二次創作小説(旧・映像)

永遠の絆the dream open クロスオーバー 
日時: 2016/01/03 12:55
名前: 坂神 銀拳心

初めまして!!小説書いている皆さんに憧れて書いてみようと思いました!!私が書くのは主にジャンプキャラがメインです。逃走中や戦闘中の小説や時には感動する小説を書こうとも思っています!!得に私が好きな漫画は銀魂です。そして、特に好きなキャラは主人公の銀さんです。(銀さん好きな人もっと増えて欲しいです☆)という訳でプロローグです!!よろしくお願いします!!

後、作者募集は再開しました!!キャラシートです!!>>48

現在武闘会は終わり七泊八日の旅編です!!是非見てみて下さい!!

さらにこの小説にでるキャラ表です!!見てみてください!!>>698>>699

そして私の小説のオリジナル設定です!!これもチェックです!!

>>960

後私の小説に参加している人はアンケートに答えて欲しいです!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.461 )
日時: 2014/12/21 10:39
名前: エイジア

こんにちは。エイジアです。

すいません。勘違いしました。

エイジア「ララのボケ・・・・・始めて見た気がする・・・・」

十六夜「俺も始めてみた・・・・」

エイジア「てか、ふつうあそこは十六夜がボケた方が面白いと思う・・・・・」

十六夜「とゆうか、遅かったな最後の組」

エイジア「(話そらした)まあ、仕方ないよ。何らかの理由が会ったんだから。」

コメント待ってます。

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.462 )
日時: 2014/12/22 17:11
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

どうも!!坂神ですっ!!コメント感謝です!!ジャンプフェスタから帰ってきました!!すごく楽しかったです!!

エイジアさん
何故こんなに遅かったのかは小説を見ると分かりますよ・・・では本編です!!

