アラレ「12!!」

男鹿、佑助「11!!」

アレン、黒子「10!!」

悟空、ナルト「9!!」

出久、火ノ丸「8!!」

千棘、日向「7!!」

ころせんせー、斉木「6!!」

創真、遊真「5!!」

磯兵衛、両津「4!!」

ゴン、トリコ「3!!」

剣心、一護「2!!」

銀時、ルフィ「1!!」

今年もよろしく!! ( No.501 )
日時: 2015/01/01 00:00
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

坂神「0!!」

全員「ハッピーニュウイヤーァァァァァァァァ!!!!」

ルフィ「野郎どもぉぉぉぉ!!ついに2015年だぞぉぉぉぉぉ!!」

日向「新しい年・・・新たな気持ちでいきたいな!!」

銀時「今年もいい年になるといいな!」

全員「あけましておめでとう!!」

坂神「というわけで!!皆さん!あけましておめでとうございます!!今年もよろしくお願いします!!では主人公の皆さん!!それぞれの作者のもとに行ってください!」

主人公全員「分かった!」

では作者さん9人にそれぞれ今日じゅうに主人公達のコメントを書きます!

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.502 )
日時: 2015/01/01 03:06
名前: IR ◆eVBWcg3A/A

謹賀新年、明けましておめでとー!
そして、かくかくしかじかで俺の相棒になった悪魔『ダンタリオン』の紹介だぜ!

ダンタリオン「俺自身でやるみたいだな、えっと、俺の特徴と言えば、人の心を読み取り、その心を操るとか、無数の老若男女の顔をもつとかだな、でもそれは気持ち悪いから若い男の顔一つで今回はいかせてもらうよ」

とまぁ、こんなもんです←wikiから持ってきたw

これで、俺もみんなと肩を並べられるかな...他の作者や主人公たち強いからな...笑(遠くの空を見る)

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.503 )
日時: 2015/01/01 08:31
名前: エイジア

こんにちは。エイジアです。
そして、明けましておめでとうございます!!

エイジア「今年も色々あったね」

ララ「そうですね。」

十六夜「それより、お前の小説そろそろ進めろよ。」

エイジア「うん・・・・時間を見つけたらね・・・・」

ララ「まぁ、頑張ってください!」

エイジア「うん!とまあ、これからもよろしくお願いします!」

コメント待ってます。

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.504 )
日時: 2015/01/01 08:50
名前: ジャガー ◆.FaqqoG3U6
参照: http:/

新年たつ前にとんでもねーアンケートやってたじゃねぇかよ!
松山『いや、俺ら答える必要なくね?考えても見ろよ。』


松山『俺らの原作は寄生ジョーカー、キリヲテリブレ、東方project、プリキュア、Dビゲー、クロエのレクイエム、シロノノロイ、〆にマリオ・・もうメイドウィンキャラの存在自体がゲストじゃね?』
メイドウィン『言われてみれば。』


サンタナ『騒がしいぞ、この原始人が・・』
松山『おい、なんでサンタナ(ジョジョ)連れてきた。』
メイドウィン『だって誰も使わないんだもん。』

ミシェル『しかしよりどりみどりだな、メイドウィンのジャンル。』
メイドウィン『俺は好きなキャラしか出さないからな、人気なジャンルばかり書く他の作者と違って俺は特殊なんだよ。』

晴香『なんで松山が居るのにネタにはされなかったの私・・』
メイドウィン『え、空気だから。』
晴香『主人公なのに!?』

ジェミニ『あーあ、サムライ見たかったな。』
エリカ『えっ!?見れるんですか!?』
メイドウィン『わりーがもう手遅れだな、ごめんよジェミニ、剣心とか、サムライ見たかったよな。』
※ジェミニはテキサス人だが、ある人によってサムライのファンになっている。

メイドウィン『とゆーか自分この中だったらジャンル性なら負けないと思うぞ。』
ジョルノ『とりあえず見栄はるのやめてください。』

クッパ『あの丈助という奴と手合わせ願いたいが・・何故離れる?』
丈助『俺亀苦手なんすよー(;・∀・)』
クッパ『orz』

リカリッタ『おう!お前も食え!』
シャルロット『えっ、良いんですか!?』
リカリッタ『食える時食う!これ掟!』
シャルロット『(´;ω;`)ブワッ』

松山『おい、なんか多くねぇか?こんなに居たか?あの会場。』
メイドウィン『俺が新年記念に連れてきた。』
松山『お帰り願え。』
メイドウィン『(´・ω・`)』

そんなわけで、連れてきた奴はかえってもらった。
ごめんよジェミニ。


ジョセフ『そんな訳で今年もッ!ハッピーうれぴーよろぴくねー!ってオイ!どこ連れてく気だヤメローマダメシクイタ

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。