二次創作小説(旧・映像)

永遠の絆the dream open クロスオーバー 
日時: 2016/01/03 12:55
名前: 坂神 銀拳心

初めまして!!小説書いている皆さんに憧れて書いてみようと思いました!!私が書くのは主にジャンプキャラがメインです。逃走中や戦闘中の小説や時には感動する小説を書こうとも思っています!!得に私が好きな漫画は銀魂です。そして、特に好きなキャラは主人公の銀さんです。(銀さん好きな人もっと増えて欲しいです☆)という訳でプロローグです!!よろしくお願いします!!

後、作者募集は再開しました!!キャラシートです!!>>48

現在武闘会は終わり七泊八日の旅編です!!是非見てみて下さい!!

さらにこの小説にでるキャラ表です!!見てみてください!!>>698>>699

そして私の小説のオリジナル設定です!!これもチェックです!!

>>960

後私の小説に参加している人はアンケートに答えて欲しいです!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.374 )
日時: 2014/11/11 10:17
名前: 竜 スマホより

戦い終わってますけど、後の大戦のためにオリキャラ追加いいでしょうか?


名前 飛燕

性別 男

設定 竜の従兄弟。銀時と元同僚で攘夷志士。戦場での名は黒狼。(こくろう) 右目はルビー色。左はエメラルド色。新八には超ドS。理由はオタク部分が大嫌いだから。

性格 無口であまり喋らないが、竜・子音・銀時にはよく喋る。

能力 右目・睨んだ相手を地獄炎で包む。左目の能力でしか消せない。
左目・睨んだ相手を浄化させる。傷を癒すことにも使える。ただし、使うと体力が減少する。
武装・見聞が使える。覇王は使えないが気絶はしない。

技 右目・炎獄眼(ムスペルヘイム)、睨んだ相手を地獄炎で包む。左目の能力でしか消せない。
左目・鳳凰眼(ほうおうがん)、睨んだ相手を浄化させる。傷を癒すことにも使える。ただし、使うと体力が減少する。

その他 武器は黒刀・狼王。漆黒のように黒く地獄炎にも適応しており、炎を纏わせることも可能。

サンボイ

「・・・・・・名は飛燕」
「久しぶりだな。白夜叉。」
「黙れ、二次元オタク!土下座しろ。そして俺に許しを請え。最後に俺の靴を舐めろ。」


銀時との元同僚設定はできればありでお願いします。無理でしたらなくても大丈夫です。

お願いします!

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.375 )
日時: 2014/11/11 20:24
名前: エイジア

こんにちは。エイジアです。

エイジア「うわー、本会場でかいね・・・」

ララ「後、桂大丈夫でしょうか」

十六夜「○○○がないからな・・・」

エイジア「大丈夫、本会場に行って、【大嘘つき】で直してもらったらいいよ。」

ララ・十六夜「「けど、めちゃくちゃ怒ってるぞ(ますよ)銀さんたち。」」

エイジア「・・・・・その時は、どうしよう・・・・」

ララ「何なら、創造神を読んで、また直しましょうか?」

エイジア・十六夜「「それは、駄目!」」

ララ「え?」

コメント待ってます。

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.376 )
日時: 2014/11/11 22:53
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

どうも!!坂神です!!
竜さん
あ、でも貴方は今回乱入オリキャラは埋まっています・・・美月、如月、子音の三人で・・・ですが!!ではスパイオリキャラの一人でよろしいでしょうか?
エイジアさん
桂は果たしてどうなるでしょうか?

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.377 )
日時: 2014/11/11 23:12
名前: 竜 ◆CmqzxPj4w6

大丈夫です!スパイキャラでお願いします!

でも、銀時の元同僚という設定はありにしてくれませんか?

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.378 )
日時: 2014/11/11 23:45
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

竜さん

分かりました!!では採用です!!

では本編!!

次の招待客は・・・

?「キーン!!」

もの凄い速さでこちらに迫ってくる女の子だった!!

めだか、ケンシロウ、ルフィは何とかよけたが・・・

ズドーン!!

銀時「グェフ!!」

剣心「おろ〜」

磯兵衛「ガハッ!!」

三人は見事にぶっ飛ばされた・・・

新八「ぎんさんんんんんんん!!」

三人は右斜めの天井にぶつかったが、危うくこのまま天に飛ばされそうだった。

?「ほよよ?アンタ達誰?」

土方「いやこっちが聞きたいわぁぁぁぁ!!どんなガキだよコイツ!!」

?「私?、私はね・・・






























































アラレ「則巻アラレだよ♪」

めだか「アラレ・・・?それが貴様の名前か・・・」

?「コラッアラレ!!お前は速いんだから加減を知らんか!!」

?「そうだよ!!たくっ!!何でこんなのに来なくちゃいけねぇんだ
!!」

?「しょうがねぇだろ!!げんにきちゃってんだからよ!!」

?「二人共!!グズグズ言わないの!!」

?「クピポッポー♪」

サンジ「オイオイぞろぞろ来たぞ・・・ゾロだけに」

ゾロ「つまらねぇギャグいってんじゃねぇ!!・・・で、お前ら誰だ?」

千兵衛「私は、天才科学者則巻千兵衛だ!!」

銀時、神楽、フランキー、阿久根、バット「天才に全く見えねぇ」

千兵衛「シャラップ!!」

ケンシロウ「ラオウ・・・ここで相見えるとはな!!」

千兵衛「・・・へ?」

ケンシロウ「ここで決着つけるぞ!!」

千兵衛「いやラオウって誰なんですかぁぁ!?」

千兵衛→中の人→ラオウ(by坂神、マジで驚きました!!)

みどり「そして私がその妻のみどりで〜す♪よろしく!!」

銀時「こんなに似合わない夫婦初めて見た」

千兵衛「それは私を怒らせたいのかね?」

あかね「オレが付き添いの木緑あかねだよ!!」

剣心「こんなに常に荒い女子は初めて会ったでござるよ・・・」

タロウ「ま、もう一人の付き添いの空豆タロウだ、よろしくな」

ルフィ、ケンシロウ「エース(シン)・・・生きていたのか!?」

タロウ「は・・・?いやいやいや、アンタ達もの凄い勘違いしてるよ?」

タロウ→中の人→シン→中の人→エース(by坂神、これもマジで驚きました!!)

アラレ「そしてこの赤ん坊はガッちゃんだよ♪」

ガッちゃん「クピプー♪」

不知火「かわいい♪」

めだか「確かに可愛いな!!私も抱きたいn」

めだかが近ずいたらもの凄いスピードで逃げた!!

めだか「・・・ズーン」

人吉「・・・だからめだかちゃんは動物避けのスキルがあるんだから無理でしょ!!」

アラレ「私達もね♪、何か手紙が来たから来たの♪でも何故か何枚も来てたよ!!」

銀時「何で何枚も?」

アラレ「でもその手紙は一枚残して全部ガッちゃんに食べられたよ♪」

全員(成程、だから何枚も念入りに手紙を渡しといたんだな!!凄く納得!!)

アラレ「という訳で!!私達も仲間に入れてちょ!!」

めだか「分かった!!・・・お、次の人が来たぞ・・・」

まず最初にやってきたのはアラレ一向だった・・・次は誰が来るかな?




Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。