零「中々変態が多そうなのだ・・・」

唯「いや零さん言えません!!」

ボーボボ「貴様とは縁がありそうだな!!一緒にはじけようぜ!!」

唯「前言撤回!!確かにあの人は零さんより変態そうですね!!」

銀時「可愛いなお前・・・マジで」

鵺野「何か天使って感じがするな・・・あの女の子」

努力マン、桑原「何で俺達も真似をする!?」

零「いや君達何を言っている!?」

零→中の人→努力マン→中の人→桑原→中の人→バギー→中の人→ラディッツ

?「もう!!やっぱり遅れたじゃない!!二人共トイレ行き過ぎだからよ!!」

?「リーダー、この酒うまいなぁ・・・ヒック」

?「何で君はまた酒飲んでいるんですか!!怒るわよ!!」

?「私は何で来たんだろうな・・・正直帰りてぇ」

?「いいわよ、帰りたかったら帰りなさい」

?「・・・いやいや付いていく付いていく!!」

?「お前は本当変わんねぇな本当・・・」

零「おっと・・・では、我らの仲間と先生と他の組を紹介しよう」

豪「俺は冷越豪だ、通称まなこの豪、よろしくな・・・ヒック」

両津「部長!!アイツを未成年で酒飲んでいることで逮捕していいですか!!」

部長「一応我慢しろ!!あれでも招待客だ!!」

(ナルトの精神世界にて)九喇嘛「おい・・・」

ナルト「なんだってばよ?」

九喇嘛「何であの酔っぱらいとわしが似ているんだ?」

ナルト「知らないってば・・・」

幽助「コイツ・・・アイツに似ていやがる・・・」

豪→中の人→九喇嘛→戸愚呂弟

潔「俺は出瀬潔、通称むき歯の潔だ(どうやってあの女のスカートをめくろうかな・・・)」

斉木「お前の目鳥束に似ている、変態の目だ」

めだか「その目で私を見るなよ?」

仁「ぼくは大間仁、通称えびすの仁と呼ばれてる」

一護「すげぇ・・・通称と見た目がベストマッチしている・・・」

九兵衛「何でこの男と祖父が・・・」

仁→中の人→敏木斎

大「僕は物星大、通称おちょぼ口の大と呼ばれているよ」

千絵「私は唯のクラスメート宇留千絵よ」

奇麗田「私に似ているわ!!」

千絵→中の人→奇麗田

増代「私は彼らの担任伊狩 増代よ、宜しくお願いしますうちの生徒を・・・」

綱手「宜しくって・・・私に何でお前は似ている?」

増代「いや知りません!!」

増代→中の人→綱手

拓真「私も同じく先生である石砂 拓真だ、よろしくな」

翔「こっからわ、零と同じく組のリーダーが出るよ、俺は色男組リーダー切出 翔だ、仲間も全員連れてきたがそれは尺の都合上カットらしい」

節戸 決、頼金 鳥雄、姿 飾、矛利 高志「よろしくな!!」

ほとんどの女勢「正直私はイケメンであることを自慢している男は嫌いよ!!」

色男「ズーン」

豪「ざまあみやがれ」

妖「俺は番組リーダー似蛭田 妖だ」

中須藤 臣也、米利 堅作、城亥 乱人、田打 肥「よろしくな」

ナルト「何で師匠に似ているんだってばよ・・・」

妖→中の人→自来也

塊「俺は腕組リーダー雲童 塊だ!!よろしくな!!」

銀時「取り敢えずその腕立て伏せやめてくれない?目障りだから」

亜切須 、腱印田灰 、進今條 、豊筋 力「よろしく!!」

邪子「私は御女組リーダー天野邪子だよ」

左 真紀、三段腹 幾重、本場 出須子、大場 加代「よろしく〜」

麗子「何でたばこすっているの?」

邪子「黙れ」

零「以上なのだ・・・ま、取り敢えず!!皆・・・よろしくなのだ!!」

銀時「遂に・・・全員揃ったな!!」

遂に全員揃いました!!そして・・・いよいよ私自身が出ます!!後オリキャラも出ますよ!!

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.463 )
日時: 2014/12/22 14:01
名前: エイジア

こんにちは。エイジアです。

エイジア「やっと全員そろったね・・・」

十六夜「そうだな、それより同じララの名前がいるから、ややこしいな・・・・・」

エイジア「そうだね・・・でも、レイヴンもね・・・・」

十六夜「レイヴン?それって、死や悪病を予知する鳥のことだろ?それがどうしたんだ?」

エイジア「知ってたんだね。レイヴンは、ララの神様の名前。『祟神レイヴン』ララはそう呼ばれてるよ。」

十六夜「ほう。」

エイジア「後、ララのもうひとつの人格の名前。」

十六夜「人格?ララは二重人格なのか?」

エイジア「うん、ララと性格が反対で、祟神になったときとララの身の危険を感じたら出てくるよ。」

エイジア「後、男の人みたい」

十六夜「みたいと言うことは、エイジアはあったことは、無いのか」

エイジア「うん、ほとんどオーガから聞いてるから。」

十六夜「へぇ、俺も会ってみたいな・・・そいつに」

コメント待ってます。

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.464 )
日時: 2016/05/26 20:33
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

どうも!!坂神です!!コメント感謝です!!
エイジアさん
本城ララは二重人格ですか!!分かりました!!
では・・・本編です!!
ベジータ「では・・・ひとつ聞くぞ、貴様は何故こんなに遅れた?」

男鹿「ふざけた答えだったら殴り飛ばす・・・」

ベル坊「オワダッ!!」

千絵「実は・・・零さんと唯の二人がトイレにかなり行っていたからよ・・・」

増代「全く!!零君はトイレに1回行ったら5時間も中にいたのよ!!一方唯さんは1時間に12回トイレに駆け込んで行ったから・・・」

めだか「貴様結構大変なんだな・・・」

増代「そうよ・・・って!!先生に対して何という口の聞き方ですか!!」

めだか「悪かったな!!(凜!!)」

増代「いや反省している色全くなしね!!」

すると・・・

ピンポーンパンポーン!!

