二次創作小説(旧・映像)

永遠の絆the dream open クロスオーバー 
日時: 2016/01/03 12:55
名前: 坂神 銀拳心

初めまして!!小説書いている皆さんに憧れて書いてみようと思いました!!私が書くのは主にジャンプキャラがメインです。逃走中や戦闘中の小説や時には感動する小説を書こうとも思っています!!得に私が好きな漫画は銀魂です。そして、特に好きなキャラは主人公の銀さんです。(銀さん好きな人もっと増えて欲しいです☆)という訳でプロローグです!!よろしくお願いします!!

後、作者募集は再開しました!!キャラシートです!!>>48

現在武闘会は終わり七泊八日の旅編です!!是非見てみて下さい!!

さらにこの小説にでるキャラ表です!!見てみてください!!>>698>>699

そして私の小説のオリジナル設定です!!これもチェックです!!

>>960

後私の小説に参加している人はアンケートに答えて欲しいです!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.1036 )
日時: 2016/08/12 22:31
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU


セレナ「出来るかな私…」

サトシ「大丈夫だ!!俺がサポートするからよ!!」

ヒナタ「頑張らなくちゃ…」

ナルト「ヒナタ、あんまり気張んな!!軽い気持ちでいくってばよ!!」

ヒナタ「う、うん…」

二人(サトシ(ナルト君)の足を絶対に引っ張らないようにしなくちゃ!!)

照橋(よかったわ…斉木と組めるなんて、この機会に絶対斉木におっふ言わせるんだから!!)

斉木(最悪だ…)

唯、織姫(黒崎君(零さん)と組めなかった…)

楽「ま、サポート頼むぜ鶫!!(小野寺と組みたかったけど…まあいっか)」
リト「頑張るよララ!!」

ララ「うん!!桃採りようの発明品も用意してあるからね!!」

リト(嫌な予感するのは俺だけか?)

ハルヒ「キョン、ついてきなさい!!」

キョン「はいはい…」

静香「頑張りましょう、のび太さん!!」

のび太「うん!!」

一護「ころせんせー、あんた主人公じゃなったけ?」

ころせんせー「今日は渚君に譲ってあげたのです、採ったものはもらいますけど」

坂神「次はプラスワンくじです!!引いてください!!」

主人公はくじを引いた!!

当たったのは…ルフィ、ナルト、ころせんせー、出久だった!!

