二次創作小説(旧・映像)

永遠の絆the dream open クロスオーバー 
日時: 2016/01/03 12:55
名前: 坂神 銀拳心

初めまして!!小説書いている皆さんに憧れて書いてみようと思いました!!私が書くのは主にジャンプキャラがメインです。逃走中や戦闘中の小説や時には感動する小説を書こうとも思っています!!得に私が好きな漫画は銀魂です。そして、特に好きなキャラは主人公の銀さんです。(銀さん好きな人もっと増えて欲しいです☆)という訳でプロローグです!!よろしくお願いします!!

後、作者募集は再開しました!!キャラシートです!!>>48

現在武闘会は終わり七泊八日の旅編です!!是非見てみて下さい!!

さらにこの小説にでるキャラ表です!!見てみてください!!>>698>>699

そして私の小説のオリジナル設定です!!これもチェックです!!

>>960

後私の小説に参加している人はアンケートに答えて欲しいです!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.439 )
日時: 2014/12/12 17:59
名前: エイジア

こんにちは。エイジアです。

エイジア「ララが行ったかぁ・・・・」

十六夜「大丈夫か?あいつ」

エイジア「ええ、色々心配だよ・・・・亀仙人と変態の人が居るからね・・・・」

十六夜「まあ、ララに何か合ったら此処のドアを破壊してそいつを半殺しに」

エイジア「駄目!!それは、絶対駄目!!それにあんたもじゅうぶん変態だよ!」

十六夜「はぁ!俺の何処が変態なんだよ!!」

エイジア「全部!!いつも黒ウサギの事を言ってるくせに!!」

十六夜「あれは、趣味だ!黒ウサギの美脚と胸が好きなだけだ!」

エイジア「充分変態だよ!!」

十六夜「後、聞きたいことがあるが、ララは、高校で人気者て聞いたが、それは、本当か?」

エイジア「誰から聞いたの?それ」

十六夜「マリから」

エイジア「はぁ、まあホントだよ、何でも、ララの美脚と胸がいいんだって。」

十六夜「そうか・・・・・だったら余計危ないぞ・・・・」

エイジア「・・・・・ララーーーー!!!」

と、すごくララを心配しました。

コメント待ってます。

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.440 )
日時: 2014/12/12 19:31
名前: エイジア

一方その頃ララは・・・・・・

ララ「なんかさっき、エイジアさんの声と新八さんの声が聞こえたような・・・・」

ララ「ここですね、う、ノイズと人酔いが・・・・」

ララ「まだ、桂さんと両さんは、来てないみたいですね。その間何かしておきましょう・・・・(私が祟神であることを内緒にしておかないと、またあの頃と同じようにエイジアさんたちに迷惑になってしまう。)」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

十六夜「なあ、エイジア。」

エイジア「ん?何?」

十六夜「ずっと気になってたんだか、ララはなんで祟神の力を使っちゃダメなんだ?」

エイジア「うーん、ま、十六夜ならOKてララから言われてるからいってもいいか。」

エイジア「ララはね、昔、とある村に住んでたんだ。ララは生まれつき力が会ったから、村の人達から化け物扱いされて、怪我をすることもあったんだよ。」

十六夜「そんなことが・・・・」

エイジア「でも、それだけじゃなかったんだよ・・・・」

十六夜「は?」

エイジア「・・・・・村は、ララを処刑しようとしたわ・・・・もちろんららの両親は反対したけど・・・・・村の人達は最低の手段をした・・・・・」

十六夜「・・・・・何をしたんだ?」

エイジア「・・・・・・ララの両親を・・・・殺した。」

十六夜「っ!・・・」

エイジア「しかも、ララの目の前で、ララにとっては、最悪の光景だった・・・」

エイジア「そのあと、ララの記憶は無かったんだけど・・・・気がついたら村は燃え、ララの回りには、村人たちの死体が会ったそうよ。」

十六夜「・・・・・・・」

エイジア「その時、ララはこう思ったわ・・・・『自分は必要ない存在』だと・・・・」

エイジア「そのあとは、私たちにあったわ、最初はひどく怯えてたけど、段々と慣れてきた・・・・オーガも一緒だったからよく知ってる。」

十六夜「オーガも居たのか」

エイジア「それから、ララの祟神の能力の使用禁止が出たの。ララの炎は炎神と冥府神の混じりの炎で黒い霧は破壊神の破壊を持っていて、邪神の後継者と言われてて他の神からも嫌われていたわ」

十六夜「それがララの人嫌いと力を使ってはいけない理由か・・・・」

エイジア「そうゆうこと」

コメント待ってます。

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.441 )
日時: 2014/12/13 00:27
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

どうも!!坂神です!!
ジャガーさん
リレー小説ですか・・・でも実は今月までに私の小説のジャンプキャラ全員集合まで早急にやらなければいけないんですよね・・・なのでもし時間があったら書こうと思います!!後新設定把握しました!!
エイジアさん
ララの設定分かりました・・・それは・・・この小説で変わると思いますよ!!後一回目の高校で人気があるララってどっちですか?もしかして本城ララって以外と色っぽいんですか?教えてください!!
では続きです!!