剣心「そろそろ時間でござる!!」

アナウンスが鳴り始めた・・・

?「皆さん!!今回来てくださってありがとうございました!!私が皆さんを招きました!!」

銀時「ふ〜ん、俺達を招いたのは女か・・・」

?「では皆さん!!今からステージに私が行きます!!」

すると・・・

ジャージャカジャカジャカジャカジャカジャカジャカジャカジャカジャカジャカジャカ・・・

日向「この音って・・・何か発表する時に流れる音楽だ!!」

影山「そうだな・・・って何で流れたんだ?」

ジャン!!

すると・・・







































バシッ!!

?「フベラッ!!」

全員「!?」

ステージの上から女が落ちてきた!!

おもいッきり顔面からぶつかりながら、

銀時「・・・いや・・・何で上から降ってきたんだ・・・」

?「・・・う、うう・・・」

剣心「おろ?」

?「・・・わあああああああああん!!痛いですぅぅぅぅぅぅぅ!!(泣き)」

両津「・・・は?」

?「・・・今まで努力していたのに・・・何でこんな時に失敗してしまったんですかぁぁぁぁぁぁぁぁ!!私のバカぁぁぁぁぁぁ!!」

綱吉「・・・あの・・・大丈夫ですか?」

?「うう・・・グスン、・・・ありがとうございます・・・」

銀時「・・・一つ聞いていいか?」

?「何ですか?」

銀時「・・・お前が俺達呼んだの?」

?「あ、ハイ!!」

ほとんど全員「帰ろ帰ろ」

?「いや皆さん確かに私最初惨めでしたけど帰らないで下さいぃぃぃぃぃぃぃ!!(泣き)」

?「もう!!姉ちゃん何でこんな時に失態犯したんだよ!!」

?「全く・・・お前はいつも・・・」

?「まあ元気だしてよ!!」

?「では・・・自己紹介です!!」

































坂神「私が皆さんを招いた坂神銀拳心です!!」

猿悟巻「俺は姉ちゃんの弟坂神猿悟巻だぜ!!」

両崎「俺は銀拳心の幼じみ両崎辰月だ・・・」

桐子「私は銀拳ちゃんの親友羽野桐子です!!」

これが私のオリキャラです!!ではプロフィールは後で書きます!!

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.465 )
日時: 2015/07/08 23:05
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

オリキャラまとめました!!どうぞ!!

1名前坂神銀拳心

2年齢16歳

3性別女

4一人称、私、洞爺湖所持の場合俺、真打所持の場合私

二人称、貴方、洞爺湖所持の場合お前、真打所持の場合主

5性格優しくて温厚だが・・・弟の変態行為には容赦なく制裁を加える、正義感が強いがドジっ子で目立ちがり屋、よく泣きやすい

6容姿白髪と赤い髪の毛が半分ずつ分かれていて結構美人、服装は銀さんと同じ浴衣と上着を着ていて、下は灰色のジーンズを着ている。胸の大きさはめだかより3サイズが一つずつ小さいぐらい、要するにほとんど変わらない、要は巨乳

7能力
基本は木刀洞爺湖と逆刃刀真打を使いこなす、また、スキル、「完全」
の所持者である。剣の腕は土方を超えていて、沖田や銀時と強さは並ぶ

8装備、前述の通り木刀洞爺湖と逆刃刀真打である、しかしそれぞれの武器を持つと何故か洞爺湖の場合は銀時、真打の場合は剣心の性格になる。

9サンプルボイス
「皆さんこんにちは!!坂神です!!」
「お妙さん!!む、胸つかむのやめてください!!(赤面)」
「それは言い過ぎですよ皆さァん!!(泣き)」
「私は・・・護りたいものを護るためなら強くなれます!!」
「皆さんに会えて私は本当に良かったです!!」
木刀所持の場合
「オイテメェら!!俺が普段弱いからって調子のってるんじゃねぇぞコノヤロォォォォォォォォォォォォ!!」
「うるせぇな!!お前が続きはやりやがれ!!」
「たくっ、何で俺がこんなことしなきゃならねぇんだよ・・・」
真打所持の場合
「おろ?」
「私は主の言っていることは間違っていると思うでござるよ?」
10過去
父が夢世界を作り上げた本人であり、尊敬している。だが自分が跡をついだがちゃんとやれるか悩んでいる。

