二次創作小説(旧・映像)

永遠の絆the dream open クロスオーバー 
日時: 2016/01/03 12:55
名前: 坂神 銀拳心

初めまして!!小説書いている皆さんに憧れて書いてみようと思いました!!私が書くのは主にジャンプキャラがメインです。逃走中や戦闘中の小説や時には感動する小説を書こうとも思っています!!得に私が好きな漫画は銀魂です。そして、特に好きなキャラは主人公の銀さんです。(銀さん好きな人もっと増えて欲しいです☆)という訳でプロローグです!!よろしくお願いします!!

後、作者募集は再開しました!!キャラシートです!!>>48

現在武闘会は終わり七泊八日の旅編です!!是非見てみて下さい!!

さらにこの小説にでるキャラ表です!!見てみてください!!>>698>>699

そして私の小説のオリジナル設定です!!これもチェックです!!

>>960

後私の小説に参加している人はアンケートに答えて欲しいです!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.490 )
日時: 2014/12/29 17:02
名前: エイジア

こんにちは。エイジアです。

エイジア「まさかここで変身変わるとは・・・・本当にヤバイ」

ララ「そう見たいですね・・・・神の姿を見られたらマズイです。」

エイジア「取り合えずあの三人に口止めしていた方がいいよね。」

ララ「それだと逆に怪しまれませんか?」

エイジア「そっか・・・・・後、もうひとつの疑問」

ララ「なんですか?」

エイジア「やっぱり同じ名前ってややこしいな・・・・」

ララ「そうですね・・・」

エイジア「じゃあララ、『夜叉』にする?」

ララ「夜叉、ですか?」

エイジア「うん、ララの覚醒の姿と力でララがいる世界では、『夜叉』て呼ばれてるんだ」

ララ「私、そんな風に呼ばれてるんだ・・・・あ、だとしたらオーガも?」

エイジア「うん、鬼のお面で力で鬼王て呼ばれてるんだ」

ララ「全然知りませんでした。」

後、アンケートはゲストキャラは入れてもいいですよ?私はポケモンが良いです。

コメント待ってます。

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.491 )
日時: 2014/12/29 16:59
名前: エイジア

あ、因みに人限界で悪魔やら狼やらが暴れた時にララの力がばれないように、黒いフードと仮面をつけている。(オーガも同じ)
その時に炎の力で仮面をつけている事と、レイヴンの姿が黒い髪で仮面だからである。もうひとつは、ララが昔多くの人を殺したことから夜叉である。
すいません。本当にすいません。

コメント待ってます。

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.492 )
日時: 2014/12/29 12:04
名前: シャル ◆rNMF51ZUQ6

シャルです。

ここはやっはりとあるでしょう!
とある魔術の禁書目録組でお願いします!

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.493 )
日時: 2014/12/29 14:10
名前: エイジア