四人「よし!!」

坂神「誰を参加させるのです?」

ルフィ「誰がやる?」

サンジ「俺がやる!!ナミさんとペアを組んでいけば無敵だ!!」

ウソップ「俺m」

サンジ「黙れ長鼻(超威嚇)」

ウソップ「わ、わ、わかりました!!是非参加してください!!」

ルフィ「じゃあサンジ!!行くぞ!!」

サンジ「任せろ!!やるぞナミさん!!」

ナミ「分かったわ!」

ナルト「やりたい奴いるか?」

サスケ「俺がやる」

シカマル「サスケ、お前出来るのか?」

サスケ「ああ、俺は甘いものが苦手だったが兄さんは好きだった…兄さんにちかずくために少しでも克服してみたい」

ヤマト「誰と組むんだい?」

サスケ「…サクラ、やるぞ!!」

サクラ「え!?良いの私で!?」

サスケ「…お前以外の女と俺が組むかよ、いくぞ」

サクラ「…(顔真っ赤)」

ころせんせー「烏間先生、任せましたよ」

烏間「…何で俺だ?」

ころせんせー「他に人がいないんですよ、カルマ君は皆のイチャイチャを撮りたいそうですし」

赤羽「当然じゃーん、それで皆をいじった方が俺にとって数倍楽しい(ゲス顔)」

ころせんせー「寺坂とは組みたい人いなそうだし」

寺坂「おいタコ、表出ろ(青筋ピクピク)」

ころせんせー「イトナ君はイリーナ先生と組みたいそうですが組んだら色々と大変な事になりそうなので」

烏間「お前その言葉ブーメランになっているからな?」

ころせんせー「というわけで、お願いします」

烏間「…分かった、受けてやろう、イリーナ、こい」

イリーナ「え?何を?」

烏間「桃採りに決まっているだろう」

イリーナ「…え、ええっ!?私と烏間が!?(赤面)」

烏間「嫌なのか?」

イリーナ「い、嫌じゃないわよ!!遅れないでよね!!(赤面)」
出久「誰か出たい?」

爆豪「俺が出るに決まってんだろうが!!」

飯田「僕も出たい!!」

轟「俺も出たいな」

オールマイト「じゃんけんで決めたらどうだ?」

三人はじゃんけんした…その結果

轟、チョキ

飯田、パー

爆豪、パー

二人「クソッ!!」

轟「俺の勝ちだ」

出久「じゃあ轟君が参加するんだね!!」

轟「ああ、やるぞ八百万」

八百万「分かりました!!」

そして…以上44組が揃った!!

坂神「組が揃って良かったです!!では…両崎さんお願いします!!」

銀時「待て!?普通に桃採りをするんだろ!?」

坂神「ふふふ…誰がそんなこと言いましたか?」

両崎「…マジックカード発動!!」































両崎「緑苗の巨塔!!」

ギュルギュルギュルギュルギュルギュルギュルギュルギュルギュル!!

すると…まず巨大な木が桃園の中央に一本咲いた!!それに桃の苗が巻き付いた後…太くなり…半径25メートル、一段の高さ50メートルで5段の階段のケーキみたいなデカイ桃の苗木ツリーになった!!

参加者「はあああ!?」

坂神「ルール説明しますね!!皆さんを4つに分け、東西南北に移動してそこからまず一段目を即座に登ってください!!その後ニ段目から三段目へ上に登る壁に実っている桃を一組14個の桃を採って三段目にいる両崎さんに渡してください!!四段目も五段目もルールは同じで四段目には猿悟巻、五段目には私が待ってます、そして五段目では東西南北でそれぞれ生き残った四チームで決勝戦があります!!」

黒子「要は登りながら桃を採るんですね…ってちょっと待ってください、決勝戦ってどういうことですか?」

坂神「そこがポイントです、まず二段目から三段目の間には桃が100個、三段目から四段目の間には60個、四段目から五段目の間には10個桃があります」

楽「どんどん数減るな」

坂神「そして…一段上がるときに14個集めれなかった組は…失格です!!」

参加者「!?」

ナルト「集めれないとキツイってばよ…!!」

坂神「更にもう一つ失格になる条件は…組の片方がタワーから落ちたときです!!」

日向「死んじゃうぞ!?」

坂神「大丈夫です!!その為に他のジャンプメンバーが待機してますから、そして最大のルールは…」



























坂神「能力使用可能、撃墜可能の何でもありです!!」

銀時「大乱闘じゃねぇか!!」

ルフィ「燃えてきた!!」

藤崎「俺ついていけるか?(苦笑い)」

悟空「おもしれぇな!!」

坂神「後能力については一つ、もし能力で桃を壊したら即失格です」

空豆「厳しくないかそのルール!?」

坂神「愛を壊してカップルが成立すると思うんですか?今回の桃採りはカップル間の思いあいと絆と連携、更に脆い愛の感情を具現化したを桃を一定の状態に保てるか、強い男はか弱い女を守る事が出来るか、女は男をしっかり支えられるかが求められます、まさしく愛の試練でしょう!!」

リト「意外と色々考えられてた!!」

のび太「絶対クリアしてやる!!」

サンジ「死んでも負けねぇ!!」

坂神「ではチームを分けます!!」

坂神はチームを分けた!!…結果は!!




