二次創作小説(旧・映像)

永遠の絆the dream open クロスオーバー 
日時: 2016/01/03 12:55
名前: 坂神 銀拳心

初めまして!!小説書いている皆さんに憧れて書いてみようと思いました!!私が書くのは主にジャンプキャラがメインです。逃走中や戦闘中の小説や時には感動する小説を書こうとも思っています!!得に私が好きな漫画は銀魂です。そして、特に好きなキャラは主人公の銀さんです。(銀さん好きな人もっと増えて欲しいです☆)という訳でプロローグです!!よろしくお願いします!!

後、作者募集は再開しました!!キャラシートです!!>>48

現在武闘会は終わり七泊八日の旅編です!!是非見てみて下さい!!

さらにこの小説にでるキャラ表です!!見てみてください!!>>698>>699

そして私の小説のオリジナル設定です!!これもチェックです!!

>>960

後私の小説に参加している人はアンケートに答えて欲しいです!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.480 )
日時: 2014/12/26 13:32
名前: エイジア

こんにちは。エイジアです。

エイジア「めっちゃ緊張したー!」

十六夜「エイジアってささいな事ではずかしることがあるよな。」

エイジア「それ言うなーーー!!」

???「なあ、」

エイジア「ん?」

???「エイジアと十六夜だな」

十六夜「そうだか、お前は?」

エイジア「もしかして・・・・レイヴン?」

レイヴン「ああ、俺は、レイヴンだ。どうして知ってるんだ?」

エイジア「オーガから色々聞いたんだ。ララのもうひとつの人格とか、体術が得意だとか、」

レイヴン「どこまで話したんだよ・・・・」

十六夜「それよりララは?」

レイヴン「ララは今気絶している。」

エイジア「何で!?」

レイヴン「階段で足を滑らせたらしい。」

十六夜「おい待て、その姿で出るのか?」

レイヴン「さあな。ララが目覚めたら、あっちに戻るが、目が覚めなければこの姿で出るだろう。」

エイジア「そうなんだ・・・・良かった、ズボンで。」

レイヴン「そうだな・・・・」

コメント待ってます。

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.481 )
日時: 2014/12/26 20:50
名前: アックスホーク

ヴラドの追加設定

ヴラドは千年も生きている為何度か歴史上の出来事に関わっています。

第二次世界大戦のクルスクの戦いではナチスドイツの戦車を三千両を一瞬

にして破壊しており、これによりナチスドイツは防戦一方になったらしい

です。 日本には5回も来ているらしいです。 ヴラドの本気モ

ードは弱者を虐殺するような外道な性格ですがバンパイアの元々の性質らしいです。 ヴラドの強さはサウザー様みたいに特殊な体質に加えて強い技を沢山持っている為俺より強いです。


Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.482 )
日時: 2014/12/27 13:51
名前: エイジア

こんにちは。エイジアです。

今日はララの設定をまとめたいと思います。(色々グッチゃになって)

過去
村人たちに両親を殺され、人間不信。そのあと、研究所で邪神の血を入れられ、祟神になった。エイジアと十六夜、他の神様は心を開いている。
二重人格
レイヴンは、ララのもうひとつの人格。ララの身に危険が感じたり、気絶したら出てくる。本来の目的はララに祟神の力を完璧にコントロールするため。
コントロールしたら消えてしまう。しかし、ララはこの事を知らない。(知っているのは神様だけ。)

能力
炎魔法(特大魔法も入る)
音の力(ノイズと思考を読む力も入っている)
覚醒(武器も入る)
祟神

神様の姿
火鼠の皮で出来た衣を着ている。
黒い髪のロンクで赤い目。
炎と音と黒い霧で攻撃する。(炎の魔剣も使う。)
火鼠の衣は鋼以上の硬度を持っており炎は効かない。

こんな感じです。

コメント待ってます。

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.483 )
日時: 2014/12/28 17:10
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU


どうも!!坂神です!!コメント感謝です!

エイジアさん

本城ララ・・・貴方はある三人にある姿を見られてしまいます・・・

後、ララの設定把握しました!!

アックスホークさん

ウラドの設定分かりましたけど・・・強さ化け物級ですね!!

では本編です!!