ナナ「次は私、私!!姉上の妹、ナナ・アスタ・デビルークよ!!」

球磨川『惜しいね』『もう少し胸が大きいといいのに』

ナナ「ペッタンで悪かったな!!」

坂本「だいじょうぶじゃあ!!気にすることはない!!まだお妙ちゃんよりはマシd(これ以降はR15であるためお見せできません)

モモ「私はお姉様のもう一人の妹モモ・ベリア・デビルークです!!よろしくお願いします!!」

ララ「私達三姉妹なの!!」

めだか「・・・こんなことあるんだな・・・」

葵「・・・そうね・・・」

めだか、葵「似ている人に三人も会うなんてな・・・」

モモ「ど、どういう事です!?」

モモ→中の人→めだか→中の人→葵

ケンイチ「俺は猿山 ケンイチだ!!よろしくな!!」

藤崎「二人目!?」

忍「マジか!!」

ケンイチ「ファ!?」

ケンイチ→中の人→吾代 忍→中の人→藤崎

ララ「以上だよ!!よろしくね!!」

土方「何か女率高くね?」

リト「はは・・・まあそうなんですよね・・・」

銀時「・・・」

神楽「どうしたあるか銀ちゃん?」

銀時「いや・・・何でもねぇよ」

銀時は・・・先程来た本城ララを見ながら考え事をしていた・・・

銀時(あの女の目・・・あの頃の俺の目に似ていやがる・・・俺が松陽先生に会う前の目の・・・)

以上です!!

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.442 )
日時: 2014/12/13 08:30
名前: エイジア

こんにちは。エイジアです。

いいえ、ララは胸と美脚が良くて天才でモデルさんみたいに綺麗で決して色っぽくありません。

キャラで言えば・・・・・ナルトのヒナタさんみたいですね。

コメント待ってます。

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.443 )
日時: 2014/12/14 13:13
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

どうも!!坂神です!!コメント感謝です!!
エイジアさん
あ、成程、分かりました!!
では本編です!!
銀時(俺が・・・鬼の子と呼ばれていたあの頃の俺と・・・アイツの目は似ている・・・)

銀時は、本城ララから何かを感じ取ったようだ・・・

サンジ「そういやぁ、どうしてあのララちゃぁ〜んはあんな速さで突っ込んできたんだ?」

リト「ああ、ララがな、会場に一番乗りしたくてララの発明品らくらくランナーくん使っちゃたんだ、アレは自分の意思じゃ止まれねぇからな・・・」

そして来たのは・・・

部長「やっとついたぞ・・・」

新八「大原さん!!纏さん!!」

銀時「部長さん、ここにいる変態逮捕してくださーい」

新八「もういい加減泣きますよ僕?」

纏「やっと捕まえたよ・・・大変だった」

麗子「よかったわね・・・後この長い髪の毛の人は?」

土方「桂の奴また気絶していやがる・・・」

カカシ「さっきやりすぎたからな」

桂「・・・ん、んん・・・」

神楽「おお、ヅラ起きたアルナ!!」

中川「先輩も起きましたね!!」

両津「・・・ん?銀時、何で俺に似ている人がいる?」

桂「それはこっちのセリフだ!!何でワシに似ている人・・・ていうか・・・」

桂、両津「俺(わし)自身?」

銀時「・・・まさかこれって・・・(汗)」

中川「よくギャグマンガである・・・」

こち亀、銀魂勢「入れ替わりかよ!?」

桂、両津「・・・マジカァァァァァァァァァァァァァ!!」

両津(中は桂)「何でだぁ!!しばらく気絶していたのに!!あの承太郎に殴られて○○○をつぶされてからずっと気絶していたのに何でまたこんなことになるんだぁ!!」

本城「やっぱり入れ替わっていましたね・・・」

ララ「まさしくトラブルだね!!」

モモ「ははは・・・面白いでs・・・いや大変ですね」

桂(中は両津)「今面白いって言おうとしたな!?面白いって言おうとしたよな!?お前実はSだったのか!!」

ジョナサン「承太郎という男が君の○○○をつぶしたのか!?許せない・・・許せないぞ!!僕がそいつを倒してやr(強制終了)」

君は自分の子孫を自分で倒すつもりかね?(ラピュタのムスカ風)

桂(中は両津)「くそっ!!お前のせいでわし捕まったぞ!!」

両津(中は桂)「うるさいぞこのロン毛が!!ちゃらちゃら伸ばして!!それでも貴様は武士か!!八八八!!貴様がゴミのようだ!!バーカ、バーカ!!」

桂(中は両津)「黙れ!!お前はろくな事をしていない警察だろうが!!金儲けしか考えない奴がよ!!バーカ、バーカ!!」

部長、銀時「・・・お前ら二人とも馬鹿だろ」


両津(中は桂)「銀時ィィィィィィィィ!!何とか戻してくれぇ!!」

銀時「・・・でも戻さない方がよくね?」

土方「そうだな、あのカオス馬鹿より中が両津の方がいいきがするな」

両津(中は桂)「い、いやいや銀時!!泣くぞ!?」

桂(中は両津)「ぶちょ〜ぉぉぉぉ!!何とかしてください!!」

部長「このままでいいな」

纏「そうだな、金の欲望まみれより、このロン毛が中のほうがいいな」

こち亀勢「うんうん」

桂(中は両津)「ひどいぞ!!」

神楽「じゃあいい考えあるアル!!姉御!!手伝ってほしいアル!!」

妙「分かったわ!!」

すると二人は桂と両津の足をつかんで・・・

神楽、妙「そーれ!!」

ブンブンブン!!

ガァンガァンガァン!!

二人を回して二人の頭をまたぶつけ始めた!!

神楽「ぶつかって入れ替わったんなら、またぶつければ戻るネ!!」

両津(中は桂)「いたいいたい!いやそれ単純に痛いだけだろォォォ!!やめろォォォ!!」

・・・その後ララの発明品まるまるチェンジくんで戻った・・・

桂「やっと戻った・・・」

両津「本当あせったぜ・・・」

我愛羅「・・・何でこの男と俺が似ているんだ・・・」

ナルト「え?」

桂「ハッハッハッ!!珍しいな!!互いに他人とは思えませんなぁ!!」

桂→中の人→我愛羅

銀時「発明家だな」

ララ「褒めてくれてありがとうございます!!」

そして・・・次にくるのは・・・誰だ!?

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。