日向、仁花ペア

両津、マリアペア

男鹿、葵ペア

レン、葵ペア

しんのすけ、みさえペア

銀時、妙ペア

本城、十六夜ペア

悟空、チチペア

晴哉、ミカエルペア

烏間、イリーナペア

磯兵衛、磯兵衛母ペア

西

アラレ、空豆ペア

ジョナサン、エリナペア

のび太、静ペア

出久、麗日ペア

ケンシロウ、リンペア

トリコ、リンペア

一護、夜一ペア

楽、鶫ペア

渚、カエデペア

剣心、薫ペア

斉木、照橋ペア



綱吉、京子ペア

ボーボボ、ビュティペア

めだか、球磨川ペア

ナルト、ヒナタペア

黒子、桃井ペア

サスケ、サクラペア

ルフィ、ロビンペア

リト、ララペア

幽助、蛍子ペア

ハルヒ、キョンペア

キルコ、安錠ペア



鵺野、雪女ペア

轟、八百万ペア

零、邪子ペア

当麻、美琴ペア

ユウナ、セイロンペア

サンジ、ナミペア

ナツ、エルザペア

ケイタ、イナホペア

エイジア、レイヴンペア

藤崎、姫子ペア

となった

坂神「では…移動してください!!」

皆は移動した…

坂神「…それでは!!」




























坂神「永久の愛を掴むのは誰だ!?愛のために戦え!!サバイバル桃採りバトル!!開戦です!!」

ピーっ!!

次回!!桃採りバトル開幕!!生き残るのは!?ユウナさん、エイジアさん、晴哉さん、良ければ作戦を考えてください!!

Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.1037 )
日時: 2016/03/15 21:51
名前: エイジア

こんにちは!エイジアです。

エイジアペア
レイヴン「んで、どうする?」

エイジア「いやー、私ただ桃食べに来ただけだからねー。だからといって負けたくもないし」

レイヴン「まあ、それは分かった」

エイジア「取り合えず、桃を割らなければいいんだよね?」

レイヴン「だが、それは以外と難しいぞ?」

エイジア「大丈夫。以前パックンフラワーを巨大化したあのジュースの成分を私の水魔法で同じにしたから、それは桃にぶっかけてみるよ」

レイヴン「そしたらどうなる?」

エイジア「桃の木のジャングルが出来るよ」

レイヴン「・・・・それ、余計に動きにくくないか?」

エイジア「だね、じゃあいつもどうりにレイヴンが動いて、私が神の歌でサポートするね」

レイヴン「ああ」

エイジア「ところで、レイヴンはどうするの?コピーの能力だし」

レイヴン「取り合えず、風雷の力を使うぞ」

エイジア「ああ、雷と風を操る力ね。てかそれ、風神と雷神の能力コピーしてあわせたんだね」

レイヴン「ああ、後これは俺からの願いなんだが・・・・・」

エイジア「?」

レイヴン「ララにあった時はわざと負けてくれないか?」コソ

エイジア「あ〜別にいいよ。もしこれで十六夜とララの恋愛が進んだら嬉しいし!」

レイヴン「ありがとう」

本城ペア
ララ「う〜ん・・・」

十六夜「どうした?ララ」

ララ「いや、私の力じゃ相性あわない気がする・・・」

十六夜「たしかにな・・・・炎に音だからな・・・」

ララ「・・・・ごめん」

十六夜「?」

ララ「役にたたなくて」

十六夜「いや、いいぜ。そんなこと。それより音の力はどんなことができるんだ?」

ララ「桃が落ちないように合わせたら、最低頭に超音波をだして狂わす程度は出来るよ」

十六夜「それじゃあ、ララの音の力で相手の動きが止まっている間に倒す。これでいいな」

ララ「うん!必ず勝とう!!」

十六夜「ああ!」

コメント待ってます。

Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.1038 )
日時: 2016/03/15 01:05
名前: 伊那谷ユウナ