シャル「じゃあまず私からでるよ、二人とも来て!!」

ミント「私はミント!おにーちゃんの妹だよ!」

奏倉「私と楽ちゃんみたいな関係?」

ミント「まあそうだね!!」

一条「いやあんたらはじつの兄弟だろ?俺達は違うぞ?」

奏倉「そうだね・・・考えてみれば私達は夫h」

一条「いやストップゥゥ!!勝手に話進めるな!!」

シャルロット「僕はシャルロット・デュノア。シャルと名前が被るからどうとでも呼んでね?」

猿悟巻「おお!!男口調の美人だ!!写メ写m」

坂神「殴るわよ?」

竜「よし、次は俺達だ!!」

子音「子音です。一緒にハジケませんか?」

首領パッチ「お前・・・俺に憧れているだろ?」

子音「流石首領パッチさん!!そのとおりです!!」

首領パッチ「ふっ、俺に見破れないことはほとんどあるz」

ボーボボ「真似するなァァァァァァァァァァァ!!」

今度はボンタンを投げてきた!!

首領パッチ「グアアアアアアアアアアアア!!」

バタッ

子音「首領パッチさぁんんんんん!!」

全員「なにこれ?コント?」

ジャガー「今度は僕ですね・・・かなり多いですよ!!皆来てください!!」

メイドウィン「よぉ、俺はメイドウィン、昔は不死身の蓬莱剣士を名乗っていた」

ベジータ「不死身か・・・面白い、今度いつかこのベジータ様と戦ってみるか?」

メイドウィン「都合がいいな、元々こっちから言おうと思っていたところだ、いつかやろうぜ」

松山「よぉ、俺ぁ、松山那雄宏だ」

キルコ「あ、よろしくですね!!」

松山「ま、よろしくな・・・(って思ったより普通の会話しかできねぇ!!)」

マヤ「私の名前はマヤ」

ライゴ「俺の名は・・ライゴだ」

月詠「ま、よろしくのう」

ライゴ「あ、女の皆に少しプレゼントがあるから来てくれないか?」

女勢「何?」

ライゴ(よし・・・女勢が集まってきたな・・・よし!!そろそろやるか・・・ポラルミスt)

ドカッ!!(怪物化した手で殴った)

ライゴ「フベシ!!」

女勢「え!?」

マヤ「いや何もないよ?ごめん、ライゴそのプレゼント忘れたみたいだからまた今度ね♪(アンタの考えている事ぐらい予測できるわ!!)」

カイム「私の名はカイム、あるゲーム会社の社長をしております・・」

ルフィ「ゲームか・・・俺やってみてぇ!!」

カイム「いいですよ、試作品ですけど・・・」

ルフィ「よぉし!!じゃあやるぞォォ!!」

5分後・・・

ルフィ「つまんねぇ!!」

カイム「orz」

ナミ「ちょっとルフィ!!流石に可哀想よ!!」

ルフィ「だって複雑なんだよ!!このゲーム!!」

ナミ「それはアンタが馬鹿だからわかんないんでしょ!!」

ジャガー「また言われましたね・・・」

カイム「ハハハ・・・別にいいですよ・・・(涙目)じゃあ次は・・・さて、言えるね?名前は?」クロエ「クロエ」

鵺野「生霊か・・・」

郷子「地味な子ね・・・」

レジーナ「あたしはねぇ、レジーナって言うの」

松山「あ、俺とレジーナは兄妹だぜ」

新八「すげぇ!!こんなに似ていない兄妹初めて見た!!」

レジーナ「・・・何ですって?」ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ・・・

新八「え?」

レジーナ「・・・スタンド、悪夢」

新八「え?ちょっと何w」

無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄ァ!!

新八だったもの「」

銀時「・・・新八ィィィィィィィィィィィ!!」

ハル「私はハルだよ!」

神楽「・・・何かお前イラつくアルな、かわいこぶるんじゃねぇぞコラァ」

ハル「いやかわいこぶってないよ!!それに・・・神楽だって可愛いよ!」

神楽「ウルセー、そんな見た目の女に言われたくないネ」

ララ「まあまあ、よろしくねハルちゃん♪」

マリオ?「俺は皆ご存知のマリo」

マリオ「いやお前何偽ってんだァァァァァァァァァァァァ!!、あ、俺が正真正銘本物のマリオだ!!」

桂(マリオの服を着ている)「黙れ偽物が!!おのれぇ!!嘘は許さんz」

マリオ「・・・」プッチン

桂(マリオの服を着ている)「え?何w」

マリオ「変身アイテム、スーパースター」

桂(マリオの服を着ている)「待ってェェェェェェェェ!!」

10分後・・・

桂だったもの「」

銀魂勢「まぁどうでもいいや」

銀魂勢以外「ひどっ!!」

IR「あ、俺は連れてきていないぜ」

アックスホーク「じゃあ次は俺の仲間を呼ぶぞ・・・出てこい二人共」

キヨカ「私はキヨカです!!」

アイリ「改めてよろしくお願いしますね、兄と同じ拳を持つものとして・・・」

キヨカ「はい!!」

ウラド「僕はウラドです、よろしくお願いします」

アクセル「ヴァンパイアか・・・俺はその王だ」

ウラド「あ、僕もですよ」

アクセル一同「!?」

マリンスノー「じゃあ・・・三人とも出てきて!!」

ピエール「どうもピエールデース!」

サスケ「お前・・・見た目と感じから考えるとウザイよ」

ピエール「orz」

サクラ「ちょっとサスケ君!!言い過ぎよ!!確かにうざそうだけど!!」

ピエール「orzorzorzorzorzorzorzorzorzorz・・・」

ナルト「あのサクラちゃん?余計アイツ気がついている気がするってばよ・・・」

アスカ「惣流・アスカ・ラングレーよ!以後よろしく!」

青峰「よろしくな・・・」

ベシッ!!

青峰「ゲホァ!!」

アスカ「アンタなにげに胸みているでしょ!!」

マリンスノー「あんた変態ッスね・・・」

ハインリヒ「どうも、サイボーグ004ごとアルベルト・ハインリヒだ」

フランキー「アウッ!!よろしくなぁ!!互いに機械人間同士!!」

続きはまた後です!!

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.484 )
日時: 2014/12/28 19:55
名前: ジャガー ◆.FaqqoG3U6
参照: http:/

どうも、今年最後のコメントをしに来ました。

言いたい事一気に言います・・


・メイドウィン
メイドウィン『いっそのこと、久しぶりに包丁抜きでやってみるかな』
妹紅『おいやめろ。』

・松山那雄宏
一番マトモ・・むしろ原作だったらマトモじゃないはずなのに・・

・ライゴ&マヤ
メイドウィン『安定してるなライゴは。』
ジャガー『原作でも登場して二ページでスカートチラリですからね。』
メイドウィン『そして殴られるという。』
ジャガー『そういえば、ライゴさんあの時。』

『そこにパンツがあったら見るだろフツー!!それが男ってモンだろうがーーー!!!』

ジャガー『とか言ってましたね、マヤちゃんが『堂々とカッコ悪い事言うな』って言うのも分かります。』

・カイム社長
メイドウィン『一番酷いなカイムは(良い意味で)』
ジャガー『原作では仮想世界へ連れていくという荒業がありましたからね。』
メイドウィン『おまけに課金野郎とWの悪役という、ジョジョで例えると、エシディシとカーズみたいな。』

・クロエ・アルデンヌ
メイドウィン『どうやら公式からしたらあの性格はキャラ崩壊らしい。』
ジャガー『書いた僕にも問題はありましたが、本来はそうだったのですね・・と。』
メイドウィン『あいつ、結構人懐っこい性格らしい、誰かさんみたいに目は死んでるけどな。』
メイドウィン『地味じゃないよ・・あれでも原作じゃ癒し兼涙線崩壊要因なんだぞ。』
ジャガー『まあ、ホラーゲームとはいえ、あのメンツじゃ浮いてますよね。』


・レジーナ
松山『おいおい・・あんま気にしねぇよ、俺も全然違うと思う、てか、プリキュアファンがキレるだろ、俺と似てるなんて言われたら。』
ジャガー『ニコ動でも、登場する度に『顔www』ってネタにされますからね。』

・ハル
メイドウィン『ブレない癒し要因、流石ハル。』
ジャガー『天然ってすごいですね。』


ジャガー『そういえばなんでハチ君は呼ばなかったのですか・・?』
メイドウィン『あいつ呼んだらなんとなく嫌な予感がするんだよ・・』




・マリオ
【朗報】土方、本物のマリオに出会う。
ジャガー『そういえば、ゲーム機の取り合いの話で土方さんニンテンドー派とか言ってましたね。』



んじゃ、また来年もうちのやかましい奴等をよろしくお願いします。
ハル『やかましいってゆーな!』プクー
はいはい。


んじゃ、更新頑張ってください!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。