オーガとララとの話です。
どうぞ。

オーガ「まさか、闇武の援軍がこんなに多いとは・・・・・予想外だな。」

プルルルルル  プルルルルル

オーガ「ん?なんだ。」
ピッ

ララ『オーガ?』

オーガ「ララか。何のようだ?」

ララ『いや、ちょっとまずいことになって・・・・』

オーガ「どうしたんだ?」

ララ『・・・・・・銀さん達に姿がばれそう・・・』

オーガ「は?おい待て、それ本当か?」

ララ『うん、どうしよう・・・・』

オーガ「それは厄介だな・・・とりあえずなんとか耐えろ。もうどうしようもなければ・・・・話すしかない。」

ララ『わかった。それと、オーガは竜の玉を持ってる?』

オーガ「?あぁ、持ってるが」

ララ『実は、メイドウィンさんと妹紅さんて言う人達は、かぐやさんの月にある不死身の薬を飲んだ人達みたいなんです。』

オーガ「かぐやの?つまりそいつらはかぐやの知り合いなのか?」

ララ『そこまでは分からないけど、かぐやの宝のことを話した方がいいのかな?』

オーガ「いや、話さなくてもいいだろう。それにかぐやの宝を持っているのは俺とお前だけだからな。」

ララ『私は、火鼠の衣でオーガは竜の五色に光る玉、でしたね。』

オーガ「ああ、光る色によって俺の波動の効果が変わる。」

ララ『赤が炎の効果で青が水の効果、黄色が雷の効果、黒は闇、白は光の効果だったね。』

オーガ「後、エイジアに闇武の事と他の作者の援軍の事を言ってくれ。」

ララ『分かった。どうか気おつけてね』

オーガ「ああ、分かってる。」

ララ『後、レイヴンから後で殴るっていってたよ。』

オーガ「何でだ!?」

ララ『そこはわからないけど、後で殴るっていってたよ。』

オーガ「・・・・・はぁ、分かった、それは勝負するってことでいいんだな。」

ララ『なんで勝負することになったの!?後、会場では駄目!』

オーガ「分かった。こっちは続けてやるが気おつけろよ。」

ララ『分かった。じゃあね』
ピッ

オーガ「さて、やるか」

コメント待ってます。

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.494 )
日時: 2014/12/29 21:53
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

よしっ!!コメント返信します!!

エイジアさん
受け付けました!!後キャラも把握しました!!
シャルさん
受け付けました!!
IRさん
受け付けました!!
どうやらゲストキャラ入れて欲しい人が多いそうですね・・・
あ、もし投票で一番多かったのは確実になります。
なので他のゲストキャラも来るのでおたのしみで!!
後種類はなんでもいいんですよ!!前の四つは例なので!!では本編です!!スパイ暗躍編いきますよ!!

?「ここが鬼兵隊の船ね・・・」

そこに現れたのは・・・

ラミス「早く侵入しなくちゃ、父さんに怒られるわ」

その女はシャドー・ラミス・黒影、メイドウィンの娘である。

ラミス「さて・・・敵の警備が多い、ここはどうしようか・・・」

ラミス「父さんから情報を聞こうかしら」

会場内にて・・・

ピリリリリリリリリリ!!(携帯の音)

メイドウィン「お、ラミスからだ、(ピッ)、もしもし、ラミス、今どこだ?」

ラミス「今鬼兵隊の船の中よ、どうすればいいと思う?」

メイドウィン「ああ、そのままバレずに鬼兵隊の船の中に入っていてくれ、お前にはその船がいずれ向かうだろう闇武(ちなみに送り仮名はえんぶですby坂神)の本拠地に侵入するのが目的だ」

ラミス「分かったわ」

ピッ、

メイドウィン「さて・・・頑張れよラミス」

鬼兵隊の船の中にて・・・

ラミス「さて、じゃあ同じく侵入している人を探しながら隠れようか・・・」

その頃・・・

オーガ「成程、把握したぜ、ありがとなエイジア」

ピッ!!

飛燕「誰と話していたんだ?」

オーガ「エイジアと話していたんだよ、どうやら侵入している人はもうひとりいるらしい、その名前はジャガーが遣わしたその仲間メイドウィンの娘シャドー・ラミス・黒影だそうだ」

如月「そうか・・・その女には特殊能力あるのか?」

オーガ「まあ詳しく聞けなかったけどよ・・・そういえば特殊能力といえば・・・今になって思ったんだけどよ・・・」

飛燕「何だ?」

オーガ「・・・俺達全く侵入に使える能力持ってねぇな」

飛燕、如月「・・・そうだったな」

三人「俺達考えてみれば腕っぷししかねぇな・・・」

飛燕「・・・まあしょうがねぇな、いまさら言ってもどうしようもないしな・・・」

三人(・・・せめてその女が侵入に役に立つ能力を持っている事を願う・・・)

ガッ!!ウィィィィィィィィン!!

如月「そろそろ動き始めたな・・・」

こうして四人が乗った船は動き出した・・・

以上でスパイ暗躍編は終わりです!!では会場に戻ります!!



Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。