信女って確か銀魂の今井信女ですよね?いやあの、言いにくいですけど中の人は違いますね…ナレやってたのは今作の女主人公であるアムというキャラクターでして。CVは小倉唯さんです。まああの方はクールなキャラをあまり演じた事ないですからね。そう考えると貴重かつ聞きどころです。まあアムは信女と外見似てはいるけど!!ちなみに男主人公はラージュと言って、中の人はとうらぶにいますね、うん

あとサモンナイト10やない、サモンナイト6や!まあ確かに10までいってもらいたいんですが、ぶっちゃけサモンナイトシリーズはマジジリ貧すぎるし、脚本の都月先生も今作がラストかもしれない的な発言してたし…う、うああああっ…!



ポムニット「あらら…どうやらトラウマスイッチが入ったみたいですね…」

セイロン「アイロンについては面白味が皆無ゆえ、我はもう突っ込みはせぬぞ。ああそういえば…ポムニットよ、サモンナイト6に参戦したようだな?我はこの場を借りて祝福しようぞ」

※ポムニットさんは晴れて外伝ストーリーをクリアすれば仲間になる条件付きキャラとして参戦。プレイ2日目、19章でなんとか仲間にした伊那さん。おめでとう、ポムニット!

ポムニット「えへへ、ありがとうございます♪…でも、外伝の内容は私にとって悪夢なんですけどね」

伊那谷「そーだよ!つかもうひとつの外伝はありゃ何だよ!?あの鎖野郎ロリを侍らせやがって…羨ま死ね!!!」

セイロン「……さて、伊那谷殿。作戦は如何致しますか」

伊那谷「(こいつ、話ぶった斬りやがった)そうだな…ルール上能力はひとつしか使えないみたいだし、とりあえずお前は妖術系は無しで、身体能力系のリミッター外すか。私はちょっとだけ外す程度だけど」

ポムニット「いきなりですか!?」

伊那谷「うん。ぶっちゃけ、他のメンバーヤバくね?なんか無効化やら歌やら格闘やら地球壊しかけるとかヤバくね?」

セイロン「…貴女は力を制限しようがそれらを全て軽々とこなせるのでは?そもそも膨大な魔力の扱いと音と空間を操るのは貴女の十八番でしょうに」

伊那谷「そうだった!!まあとりあえず作戦。能力はセイロンは奥の手であるアレで、私はいつも通り空間でも操る。ちょっとしたトラップでも仕掛ける妨害、支援担当は私。収穫と迎撃は任せるよ」

セイロン「伊那谷殿…迎撃などはよろしいのですが、アレを一度発動すれば立ち振る舞いがあまりにも醜くなります故、出来れば使用したくないのですが…」

伊那谷「わーってる!あくまでこいつは奥の手。今回は使わないけど、私の奥の手も発言もとい発現すると、かなーり面倒だしな…」

※奥の手については中編で書く予定。すぐに必要あらばクリエイティヴ・ワールドで質問(もといコメント)して下さい。こちらで書くとネタバレぱないので。
ヒントを上げるとするなら伊那谷は球磨川の旦那と似ているようで非なるものが、セイロンはゲームで全てが決まる世界が舞台のラノベ小説のある種族のごく一部しか持たない能力が奥の手です。
まあ伊那谷には実はもうひとつ奥の手があるのですが、これは色んな意味でかなりまずいものなので今は提示しません…spiralのネタバレになりそうだしね

つーかね、能力がひとつしか使えないルールって訳でこれを選びましたが、実は言うと能力というより特技で歌で支援したり音も操ったり出来ます。だけどちょっと被るんでね!妥協して、私の『空間』を創造する別理者としての空間を操る能力にしました。段差の境目でも幻術かけるように歪ませて移動妨害するとか?まあそんな感じで。個人的にセイロンは同じ足技メインのサンジと張り合えばいいよ(適当)

