二次創作小説(旧・映像)

永遠の絆the dream open クロスオーバー 
日時: 2016/01/03 12:55
名前: 坂神 銀拳心

初めまして!!小説書いている皆さんに憧れて書いてみようと思いました!!私が書くのは主にジャンプキャラがメインです。逃走中や戦闘中の小説や時には感動する小説を書こうとも思っています!!得に私が好きな漫画は銀魂です。そして、特に好きなキャラは主人公の銀さんです。(銀さん好きな人もっと増えて欲しいです☆)という訳でプロローグです!!よろしくお願いします!!

後、作者募集は再開しました!!キャラシートです!!>>48

現在武闘会は終わり七泊八日の旅編です!!是非見てみて下さい!!

さらにこの小説にでるキャラ表です!!見てみてください!!>>698>>699

そして私の小説のオリジナル設定です!!これもチェックです!!

>>960

後私の小説に参加している人はアンケートに答えて欲しいです!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.406 )
日時: 2016/01/05 18:06
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

どうも坂神です!!コメント感謝です!!

竜さん

実は一つ当たっていますよ!!
エイジアさん

スケットダン登場です!!次は誰が来るでしょうね・・・
シャルさん

お久しぶりです!!ニセ恋第二期放送されますね!!この勢いで銀魂第四期放送されないかな・・・

ジャガーさん
ありがとうございました!!これでスパイキャラが揃いました!!という訳で!!お礼です!!どうぞ!!

そしてまた次に来たのは!?

