二次創作小説(旧・映像)

永遠の絆the dream open クロスオーバー 
日時: 2016/01/03 12:55
名前: 坂神 銀拳心

初めまして!!小説書いている皆さんに憧れて書いてみようと思いました!!私が書くのは主にジャンプキャラがメインです。逃走中や戦闘中の小説や時には感動する小説を書こうとも思っています!!得に私が好きな漫画は銀魂です。そして、特に好きなキャラは主人公の銀さんです。(銀さん好きな人もっと増えて欲しいです☆)という訳でプロローグです!!よろしくお願いします!!

後、作者募集は再開しました!!キャラシートです!!>>48

現在武闘会は終わり七泊八日の旅編です!!是非見てみて下さい!!

さらにこの小説にでるキャラ表です!!見てみてください!!>>698>>699

そして私の小説のオリジナル設定です!!これもチェックです!!

>>960

後私の小説に参加している人はアンケートに答えて欲しいです!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.366 )
日時: 2015/04/21 22:41
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

どうも!!坂神です!!コメント感謝です!
IRさん
未体験の宇宙運転ですよ!!楽しんでください!!

では本編です!!どうぞ!!

銀時「まさかこんな場所で運転が出来るなんてな・・・」

ナミ「成程・・・だからシャボン玉で膜を覆っていたのね・・・」

神楽「凄いアルな〜」

ケンシロウ「こんな事もあるのだな・・・」

銀時「あ、そういえば聞いてなかったんだけどよ、お前らはどうやってさっきの駅まで来んだ?」

剣心「拙者達は磯兵衛達と来たのでござるよ」

ルフィ「俺はケンシロウ達と来んだぜ!!」

ケンシロウ「その後剣心、磯兵衛達と合流した後」

磯兵衛「何か争いの音が聞こえたので拙者達が参上したので候」

すると・・・後ろから近ずく影が・・・

?「どうも♪」

近藤「え誰・・・ってええっ!?」

土方「オイどうした近藤さん・・・ええっ!?」

銀時「オイどうしたんだ二人共、この女がどうしたんだ?」

美月「私は近藤美月。そこにいるゴリラの姉よ」

銀時「えーっとすみません、今なんて言いましたか?」

美月「だから、そこにいるゴリラの姉よ」

銀時「ごめん幻聴かも、すまないけどもう一回言ってくれる?」

美月「だ・か・ら!!そこのゴリラの姉よ!!」

銀魂勢「嘘だろォォォォォォォォォォォォ!?」

妙「あの糞ゴリラと貴方が姉弟ですか!?」

土方「ああ、あの女は新撰組軍事訓練最高顧問の妻なんだ、新撰組ではもう一人の姉御って言われてるんだ」

美月「久しぶりね、沖田、土方、近藤、そして神楽ちゃん、貴方は夫の如月から聞いてたわ」

神楽「おお、あいつの夫だったアルか〜」

新八「すみません、如月って誰ですか?」

神楽「ああ、アイツは私のもう一人の兄貴ネ」

銀時「うん、ちょっと待て、今なんて言いましたか?」

神楽「だから、私のもう一人の兄貴ネ」

銀時「本当すまねぇ、もう一回言ってくれる?」

神楽「だ・か・ら!!私のもう一人の兄貴ネ!!」

銀魂勢「嘘だろォォォォォォォォォォォォ!?(二回目)」

銀時「もう色々訳わかんないんですけど・・・」

妙「つまり神楽ちゃんとあのゴリラが身内って事?」

近藤「そういう事になりまs」

妙「ふざけんじゃねェェぇぇェェェェェェ!!」

近藤「ぎゃあああああああああ!!」

只今フルボッコ中・・・

剣心「・・・本当妙殿と薫殿って似てるでござる・・・」

薫「いや、私もあそこまで凶暴じゃないわよ・・・」

神楽「で、如月兄貴はどこに?」

美月「・・・あの人は今・・・神威達を追ってるの、最近かつての仲間だった天人からね、神威達がある組織に接触している事を聞いていてね、神威の後をついていっているわ」

銀時「大丈夫なのか?」

美月「大丈夫よ、あの人は・・・もの凄く強いから!!」

銀時「ふ〜ん」