最後に簡単なまとめ
・伊那谷の使用能力は空間を操る。空間を歪ませて敵プレイヤーの移動妨害や攻撃を吸収し、跳ね返す等の様々なバリエーションがある。
・セイロンは原作にはない、奥の手とも言える能力。これを使えばどんな戦況をもひっくり返せるチート級スキル。人間とは身体の作りが大分違う彼だからこそ、種族を越えて修得出来た。ちなみに姉弟子も修得している。
だが反動は大きい上、本人曰く「発動中の姿はあまりにも醜いので出来れば使いたくはない」との事。それ以外は基本格闘技と苦無などで応戦する。
・伊那谷は妨害、セイロンの攻撃支援などの後衛担当。セイロンは桃収穫、迎撃などの前衛担当。勿論伊那谷も機会を狙って桃収穫する。収穫した桃は駄目にならないよう伊那谷作製の空間にでも保存する。

まあ大体はこんな感じですね。私とセイロンは頭が回る策士タイプなんで、一筋縄ではいきませんよ!
つーかよかったよ、ポムニット参加させなくって。もし全ての生命力を奪える彼女が参加したら皆の体力ごっそり奪われるわ、桃が腐っちまうわで大変な事になってた。よかったよかった…

まあそんなこんなでよろしくお願いします。


伊那谷「理から離れし存在の力…いざ、証明でもしますかね?」

セイロン「あっはっは。このセイロン、推して参ろうぞ!」

ポムニット「お二人共、頑張って下さいまし!」

Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.1039 )
日時: 2016/03/15 08:20
名前: 晴哉 ◆ZbGp1lVNU6

どうも、晴哉です!

さてさて、いよいよチーム分けが発表された訳ですが…… …………ふぇっ?






晴哉 (゚Д゚) ポカーン

ミカエル「? どうしたんですか?」
迅「…恐らく、チーム分けを見た際の絶望感が凄まじかったのだと思われます; 確かにコレは厳しいですね……;」
ミカエル「? 私、ジャンプキャラとかはよく分からないからアレなんだけど…」
晴哉「あ、そうだったな。じゃあ大まかに……」


日向・仁花:特殊能力は持たないと言えども、前衛後衛分担は勿論、身体能力もあるためあまり侮れない

両津・マリア:両津の引きの良さや悪知恵が影響を与えないか心配

男鹿・邦枝:要注意枠@。只でさえ両者とも火力・機動力共に高いうえ、連携力も相当なものである為。男鹿が誤って色々と壊しそうな気もするが、邦枝のお陰で何とか制止されそう