銀時「何か警察らしいな・・・」

めだか「そうだな、でもなぜか警察には見えない・・・まるで・・・ゴリラだな」

妙「めだかちゃん、それ完全にこのバブルス君じゃない」

近藤「お妙さん!!だから違いますって!!」

?「おうお前ら、急に質問だがここらへんに子連れの青年と二人のカップル、一人は金髪の女の子、もう一人は・・・まあ地味な男、知らねぇか?」

?「私達探してるんです」

藤崎「いやその前にアンタ達誰だよ?」

?「考えてみればそうですね」

?「そうだな、じゃあ言っておくか・・・」















































両津「亀有公園前派出所巡査長両津勘吉だ!!」

キルコ「流島分署新米婦警音無キルコです!!」

銀時「おお、またジャンプの主人公か!!よろしくな!!」

?「先輩!!見つかったんですか!?」

?「本当にお前が探しているのはマフィアなんだろうな?両津!」

両津「信じてないのかよ!?」

?「当たり前じゃん、だってお前金稼ぎの為ならなんでもするじゃん」

?「キルコ!!また騒動起こしてないよな!?」

悟空「警察がゴロゴロ来てんぞ!!」

両津「取り敢えず一応挨拶しておけ!!」

中川「あ、はい!!亀有公園前派出所勤務中川圭一です」

女勢「かっこいい!!凄くかっこいい人!!」

麗子「秋本・カトリーヌ・麗子です。よろしくね!!」

男勢「やべぇ!!すごい美人じゃん!!」

ナルト「でも変だってばよ・・・何で部下二人が美男美女なのに主人公はb」

両津「殴るぞ?」

めだか「麗子とやら、ひとつ聞いていいか?貴様の髪はなぜ金髪なのだ?そしてカトリーヌってなんでついてるんだ?」

麗子「ああ、私フランス人と日本人のハーフなのよ」

大原「わしは葛飾警察署地域課巡査部長の大原大次郎だ」

トリコ「以下にも頑固親父って感じがプンプンするな・・・」

両津「ああ、その通りだ、図星だ」

大原「黙れ両津!!」

丸井ヤング館「ぼ、僕は寺井 洋いt」

両津「嘘つくな!!」

丸井ヤング館「だ、だって本当の名前で言うのはいy」

麗子「そうよ、両ちゃん、流石に言わせるのは酷よ」

両津「でも本当の名前を先に言っておけよ!!恥ずかしがらずに!!」

九兵衛「どうしたんだ?」

両津「ほら早く!!」

丸井ヤング館「わ、分かったよ・・・僕は・・・丸井ヤング館です」

その瞬間・・・

こち亀勢以外「ぷっ、プハハハハハハハハハ!!!」

大爆笑された・・・

丸井ヤング館「ほら両さん!!わらわれたじゃないか!!」

神楽「ハハハハハハハハハハハハ!!お前の母ちゃんどうかしたアルか!!」

麗子「まあ聞いてあげて・・・彼ね、改名君という機械でね、改名したの、本来の名前は寺井洋一って言うのよ」

磯兵衛「でもその名前地味で候・・・見た目も地味だしやっぱり改名してよかったのでござらんか?」

銀時「そうだな」

こち亀勢以外「うんうん」

丸井ヤング館「納得されちゃったよ、どうしてだろう?」

銀時「どうせならこの地味メガネも改名したほうがいいな、ダメガ君8号ってよ」

新八「今地味って言ったな、地味って言いやがったな?(握りこぶし固めて)」

麻里愛「麻里愛ですわ!!よろしく!!」

サンジ「ひゃっほう!!美女ですな!!」

両津「でも驚くなよ・・・アイツ実は・・・元男だ」

こち亀勢以外「・・・ええええええええええ!?」

ロビン「いわゆるニューハーフってことね、でもじゃあ男の時はどんなだったの?」

悟飯「それに手術したの?」

麻里愛「いや、手術はしてないですわ!!」

銀時「オイオイ・・・じゃあ何で性が変わったんだよ・・・」

両津「まあそれはシークレットで」

纏「あたいは擬宝珠 纏だよ、よろしくな!!」

あかね「お前、何か性格俺に似ているな、仲良くなれそうだ」

タロウ「確かにな」

纏「色々な奴がいるな・・、勘吉、お前とはりあえそうな奴ばっかりいるな」

両津「そうだな、時にあの白髪の奴、何かわしに似ていそうだ」

ボルボ「俺はボルボ西郷だ、よろしくな」

ナルト「よろしくだってばよ!!」

ボルボ「お前もしかして忍者か・・・私の先祖も忍者だった」

ナルト「ふ〜ん、で、お前は軍人なのか・・・」

すると・・・

?「どけどけどけェェェェェェェェ!!」

銀時「ウオッ!?」

バイクで突撃してきた男がいた!!

剣心「いや危ないでござるよ!!」

?「両津のダンナ!!巡回してきたぜ!!」

両津「ご苦労!!」

銀時「オイ何だあの暴走族」

その男はバイクから降りた・・・

本田「あ、どうも皆さん、交通機動隊所属の本田速人です」

こち亀勢以外「・・・いや変わりすぎィィィィィィィィィィィ!!!」

近藤「お前二重人格かよ!?」

両津「まあそうなんだよな・・・」

春樹「あ、そして俺は安錠春樹だ」

マダオ「・・・お前・・・俺と同じ臭いがするぜ!!」

春樹「いや全く嬉しくないんだけど・・・」

知秋「撃鉄知秋です、よろしく」

両津「以上だな、我ら警察連合の人員は」

銀時「ところでよ、どうしてアンタはソイツらを探してるんだ?」

両津「ソイツらは・・・マフィアだと聞いたからだ」

めだか「マフィアだと!?」

キルコ「はい、本来両さん達だけが追うはずだったんですが、両さんが私達にも協力捜査してくれって頼まれて・・・」

ケンシロウ「でもソイツらは本当にマフィアなのか?」

両津「嘘じゃない、それはある探偵事務所から聞いた裏付けがある桂木弥子魔界探偵事務所という探偵事務所だ、本人も後でくるそうだ」

銀時「でもどんなマフィアなんだろうな・・・」

果たしてどんなマフィア(読者にはもう分かっていると思いますが・・・)がくるんだろうか・・・

ジャガーさん!!特別にあなたのお気に入りキルコを出しました!!後、短編では出る漫画は、キルコと後ひとつだけ出ます!!

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.407 )
日時: 2014/11/20 21:18
名前: エイジア

こんにちは。エイジアです。

ララ「こち亀だったのでポイントは、無しです。」

エイジア「次にあれが来そう・・・」

十六夜「じゃあ、前回と同じだな。」

コメント待ってます。

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.409 )
日時: 2016/01/05 18:18
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

どうも!!坂神です!!

エイジアさん
あれがきそう・・・って色々パターンありますからね・・・どうなるのでしょうか・・・

そして・・・

両津「あ!!来たぞ!!あのマフィアが!!」

トリコ「何!?」

皆が戦闘体勢に入る!!