その時・・・

ルフィ「何だ?あそこにデカイ船があるぞ?」

銀時「何だよ・・・ってアレ快援隊の船じゃねぇか!!」

新八「・・・何か船に宇宙服着て吊らされている人が居るんですけど・・・」

神楽「オイ・・・あれって・・・」

銀時「・・・辰馬の奴じゃねぇか!!」

その頃・・・

黄金列車にて・・・

ジャガー「まさか宇宙までいくとはね・・・」

松山「予想外だぜ・・・」

IR「夢みたいだな・・・」

エイジア「凄いわね・・・」

マヤ「あ、そういえば、マダオとかつ・・・いや桂子はどうしたの?」

エイジア「あのちょっと待って、何で桂子って言うの?」

ジョナサン「・・・実はですね・・・」

>>155の事を説明中・・・

ハインリヒ「・・・ヤバイその人に同情したくなって涙出てきた・・・」

スピードワゴン「俺もだぜ・・・」

シャル「ああ、それなら・・・」

シャルは前もってマダオとかつ・・・いや桂子を定春の口に入れておいたのだ。

シャル「という訳で、出すぞ・・・」

10分後・・・

IR「やっと出たぜ・・・」

マリオ「お〜い、大丈夫か〜」

ペチペチ

マダオ「はあ、やっと生還したぜ・・・」

エイジア「こっちも・・・」

ペチペチ

エイジア「大丈夫桂s・・・」

桂はむくりと起きた後・・・

桂?「桂じゃない・・・


































































一瞬で女の服を着た後言った!!

ヅラ子「ヅラ子よ!!」

全員「いやちょっとォォォォォォォォォォォォ!?」

松山「オイィィィィィィィィィィィ!?マジで女化したんだけどォォォォォォォォォォォォ!?」

マリンスノー「戻ってくださいッスゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥ!!」

マダオ「大丈夫かヅラっちィィィィィィィィィィィ!!」

本当に桂は大丈夫なんだろうか・・・

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.368 )
日時: 2014/11/09 22:09
名前: エイジア

こんにちは。エイジアです。

うわー、宇宙までいったなぁ・・・

エイジア「取り合えず、あいつに電話を・・・・」

プルルルルルル  プルルルルルル

?『もしもし、エイジアか?』

エイジア「久しぶりね・・オーガ。」

オーガ『珍しいな・・・お前から電話するなんて・・所で何のようだ』

エイジア「ある組織のスパイにいってほしいの。その組織の名前は闇武て言うの」

オーガ『闇武か・・・・だが、何で俺に頼むんだ?スパイなら十六夜かララがいった方がいいと思うぞ?』

エイジア「いいえ。十六夜は力の差が違いすぎるし、ララは祟神になればなんとかなるかもしれないけど、まだ、うまくコントロール出来てないからね。」

オーガ『そうか・・・分かった。その前にそっちに行ってララと勝負してもいいか?』

エイジア「駄目」

オーガ『チッ』

エイジア「その代わり、なんか料理つくってあげるよ。」

オーガ『本当か!?じゃあ、久しぶりにカレーを作ってくれ。勿論、激辛の奴を!』

エイジア「(私達食べれないね・・・まぁ喧嘩するよりは、ましだけど)分かったから、ちゃんとやってよ」

オーガ『おう!じゃあ今から闇武の組織の場所を調べてそこに潜入するな。』

エイジア「うん。じゃあね」

ピッ

エイジア「オーガ・・・・気おつけてね。」

コメント待ってます。

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.369 )
日時: 2015/04/21 22:43
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

どうも!!今回は二回目です!!
エイジアさん
宇宙まできましたよ!!では、オーガはスパイオリキャラの一人になります!!
皆さんも後二人募集しているのでよろしくお願いします!!