レン・葵:モンスト組だからミカエルの力をよく理解してるように思われる。また葵の火力も相当な物と思われる為、用心する必要がある。

しんのすけ・みさえ:しんのすけの神出鬼没が超厄介。別な意味で一番関わりたくない

銀さん・妙:要注意枠A。どちらも怒らせてはいけない(真顔) …まぁミカエルは巨乳じゃないし、胸囲の格差社会を知らないから多分大丈夫な筈…

本庄・十六夜:【最厳重注意枠】特に十六夜の、能力無効にしながら超火力を放つ『正体不明〜コード・アンノウン〜』が一番厄介。何があっても全力で逃げるべきと思う

悟空・チチ:悟空が色々と無茶しそう

烏間・イリーナ:要注意枠B。陸自と暗殺者でどちらも戦闘経験は豊富。あまり相手にはしたくない相手か

磯兵衛・磯兵衛母:ハッキリ言って一番実力が分からない。なんか怖いから一応注意はしよう…



厳重注意順位

本庄・十六夜>男鹿・邦枝&銀時・妙&烏間・イリーナ>しんのすけ・みさえ>その他皆さん





晴哉「…という訳なんだ。ココからは立ち回りについて作戦を取りたいんだけど… 俺らは一切『戦わない』作戦で行こうと思う」
迅「!? どういう事です?」
晴哉「単純に、無益な争いをする事を避けようとしてるだけだ。抗争が起こって両者とも桃を壊す、なんて馬鹿な真似はしたくないからな。ただし、それでも攻撃しようとしてくる奴等には迎撃する。相手の桃を壊さない程度に、そして『致命的』にな」
ミカエル「ハイハイ! 桃はどうやって管理するの?」
晴哉「ソコが問題なんだよな… 手持ちで14個な筈が無いから、多分籠かリュックかを支給してくれるとは思うんだけど… その時は取り敢えず俺が持っとくよ。ところでミカエル、お前ストライクショットって何分置きに使えるんだ?」
ミカエル「えっ? まぁだいたい1ターン10秒として20ターンかかるから、3分20秒置きだね」
晴哉「ソレなりには使えるわけか。ハートの実は一応ダミー扱いが出来るからな」
ミカエル「逆に晴哉さんはどう立ち回るの?」
晴哉「使用能力はいつも通り【あらゆる状況を分析する能力】を使う。コレを地図と合わせて使えば、自分の視界の周辺(壁越にも1段階見える)にある桃の位置や相手なんかが分かるからな。また、サウンドチェンジャーを使えば、空も飛べるしな(使用曲は『隼』)」
迅「迎撃にマスターは参加するのですか?」
晴哉「一応な。コレでも俺、雷魔法を打てるんだ」



〜まとめ〜

・トップクラスの戦闘力を持たない上、機動力に長けてた為、桃の回収を優先事項にして、相手との戦いを極力避ける
・それでも執拗に攻めてくる敵には迎撃(桃を壊さない程度の瀕死級)をお見舞いする
・決勝までの間、サウンドチェンジャーで流す音楽は『隼』のみにする(坂神さんへの考慮)
・前衛後衛と分けずに常に二人行動をとる



……という感じでお願いします。ソレでは今回はこの辺で!!

Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.1040 )
日時: 2016/03/15 11:35
名前: 葉月@カキコ休止なう
参照: ちなみに顔出してコメすることもありますwww

坂神さん、ご無沙汰してます葉月です。カキコ休止初のコメになります。こちらでの活動は休止してますが、pixvでは通常運転です。坂神さんもよろしければPixivでもやりませんか?(宣伝乙)今回は桃の収穫対決ですね。
うわぁ、強い人が勢ぞろいしてますね。私はナルトとヒナタちゃんペアと銀さんとお妙さんペアと悟空とチチペア、剣心と薫ペアを応援します!
作者組もなかなか凄いですね。伊那さんとアイロン……じゃなかったセイロンペアに晴哉さんと迅ペア、十六夜とララちゃんペアがなかなか癖のある能力持ちですし。伊那さんの空間を操る能力って東方に出てくる紫の境界を操る程度の能力っぽいと思ったのは私だけ?

高尾「セイロンがアイロン呼ばわりされてるのは安定だなwww」

もし、私が出るとしたらアヴィと組んで桃を取りに行きますね。アヴィはバリバリ前衛型、私は後衛支援型です。カイリとペアなら私が前に出て、カイリが後衛支援します。一つ能力を使うとしたら桃井ちゃんのような情報収集メインになりますかね。お前らの情報全部お見通しなのだよ(°∀°) なんつってwww
武器や能力は臨機応変に使えますよっと。ちなみに私は腹部に花の印があります。どうしてそれがあるかは私も分からないです。他の作者さんも花の印がある事は知ってても、私の秘密が知らないという方向でお願いします。(これ以上言うとネタバレになるので言いませんが

アヴィは剣の達人だから、剣士キャラと対等に渡り合えます。もちろん、銀さんや剣心ともやりあえます。スマブラの剣士キャラとかもそうです。
カイリは暗殺者なので、銃の使い方には慣れてます。並大抵の実力の輩は彼に即殺されますね。


まあ、こんな感じです。


みなさん、頑張ってください!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。