だが・・・

?「え!?え!?何で皆こんなに殺意向けてきてんの?」

?「コイツはやべぇな・・・」

?「オイオイ、なんでだよ・・・」

?「私達何もしてないわよ!?」

めだか「・・・オイ」

両津「何だ?」

めだか「貴様あれどう考えてもただの一般人じゃないか」

銀時「どういう事だコラ?」

両津「ほ、本当に聞いたんだぞ!!」

キルコ「そうです!!私も電話しましたよ!!」

大原「う〜む、キルコが言うなら本当だろうが・・・じゃあどういうことだ?」

キルコ「もういいです!!私が捕まえます!!」

ビュン!!

春樹「お、オイ!!先走るなよ!!」

キルコが突撃していった!!

ガキン!!

だが・・・

?「やめといたほうがいいよ・・・」

トンファブレイドの攻撃は竹刀で止められた・・・

春樹「止めた!?」

みどり「じゃあまず聞きましょうか、貴方達は誰ですか?」

?「ぼ、僕は・・・」










































綱吉「沢田綱吉と言います!!」

リボーン「ちゃおっす、俺はリボーンだ」

千棘「私は桐崎 千棘!!よろしく!!」

一条「俺は一条楽だ!!」

めだか「貴様ら学生か・・・ではひとつ聞いていいか?」

綱吉「何です?」

土方「お前ら本当に・・・マフィアなのか?」

千棘「まあ・・・そうね、確かにマフィアなのは事実よ」

土方「お前は?」

綱吉「・・・確かにマフィアの血は受け継いでますけど・・・マフィアのボスになるのは嫌なんですよ〜」

リボーン「弱気になるな、ツナ、オイ警察共、確かにコイツはマフィアのボスになる男だ」

綱吉「ちょ!!勝手にやめt」

両津「ほら見ろ!!本当にマフィアだろ!!」

麗子「う〜ん、でも気になるわ」

両津「何がだよ!?」

麗子「確かに彼はマフィアだろうけど・・・皆まだ高校生じゃない」

両津「だからってマフィアなのは変わりないだろ!!」

麗子「いやそれに・・・そもそも何でここに来た理由がわからないじゃない」

銀時「来た理由はおそらく俺達と同じく招かれたからだろ?それぐらい主人公である両さんならわかるはずじゃないか?そうだろテメェら」

千棘「はい、私達招かれてきたのよ?別に犯罪しにきたわけないでしょ?」

大原「どうしてお前は今回は客としてきた彼らを捕まえようとした?」

両津「い、いやそもそも招待客として来るか分かりわけないでしょ?」

纏「もう嘘はやめな勘吉、分かっているんだろ勘吉、本当の理由当ててやろうか・・・金だろ?」

両津「・・・(汗)」

纏「多分この中で大金持ちがいるんだろ?で、捕まえてその人の金をまるまるゲットしたい・・・というのが理由だろ?」

両津「ん、んなわけないだろ・・・(汗)」

麗子「汗でてるわよ?両ちゃん・・・?」

纏「じゃあ聞くぞ、この中でお金持ちいないか?」

千棘「はい、私達結構お金あるけど・・・だから私を捕まえようとしたの?」

両津「ち、違うぞ!!わしはそんな理由じゃn」

大原「嘘をつくのはもうやめろ・・・たった今本田が『金持ちのマフィアからお金を取ってお金でも稼ぐか・・・』ってお前が話していたのを吐いたぞ・・・」

本田「先輩すみません・・・」

両津「・・・・・(汗)」

すると・・・

両津は本田の使っていたバイクを使って逃走した!!