では本編です!!どうぞ!!

その頃・・・

坂本「ハッハッハッ!!久しぶりじゃのう金時!!ここで会うとは奇妙な縁じゃのう!!ハッハッハッ!!」

銀時「いや笑えねぇよ、何で宇宙船に吊られていながらの再会なんて聞いたことねぇよ、ていうか何ども言っているけど俺はぎ・ん・と・き!!」

坂本「き・ん・と・き?何を言いちょる、合ってるではないか」

銀時「おーい、誰かコイツの頭ぶっ叩いて脳みそのバカ直してくれないか?ていうかさっさとそのまま昇天してくれないかな?」

ルフィ「ハハハハハハ!!おっさんおもしれぇ!!俺コイツバカすぎて好きだ!!ハハハハハハ!!(大爆笑)」

ちなみに今は列車と船は並行して動いている


ケンシロウ「ていうかどんな事したらそんな状況にされる?」

陸奥「わしが説明するぜよ」

新八「陸奥さん!!」

陸奥「コイツまたキャバクラで大層なお金使ってな、それなら普通ダメだがまあそれは慣れていての、だが・・・」

銀魂勢「だが?」

陸奥「・・・酔った勢いで商談相手のヅラを剥がしてしまった」

銀時「くだらねぇじゃねぇか!!」

陸奥「そのせいで商談は破談してな・・・その罰じゃ」

めだか「オイその交渉相手どんだけ心狭いんだ・・・」

陸奥「それで・・・今偶然通りかかったなら頼みがあ」

銀時「逃げろ!!」

ダダッ!!

パァン!!

陸奥「・・・わしを舐めない方がいいぞ?」

銀時「・・・分かったよ」

陸奥「では・・・坂本を引き取ってくれ」

全員「ええええええええええ!?」

フランキー「アウッ!!カオスな展開になりそうじゃねぇか!!」

銀時「いやいやいや死んでも嫌だ!!」

陸奥「あ、そういえば最近結野アナのグッズを輸入したんだっただが・・・受けるなら一部あg」

銀時「OK!!」

全員「いや早いわ!!」

陸奥「という訳で、頼むぞ」

坂本「ハッハッハッ!!よろしくのう!!」

銀時「黙れ、そして陸奥・・・分かってるな?」

陸奥「分かっている、これが結野アナのグッズだ」

銀時「よし!!ありがとな!!」

陸奥「ではあげるぞ!!」

すると陸奥は・・・グッズを上に上げた。

銀時「・・・え?」

陸奥「以上じゃ、じゃあな」

すると宇宙船は急加速して去っていった・・・

その後・・・

銀時「・・・」

ガシッ!!

坂本「へ?」

銀時は坂本の足を掴んで窓へ・・・

剣心「いや待つでござるゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥ!!確かに今もの凄くイラッってきただろうけど!!」

銀時「うるせぇよ・・・アイツ今更古いギャグ使いやがって・・・受け取っていない以上ボイコットだ!!」

めだか「取り敢えず落ち着け銀時!!」

坂本「ハッハッハッ!!落ち着けぇ!!こういう時はお茶を飲むの一番ぜよ!!」

銀時「じゃあテメェを外に放り出した後飲むわ!!」

そんな感じで争って・・・そうしている間に本会場に着いてしまった・・・

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.371 )
日時: 2014/11/10 21:35
名前: エイジア

こんにちは。エイジアです。

坂本が来た時点でカオスになってるなぁ・・・・

オーガ、ちゃんとやっているだろうか・・・・・

コメント待ってます。

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.372 )
日時: 2015/04/21 22:44
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

どうも!!坂神です!!
エイジアさん
坂本はカオスメーカーですよ!!

では本編です!!どうぞ!!