1名前坂神猿悟巻

2年齢15歳

3性別男

4一人称、俺、俺様(稀に)
二人称、アンタ、お前

5性格やんちゃで明るく、いつもポジティブ、かつ球磨川に並ぶほどの変態で美人の人を見るとすぐ写真を取る。だが根は優しくて女を護る事を自分のモットーにしている

6容姿、金髪に白いシャツの上に紫色のジャンパーを着ている。ズボンは青色の短パンを着ている。結構チビでまだ小6だと思われてしまう。

7能力、白ひげが死んで復活したグラグラの実を食べてグラグラの能力を得た。よってグラグラの能力者が二人いることになった。また、自来也がナルトに会う前に自来也から螺旋丸を学んでいて螺旋丸の使い手である。

8武器、武器は主にクナイや手裏剣を使いこなす。

9サンプルボイス
「俺は坂神猿悟巻だぜ!!」
「おお!!美人だ!!・・・写メ写メ」銀拳心「殴るわよ?」
「球磨川様!!どうやれば美女の写真をうまく集められますか!?」
「俺はか弱い女を護り通す・・・これが俺の忍道だ!!」
「姉ちゃんも少しは強きになりなよ〜」
10過去
坂神の弟で、かつては一緒にいた兄の事が大好きだった。実は兄が脱走した後猿悟巻が跡継ぎに選ばれたが自分には合わないと辞退した。

1名前両崎辰月

2年齢16歳

3性別男

4一人称俺二人称お前、アンタ

5性格超クールであり美男子で女の人気が高い、無愛想に見えるが実は優しく超ツンデレ

6容姿黒い髪に黒いワイシャツに黒いブレザーを着ている。

7能力、特別な斬魄刀影真似を持つ。始解で剣の形を自由に変えることができて、卍解、猿真似は友だと感じた仲間の卍解を得ることが出来る。一護やルキアなど、またデスノートならぬドーピングノートの所持者、これに書かれた人は能力が増加する。ただし友じゃないものには全く効果なし。更に一度遊戯王の世界に行って融合カードを集めた。これにより戦うときに人と人を融合出来るようにカードを改造して、見事に作り上げた。

8武器先程説明したように斬魄刀影真似

9サンプルボイス
「俺は両崎辰月だ・・・」
「フン、・・・別にお前のためじゃない」
「俺は認めてくれた友を護る・・・それだけだ・・・」
「俺は敵には容赦しない・・・」
「いくぞ影真似・・・卍解、猿真似・・・!!」

10過去幼くして母や父を汚職警察に無実の罪で撃たれ殺された、怒った辰月は殺した警察官を皆殺しにした・・・それ以降は警察を滅ぼすテロリスト、いわゆる復讐者になったが、銀拳心の父と戦い敗れて改心した。

1名前羽野 桐子(本名うちはキリコ)

2年齢16

3性別女

4一人称私二人称アンタ

5性格おっとりしている坂神達のムードメーカー家族思いで笑顔が魅力で猿悟巻が少し苦手

6容姿赤色の眼鏡を着けていてオレンジ色の髪に赤いシャツにフードつきの上着を着ている。ズボンは長くて黄色、貧乳がコンプレックス

7能力回避がうまい、いつか写輪眼が目覚めるかもしれない・・・また、何故か火遁豪火球の術の劣化版火遁火球の術をつかえる

8武器猿悟巻からもらったクナイ一つのみ

9サンプルボイス
「皆こんにちは!羽野桐子です!」
「まあ元気だしなよ銀拳心ちゃん〜」
「胸のこと言ったら怒りますよ!」
「私は・・・うちは一族の末裔うちはキリコ!!全力でアンタを倒す!」
10過去
実はうちはマダラの弟イズナの末裔で父羽野サイゾウは三代目水影を倒すほどの実力者で疲れ果てていたところを銀拳心の父親に助けられ銀拳心の父の妹を娶って義兄弟の契りを交わした、そしてサイゾウは自分が病死する寸前に銀拳心の父にキリコと妻を口寄せしてもらった、その為キリコは銀拳心の世界にいる。

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。