大原「待て両津ゥゥゥゥゥゥ!!!」

それを大原と纏が追いかけていった・・・

中川「・・・あいからわずだな先輩は・・・」

ルフィ「オメェらいつもあの人こんな感じなのか?」

麗子「そうよ・・・」

こち亀勢以外「・・・大変だな」


リボーン「じゃあこうして仲良くなったんだし、俺達の仲間を紹介するぞ」

獄寺「十代目の右腕獄寺隼人だ、十代目を汚す奴は容赦しないぜ・・・」

剣心「何かおっかない人でござるな・・・」

獄寺「あ、後俺基本的には年上の人間はすべて敵だから、覚悟しておいたほうがいいぞ」

銀時「それほとんどの奴敵に回してないか?」

山本武「こんにちは、俺は山本武、よろしく!!」

妙「何か貴方と獄寺君が対照的に見える・・・」

銀時「お前の武器は竹刀なのか?俺は木刀使いだ」

山本武「そうですか!!これは時雨金時という名前です、実は少し変わった竹刀でしてね・・・まあそれはまたいつか」

ランボ「お、俺はランボだ!!よ、よろしくな!!」

ブルック「ヨホホホホホホホホホホ!!同じくアフロ同士仲良くしていきましょうねェェェ!!」

ランボ「べ、別にわざとアフロになったわけじゃないもんね!!」

ルフィ「オメェも何か他人じゃないかするんだよなァ・・・」

ランボ→中の人→ルフィ→中の人→クリリン

笹川「笹川 京子です!!よろしく!!」

とケーキを食べながら自己紹介をした。

銀時「お前甘いもの好きだろ?俺も好きだぜ!!」

笹川「本当ですか!?じゃあいつかいつも行ってるケーキ屋を紹介しましょうか?」

銀時「おお、センキュー!!」

続きはまた明日です!!

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.410 )
日時: 2014/11/21 23:07
名前: エイジア

こんにちは。エイジアです。

ララ「・・・・・えーと、ポイント無しですね・・・・」

エイジア「何だろう・・・どっかで見たことあるけど・・・題名が思い付かない・・・・」

十六夜「と言うか、脳噛ネウロじゃ無かったな・・・」

ララ「そうですね・・・・エイジアさん、両さん後で殴ってもいいですか?」

エイジア「駄目!でも、どうしたの!?」

ララ「あの人、お金のためになんの罪のない人を捕まえようとしたんですよ!?そんな人、許せるはずがない・・・・」

エイジア「駄目、完全にキレてる!十六夜止めてーー!!」

十六夜「ララ、少し落ち着け。」

エイジア「(ふう、やっぱり、ララを止めるには、十六夜が止めた方が早いなぁ・・・・)」

コメント待ってます。

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.411 )
日時: 2014/11/21 23:25
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

エイジアさん
はは、あの人はいつもそうですよ・・・ていうか一応彼女マフィアだから捕まえることは出来るんですよ、でも今回は招待客なので・・・

千棘「次は私達の番よ!!」

小野寺「お、小野寺 小さk、ってかんじゃったよ・・・小野寺 小咲です・・」

めだか「落ち着け!!」

小野寺「は、はい・・・」

銀時「おっとりしているな・・・」

誠士郎「鶫 誠士郎です、よろしく!!」

銀時「お前なんか銃持ってるだろ?」

誠士郎「な、なぜ分かった!?」

銀時「まあ長年のかんでよ、かん、そんなに銃持ってたら危ねぇぞ?」

誠士郎「めったに使わないけどな・・・」

ボルボ「・・・私もかつてそうだった・・・」

球磨川『君って男みたいな顔しているじゃん』『でも中は実は胸大k』

パァン!!

誠士郎「・・・こういう時は使うけど」

球磨川『はは、ハハハハハハ・・・(汗)』

二セコイ勢以外(恐ろしい!!)

万里花「皆さんこんにちは、私は橘 万里花ですわ!!よろしくお願いしますわ!!」

神楽「ですわですわってうるせぇんだよコラァ!!」

奏倉「奏倉 羽です!!よろしくね!!」

一条「羽姉は俺たちの先生なんだ」

銀時「・・・ちょっと待て、今羽姉って言った?お前ら姉弟?」

一条「いや、ただ・・・俺の姉のような存在だからな」

ルフィ「ししし!!俺もわかるぜ!!俺にも血が繋がってない兄弟いたからな!!」

一条「本当か!?」

ルフィ「・・・でもよ」

一条「でも?」

ルフィ「・・・ある戦いでな、おれをかばって死んだ・・・」

全員唖然としていた・・・

トリコ「・・・元気出せ、ルフィ、お前には俺たちがいる!!」

ルフィ「ああ!!もう分かってるさ!!」

一条「急にびっくりしたぜ・・・」

舞子「俺は舞子 集!!よろしくな!!」

千棘「以上だわ!!」

銀時「気が付けば、警察、海賊、忍者、生徒会、スポーツ選手、美食屋、そして挙句の果てにはマフィア・・・色々いるな・・・」

めだか「そうだな!!もっと楽しくなりそうだ!!」

そしてつぎに来るのは・・・誰だ!?

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。