銀時「ここが他の招待客が来る場所か・・・」

受付人「皆さんこんにちは!!今回貴方様は招待客なのか確認させてもらってよろしいでしょうか?」

剣心「どうやって確認するのでござるか?」

受付人「手紙が入っていた袋の中にパスポートが入っていたはずです、そのパスポートに書かれている主人公が確認して、合っていたらその主人公の連れも入場出来ます」

銀時「ああ、あれか」

主人公6人はパスポートを取り出した。

受付人「確認するので少々お待ちください・・・大丈夫です!!ではこの自動確認口に認証してください!!」

銀時「じゃあまず俺からな」

ピーッ

Leader sakatagintoki

めだか「次は私だ」

ピーッ

Deputy leader kurokami medaka

剣心「次は拙者でござるな」

ピーッ 

regular himura kensinn

ルフィ「俺の番だ!!」

ピーッ

regular monkey D luffy

ケンシロウ「俺がいこう」

ピーッ

regular kensirou

磯兵衛「最後は拙者で候」

ピーッ

regular isobe isobee

銀時「あれ?何か俺のカード金色になったんだけど?」

めだか「私は銀だ」

ルフィ「俺は銅色だ!!」

剣心「拙者も」

ケンシロウ「同じく」

磯兵衛「同じく」

新八「何か区別するんですかね・・・」

銀時「さぁな、取り敢えず入ろうぜ」

入ってみると本会場は結構広く、東京ドーム約2個分の広さだった。ちなみに今招待客は銀時達以外まだ来てないようだ。

ナミ「広いわね・・・」

ルフィ「おお!!肉だ!!肉があるぞォォォ!!」

銀時「オイオイ♪甘い物まであるじゃねぇか!!」

受付人「はい、ここでは他の皆さんが来るまでバイキングが楽しめます!!ごゆっくりどうぞ!!」

ルフィ「よっしゃぁぁぁぁぁぁ!!食いまくるぞォォォ!!」

銀時「甘いもの食い放題だぜ!!」

坂本「バイキングとは豪勢じゃのう!!」

バット「こんな機会滅多にないぜ!!いっぱい食べようぜケン!!」

ケンシロウ「そうだな」

で、皆がしばらく食べてると・・・

美月「・・・」

近藤「どうしたんだ姉さん?」

バナナをもっさもっさ食べている近藤が話しかけてきた。

美月「近藤・・・そうゆう所本当ゴリラらしいわね、早く動物園行けばいいのに」

近藤「姉さん泣きますよ?所でどうしたんだ?」

美月「いや、少し如月どうしているのかな〜って思って」

時は遡り・・・

神威「ハァハァハァ・・・流石兄貴、このメラメラの能力使っても互角とはね」

神威と如月は激しい戦いをした・・・

如月「死者の能力など使って勝てると思うな・・・お前は力を得すぎた・・・故に暴走している!!」

神威「何とでも言えばいいよ、また会えるといいね・・・」

シュン!!

如月「消えたっ!?」

美月「瞬間移動した!?」

如月「くそっ!!・・・美月、俺は神威達を追う!!」

美月「えっ!?」

如月「アイツら最近巨大な組織に接触しているという情報を聞いた・・・もしかしたら危険な事考えているかもしれねぇ・・・だからお前は神楽達を頼む!!」

美月「わ、分かったわ!!」

如月「頼んだぞ!!」

サッ!!

という訳だったのだ・・・

近藤「大丈夫だよ、如月兄貴はめちゃくちゃ強いのは知ってるだろ?それに・・・愛する人を信じなくてどうする」

美月「・・・そうね!!考えていた私が馬鹿だったわ!!」

そしてしばらくたち・・・

銀時「ん?オイ誰か来たみたいだな」

めだか「誰が来るんだろうな・・・」

次の招待客が来たようだ・・・

という訳で次からは他のジャンプキャラが次々と多分一日ごとにクロスオーバーしていきます!!どんなジャンプキャラと楽しみにしてください!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。